FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

久しぶりの探鳥会だったけど、

なぜか知らないが、今月は日曜日に休めることが多い。今日も休みで、鳥の会の、観察会の予定が入っていた。
目的地は、信貴山方面。ケーブルカーに乗って、北へ歩こう、というもの。秋の渡りの鳥を見ようという計画だったが・・・・・。

基本的に、山の中というのは鳥の声は聞こえても、姿は見えないことが多い。鳥を見る「普通の人」は、鳥の声で種類を区別し、記録する。わたしゃ、そういうの、じぇんじぇん。人に聞いて、「何々です」と言われて、「はあ、そんなもんですか」と思うことがほとんど。もっとも、姿を見ても、ヒタキ類とか、ムシクイ類は鑑別ができない。人に言われ、それを信じるだけ。もっとも、自分的には、その鳥でも、あの鳥でも、あんまり感激もないんですが。

大昔は、昆虫少年だった。虫は採集の喜びもあるし、同定は実物と図鑑を比べられるので、(まあ、普通種なら)楽。それでも、種類数となると、膨大。チョウやカミキリ以外となると、なかなか同定できない。鳥なら、100も覚えればどこでも通用するか、と思ったんだけど、手に取れないということに気が付いていなかった。
結局、虫も中途半端、鳥も中途半端のような気がしている。

保護で来た鳥は、図鑑に載っていないことはないので、まあ、間違うことは少なくなってきましたが。


ちなみに、けっこう歩いたけど双眼鏡で確認した鳥は、・・・・・・、せいぜい数種類、かなあ。

DSC01203.jpg






同行されていた方が、採集されました。
思わず、頂いてしまいました。
  1. 2011/09/11(日) 18:32:33|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<邦画もええなあ | ホーム | (宣伝)OCEAN 海はモンスターでいっぱい>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://urano.blog4.fc2.com/tb.php/2833-9f425b07
【楽天市場】本・雑誌・コミック