FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

寒い中、ご苦労様

先日来た、ヒドリガモ。羽は動かすが、十分ではない。が、来た時よりは少しまし。骨には異常がないので、もう少し安静にしていたら治るんじゃないかなあ、と楽観。
けっこう食事を食べて、プールにも浸かっている。毎日何回か、ホースで水をかけているが、頚部や頭部の撥水性が悪くなっている。このまま飼育しても良い方向に向かうとは思えない。あとの安静はご自分で。
ケージの都合もあって野に帰って頂くことにした。

堺市東部の大泉緑地。大きな池がある。珍鳥が時々来ることでも有名。朝の仕事前に原付きで適当に走っていくと、小学生の列に出くわす。黄色い服を着たおっさん、おばはんがあちこちいる。横断歩道を横切ろうと思ったら、おっさんが「ここは通学路で通行禁止。押して通れ。」という。
ひょっとしたら通学路?と思いながら標識を気にしながら走っていた。途中ではそんなの、見なかった。細かい道を走っていて見落としたか。でも、前にも原付きが走っていたぞ。横断歩道の上を見たら確かに時間指定が付いている。でも、停められたところはその終点。ここから向こうは普通に車が走っている。ここまで来て文句を言われてもねえ。途中でも黄色いおっさん、おばはんは何人もいたのに。

これが警察だったら文句なしに違反、と思いながらも、おっさんの話し方が気に食わず。世に言う、逆ギレですなあ。こっちも、そうでっか、すんませんなあ、と口だけで返事。ちょうどそこが池の横だったので目の前にバイクを止め、鳥の入っている段ボールを荷台からはずす。
おっさんの怪訝そうな視線を気にしながら歩き出す。公園で段ボール箱と来れば、ネコでもほかしに来たんだと思っているんだろうなあ。何か言われたらケンカになるなあ、と楽しみにしながらゆっくり歩いたけど、何も言われなかった。残念。

で、とりあえず鳥を池に浮かべる。翼をバタバタしながら走り出す。あとは自分で治してねえ。

池のほとりに「バズーカ砲」状のカメラが数台。聞くと、オオタカがいるという。こんな朝早くから、寒い中ご苦労様です。
この公園は時々珍鳥が来ると言うことで有名。まあ、オオタカは珍鳥ではないんでしょうけど。でも、いつも思うのは、同じ所にカメラを並べても同じ写真しか撮れないんとちゃうの?ということ。
この池に流れ込む小川があって、昔ここには木が立っていました。ご想像通り、カワセミです。構図を考えて、絵になる木を立てていたんですね。その前にはカメラの列。しかも、みんなレリーズ付き。鳥が来たら遠くからシャッターを押す。それから何週間かしたら、朝日新聞にカワセミの写真が載りました。まさにその構図のまま。何人も同じ写真を撮ってるんとちゃうかなあ。
PB211003.jpg

PB211004.jpg

  1. 2007/11/21(水) 20:37:27|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<あんた、医者? | ホーム | アメリカの地下鉄>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【楽天市場】本・雑誌・コミック