FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

公開か、非公開か

手紙が来た。「大阪のコウモリを調べる会」へ入会希望、だそうな。普通、問い合わせは、ネットで検索してくる人がほとんど。手紙というのはきわめて珍しい。聞くと、博物館でいろいろ検索していて、私の会を見つけたという。いつだったか、自然史フェスティバルに出展して、そのデータが残っているのでそれを見つけたらしい。メールでやりとりしようと思ったら、ネットはしていないという。つながるのは、携帯のメールだけだそうな。私は携帯ではメールは使わない。(使えない?)電話も嫌いだし、あれこれ説明するのも面倒なので、たまたま決まっていた調査日を言うと、来るという。危険度の低い穴だったし。

会として、調査を公開するのかどうかは難しいところ。基本的には危険だから、って断っているんだけど、断り切れなかったり、個人的なつながりでつい連れて行ったりする時もある。要するに、基準はないというか。完全に野次馬的なのは断るし、まあ、そういう人らは最初から頼んでこないけど。

いつも書いているけど、「大阪の~会」といっても、実質、活動しているのは私だけ。私が調査をやめてしまえば、誰も引き継がない訳で、まあ、かろうじて標識データは大阪府と兵庫県には伝えてあるので、(現実的に、問い合わせなんかがそこまで行くようにも思えないのだが)初回の標識データは出てくるかもしれない。でも、それ以外の、生息地データや、再捕獲データなんかは消えて無くなるだろうなあ。昆虫採集や植物採集など、実物が伴う研究なんかだったら、遺族が博物館に標本を寄贈するだろうからデータは生きるんだけど、こういう観察記録はいかんともしがたい。
一番の希望は、研究を引き継いでくれる若手が会に入ってくれることなんだけど、穴を這って、とか、フェンスを乗り越えて、なんてお願い出来ないし。
まあ、コウモリ好きを増やすために、とりあえず頼まれれば、都合が付けば同行してもいいかなあ、と最近は思うようになってきた。
  1. 2010/02/28(日) 11:24:21|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<オオカミ少年 | ホーム | やっと冬が終わる、か>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://urano.blog4.fc2.com/tb.php/2155-85650467
【楽天市場】本・雑誌・コミック