FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

遭難

体がなまっているし、久しぶりにハイキングへ行った。コウモリにしようか、ハイキングにしようかと迷いつつ、準備不足で前回と同じ所へ行ってみる事にした。(コウモリならそれなりにバンディング用紙とか、バンドとか、いろいろ用意が必要。)前回使わなかった地図(といってもネットから引っ張ってきた、メモ程度の地図)もそのままザックに入っている。距離も短いので楽(な、はずだった)。

車を置いて歩き出す。道案内もあちこちにあり、道そのものも整備されていて歩きやすい。すぐに一つ目の山頂に着いた。時間も早いので隣の山も行っておこうかと思って歩き出した。

しばらくしたら、「弁財天窟この下500m」という看板が見えた。
「窟」といわれると、穴を想像してしまう。まあ、岩のくぼみ程度だろうけど、一応見ておくか。
最初は道みたいな感じだったが、だんだん岩がゴロゴロした谷みたいな感じになってくる。帰りが不安なので、振り返って上を見上げて、風景を頭に入れながら降りた。所々の木にビニールテープが巻いてある。それも確認しながら降りていったが、しばらくするとブッシュがひどくなり、木の印も見あたらなくなった。まあ、このあたりが引き返すところか。印象的にも500m以上降りているのは確実。

引き返した。木に印があったのでそれを確認しながら登る。尾根筋から脇にそれて降りた。上を見上げると空が開けている。風景も覚えてる感じと一緒。うん、あっち、と思い、木のビニールは無視してまっすぐ登った。尾根に出た。道がない。

あせった。左へ来てしまったかと思い、右に歩き出すが、尾根からはずれる。ブッシュがひどい。何度か行ったり来たりして、方角を失う。
最後にビニールの巻いた木を確かめたところへ戻ろうかとも思ったけど、方角が不確か。それに、道無き道をけっこう登っている。いったん降りてわからなかったらまた登る?しんどいなあ。そちらへ戻れる自信もあまり無い。

ザックには水が少々。遠距離を歩くつもりはなかったのであまり持ってこなかった。食料はいつも入っていない。
電話は圏外。
いつも、どこへ出かけるかは誰にも言ってない。このまま迷ったら、見つかりっこないんじゃないかなあ。
迷子になったら動くな、というのは、どこへ出かけたかわかってる場合だろう。いくら嫁さんが頭を使っても、今日に私がこんな所にいるとは想像できんだろう。むしろ、穴だった方が探しやすいかも。
(冷や)汗がどっと噴き出す。

ちょっと立ち止まって考える。山から山への尾根筋を歩いていて、そこからこちら側へ降りた。こちら側の一番下は谷になっていて自動車道がある。やみくもに下がれば着く?でも、距離はかなりある。
迷ったら下ではなく、上、というのが原則だったような気がする。

まわりを見渡すとピークが二つ見える。一つはさっき通ってきた山頂で、もう一つは隣の山(のはず)。距離感や方角は間違いなさそう。
で、そっちを目指して尾根を歩き出す。

落葉に埋もれたジャンパーが見つかる。ひょっとして、私と同じ事をした人が骨になってる?裏返したけど、中身はなかった。

それからしばらくすると突然、尾根筋のハイキングコースに出る。生き返った気がした。

結局は、最後の100mほどで、右側の尾根に出るべき所を左側の尾根に出てしまったらしい。一応は想像が当たっていたが、ここはしょっちゅう人が来るようなハイキングコースでもないし、平日だし、とにかくあせった。水も食料もないし、何時まで動いてビバーグするか、帰らんかったら大騒ぎになるかなあ、てな事ばっかりを考えていた。

今から思うと、さまよっていた時間は3-40分程度か。もっとも、それ以上の時間うろついていたら、完全に遭難だったろう。

行けないような所の看板を書かないで欲しいなあ。そういえば、手書きで下に、「跡」という字が書いている。昔あった、というだけの事なのか。500mというのも手書き。本来は、「昔こっちにありました」だけの看板だったんだろうか。となると、500mの意味がわからない。

ということで、やっぱり地図とそれなりの準備、用意は必要だと痛感しました。それ以前に、道のないところは歩いたらあきまへんな。
(うーん、穴捜しの時は、ほとんど道無き道をあるいてきっちり廃坑を見つけたけどなあ。)






  1. 2007/09/27(木) 21:55:20|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
<<旅行シリーズその3 | ホーム | 動物園>>

コメント

読んでてドキドキしました。
ご無事で良かったです!!
  1. 2007/09/28(金) 00:38:22 |
  2. URL |
  3. ひまわり #X.Av9vec
  4. [ 編集]

友人にも、山中で迷って一晩過ごしたのがいました。奥さんは特に、探さなかったそうです。
金剛山で白骨化死体を見つけた知り合いがいます。あんな山でも遭難するし、見つからないんですね。(半年以上前にここらで行方不明になったのはわかっていたらしい。)
  1. 2007/09/28(金) 07:39:42 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【楽天市場】本・雑誌・コミック