FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

また水没

コウモリの寄生虫を調べている方が、生きたままの寄生虫を欲しいので調査に同行したい、との連絡が来た。東京から来る、って。
「虫」一つで、東京から交通費(と、人件費と宿泊?、調査に付き合っていて、日帰りできるのかなあ)をかけてまで取りに来るの?、たいへんだから、何らかの方法で送りましょうか、って言うと、どうしても生きたまま処理したいし、研究材料が得られるなら、どこへでも行きます、って言われた。

こっちにしたら虫一つなんだけど、研究者にとっては宝物なんだろうなあ。世の中、いろんな人がいる。いろんな研究がある。まあ、私がこれだけコウモリにのめり込んでいるのも、理解できない人は多いんだろう。

目的とするコウモリが帰ってくるのは、もう少し先。可能性があるかも知れぬ穴を、とりあえず下見に行ってきた。数頭はいたけど、採集できず。
2カ所目の穴。水没。ここも時期によってはコウモリが大量に入るんだけど、これじゃ調査にならない。
残念。冷たい思いをしただけに終わった。

結局、大阪最南部の穴と、最北部の穴を回ったことになる。大阪といえども、それだけ走ると結構な距離。今回も、もったいないので一般道だけ。うーーん、やっぱり、普通に人には理解しがたい「趣味」か。



私にはゴミ、他人には宝物、というと犬猫の、膀胱結石。こっちにしてみるとよくあることで、手術して取り出したあと、一部は分析に出し、残りはとりあえずは保存しておくけど、同じようなのがいっぱいになると、処分している。いつだったか、そんな話を知り合いにすると、是非欲しい、という。はい、いくらでもどうぞ。
しばらくしたら、「大阪の鉱物展」みたいなパンフレットと招待券が送られてきた。生体が作った「石」ということで、りっぱなラベル付きで展示されていた。
  1. 2010/07/22(木) 16:33:57|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<補助金 | ホーム | それは、あなたの都合でしょ?>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://urano.blog4.fc2.com/tb.php/2334-ff48b309
【楽天市場】本・雑誌・コミック