FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

もっと早く来て欲しい

猫が来た。15才という。数日前から食欲もなく横たわっているという。老衰だと思って何もしないでいたが、最後ぐらいは獣医さんに見てもらおうと思ったのだとか。
一見すると痩せてもいないし毛艶も悪くない。老衰には見えない。
呼吸困難がひどく、レントゲンで気胸を確認した。肺から空気が漏れていて呼吸できないらしい。空気を抜いて酸素を流すと少し楽そうに見えたが、衰弱が激しく数時間後に死亡した。
いわゆる自然気胸は、穴の空いている場所が特定できないことが多く最終的に治らないケースもあるけど、もっと早く来てくれればもう少しは結果が違ったかもしれない。まあ、高齢ではあるけど、最後に連れてくるより最初に連れてきて欲しいなあ。

患者さんが自己診断され、それが誤診である一番多いのは「白内障」かなあ。白内障は水晶体、すなわち目の奥のレンズが白くなる病気。犬猫では高齢でも割と少ない。一方多いのは角膜炎による角膜の白濁。これは目の表面の病気。何でもかんでも目が白くなるのが白内障と思っておられ、治らないと思ってるので来院時期が遅くなる。角膜炎も初期なら割と早く治るんですけどねえ。


  1. 2005/10/17(月) 21:16:02|
  2. 仕事:犬猫|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<恐竜博 | ホーム | 友が島>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://urano.blog4.fc2.com/tb.php/295-a1b713c3
【楽天市場】本・雑誌・コミック