FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

やって行けるのだろうか?

難波の、高島屋近くのビル。新しく店がいっぱい出来ている、とかで行ってみたんだが、ものすごくきれいなわりに人はほとんどいない。そのためかどうか知らないけど、店の近くへ行っただけで店員が寄ってくる。かえって入りづらい。「象印」がやっているレストランがあった。ここだけ人がいっぱいで、待ち時間もできていた。
イベントスペースと言うのが何か所かあった。悪い言い方をすれば、店舗が入らなかったんでとりあえずの体裁で埋めているのかな。

帰ってからはまたまた処分を兼ねた、蔵書の読み返し。面白い。
本一冊減ったところで何の影響もない。また書庫へ戻す。
  1. 2020/08/31(月) 22:19:29|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ウミホタル、本番不参加

ウミホタルの本番だったけど、諸事情で参加できず。残念。
参加評議員からの報告では、何事もなく無事終わったみたい。よかった。

博物館のHPを何気なく見ていると、館長公募の記事を見つけた。今の館長はまだ1年か2年くらいしかやっていないように思うが。指定管理から独立行政法人に変わって、なんかやり方が変わるのかなあ。もっとも、現館長が公募に応じて再任用、という事もあり得るのかもしれないけど、内部事情はさっぱり分からない。

昔、天王寺動物園の園長は獣医さんが代々引き継いできていたけど、何年か前に外部から人を入れていたっけ。これも、だから何?、というものでもないが。

  1. 2020/08/29(土) 22:53:24|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

最初から、気が付いていないが

すみません、間違い電話しました、って書かれたメッセージが来た。確かに調べてみると、少し前に知らない番号からの着信が残っている。
新手のサギ、でもなさそう。そんなん、最初から気にしていないのに。着信を見ても、気が付いてその時に出たのは数えるほど。ほとんどは着信があっても気にしてない。その後かかってくる事もない。
本当に用事があって電話してきてるの?
  1. 2020/08/28(金) 22:56:54|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

常識も変わるんだけど

昨日、研究材料提供に対してのお礼のメールが、来るやら来ないやら、グダグダ書いていた。
ついでにもう一つ。

獣医の雑誌を読んでいると、記事を書くために動物病院の獣医師あてに事前に返信用葉書を付けてアンケートを取ったら、葉書の誰それ「行き」を「様」に変えていない返信が多くてびっくりした、って憤慨されていた。
役所なんかへの連絡で返信封筒を入れたら、「様」は手書きじゃなく、「様」のハンコが押されている。
一方、とある雑誌を読んでいると、同人誌のやり取りなんかでは、「行き」と書くのは非常識で、自分宛の返信封筒には最初から「様」って書く、って書かれていた。

さあ、どうなんでしょうね。

ちなみに、私も昔はすべて「様」とか「御中」に変えていたけど、最近は会社関係はそのまま返信し、個人的なものは「様」に書き換えている。個人的な用事で返信葉書を入れる時は、最初から「様」にしている。
  1. 2020/08/27(木) 22:51:10|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

新しい世界、ではあるけど

海蝕洞にコウモリがいるので見に来ないか?、って知り合いから誘われた。海蝕洞でユビナガコウモリが出産哺育している話はよく聞く。和歌山の海蝕洞ではユビナガコウモリ1万頭が出産し、近畿一円のユビナガはみんなここ生まれだという。今回は日本海側なんで、新たな出産哺育地、かもしれない。休みをもらって出かけることにした。

集合地に行くと、カヤックが数艇置かれている。私、自慢じゃないが(というのは、たいてい自慢である)背の立たない海には入ったことがない。あんなちっちゃな船で大丈夫?二人乗りが一つあったので、「お客さん」的にそれで船にしがみついておこうか、とも思った。
結局は、二人乗りに私と知り合いが乗り、インストラクター一人の、3人連れ、2艇の調査となった。

波はほとんどなく、慣れると快適に進むようになった。それでも、海岸からあまり離れると恐ろしい。適当な距離を保ちながら進んだ。
本命の穴へ行ってみたら、確かに雰囲気はよさげな穴。だが、コウモリはいない。何週間か前はコウモリが乱舞していたというのだが。

その後も、小さな穴をいくつか見て回るがコウモリ的ではない。
最後に、ひょっとしたら、と思う場所を発見して入ってみたら、奥行きはないけど奥で上に広がっていて広い空間ができている場所があり、キクガシラが多数見つかった。まあ、よかった。

こんな短い距離にいくつも穴があり、コウモリが生息している。調査地としては新しいスタイル。が、カヤックが必須。
廃坑で落盤でもありゃ死ぬかもしれない。カヤックでひっくり返っても死ぬ?さあ、どっちが危険か、いまいちよく分からない。

RIMG2919.jpg







  1. 2020/08/27(木) 22:13:22|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

研究者である前に

先日より、頼まれてコウモリの外部寄生虫を東京の大学の先生に送っている。月曜日にも採集して送り、火曜日着のはずだったが、夕方になっても到着の連絡がなかった。おかしいなあと思って夜中にメールを開くと、出張していて連絡が遅くなった、材料はスタッフに連絡していたんで有意義に利用した、ってメールが来ていた。まあ、お役に立ててほっとした。
この先生、鳥のハジラミも研究されており、救護で来た鳥にハジラミがいれば材料を採って送っていたが、必ずお礼のメールが来ていた。それらの材料を使って論文を書くと、必ず謝辞を入れてくれてその論文を送ってきてくれる。論文は英語ばかりで、内容はさっぱりわからないんですけど。
まあ、こういうのは常識とは思うんだけど、現実的には連絡がない研究者が多いのも事実。お礼のメールなんて、数秒もあれば書けるはずなんだけど。
立派な研究をされている先生の方が、こういう点もしっかりしている。


  1. 2020/08/26(水) 22:31:17|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

結局、破たん?

南港にある、大阪府所有の高層ビル。もともと大阪市が1200億円だったかをかけて作ったんだけど、テナントが入らずくそ赤字。困った大阪市は自分の部局を高い家賃で入居させて、何とか収入を(ほんの少しだけ)確保。それを市民に指摘されたりして、最終的には倒産状態に。橋本さんがそのビルに目を付けて、大阪府庁を全面移転させようとしたんだけど、阪神大震災だったかで、ちょっと揺れたらあちこち壊れたり、エレベーターが止まったりで、全面移転は断念。ちなみに、大阪府の購入価格は80億円。

鳥獣保護関係の部署が入っているので、何度か行ったことがある。大阪府民が大阪府の所有ビルに行くだけなのに、展望台は有料。府民無料にすればいいのにねえ。知り合いに聞くと、お昼なんか、エレベーターは上階からの人でいつも満員で降りられない、って言ってた。なんだか、いつも微妙に揺れてて気持ち悪い、とも。

展望台が有料なんで、エレベーターでいけそうななるべく高い階へ行ってトイレに行こうとすると、通路の両側は空き部屋が並んでいてびっくりしたことがある。大阪府が移転したと言っても、入居率はかなり低かったらしい。ほこりだらけの空室に、机や廃線が転がっていたっけ。

自転車屋と不動産屋(だったかなあ)がその空室に目を付けて、ホテルを作ったそうな。開業直後は中国の客なんかを入れてそこそこよさげだったけど、今回のコロナで息の根を止められた感じ。家賃を払えなくなってるみたい。HPを見ると、一泊5000円とか、go to 何チャラで3500円とかいう数字が出ている。投げ売りか、自転車操業か。大阪府は契約解除する、って言ってるけど、経営破たんしたホテルを大阪府が引き取って次は何をする?

  1. 2020/08/25(火) 20:41:54|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

白浜より近いかも

兵庫県佐用町へコウモリ調査。行きは湾岸線から、神明道路。3時間くらいかなあ。
帰りは須磨まで神明道路を使い、阪神高速はパスして一般道路。4時間くらい?
須磨水族館へ寄るかどうか迷いつつ、一人だったのでパス。

コウモリは再び、外部寄生虫の採集。採ってると面白くって、いつまでもやってしまう。こんなにいっぱいいるのかなあ、と思いつつ。併せて、雌雄確認と標識。ユビナガコウモリは長距離飛ぶコウモリなんで、遠くで再発見できるといいんだけど。
  1. 2020/08/24(月) 22:11:10|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

思う事、いろいろあり

法隆寺の実家。90を超えた母が一人住まい。
土曜日に兄、日曜日に私が行くことになっている、というか、いつの間にかそんなパターンになっている。で、昼過ぎから買い物に行ったり、庭仕事をしたり。(といっても、この暑さで庭仕事はさぼり気味。)
法隆寺は母の出里で、近くに親戚もおり、少しは安心な面もあるんだけど、一人で生活しているのは事実。やっぱり買い物なんかが大変らしく、週に一回の買い物で一週間過ごすんだとか。介護施設に週何回か通うようになって少しは気がまぎれる、というか、暇つぶしにはなっているみたいだけど。
行くと、ほとんど一人でいろんなことをしゃべっている。
同じ話の繰り返しが増えているような気もする。

いろいろ、考えてしまう。
  1. 2020/08/23(日) 22:18:26|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

一冊減っても何も変わらんが

いわゆる、終活。残しても役に立たない、子供が困るものを処分しておこうかと思う。
大昔は科学朝日とかアニマとかの雑誌も残していた。野鳥の会とか、WWFの会報まで。古い号を読み返すと、まあ、今は常識だけど当時は疑問視されてたようなものも多々あって面白いんだけど、それだけの事。もういいかなあ、って感じ。
アニマあたりはヤフオクで引き取り手があったが、ほとんどの物は廃品回収で処分してしまった。
昆虫の写真集なんかもいくつかはあったが、これもヤフオク。虫関係は引き取り手がそこそこある。
いわゆる、ハードカバーの本はどうしようもない。もう一度読んで処分しようかと思い読み始めると、まあ、そこそこ興味深い。何となく覚えているところもある。結局、一気に一冊読んでしまい、この一冊が無くなったところで大勢に影響はないかか、と思ってまた元に戻してしまう。
そういえば、先日、実家で星野道夫さんの本を見つけた。一時、私もけっこう持っていたがすべて以前に処分してしまっている。当時はヤフオクで売れたもんだが、これをまたヤフオクへ出してみたんだけど、アクセスすらない。検索しても、今はさっぱり売れてないみたい。まあ、そういう時代なんだなあ。
あ、また思い出した。博物館の古本を整理していて、ちょうど大学の実習生が来ていたので古本を見せていた。牧野富太郎の植物図鑑があったのでその話をしたら、それどなたですか?、って聞かれた。しかも、植物専攻の学生に。
そういう時代になってるそうです。
  1. 2020/08/22(土) 22:21:02|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

下取り、ってそんなもんじゃないの?

娘からもらったiphoneがいよいよ使えなくなった、みたい。充電は全くダメ、つねにコンセントか、外部バッテリーが必要。
めったに使わないと言えども、やっぱり不便。新しいのを買う事にした。
下取り6000円と言うのでネットで買ったんだけど、引き渡してから、どこだかが壊れているので100円になります、ってあとで言われた。下取りなんて、壊れていて当たり前なんじゃないかなあ。壊れていなけりゃ、中古でどこかに売るべ。テレビショッピングなんかでも、壊れていても下取りいくら、というのはしょっちゅう流れているフレーズ。
そのまま返してもらって、ジャンクでヤフオクかメルカリへでも出そう。
  1. 2020/08/21(金) 22:18:05|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

一日停滞

土曜日が仕事なので、その代休。
やっぱり、動く気がしない。コウモリ文献を整理した。
地図に調査地の番号を入れるのに苦労した。今まで、ペイントショップで簡単に入れらていたんだけどなあ。どうも、ソフトがちゃんと動いていないみたい。白地図をワードで開いたり、エクセルで開いたり。やっぱり、それ以上進まない。
最後はペイントみたいなソフトを使って、何とか入れた。数時間かかったような気がする。
午後はそれで終わってしまった。
  1. 2020/08/20(木) 21:15:42|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

とりあえず、近場で

散髪。
いつも書いているけど、980円にするか、1100円にするか、QBハウスにするか。
980円はバリカンで刈り上げて切りまくる。おっさんは一言もしゃべらない。
1100円は逆に、ずっとしゃべってくるのが億劫。
QBハウスは、昔は1000円だった、と思うけど、消費税5%の時は税は取らず、10%になったら1200円になった、んだと思う。便乗値上げみたいに見えてしまって、行かなくなっている。
夏だから切りまくってもらってもいいんだが、自転車で30分かかる。

1100円にしました。
  1. 2020/08/19(水) 20:11:55|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

やっぱり、子守歌

企業の講演会とか説明会とかも、会場では実施できずにネット配信になってきている。昼休みの時間を使っての、ミニセミナーみたいなのがあった。
やっぱり、気持ちよく寝た。
往復の手間が省けて、その時間も爆睡できる。
  1. 2020/08/18(火) 20:16:24|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

さすがに、歩けない

調査で和歌山、となると、ついでにアドベン。
まだ盆休みなのか、駐車場は車がいっぱい。イルカショーは席が半分になっていることもあり、かなり混雑。風が通らないので座っているだけでも熱い。ショーが終わったらすぐにペンギン室へ避暑へ。
少し涼しくなったらパンダ。今日は室内展示も開放していた。車の台数の割に、人はまばら。しばらく眺めて、暑くなってきたらまたペンギン。
いつもは園内を歩いて、最後にシカに草を食べさせるのがルーチンなんだけど、さすがに今日は行く気にならず。
  1. 2020/08/17(月) 22:08:26|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

まあ、必要なのかなあ

昨日の調査地は海の近く。上の方に車を置いて、20分ほど山を下りる。行きは楽だけど帰りがしんどい。
帰ろうと思って車に乗ると、救急車と消防車が来た。暇なんで眺めていると、寝台とか除細動器(AED)、毛布、その他、なんだかんででものすごい荷物を準備している。海でおぼれた人がいるんだろうか?(岩場の海岸で、人はあまり来ないところ。釣り客がポツポツいるくらい。)こんな山道、あの寝台車を降ろすの?、登りはどうするんだろう?、てな事を考えていたが、さっぱり降りる気配はない。AEDを使うくらいなら緊急じゃないのかなあ、と思いつつ。

そのうち、さらに消防車が4台、地元の消防団の車、ウエットスーツを着た人が何人か、ものすごい人が集まってきた。ここ、車止めがあって通常は車は入れないんだけど、近くの施設の車が来てゲートを開けて、トラックの荷台に人を一杯乗せて降りて行った。

ちょうどバイクのおっちゃんが来たので聞いてみたら、地元の人なんだけど、家の前をサイレンを鳴らした車がいっぱい通るので「野次馬」しに来たんだって。おっさんに、海へ降りてみましょうか、って誘ってみた。
「地元だけど、ここへ来たのは何十年ぶりだろうか、高校生以来とちゃうかなあ」とか、世間話をしながら降りて行った。途中で釣り客が登って来たので何があったのか聞くと、釣りの人が海に落ちたんだけど、自力で助かったみたいですよ、っておっしゃる。

海岸には消防の人がいっぱいだけど、「現場」は回り込んだところらしく、陰になって見えないらしい。無線をしている人が近くにいて耳をそばだてていると、「42歳、男性、自力歩行可能」って話してた。ちなみに、野次馬は私とおっさんだけ。他には釣りする人が遠くに二人くらいだけ。

もう、することも見ることもなく、おっさんとまた山道を引き返した。

上に上がると、ホワイトボードが置かれていてお姉ちゃんがいっぱいなんか、書き込んでいた。これ、いわゆる指揮所なんでしょうな。あんまりのぞくわけにもいかず、何が書かれていたのはわかりませんでした。

結局、山を2往復。暑くて死にそう。こっちが、熱射病で救急車の世話になりそう。


  1. 2020/08/16(日) 22:20:41|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

断捨離

ヒマに任せて、あちこちの無料配信を見ていた。断捨離、というか、片づけのHPがあったのでなんとなく見ていた。
まあ、よくある話で、あちこちモノがあふれている。本来、作業用のスペースにするつもりだった所もモノがいっぱいで座りもできない。
指導するおばちゃんが言ってた。
「そのスペース、って、分別もいらない、回収日も決まっていない便利なゴミ置き場なんです」、だって。

家主の言い分は決まっている。いつか使うと思って。でも実際、いつからそこにあるのか聞くと、何(十)年も置きっぱなし。何十年目かに来る「いつか」のためだけにそのスペースを置いておくの?
とりあえず、新聞紙をひいてその上に物を並べて、一つずつ、絶対必要かいらないか、分別していく。まあ、80%くらいのものは「使わない」箱に入っていく。

食器棚。やっぱり、あふれている。なんでも、実家に引っ越した時によさげな食器がそこそこ残っていたそうな。親切で置いていてくれたんだと思ってそのままにしていたらしいが、やっぱり使っていない。
ここも分類すれば、80%はモノが無くなった。
買えばいくら高いもんでも、使わなきゃ価値はゼロ。食器と言うのは「賞味期限」がないからたちが悪い。

テレビでも「片づけ」の番組はしょっちゅうあるが、基本的にほかすだけなんで、そりゃ、あれだけ廃棄すれば片付くわなあ、というのがほとんど。



うちでも、家を建てた時に食器棚に収めて、そのまま何十年も触っていない食器がいっぱいある。いくらがんばっても生きてるのはあと十数年だろう。30年以上使っていないものを、この先使う可能性はほとんどないと思うんだけど。で、こんなん残されたら息子も困るだろうなあ、と思ったりする。

  1. 2020/08/16(日) 14:36:35|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

何もせず

仕事が終わってから法隆寺の実家へ行ったが、食事して墓参りするだけで、庭仕事なんてとてもする気になれず、夕方に帰ってしまった。盆と言うのは、ご先祖さんも家へ帰っているらしい。墓に行っても車も人もなく、仏花も新しいものはあんまりない。
盆に墓参り、と言うのは、普通の様で普通ではない?
  1. 2020/08/15(土) 22:31:00|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

今年はなし?

近所の家。盆と正月は必ず、某県ナンバーの車が数日止まる。きっちり、「里帰り」するんだなあ、といつも思っていたが、今年は来てないみたい。さすがに、自粛?
持ってくるのをためらってか、持ち帰りを危険視してか、どちらかというと、後者?
  1. 2020/08/14(金) 10:40:42|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

盆のコウモリ

盆に山へ出かけたら、あちらから誘われて穴に埋まらないか心配しつつ、用事もあって出かけた。
最近は共同研究者の方と一緒の事が多かったけど、今日は都合で一人だけ。
調査地の能勢。コウモリを始めた最初の頃に教えてもらった穴。最初の頃は常に一人だった。苦労して廃坑を見つけても、数mの試掘坑でもあればましな方で、たいていは閉鎖されていたっけ。この穴は教えてもらった穴とは別のところで発見し、かなり規模が大きく、キクガシラコウモリ数十頭という、私にとっては初めての大規模な穴だった。一番奥に這って登るところがあり、さすがに一人では入る気になれず、後日、友人と一緒に入ってもらったっけ。
ここではキクガシラコウモリの出産を初めて確認したり、内部での崩落を確認したりで、それなりに思い入れのある穴。
久しぶりに一人で入って新鮮な感じだった。

2カ所目。ここは2mほどの桝へ飛び降りるんだけど、真下にマムシが待っていた。少しずらして降りて、棒であっちへ行ってもらった。ここでの目的は寄生虫採集。網を持って入ってコウモリを捕獲し、雌雄確認後、標識、その後寄生虫の採集。
網をもって穴に入るのも久しぶりで、これまた初心に帰った気分で新鮮な感じ。

暑いけど、それなりに楽しい調査でした。
  1. 2020/08/13(木) 20:24:31|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

シンデレラの携帯電話

最初はドコモで携帯を持っていたが、料金が高いというので家族で楽天に乗り換えた。電話機は息子のお古をもらう予定だったけど、契約時に手元にないのでとりあえず、中国製の500円の携帯を買った。で、SIMを入れ替えて息子のを使っていた。それがしばらくすると故障して、また息子が買い替えるのを待っていたけどのんびりしてたので仕方なく、500円携帯を復活させて使っていた。しばらくするとやっぱり使えなくなった。

今度は、妻のお古に乗り換えた。まあ、ボチボチ使っていたけど、電池が持たなくなってきた。夜に充電して、朝にポケットに突っ込むと病院に着いた時点で90%だったり、80%だったり。たぶん、電池だけの問題じゃないんだろうなあ、突然、0%で電源が落ちるようにもなった。つねにコンセントにつないでおくか、外出時はバッテリーにつないでおかなくては使えない。さすがに不便。今度は、娘のお古に乗りかえた。

パソコンも携帯も、入れ替えに伴う設定が一番苦痛。だと思ったが、携帯丸々バックアップして、そのまま新しい携帯に持って行く、てな事が出来るらしい。
娘にやってもらって一件落着。
  1. 2020/08/12(水) 22:35:04|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

テレビ側は絶対ないというんだけど

白浜の「ホテル川久」に、「高額の美術品」がいっぱい並べられている、って、その光景がテレビで放映されていた。いわゆるコロナ騒ぎで外出自粛ではあるけど、白浜だったら大阪からも近いし、遠方への旅行は自粛しつつも、大阪あたりのお客さんは行きやすいんじゃないだろうか。すごくいい宣伝になったんじゃないかと思う。これって、「裏」はないんでしょうかね。お金をもらっているとか。

とあるケーキ屋の紹介が30分の特番で、あった。一応はパティシエに焦点を当てた話ではあったが、ほとんど、店の宣伝、みたいなもの。知り合いがそのすぐ近くに住んでいたけど、たいしておいしくもないし、人も入ってない、って話だった。
個人の店ではなく、とある企業が別事業として立ち上げた店。パティシエも雇われの人。その親企業は、なんちゃら商法として有名な会社。特にうるさそうな客にはすぐに返金しているので、大きな社会問題にはなっていないが、なんだか、限りなく怪しい会社。きっと、お金が動いてるんじゃないの?

とある新聞社から、読者から推薦があったので取材したい、との話。こういうのはほとんどが怪しい。さんざん説明した後で、取材費を欲しい、という話になる。その話が来て断ってから、何か月かしたら出入り業者が新聞の切り抜きを持って来た。A先生の病院が記事になってた、って。ふーーーん、この業界の人でも信じるんだなあ。


あ、ちなみに、ホテル川久、って、バブルの遺産で、400億円を投資して作った会員制ホテルが倒産して、今の会社が30億円で買ったもの、だって。一度だけ泊まりに行ったことがある。たしかに、りっぱで、「非日常」
  1. 2020/08/11(火) 22:04:20|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

一日テレビ

やっぱり、一日テレビ。冷房代がもったいないのでどこかへ、と思わなくも無かったけど、コロナのリスクや、出かけりゃお金も使うだろうし、そうなると冷房代の方が安いかもしれない。
ぐだぐたしつつ、ちょこっとコウモリ論文を読んだり書いたり、なぜか無料配信されている「探偵はバー~」を見て、一日おしまい。
部屋から出たのは、朝の犬の散歩、ほんの何分かだけ。庭にも出なかった。

はるか前だけど、友人が、父が定年退職したが家にいてもすることもなく、毎日高校野球ばかり見ている。全試合見たのを自慢しているが大丈夫かなあ、って心配していたっけ。
高校野球の地方大会も甲子園もやっているみたいだけど、無観客でやるんだったら普通にできたんじゃないかなあ。甲子園ができなくらいじゃ、オリンピックなんてとてもできないだろう、って「識者」が言ってたっけ。
まあ、あんまり興味ないんで、どうでもいいんだけど。
  1. 2020/08/10(月) 22:07:35|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

いつもの日曜日

最近は、いつも日曜日に実家へ。
庭仕事少し。雑草で森のようになりつつあるが、広すぎて手を付ける気にもならない。冬になったら枯れるべ。
以前は夕食は外食することも多かったけど、暑いのと母の意向で弁当を買う事が多くなった。
食事しておしまい。
  1. 2020/08/09(日) 20:12:04|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

疲れる

ほぼ一日、テレビ、というか、自宅にいてすることもないので、テレビとパソコンの往復。
昼過ぎに、うちの猛禽たちの食事の買い出し。「かしわ」のプロになりつつある。最初は某スーパーで100g50円代が多かったが、最近は別のスーパーで、36円とか、38円で買っている。隣で売られている60円台とかとの味の差はよく分からない。見た目は、安物はすごく悪い時もある。安くても国産。ブラジル産はその値段までは下がっていないことが多い。やっぱり、輸送費?

18きっぷをもう一度買ってどこかへ行こうかとも考えていたが、さすがにこのコロナの状況じゃ、公共交通機関には乗りたくない。

映画も考えなくはないんだけど、1300円じゃなあ。昔は電車に乗ってまで、マイナーな映画を見に行ってたが。なんだか、熱が冷めている。
そうそう、パソコンをつついていたら、「探偵はバーにいる」の無料配信を見つけて見ていた。映画と言うのは、第一作目が一番面白い(事が多い)。が、パソコン相手じゃ、気が散って、いまいち乗り切れず。テレビにネットつないだ方がいいのかも。
  1. 2020/08/08(土) 23:22:53|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

カメの引き取り手

知り合いから、カメの引き取り手がないか、って連絡が来た。高齢で飼うのがたいへんになった、というか、極端な言い方をすりゃ、どっちが長生きするかわからんから今のうちにどこかへ、という事みたい。
話を聞いた限りはクサガメ、っぽい。まあ、原則から言えば「自然に返す」べきじゃないだろうけど、都会のど真ん中だし、閉鎖的環境の都市公園の池にほりこんでも、「日本の生態」に影響はないんじゃないかとも思う。とはいえ、どこかにほかしなさい、とも言えず、いよいよ困ったら引き取って貰い手を探す、って返事をした。
とあるペット譲渡ページを見ると、クサガメでもすぐに貰い手はあるみたい。
アカミミガメでも引き取られている。
世の中、ま、いろんな人がいるみたいです。
  1. 2020/08/07(金) 23:49:12|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ええ加減な話

あほらしくてコメントする気にもならんけど、吉村知事、何言うてるんでしょう?
コロナにイソジン、って、あまりにもむちゃくちゃな話。弊害の方がよほど大きい。
トランプさんが、消毒薬を注射せよ、と言ったのとあんまり変わらんレベルだと思うが。
  1. 2020/08/05(水) 20:28:56|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

まさに、アマゾン

淀川で釣れたんだそうです。
「レッドコロソマ」というらしい。(画像は博物館からお借りしています。)
まさに、アマゾン。ググると、あちこちの水族館で飼われている。1000円くらいで小さいのが売られている。飼ったのは良いけど、大きくなってほかした、というパターンらしい。
見に行こうかと思わなくもないが、1.5時間自転車、見学10秒。
他に用事がないし、この暑さじゃ動きたくない。


なんだかなあ。
まあ、今さら、とは思うが。

EeiFMaKUMAIIee_.jpg







  1. 2020/08/04(火) 22:37:45|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

今日はコウモリバエ

昨日は、ユビナガコウモリからクモバエを採集して東京まで送った。今日は、キクガシラコウモリからコウモリバエを採集して送る予定。

朝一番に、和歌山の桃山町へ桃を買いに行った。町のあちこちに桃屋がある。が、もう時期が遅いのか、閉まっている店もちらほら。適当なところで、適当なのを買う。箱入りで棚に並んでいるのはやっぱり高い。そっちには手が出なかった。

加太方面へ行ってコウモリ生息地へ。期待通り、キクガシラがいっぱい。昼に起こしちゃいかんのだけど、寄生虫を採るには仕方ない。ちょっとだけ我慢してもらう。
網に入るのは今年生まれの子が多い。若い子は気が優しいのか、噛みつくのも加減してくれている気がする。少し痛いくらい。
成獣は容赦なく噛みついてくる。これだから、キクガシラはあまり好きになれない。

キクガシラにクモバエがいた。キクガシラにくっつくなんて、知らなかった。

帰ると、東京から安着の連絡が来ていた。あー、よかった。

(以下引用、一部省略)
3サイズとのことですが、ユビナガコウモリについているのはおそらく2種で、大きいのがケブカクモバエ、小さいのがヘラズネクモバエという別の種類です。両種が同じコウモリの体の上でどのように棲み分けているのか興味深いですが、まだわかっていないのではないかと思います。あとは大型(雌)と小型(雄)のケブカクモバエを認識されているのかもしれません。

お腹の大きいのはおそらくケブカクモバエの雌成虫です。クモバエ、コウモリバエ、シラミバエ、ツェツェバエの仲間は、昔は蛹生類Pupiparaと呼ばれておりました。雌成虫が子宮を持っており、そこにミルク腺が付属し、卵から孵化した幼虫はミルク腺分泌物を摂取して成熟幼虫まで育ちます。蛹化直前になるとメスは巨大な幼虫を産み落とし(お腹の大きいのは多分こいつらです)、幼虫は基質(壁など)に固着して蛹になります。すなわち、幼虫は蛹化まで親の体外に出ることなく、全て親に栄養を依存しているのです。凄まじい生態です。そういえば、以前送っていただいたケブカクモバエも幼虫を産んでいました。出てくるところはほとんどエイリアンです(メス成虫自体の姿がそもそもエイリアンですが)。


さなぎを産む、って、そこまで育てる、ってなんだかすごいですね。
ググってみると、10年前の私のページが出てきた。ちゃんと、大小で種類が違う、って書いてある。
  1. 2020/08/03(月) 18:31:05|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

あれだけ準備したのに

東京大学の先生から、クモバエの採集を頼まれた。本当は先生自身が来られて採集するはずだったのに、コロナ騒ぎで東京から出られなくなったんだって。なぜか知らないけど、生きたままの状態で欲しい、との事。かなり前にも一度頼まれ、箱に入れてクールで送ると送れたことがあったので、今回もそのつもりで用意した。さらに今回は、可能なら生息状況や寄生状況を動画で撮影してほしい、との事。うーーーーん、写真ならいくつでもあるけど、動画なんて、試みたこともない。でもまあ、呼びかけたらお手伝いくださる方もおられたので何とかなるか。

穴に入って動画を撮ろうとするけど、RECにならない。なんで?しばらくたってやっと気が付いた。押してるボタンが違う。
撮影中に急に回りが暗くなった。ありゃ?、懐中電灯の電池切れ。これ、充電式なんで、切れたら終わり。ヘッドライトで代用しようとしたが、こっちも暗い。電池を入れ替えようとしたが、これは単4で、スペアは単3。何の役にも立たぬ。いつもならもう一つ、大型の懐中電灯を持って入るんだけど、今日はザックを持参していないのでこれもない。

最初の穴にはユビナガがおらず、仕事にならず。次の穴でやっとユビナガを多数見つけてなんとか採集。

発泡スチロールに、採集したクモバエを入れたプラスチックの箱を入れたが、送る時、クロネコの姉ちゃんに、発泡スチロールなんでクールで送っても中まで涼しくはなりませんよ、って言われた。保冷剤を用意はしていたけど、朝から詰めているとすでに完全に溶けている。要するに、「現在の気温」の状態で送っていることになる。さあ、この手の外部寄生虫、宿主を離れてもしばらく生きているのかなあ?

明日、連絡が来るまで心配。
いったい、何を準備していたんだか。
  1. 2020/08/02(日) 22:24:04|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
次のページ
【楽天市場】本・雑誌・コミック