毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

350万円と、タダ

田舎に住む、友人の話。
そこそこ大きな家を借りていたそうな。月2000円で。で、そこが道路建設にひっかかり、立ち退きになったそうである。その立ち退き料が、なんと、350万円。
計算の基は、その大きさの家を借りるときの全国平均だそうである。計算では、月9万円ほどだったらしい。で、9万円から今の家賃2000円を引いた金額が補償額になり、それを3年分くれたんだそうな。そのお金で、歩いて2分ほど離れたところにあった空き家を買ったそうである。3年分の家賃を保証するだけなら、数万円で良かったんじゃないの?誰の懐も痛まないんで、そんな計算になるんだろうなあ。


伯父が大阪市内に、農地を持っていた。道路が拡張になり、土地が削られることになったらしい。何十坪も。そのあたりの土地評価からすると、当然何百万円か、何千万円。金額的な保証はないそうな。寄付だそうである。「某氏はこの一帯の区画整理に多大な貢献をし、」云々の石が残っただけ。

そんなもんなんかなあ。
  1. 2009/04/13(月) 00:05:34|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<一言が三言に、かくして私は貝になる | ホーム | 1000円の買い物に数時間>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://urano.blog4.fc2.com/tb.php/1782-4744f175
【楽天市場】本・雑誌・コミック