FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

まあ、仕方ない

大阪で見つかっているユビナガコウモリの生息地は、2ヶ所しかない。そのうち、一ヶ所がフタをされてしまった。まあ、ダム関連施設で、コウモリ(も、私も)が出入り出来ていたのが普通じゃなかったのかもしれない。まあ、しゃーないかなあ。

防空壕なんかを、危険防止のためにフタをすることはよくあること。「コウモリの会」的には、上部に十分隙間をあけておくようにお願いはしているらしいが、どこまで行政側が聞いてくれるかは未知数。これが、トキとかコウノトリなんかの希少種だったら、対応は全然違うんだろうけど。

でも、防空壕や、このダム施設はできてから、せいぜい数十年か。数十年前からコウモリは日本のどこかで生息していた訳で、これらの穴がなかった時代も、どこかで生きていたはず。その時代に戻っただけ、と言えなくもない。
ここを利用していたコウモリみんなに標識が付いてて、別のところでその番号が発見されれば、コウモリの気持ちもちょっとは理解出来たかもしれないが、生息数の数%くらいにしか、標識できていない。残念。修行が足りないか。

それにしても、コウモリはどうやってこんな穴を見つけ、みんなに知らせていたんだろう。



あ、そういえば、別のところにあるダムが、全く同じ構造。そっちの扉は、マスの大きな格子で、コウモリの出入りは十分可能。残念ながら、鍵は壊れておらず、ヒトは入れない。コウモリがいるんじゃないかなあと思いつつ、「自然に」鍵が壊れるのを待っている。
  1. 2011/05/26(木) 17:31:17|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<梅雨 | ホーム | 1時間に数時間>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://urano.blog4.fc2.com/tb.php/2700-e5ad5bd4
【楽天市場】本・雑誌・コミック