FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

非常に長文で、おもしろくない話です

病院の、階段の踊り場が雨漏りしていた。たぶん、窓枠かどこかかなあ、と思っていた。漏れてはいたけど、あまり実害がないのでほっていたが、やっぱりよくないだろう。病院の改装をしてくれた業者に、看板の電気の付け替えを頼んだ際、聞いてみた。やっぱり、たぶん、コーキングの劣化だろう、って。
見積もりをもらうと、4-50万円。うーーーーーーーーん、つらい。

ネットで探した、別の業者にザッと聞いてみた。現場を見せずに、状況を説明すると、30万円台かなあ、との話。

ふと、思い出した。知り合いが、足場を組まないで外壁工事をする会社に勤めていた。単純に、足場台がいらないかもしれない。見積もりを取ると、20万円台。ちょうど、最初の見積もりの、足場を抜いたくらいか。
で、深く考えないで、こちらに工事を依頼した。
なお、工事は雨漏りに対するものと、ついでに、屋根の水を下に逃がす排水管。外壁に沿っているのだが、途中の接続部がはずれていて、ここから水が漏れていた。実は、これが問題を引き起こす。

排水管は、最初の業者が見積もった時、看板用の足場があったので、ガムテープで応急処置していた。すなわち、今回の業者に依頼した時点では、漏れはなかった。


窓枠のコーキングをした2,3日後、雨が降った。雨漏りは、ほとんど無くなった。ほとんど無くなったが、完全には止まっていない。
問題は、例の、排水管。工事したところから、水がじゃじゃ漏れ。要するに、応急処置する前に逆戻り。さすがに、これじゃ意味がない。
連絡すると、すぐに見に来た。

見に来た数日後、請求書が届いた。20何万円、って。

あのさ、工事したところが直ってないって連絡したところなのに、請求?ちょっとヘンじゃない?
いったい、何を見に来たの?

工事前よりひどくなっているんだから、せめて工事前の状態の戻すのが普通じゃない?、っていうと、「工事は成功報酬じゃないです」との返事。さらに、「ここをもう一度工事するなら、14万円です」、って。

その論理で行くと、14万円かけて直らなかったら、また次の工事?
唖然。


以前、娘がワンルームマンションを退去する時、敷金ゼロなのに壁紙や床の修復工事代金を請求されたことがあった。拒否すると、しばらくして、支払督促というのが来た。無視してると判決と同じ効力を発する、という代物。
獣医師会に顧問弁護士がいたのを思い出し、助言を求めた。そんなん、拒否したらよろしい。何とか書をこう書いて、こう書いて、って教えてもらう。しばらくして、本裁判の呼出状が来た。まあ、負ける裁判じゃないので、何事も経験、って、気楽に出かけると、本裁判の前に、相手が訴えを取り下げた、って言われる。今度は、裁判所から、本裁判を開きますか?、取り下げに同意しますか?、って聞かれた。裁判の取り下げを認めるかどうかの決定権はこちらにあるらしい。訴えられたのは娘で、娘は同意する、とのことだったので、それでおしまい。今から思うと、きっちり裁判をしてもらえばよかったなあ。

ちなみに、その過程で、仲介業者の不動産屋にも相談したが、そんなん、おかしいですね、と言う。たまたま、訴えた家主(の代理人)が、裁判の順番を待つ時、目の前に座って書類をチェックしていた。そっと後ろから覗くと、その不動産屋の「供述書」みたいのが見えた。なんと、不動産屋は、私の言うことに同意しない、って言う書類にサインしている。要するに、不動産屋もグル。敷金ゼロで客を集め、出る時に修繕費を請求するらしい。知らないで払ってしまえばおしまい。
ちなみに、家主はケーズカンパニー、仲介は、賃貸住宅サービス。
関係者はご注意下さい。

というのは、脱線のしすぎ。

今回もそのことを思いだして、弁護士さんに相談してみた。

いわく、工事依頼契約は「請負契約」なので、工事が完成しないと報酬を請求できないそうな。
ただ、雨漏りの場合は、原因がいろいろあって完全に止められない可能性もあるので、成功報酬ではない「準委任契約」というのがあって、それは結果と無関係に報酬支払い義務が発生するらしい。もちろん、これは事前にそのような契約があった時のみ、有効。
雨漏りに対しては、正直言って、成功報酬とは思っていなかったから、まあ、仕方ないが、排水管については当然治すべきものだろう。工事の結果、漏れるようになったって、どう考えてもおかしい。しかも、次の追加工事も、成功報酬ならやらない、って。

向こうの言い分は、見積金額内で出来る範囲のことはすべてやった、と言うこと。安い工事なんでこんなもん、止まらなくっても仕方ない、と言うニュアンス。安い工事って、こちらからは、一度も値切ったことはないんだが。

「故意に、漏れるような工事は、誓ってやってません」って、なんだか話が違うでしょ?こっちは修理を頼み、そっちはそれを請けた、というだけ。別に、努力を見せてくれというものでもなく、結果さえあればそれで良いこと。「全力を尽くしました」って言われても、雨が漏れてるんだったら、何の意味もない努力。

他社は数万円で治すと言ってる、4万円、支払いから引いてくれたら諦める、と譲歩したが、向こうは、工事は完了した、受けられません、の返事。だから、お互い、どこかで妥協しないと話は進まない、と言うのだが。

さて、これからどうなるんでしょう?
しばらくしたら、内容証明で「金払え」でしょうね。でもってこっちも、内容証明で「きっちり直せ」
ついで、裁判まで行くのかどうか。

私が相手の立場なら、4万円くらいなら相手に呉れてやって縁を切るけどなあ。

最初は、ガムテープゴタゴタ巻きでもいいから元に戻して、って言ってたけど、こうなってくるとこっちも、完全に直せ、と言いたくなる。


さて、私はクレーマーの仲間入り???




うーーーーーーーーーーーーーーーーーん、つい安い方に流れて、あとでえらい目にあったことが何度もある。今回もその轍を踏んだような気がする。ルベールさん(最初に見積もりをくれた業者です)、ごめんなさい。



  1. 2011/06/17(金) 21:38:13|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<127時間 | ホーム | アホ、ボケ、カス、の穴>>

コメント

暮らしの中の困り事おまへんか?四角い○○が丸ぁ~るくおさめまっせ

読むだけでははっきりしませんが、なんだか「誠意」のない業者ですね。排水管を治させても、きっといやいやながらの作業でしょうから、あらたな問題が生じたりして。昨年亡くなった父は不動産業でしたが、こんな時はまず社会的信頼を重んじていました。
自分の土俵内の論争なら誇りをかけて闘う価値はあります。負けても勉強になるし。本件みたいな専門外は意外な落とし穴があったり、そのためのエクストラチャージは痛いし悔しい。お気持ちはよ~くわかります。でもこういうときは実利を取る方が精神的にはベターかも。
自分の身体みたいに大切な病院のことですから、さっさと患部を治療して、あとは好きな事をやって気持ちを入れ替えられては?
  1. 2011/06/18(土) 06:15:54 |
  2. URL |
  3. ホネホネおじさん #-
  4. [ 編集]

そうそう、「誠意」ですわ。
「精一杯やったのですが、ダメでした。本格的修理は無理でも、現状復帰します」とか何とか言われりゃ、こちらも、ガムテープぐるぐる巻きで諦めようと思っていたんですわ。ほんなら、「ここは成功報酬ではありません。やるだけのことはやったから報酬は頂きます」ときたもんだから、こっちも硬化。
こんなん、当事者同士で解決するはずはありません。
  1. 2011/06/18(土) 07:53:00 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://urano.blog4.fc2.com/tb.php/2728-45cc9dae
【楽天市場】本・雑誌・コミック