FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

おかしいんじゃないの?

午前中、久しぶりに実家へ。墓参り等々、いくつか用事をして、夕方に帰る。
テレビを見るでもなし、見ないでもなしでパソコンをやっていると、大阪のサル云々、って始まったので、ちょっと真面目に見る。

なんでも、茨木市の町中に住み着いていたサルを捕獲したらしい。サルと言っても、りっぱな野生動物なので、いると言うだけで捕獲する理由にはならないと思うのだが、住民に危害を加えると判断したのだろうか。この話には伏線があって、以前、親子で出現したのに、子供だけ捕獲したので母親がこちらで住み着いたのではないか、とも推測されている。
小ザルの話はこちら。(小ザルは、高槻市で捕獲したらしい。今回の茨木市は隣の市。)小ザルはこの移動動物園で、人に慣れた状態で飼育されている。

で、行政とすれば、親子とすれば、二人で飼ってもらうつもりでこの施設に飼育を依頼したけど、大人のサルを飼う設備はないので飼えない、と言われたらしい。でもって、あちこちの動物園へ飼育を打診したが、どこも断ったそうな。(そんなん、聞く方がおかしい。飼える訳ないやんか。)
で、詳しくは見損ねた(あるいは言わなかった)のかもしれないが、現在、そこの施設のOKがでるまで、捕獲檻のまま、飼育を続けているらしい。

そもそも、この(親子)サルを捕獲した理由がわからない。有害駆除なら、殺すのが当然じゃないのか。移動だけが目的なら捕獲後すぐに、どこかで放獣するべきだろう。
まず、小ザルをなぜ施設に預けたのか。以前、トリの雛を育てた人が野生では生きていけないだろうと判断し、放鳥をためらっていた時、死んでもそれが自然だから、飛べる以上は放せ、と飼育ボランティアに迫ったことがある。それ以来、一生飼育につながる鳥獣はボランティアに預けない、こちらで放鳥する、って断言していたけど。小ザルといえども、五体満足なんだったら、死ぬのがわかっていても、放すべきじゃないの?(大阪府の考え方はそうなっているはず。)

預け先の施設って、タダの民間施設でしょ?なぜそこで飼育できるのか。サルは危険動物とか、特定動物とか、なんかくくりがあって、飼育するにはかなり頑丈な檻がいるはず。小ザルは飼えて、親猿は飼えない、っておかしいと思うけど。また、(私の記憶では)某猛禽類を飼育依頼した時にトラブルがあって、そこにはもう動物は預けない、ってこないだ聞いたところだけど。

要するに、住民感情もあって殺せないので、どこか引取先、と言えば聞こえがいい、押しつける先を探しているだけなんだろう。預けて、一生飼育せよ、っていうのか。飼育についての補助金も出さずに?

もう、あほらしくて、大阪府のやることには腹も立たない。
  1. 2010/07/19(月) 21:12:22|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<だから、生ませるな、って、いわれても、生まれるんだから・・・・・ | ホーム | タダなら使う>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://urano.blog4.fc2.com/tb.php/2330-fd0a44b8
【楽天市場】本・雑誌・コミック