FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

誰が悪いの?

これも、何度も書いていると思う。
博物館友の会の、会員数。私が評議員になった頃だったか、10年ちょっと前くらいは、右肩上がりに会員数が増えて2000名を超えた。が、それは一年限りの出来事でしかなく、翌年から会員数が減少し、現在、1600名から1700名あたりをウロウロしつつ、やや減少傾向にある。
この数が多いのか、少ないのか、適正なのかどうかはよくわからない。ただ、一時、2000人の人が興味を持っていてくれたのに、継続しない人がいっぱいいて、今の数になっているというのは事実。

誰が何年会員を続けているか、てなデータは出てこないらしい。毎年、会員番号も変動する。大まかな感じでは、12~1300人くらいが会員を継続し、300人が会員をやめ、ほぼ同数が新規に会員になっているんだそうな。やめる人が多いのにも驚くし、同数が入って来るというのもまた驚く。もっと、「固定客」で「商売」しているんだと思っていた。

現在の会費は3000円。これも、高いのか、安いのか、微妙。
博物館の観察会に参加するのには、当然、会員である必要はない。会員でないと参加できない行事は、秋祭り、合宿、ハイキング等々、いろいろあることはあるんだけど、それと会費の兼ね合いになるのかなあ。冊子が月に一回送られては来るが、さあ、これだけの魅力で入ってくれる人は、どれくらいいるんだろう。

「魅力ある会にしましょう」って、会議のたびにいろいろ思案し、試行しているんだけど、その努力を何年も続けている割には会員数に伸びがない。なんだか、一般世間と、こちらの認識がだんだん食い違っている感じもする。
脱原発とか、自然への回帰みたいな時勢に乗り切れてないのかなあ。
  1. 2012/03/14(水) 19:07:35|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<赤信号 | ホーム | 懐かしさもあるが、むなしさも>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://urano.blog4.fc2.com/tb.php/3010-55011b73
【楽天市場】本・雑誌・コミック