FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

やっぱり、根気が続かない

「人は何を残すか」で、当方、コウモリデータをいくつか残してはいるけど、いわゆる死蔵しているデータはまだまだある。といっても、私がおもしろいと思っているだけで、世間的にどの程度インパクトがあるのかは、よくわからぬ。少なくとも、一般市民にとってはどうでもいい話ではあるけど、コウモリ界にとっては公表し、残すべきものと思っている(信じている)。

で、1年ほど前、毎日データをいじくり回して、「論文」(のつもり)を2編書いた。まあ、すぐにこのまま掲載されるはずはなく、とりあえず、博物館に送って見てもらった。いくつか指摘され、何度か書き換えた。が、いつのまにか、細かなところが気になって、ストップしてしまった。
まあ、その当時のデータからじゃ、こんなところで許してもらえるかなあ、とも思っていたんだけど、1年それからほったらかしていたら、新たなデータも出てきて、また全面的に考察しなおさないと、とも思う。
とりあえずこっちは置いておいて、もう一つを先に、と思っても、そちらも新たなデータがあるので、書き直し?

そういえば、どこそこでコウモリの出産がありました、てな報告くらいなら簡単かも。これ、まだ、どこにも公表していない。と思って、また別の記録に手を出したかけたんだけど、今度は、過去の記録自体に不確実なものがあって、その扱い方がよくわからない。
結局、書きかけ、中途半端な論文が増えただけ。



あ、そういえば、ホネホネサミットの時、博物館で声をかけられた。コウモリの標識調査を某所で始められたとか。標識をどこから買っているのか気になって聞くと、某研究所から買っている、とのこと。例の、一個100円、という代物。あ、それ、個人輸入したら30円ですよ、って教えてあげて、いろいろ資料も差し上げた。その後、どうされたのかなあ。こっちも、「もっと細かい資料を送ります」でほったらかしにしているんだけど。
私自身、コウモリの標識を入手するのに、どれだけ苦労したか。
よけいなお世話だったのかなあ。

あ、またまた思い出した。ヒナコウモリの標識調査の時、某先生は某社から標識を買っている、って、おっしゃっていた。ちょうど私も標識を個人輸入した直後で、価格を聞くと私の「仕入れ値」とけっこうな開きがあった。「あれ、それ個人で買うとこれくらいですよ」って、この時も説明したんだけど、もうすでにそこから万に近い数を買っているので、信用している、っておっしゃっていた。これも、よけいなお世話だったのかもしれないなあ。


といいつつ、こないだ仕入れた標識、いつまで持つか、あるいは、いくつくらい使い切れずに残るか、シミュレーションしてみる必要があるか。それこそ、使い切れずに残るようじゃ、今のうちに「販売」してしまおうかなあ。もっとも、これだけ、原価30円、って書きまくったら、誰もそれ以上で買ってくれないだろうなあ。

DSC00264.jpg










オヒキコウモリを展示していたような気がします。
  1. 2011/11/11(金) 19:30:11|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<シロ 死去 | ホーム | エンディングノート>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://urano.blog4.fc2.com/tb.php/2898-e0b0e827
【楽天市場】本・雑誌・コミック