FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

調査

コウモリ調査への参加を希望された。同行してもらった。コウモリに興味を示される人は多いが、狭い、暗い、危険、で、実際に穴まで来られる人はほとんどいない。仕事で生物調査をしておられると言うことで、こういうところにも慣れているらしい。地図を読めるというので、穴捜しもお手伝いしてくれ、非常に助かった。

コウモリ調査は、昔は友人と二人で行くことが多かった。友人は私が埋まったら骨を持って帰る役目、だったけど、実際は二人とも穴に入ったりしていた。
新穴捜しも一段落し、調査地が固定化してくると、都合を合わせて一緒に調査するより、予定も立てないでヒマになったら一人で調査してしまうことが多くなり、また、私自身、平日の休みが多いので、いつのまにか一人で調査するようになった。穴に埋まったら、冗談ではなく、骨になるまで見つからないだろうなあ、と思ったりしている。

今回、若い方が付いてきてくれたので、普通に翼帯の番号を読んでくれる。仕事が非常に早い。私は老眼で、一人で調査している時は、いちいちルーペを持ち出し、読んでは手帳に書き込み、翼帯が付いていなければ新規に装着で、非常に時間がかかっていた。ついめんどくさくなって、再捕獲の番号を読むのはやめてしまっていた。やはり、調査は複数でやるべきだろうなあ、とは思うんだけど・・・・・。

道中、話をしていると、どうも私が昔、調査していたところに、仕事で入っておられるらしい。まあ、私自身、きっちり場所と結果をすべて公表している訳ではないので、新しく調査する人にとっては私のデータを知らないのは当然だけど、継続性という意味では私のデータも何らかの形で生かせないか、と思う。データを死蔵しないと言うことは本当に重要なことだなあ、と思った。

話がオオサンショウウオになると、それも仕事で調査していたとか。1mオーバーの個体のことを聞くと、ご存知だった。この付近の個体データは、大阪オオサンショウウオの会のFさんが持っているはず。データをくっつければ、それなりに貴重なデータになるのに。ああ、もったいない。

で、今後のコウモリ調査。やっぱり、複数でやるべきかなあ。真面目に、再捕獲データもすべて取った方がいいだろうなあ。
  1. 2011/01/15(土) 17:07:47|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<計画破綻? | ホーム | 姥捨て山>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2011/01/22(土) 17:08:21 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

まあ、場所さえ選べば危険じゃないところもありますので。
迷子になったら、山にほかしてくるだけですし。
  1. 2011/01/22(土) 19:33:36 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://urano.blog4.fc2.com/tb.php/2551-2cb816bd
【楽天市場】本・雑誌・コミック