FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

ホタル その2

知り合いの虫屋さんの話。村おこしにホタルを増やしたいのに、最近、減少傾向にある、どうしてだろう?、増やす方法はないものか、と相談を受けたそうな。現地を見に行くと、川は護岸工事され、土だった路肩は舗装されていた。なんや、単純な話。エサになる貝は育たないし、育った幼虫が蛹化するための土が無くなっているだけのこと。「もう一回、舗装はやめて土に戻し、川も元通りにすれば?」って言ったそうな。もちろん、今さらそんなことは出来ずに、話はそれで終わったとか。

いわゆるホタルブームで、ホテルの庭などでホタルを放し飼いにして客に見せる、というのがはやっている。業者が大量に捕獲してこういうところへ売り込んでるそうな。さらに、先日書いたように、村おこしでホタルを保護、増殖している場所でも、場合によると見栄えのために養殖ホタルや購入したホタルを放すことがあるという。さらに、自治体なんかでも、特に下水処理場などでは処理水でホタルを飼うのがはやっていた。市民サービスというか、自分たちの存在感を示すためか。そういう施設でも養殖が思うほどうまくいかなかった時は、(一般公開は何ヶ月も前から決まっているので)内緒で購入しているらしい。飼育は結構負担が大きいらしく、内部資料を見たことがあるが、かなりの金額を飼育につぎ込んでいてびっくりしたことがある。そのため、最近はホタルの飼育施設や成虫を一般公開しているところは減りつつあるみたい。

有名な話だが、ホタルの点滅パターンは地域によって違う。関西の方が早いので、「関西のホタルはせっかち」、と、マスコミはよろこんで書いている。それらも関係なく、上記のように放しているので遺伝子撹乱が起こる可能性をいう人もある。

オオサンショウウオの調査では当然、夜に川に入るわけだけど、ホタルが見られるところも多い。そういうところではホタルの見物客とブッキングすることが多く、気を使う。イヤな顔をされる時もあるので、今の季節はなるべくホタルのいない川を選んで調査していた。それでも、どこにでもポツポツは、いるみたいです。

今日も雨。雨が蛹化、羽化の刺激になるらしいので、今日の雨で、どっと成虫が増えるのかな。

  1. 2008/06/05(木) 16:07:17|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<休日の過ごし方 | ホーム | ホタル>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://urano.blog4.fc2.com/tb.php/1348-ad1da77b
【楽天市場】本・雑誌・コミック