FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

天気晴朗なれども・・・・

敵艦隊見ゆとの警報に接し聯合艦隊はただちに出動 これを撃滅せんとす本日天気晴朗なれども浪高し


日露戦争で、東郷平八郎が打電した電報。日本海海戦とか、バルチック艦隊云々の話。
東郷平八郎、直筆の掛け軸が、実家にある。親父の自慢の一つだった。

祖父(はやくに亡くなったので、私は全然知らない)が事業をしていて儲けて、どこだかにまとまったお金を寄付したらしい。と、その掛け軸をプレゼントさせたのだとか。
「東郷執事」と言う人が書いた、この度は多大なる・・・・・・(よくわからぬ達筆が続く)・・・・・・・、東郷羊、じゃなく、執事、と書かれた手紙が一緒に付いている。
落款がないが、この手紙が付いているので本物には間違いない、とよく親父が言ってた。日本海海戦の日には、床の間に飾っていた、らしい。(私の記憶にはないんだけど。)

床の間に常に飾るものでも無し、母も特にいらないというので、どこかに売れないか、ネットで調べてみた。「出張鑑定」云々の、派手なHPを見つける。
とりあえず、メールで問い合わせてみる。

いらない、だって。

落款がなかったら扱えない、との事でした。



岩田千虎という有名な彫刻家が、堺にいた。たまたま実家を通ると実家が解体中で、がれきの中に犬の作品が埋もれていた。こんなん、ゴミになっていいの?、と思いつつ、ブログにも掲載した。あわせて、知り合いの芸術家の人にも聞いてみた。その方のおっしゃるには、
「芸術作品はすべてゴミです」
との事だった。

こんな掛け軸も、基本的には「ゴミ」なんだろう、か。


  1. 2011/03/27(日) 19:26:32|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<本は買うもの | ホーム | 調査継続>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://urano.blog4.fc2.com/tb.php/2631-f6bd6dd4
【楽天市場】本・雑誌・コミック