FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

死者は生者を

「死者は生者を煩わすな」
誰か、有名な人の言葉かと思ってググッてみると、私のブログがけっこう上位に出てくる。いつも同じ事を書いてる(書こうとしている)らしい。

伯母の通夜があった。
終末医療についてのリビングウィルはあったらしいが、葬儀についての遺言は無かったらしい。東京の方と結婚され、しばらくは東京で生活されていたんだけど、若くして伯父は亡くなり、伯母一人(と息子さん)が実家の奈良に引き上げてきて生活されていた。
家族葬と言うことで、ほとんど(こちら側の)親戚ばかり、あとはご近所の方、少し、と言う程度だった。

私自身、今日と明日は仕事を休んでおり、そういう意味では「煩わされている」訳ではあるが、父の葬儀をきっかけにして、その後、なんだかんだで親戚に会う機会が増えている。会えば会ったで懐かしいし、近況報告や雑談ができる。死者は生者を煩わせているんじゃなく、生者同士の絆を深めている、といったところ、か。

永六輔だったかなあ、葬儀は死者のためのものじゃなく、生者のためのもの。私が死んだら、あとは残されたものが、勝手にどうとでもしてくれればいい、とかおっしゃっていた。



ホーキンス博士だったか、(うろ覚えの話ばっかり。全部ウソかもしれません。)死後の世界は何にもありません、とおっしゃっています。
丹波哲郎さんは、死後の世界はある、とおっしゃっています。極悪非道と、天使のような人が、死ねば同じというのは不公平だから、だそうです。
  1. 2011/05/31(火) 23:19:46|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<100円の価値 | ホーム | リビングウィル>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://urano.blog4.fc2.com/tb.php/2707-6ad719dc
【楽天市場】本・雑誌・コミック