FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

泣きそう、頭が返らん

タイトルで中身がわかった人、おそらく0人。
で、画像。
DSC00045.jpg

これでわかった人、1,2人?
で、そうなる前の画像。
DSC00040.jpg


「死体はひらおう」
通勤途中の道路上にカラスの死体。一見したところではきれいそうでしたが片側1車線の交差点。どうしようか迷っているうちにどんどん離れます。幸い、病院まで数百mでしたので車をおいて自転車で出直しました。
外傷もないりっぱなハシブトガラスです。
最初にカラスを作った時5時間かかりました。その一件があってからカラスの剥製はトラウマ的。(なのですぐに回収するのを躊躇しました。)
まず、肩が出ません。上腕骨をはずすのに一苦労します。皮膚はそこそこ丈夫なので背中などはちょっと安心。
胴体を出して足、翼の処理が終わると気分的には8割ぐらい終わった感じ。で、仕上げのつもりで頭をひっくり返し始めます。普通は結構簡単に裏返ります。カモ類はひっくり返らないのを知っているので最初から頭の後ろを切ります。カラスはひっくり返るはず。一生懸命裏返すが皮が全然伸びない。時間だけがどんどん過ぎる。で、
「泣きそう」
になりました。
最初は気が付かなかったのにハジラミ?ダニ?がいたらしく、腕をあちこち歩いています。イタチくさいのと、カラスくさいのと、こそばいのと、うるさい(ムクドリがずっとエサをねだって鳴く)のと。

なんだかんだで2時間かかりました。

そうそう、イタチが騒ぐので肉を切って与えると飛びついて食べます。剥製を作りながらイタチのエサやり。食費が助かりました。本来はそのままホルマリンに行くはずの胸筋(カラスささみ?)をあらかたはずして冷凍庫へ。
そういえばムクドリも肉をつついていました。


  1. 2005/07/29(金) 21:02:28|
  2. ほねほね団|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ツバメねぐら観察会 | ホーム | 病院見学>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://urano.blog4.fc2.com/tb.php/208-3d882cde
【楽天市場】本・雑誌・コミック