FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

年賀状

もう、毎年のことで書き飽きた、聞き飽きただろうけど、年賀状、どうするかなあ。
といっても、実質的に、もう削れる所は削ってしまって、送り先は親戚がほとんどになっている。そのうち会うような人には送ってないし、昨年から、数名はメールにしている。

妻の方は相変わらず、けっこう多い、らしい。毎年、送られてきた年賀状を二人に分けているが、半分以上、ひょっとすると、7割くらいが妻宛(および、妻の親戚関係)かもしれない。さすがに寂しいので、病院に送られてきた仕事関係の賀状を私の分に上乗せしているが、それでも半分までは行かないと思う。

肝心の、「中身」をどうするか、これも毎年、けんかの種。大昔は家族写真で考えることがなかったんだが、それもせいぜい、子供が中学校くらいまでだったかなあ。それ以降、犬をだしに使ったり、ネコ、カメ、タヌキも登場はさせたが、あくまでも脇役的存在。一応のメインは妻だったり、私だったりだけど、二人一緒の写真というのはほとんど無く、お互い、どこかへ行った時の写真を別々に載せている。今年こそオーストラリアで二人揃って、と思ったが、それ用に撮る気にもならず、結局使える写真はなく、いつも通り、別々の写真をどこかから引っ張り出す。

今度は写真の配置や大きさ、文字等々が「問題」になる。私自身、根気が無くなっていろいろ「趣向を凝らす」気にもならず、写真を貼り付けて「謹賀新年」で終わらそうとすると、またまた妻とけんかになる。そんなんだったら、自分でやったら?、というのは火に油を注ぐようなもんで、それだけは口に出せず。2,3年前からは娘がやってくれるようになり、気が楽になる。今年は娘がおらんし、どうすべかなあ、と思っていたら、画像を送れば作って返してくれそうな雰囲気で、ほっと一息。


あ、そういや、タヌキの報告を忘れていた。
代替わりを賀状で知らせるべきかなあ。


DSC00282.jpg












これ、いつのシャチでしょうね。
何年か前、クジラの博物館からレンタルで入れた子が死亡し、しばらくして今度は同じところから5億円(!)で購入した子が数ヶ月で死亡して、問題になっていました。
それにも懲りず、また別のところから借りる話があったけど、どうなったんだろう?すべて、「けちな」名古屋の税金だと思う。(間違っていたら、すみません。)

ちなみに、クジラの博物館は、野生の子を捕獲しています。悪い言い方をすれば、タダ?
イルカ類も、野生の子を湾に追い込んで、訓練して全国、全世界に売り込んでいます。(これも、間違っていたらごめんなさい。)
  1. 2011/11/24(木) 22:34:57|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<タヌキの幸せ | ホーム | ラビット・ホール>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://urano.blog4.fc2.com/tb.php/2911-d89f44a4
【楽天市場】本・雑誌・コミック