FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

ダーウィン展

博物館でダーウィン展が、明日から始まる。今日は開会式(ふーん、そんなのがあるんだ。普通の特別展では、そんなの無いぞ。)と、内覧会。
バイクで博物館へ行くと、黒塗りの車がいっぱい並んでいる。こんな風景は初めて見た。知り合いの学芸員に聞くと、主催者側のお偉いさんがいっぱい来てるんだとか。名簿を見せてもらうと、確かに(肩書きだけは)偉そうな人たちでした。

博物館の特別展では、館主催のものは、友の会で無料で入れてもらえる機会が何回かある。今回のような、よそさん主催の特別展はややきびしい。賛助会員なんで(年間1万円の会費)招待券は一枚、もらえる。
今回来た封書を見ると、内覧会に来た時だけ、解説書をくれる、と書いてある。期間中は、この封書で2名入れる、とも書いてある。通常、一名1200円、解説書は1700円となっている。幸い、この日に休みをもらえたので、解説書をもらいがてら、行ってみた。

けっこうな人がいた。どうも、友の会全員に内覧会の案内が行っていたみたい。(そのかわり、さすがに、解説書はもらってない。)満員で入るまでに時間がかかる。それでもまあ、中で時間をつぶしているとだんだん人も減り、行ったり来たりで、ゆっくりしてきました。

実物が多く展示されている(らしい)ので、それなりにインパクトはありました。昆虫標本に「ダーウィン」のサインがあるのには感激しました。私の寄贈標本も、200年後に、どこかの展示で利用されるのかなあ。

あ、この特別展、撮影禁止なのか、自由なのか、入り口ではわかりませんでした。中で知り合いに聞くと、なるべく遠慮して欲しい、との事だったそうです。でも、堂々と撮影している人もいるしなあ。「スタッフ」の札を下げていた人たちを見ていると、2,3名の人が、写真を撮っている人を見つけては注意しているようです。私は、その人たちに注意しながら、写真を撮っていました。
まあ、図版をもらったので、そっちを見れば展示物のいくつかは確認できるんですけど。
DSC05172-1.jpg
  1. 2008/07/18(金) 18:34:06|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<かくして、夜が明ける | ホーム | まあ、毎日見ても同じです>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://urano.blog4.fc2.com/tb.php/1407-fcb74c66
【楽天市場】本・雑誌・コミック