FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

ホネホネ団 特別編

獣医科の学生がホネホネ団の実習に来るという。2年生。もはや、うちの息子以下の年令。孫とまではいかないが、年令のギャップを感じるとか感じないとかを、はるかに超えている。当然、平成生まれか。そういえば、昭和天皇が亡くなった日は、「天皇制反対」で、開院していた。仕事していると右翼が怒鳴り込んでくるかとビクビクしていたけど、患者さんも含めて、誰も来なかった。次の天皇即位の日も休日だったように思うが、誰も来ないだろうと思って、この日は休診にした。
というのは関係ない話。

昨日、コウモリ調査でコウモリを4体ひらって来たので、その処理をしに博物館へ行く。学生を指導するなんておこがましいことは出来ないので、部屋の隅っこでコソコソ作業をする。すぐに終わってしまい、学生が取りかかっている解剖を眺めていると、やっぱり口も手も出したくなる。獣医科と言っても、まだ解剖も始まっていないし、おそらく死体に触るのも初めての子らばっかり。あー、良かった。専門的なことを聞かれるとわからんもんなあ・・・・・。

良い子達は白衣に手袋。私は、仕事以外で白衣を着るのがイヤで、ついそのままの恰好で解剖に手を出してしまう。悪い子ですねえ。

「医学は学問ではなく、職業訓練校」と、南木佳士さんは言う。獣医師も同じか。
学生時代は何を勉強していても実学が伴わないので、あんまり身が入らなかった。今から学生時代に戻れば、何が重要で何が重要じゃない、てなことがすごくわかるんだけどなあ。

DSC07422.jpg
  1. 2009/02/21(土) 20:07:12|
  2. ほねほね団|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<記憶がない・・・・・ | ホーム | やっぱり、コウモリ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://urano.blog4.fc2.com/tb.php/1703-398fa184
【楽天市場】本・雑誌・コミック