FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

近親者

葬儀の話ばっかりで恐縮だけど、「葬儀は近親者のみで執り行いました」って、誰に来てもらえばいいんだろう?
私の例で言えば、最少人数では血族で考えると、妻、子供3人、私の母、兄、姻族で考えるとさらに妻の両親、兄、兄嫁まででしょうか。いわゆる、2親等あたりまで。

「個人の強い意志により・・・・・」はいいけど、お別れ会を開くと言うことは、結局は個人の意志が反映されていないような気もします。「死者は生者を煩わせないため」葬儀を求めなかった訳で、日にちこそ余裕があって予定が立ちましたが、結局はみなさん、会場まで足を運んでいる事になります。最初の家族葬は亡くなった本人のため、次のお別れ会は残された者達のため、と言うことだと思います。

お別れ会があって初めて、中川さんが亡くなるまでの経緯がわかり、さらに、「生誕から家庭、生き方」までを知ることができたのも、ある意味、意味があったのかもしれません。私が知っていた中川さんは、彼女の人生の1/10にも満たない期間だけでしたが、私にとってはそれがすべてでもありました。それ以外の彼女の生き方、生活を知る必要があったのか、知りたかったのか、よくわかりません。

中川さんが犬を飼い始めたこと、私を思いだして連絡を下さったこと、今から思うと、その頃はすでに闘病されていた時期なのかもしれません。その事がなければ30年来の再会もなく、中川さんの死も知ることはなかったと思います。2,3度お会いし、メールで相談を何回か受けただけで、今度は二度と再会できぬ状況になってしまいました。

  1. 2010/03/28(日) 19:02:52|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<堺のサル | ホーム | アイガー北壁>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://urano.blog4.fc2.com/tb.php/2181-0c6a45e3
【楽天市場】本・雑誌・コミック