FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

佐用町

今回、水害が起こっている兵庫県佐用町。普通なら、こんなに離れた地方の名前なんて知ってるはずはないんだろうけど、ここは、年に1,2回、コウモリ調査へ行くので、知った地名。もっとも、調査地は佐用郡三日月町だったのが、佐用郡佐用町三日月、って、町村合併したんだけど。まあ、田舎です。さらに、この夏、ここで知り合いがオオサンショウウオの観察会を予定しているんだけど、大丈夫かなあ。

大阪のオオサンショウウオを調査している時、数年前までは、雨が少なく、台風の来ない年が続いていて、泥が堆積したり、ゴミが浮いていたりした川が多かった。台風にゴミや土砂を洗い流してもらわないと、って、知り合いの研究者が、いつもおっしゃっていた。濁流の中、オオサンショウウオやいろんな魚が、どうやって、流されないでその地域にしがみついているのか、不思議に思っていた。

淀川のイタンセンパラが(ほぼ)絶滅したのも、川の氾濫が無くなったため、との説がある。淀川というのは毛馬の閘門で上流の水位を調節してるんですねえ。さらに、上流部は底を掘って、河川の流れを一定化してしまい、川が左右に蛇行したり、水位の変化でワンド内を攪乱することが無くなって、卵を産む貝も育たなけりゃ、魚そのものも、外来魚だけになってしまった。片一方でワンドを全部つぶしてから、膨大なお金をかけて「人工ワンド」を作り、今度は人工的に水位を調節して、人工の干潮、満潮、人工的攪乱を起こすんだとか。毛馬の閘門を全開にすりゃ、そんな余分な仕事もいらなくなるのに。ついでに言えば、淀川は外来魚だけじゃなく、外来の浮き草もすごいことになっている。これも、堰を無くして海水を上流まで逆流させたら、一気に枯れるんじゃないかなあ。
  1. 2009/08/11(火) 08:09:33|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3
<<流星 | ホーム | 二世誕生>>

コメント

佐用町の被害

そうですねぇ、聞き慣れた土地であんな被害があると、なんだかちょっと身につまされる
ような感じになってしまいますね。私のいる加西市では特にどうってことはなかったの
ですが、やっぱり気になるニュースです。
でも、こんなに大雨が降ったのなら、しばらくは穴に入らない方がいいかも? 地盤も
ゆるんでいるでしょうから・・・。
  1. 2009/08/11(火) 21:34:26 |
  2. URL |
  3. 宝塚のコウモリ #-
  4. [ 編集]

そうですねえ。あちこち、気にはなりますが。
  1. 2009/08/12(水) 06:43:48 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

宍粟市の状況

一昨日、昨日と鳥取の田舎へ帰っていたのですが、往復に宍粟市を通りました。(佐用のインターは
災害復旧専用で通れなかった) お隣の宍粟市でも揖保川の川岸があちこちで崩れており、泥が
流れ込んだ住宅の片づけをしていたり、道路が一部崩れて片側通行になっていたりしていました。
宍粟市であれだから、佐用町はしばらく寄りつけないかも知れませんね。
  1. 2009/08/14(金) 13:54:55 |
  2. URL |
  3. 宝塚のコウモリ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://urano.blog4.fc2.com/tb.php/1926-ad08c318
【楽天市場】本・雑誌・コミック