FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

チェーン

タイヤチェーン。オークションで、6000円。定価24000円の札が付いていた。取り付けの解説に、カセットテープが付いている。言葉でわかるんかいな。
うちの車、四駆だし、大阪で雪が降ったぐらいじゃ必要ないんだけど、息子がスキーに行くのに必要で、とりあえず用意。さすがに、完全な雪道では四駆でも無理。

北海道に数年住んでいたけど、チェーンの巻き方なんて知らないし、持ってもいなかった。私が住んでいた頃は、乗用車でもスパイクタイヤが認められていた。どこの家でも、ホイル付きの冬道タイヤがガレージにあって、適当な時期に自分で履き替えていた。タイミングが遅れると危ないし、早すぎると乾燥道路をスパイクで走って、ピンがすり減るのでもったいないような気がしていた。

その頃乗っていたのは、FR、すなわち、後輪駆動の乗用車。雪が降ると、ドリフトして走って遊んでいたなあ。なつかしい。

私が住んでいた倶知安というのは、いわゆる豪雪地帯だった。年に1,2度、大雪で除雪が追いつかなくなる時があった。山の上に酪農家があり、集乳車(って言うんだったか)が登れなくなった。ミルクタンクがあふれ、どうしようもなくなった。電話がかかってきて、もったいないから先生、牛乳風呂でもするからおいで、って言われた。あ、もちろん冗談らしかったが。
その倶知安では、昔は、大雪で2階から出入りすることもよくあったけど、この頃はなくなったなあ、ってお年寄りがよく話していた。20年前から温暖化の傾向はあったんだろうか。

住宅の、部屋の間仕切りが固くなってきた。サンが下がっている。家が古いのでゆがんでるんやなあと思って、ふすまをはずして削った。
何月だったか、なんとなく屋根が気になって、雪下ろしをした。(普通、北海道の家って、自然に雪が滑り落ちるので、内地みたいな雪下ろしはあまりしなかったように思う。)家に入ると、サンが持ち上がっていて、ふすまがはずれて倒れる。どうも、雪の重みでサンが下がっていたみたい。

DSC00031_20101209122128.jpg






  1. 2010/12/09(木) 12:55:15|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<頭・・・・・ | ホーム | 老後 その2>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://urano.blog4.fc2.com/tb.php/2504-ad7724fb
【楽天市場】本・雑誌・コミック