FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

微妙

木曜日に休みをもらっている。が、午後から研究会の予定。で、今日は1日で、映画が1000円。
研究会が中之島だったので、午前中、梅田のマイナーな映画館へ行く。

「未来を生きる君たちへ」
デンマークだかどこだかの映画。何語かわからんけど、原題はそんなに長い言葉じゃないように思った。日本語の題名が適切なのかどうか、も一つよくわからない。

暴力に暴力で応酬していたんじゃ何も解決しないのはよくわかるが、子供のいじめがそれで終わったのは事実だし、それを子供に教えようとした父親も、難民キャンプで、最後の最後で、暴力を阻止することができなかった、
というような見方をする映画ではないと思うんだけど、いまいち、すっきりしないところが残る。

某映画評で某氏は50点とか、60点ばかり付けている。見た方が良いのか、見ないで良いのか、そういう点数じゃ判断が付かない。高いか低いか、どっちかにしてほしいなあ、と思いつつ、うーーん、私も50点。

もっと理解できる人にとっては、たぶん70点か、80点くらいになるんじゃないですか?
  1. 2011/09/01(木) 20:46:48|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<記憶にございません | ホーム | 本は買いましょう>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://urano.blog4.fc2.com/tb.php/2819-7164ca66
【楽天市場】本・雑誌・コミック