FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

もらいもの

セキセイインコをもらった。回り回ってきた話で、なんでも、飼育しておられた方が亡くなった、とか。
バードケージがにぎやかになるだろう。ふだんは出勤前にえさと水を与えるくらいの接触しかないが、休日は、ケージの前で彼らを眺める。いっぱいいると楽しい。

「検疫」と「慣れ」のため、しばらく室内飼育。部屋がにぎやかになる。(室内では、オカメに、インコ2羽が先住。)

生き物を飼っていれば、飼い主とペット、どちらが先かは重要な問題だろう。まあ、おそらくみんなを看取ってからこっちが死ぬだろうと思って飼うわけだけど、明日、どうなっているかは誰もわからん。ペットを亡くした飼い主さんが、この年からじゃ新しい子も飼えないしねえ、というのは時々、聞く。寂しいけど、その方の考えなら仕方ない。

死ぬまで責任を持って飼え、と言うのはたやすいが、10年先の事を正確にわかる人なんて、本当にいるのか。私だって、いつ穴に埋まるかわからない。

かなり以前だけど、安楽死の依頼があった。17か18才だったか。飼っておられる方も高齢で、道路拡張による立ち退きにあったのだという。ご夫婦も施設に入られるのだという。この歳から新しいところへやるのは忍びない。どこかよそへ行くと、その後どう暮らしているのか、気になって仕方ない、とおっしゃる。ご自分の責任で、ご自分の目の前で生涯を終わらせてやりたいという。

何度か話し合い、工事の前日、施設へ入る日に安楽死となった。

DSC08196.jpg







  1. 2010/02/09(火) 19:34:08|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<探検 | ホーム | 雪祭り>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://urano.blog4.fc2.com/tb.php/2133-56e15d2f
【楽天市場】本・雑誌・コミック