FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

コーヒー

うちの母親の話。
絵手紙を習っているらしい。その先でいつもコーヒーを入れてくれるんだそうな。ドリップして作るような、本格的(ドリップが本格的で、インスタントが本格的じゃないのかどうかは知らないが)なコーヒー。飲めないこともないけど、おいしいとも思わないのに、出されれば飲まざるを得ない、って。
私もコーヒーは全く飲まない。飲むのはコーヒー牛乳に缶コーヒーくらい。まれにどこかへ出かけてコーヒーを出されれば、一応は飲むけどおいしいと思ったことはない。いつだったか、獣医師会の会合か何かで、自分のコーヒー自慢をしているおっさんがいた。あほちゃうか、と思った。
「酒は飲みますか?」、って聞かれることはあっても、「コーヒーは飲みますか?」、って聞かれることはほとんど無く、「ヒトはみんなコーヒーを好む」、てな風潮があるのは何でだろう?

もっとも、私、ビールに始まり、日本酒やワインも全く飲まないし、口を付けてもおいしいと思ったことはない。宴会でビールをがぶ飲みしているおっさんを見ても、やっぱり理解できないし、料理から白だか、赤だか、、青だか、黄色だか、なんかそんなんで議論しているおっさんも、さっぱり理解できない。

一番おいしい飲み物?
牛乳かなあ。


生まれて初めて生息地を離れ、北海道で下宿した。大学の講義の一番最初。
(話は長くなりそうだけど)
(私が入学した酪農学園大学は、獣医科では一番新しい大学だった。酪農学園大学は、その名の通り、酪農で国に貢献しようと作られた大学である。必然的に、酪農人を育てるのが目的で、日本でもめずらしい酪農学部を作った。さらにその目的のために、獣医師も育てようと学科新設の申請をしたが、獣医師会や北海道の獣医師からは反対が激しかった、らしい。これ以上、獣医師を増やすな、といいうことだったらしい。)

「君たちは妾の子。世間から望まれて生まれてくるのではありません。それだけ、より一層努力して、妾の子だからと白い目で見られぬよう、他の大学出身者に負けぬように勉強し、働きなさい。獣医師として受け入れられ、対等にものが言えるようになりなさい。大学の前の牧草地を見なさい。乳が湧き出ているのが見えますか?今、日本中、開発、開発で、牛を飼うのに最適な、起伏のある草地がゴルフ場に変わっていってます。君たちは卒業しても、決してゴルフなんかはしてはいけません。」

結果として今は、第1次産業からは離れてしまいました。が、入学時の精神と先生の教えはいつまでも残っています。
みなさん、牛乳をもっと飲みましょう。(って、何の話だっけ?)
  1. 2009/10/04(日) 13:35:31|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<仕事は地道に | ホーム | 2戦2敗>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://urano.blog4.fc2.com/tb.php/1972-de4f8641
【楽天市場】本・雑誌・コミック