FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

クロ家出の顛末

日曜日、研究会に参加していると、家から、クロがいない、との連絡が入る。今朝、掃除した時は二人ともいた。どうやって出たんだろう?私が出た時に、一緒に出たのか。そんなに敏捷なはずはないが。塀は、乗り越えられる高さじゃない。年取って、そんな元気もないはず。すぐに帰る訳にも行かず、そればかり気にしながらの研究会。「見つかった」のメール待ちで、ポケットの携帯電話が気になる。

結局、連絡は入らず、家に帰ってから、闇雲に自転車で近所を走り回る。さっぱり、見当も付かない。

ハタと気が付いた。昨晩、タヌキのスペースあたりで、大きな音が何回かしていた。

タヌキのスペースの片隅に、子ダヌキのケージを置いている。雨よけに、スチール製の雨戸をナナメに立てかけていた。昨晩の大きな音は、そこを登る練習をしていたらしい。で、今朝、私が掃除してから、そこを登って外に出たらしい。計画的犯行?で、シロは付いていかなかったらしい。

若かった頃も、立てかけた雨戸を登っていることがあった。ちょうど、トイレの窓の向こうにスペースを区切るブロックがあり、その上でタヌキが2頭寝ていてびっくりしたことがある。その頃は足場が無くって、外には下りられず、いつも塀の上で外を眺めていただけらしい。
今回も気を付けていたつもりだが、わずかに傾斜が緩く、登ることが出来たんだろう。そんな若さが残っているとは思わなかった。


何度と無く、家の近くを自転車で走り回る。一応、タヌキは夜行性だろうと、暗くなってからもウロウロ。
諦めて家に帰る途中、ナナメむかえの家のガレージで、何かが走った。確認すると、タヌキ。
うちの近所、野生のタヌキもいるらしいが、このタヌキ、いかにも鈍くさそう。家の人に事情を説明し、庭に入れてもらう。クー、クー、って寄ってくる。


しばらく、タヌキを抱きしめる。

一件落着、というほど、単純な気分でもなかった。
  1. 2010/08/30(月) 19:10:44|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
<<タヌキ余波 | ホーム | お騒がせしました>>

コメント

よかった・・・(;_;)

無事に見つかって良かったですね。
都会の脱走で、交通事故に遭わないかが心配でした。

ウチも何度か脱走したことがありますが、そりゃぁもう冷や汗もんです。
  1. 2010/08/30(月) 22:36:33 |
  2. URL |
  3. タヌママ #-
  4. [ 編集]

よかった・・・(;_;) ②

あまり遠くへは行ってなかったんですね。
無事ご帰還、ヨカッタです。
*「シロちゃん」「クロちゃん」のお名前、今回初めて知りました。
しし丸や幸輝(さき:キツネ)の散歩の時も、胴輪と紐を何度も確認します。
特に幸輝は、手元から離れたら自分からは絶対に戻ってきませんので。
  1. 2010/08/30(月) 22:54:17 |
  2. URL |
  3. しし丸父 #-
  4. [ 編集]

事故に遭わなくて、そして短時間の解決で本当に良かったですね。

タヌキは懐かないと思っていましたが、抱きしめられるとは驚きです。先日の記事のセミの死骸のおやつにもびっくりしました.興味津々の事が満載のブログで、毎回楽しみです。(映画の記事も参考にさせてもらってます♬)

じばしん、やはり先生でしたか。なにやら焦っているようだったのはタヌキの家出が原因だったのですね。

実はこの日の数時間前に野鳥を手術しまくる先生の話しを友人にしていて、意外な場所でのエレベーターに乗り込んでこられた時は私もたまげました。(私はこの日限定の不思議な水のエステの会に参加してました)
  1. 2010/08/30(月) 23:40:28 |
  2. URL |
  3. mina #-
  4. [ 編集]

タヌママさん:
ご心配をおかけしました。
散歩にも連れて行ってませんし、車の怖さは全く知りません。おそれつつも、主要道路の路肩も見に行きました。近所で有名になったので、次回はちょっと安心かもしれません。もっとも、「次回」は無いように、さらに注意していますが。もう、こりごりです。

しし丸パパさん:
野生動物救護の大原則は、名前を付けない事です。情も移るし、ペットと区別するため、かなあ。長期飼育の子たちも、「本格的」な名付けはしていません。タヌキ'sも、飼うのか放すのか迷いつつ育てていて、白斑が入っている方をシロ、真っ黒の方をクロ、って便宜的に呼んでいたら、そのままになってしまいました。そうですね。HPを見ても、名前はないですね。

minaさん:
野鳥は、放せるかどうかが生き残れるかどうかのラインなので、思い切って手術できるんです。ペットでは、生かせるかどうかが問題ですので、リスクは取らないで、手術はほとんどしていません。
  1. 2010/08/31(火) 08:00:32 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://urano.blog4.fc2.com/tb.php/2378-549c7775
【楽天市場】本・雑誌・コミック