FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

また電池

なぜか知らないけど、メルカリから「300円分のポイントが期限間近です」ってメールが来た。息子や娘はよく売り買いしているらしいけど、私は登録はしたけど使い方がいまいちわからないのと、売っても手数料が高いというので全く使っていない。が、時々、「お試し」かなあ、500円分だったり、今回みたいに300円分のポイントが来る。

300円じゃ買えるものも限られていて、実際に使うものとすると、買うのは「電池」に落ち着いてしまう。アマゾンだったり、無名メーカーだったり。それでもまあ、何となく使えているのでほんのちょっと得した気分。
  1. 2019/06/19(水) 22:28:09|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

あんたの方が怖い

昨日の事。廃線跡ハイキングで、天井のレンガの隙間のコウモリを撮影していた。このコースではほとんどの人が懐中電灯を持っているけど、天井を照らす人なんて皆無。トンネルのど真ん中で立ち止まり、天井を照らしつつ写真を撮っているなんて、かなり怪しい。撮影していたらおっさん・おばはんが立ち止まって不思議そうな顔をしているので、コウモリがいるんです、って言うと、おばはんの方が、いやー、怖い、って足早に立ち去った。おっさんはしばらく眺めていた。
コウモリなんて、人間の鼻くそくらいの体重しかない。当然、怖いのは人間の方、ってコウモリは思っているはず。

いつだったか、子供会みたいな集団が同じように私に興味を示し、この時はキクガシラコウモリの冬眠集団だったのでかなりインパクトがあると思ったのに、引率者も子供も全く反応がなかった。
まあ、一般的にはそんなもんかな。

  1. 2019/06/18(火) 22:37:35|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

昼に引き続き

夜は夜で、出産調査。
和歌山で生まれていたのでひょっとするとこっちでも、と思って兵庫県の出産地へ。

結論を先に書くと、出産はまだみたいでした。夜に行ってるので、親の姿も見ていません。
生息地を放棄していなけりゃいいけど。
また来週行かなくては。
  1. 2019/06/17(月) 23:06:05|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

こっちは期待外れ

出産が考えられるときは日中の観察はよくないんだけど、ちょっと行ってみました。
生瀬・武田尾のハイキングコース。
ここでは数年前にテングの出産と思われる集合が観察されていて、日本中でもテングのそういうのはほとんど観察されておらず、少しは期待しています。
時期によれば赤ん坊を抱いたキクガシラが観察されるんで、それにも期待して行ってみたのですが。結論を先に書くと、テングの集合はなく、キクガシラもぽつぽつしかいませんでした。近くの出産地にもキクガシラは集まっていないし。
出産には早すぎたようです。
また調査行かなくては。しんどいなあ。
  1. 2019/06/17(月) 16:00:15|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

和歌山は早いのかも

少し早いかなあと思いながら、和歌山の生息地へ。
生まれてました。
胎盤をぶら下げた子が二ついました。数は昨年の観察数の半分以下。すなわち、生みたての可能性が高いです。あと1~2週間のうちにみんな出産するのかも。

続いて近くの別の生息地へ。
ここは尾根筋にあって、以前は反対側の山中からアプローチしていました。始めて行ったときは踏み跡のようなものもあったけど、どんどん荒れてきて何度目かには帰ろうとして道に迷いました。さんざん歩いて元の場所に戻ってきて、日は暮れてくるし、その時は真っ青になりました。それ以降、調査はひもを張りながらしていました。

つい最近、近くの別の穴を知り、そちらからアプローチするとすごく楽に行けることを知りました。本来の道もこちらだったようです。
行くのは楽だけど、こちらからアプローチすると夜から体があちこちかゆくなってきます。やぶこぎしている時にダニや毒毛虫にやられるんだろうか。

こちらもいつもの赤ん坊の数よりかなり少ないです。これからも出産が続くんでしょう。

  1. 2019/06/16(日) 22:59:20|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

毎週調査

毎週通ってます。
親が出る時間より少し早いんだけど、ちょっと気になることがあって早めに入ってみました。モモジロの新生児コロニーはほとんど真っ黒、すなわち、親がいっぱい残っています。写真を撮って確認するとほとんどがユビナガコウモリ。なんじゃ、これ。
モモジロコウモリの親はほとんどが食事に出て行ったんだと思います。
本来、ユビナガコウモリも白浜方面で出産するはずなんで、ここに残っているのはオスか、妊娠していないメスじゃないかと思うけど、調べようがありません。
この穴ではキクガシラコウモリも出産するので、そのタイミングを知りたくって通っているという事もあります。

画像はHPにもFBにも載せています。
ブログとFBとHPのすみわけがいまいち確立していません。
  1. 2019/06/15(土) 22:35:19|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

うっかりか、のんびりか

コウモリの捕獲許可が、5月初めで切れているのに気が付かなかった。あわてて、次年度の申請を出した。
現在は大阪府と和歌山県で許可をもらっている。兵庫県は、別の研究者にくっついてもらっている。
和歌山県は仕事が早い。一週間ほどで新しい書類を送ってくれる。
いつも、ありがとうございます。











そういえば、奈良県も調査はしているけど、捕獲はしていないので、最近は許可を取っていない。
まあ、ええでしょう。見るのは「タダ」
  1. 2019/06/14(金) 22:18:42|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

さすが、「国鉄」

某所で入手した。

P5290155.jpg








P5290159.jpg








国鉄の職員向けの時計らしい。番号も入っている。何かの記念品だろうか?


動くんだけど、特にいらないし、ヤフオクに出してみた。
2~30件の入札があり、予想以上に高く売れた。
さすが、「国鉄」
いろんなファンがおられるのだろう。
  1. 2019/06/12(水) 22:07:52|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

今度は自宅

母親のところで生まれた子らを、やっとあちこちに引き取ってもらった。
今度はうちの庭で生まれた子らを巣箱から出した。

IMG_3900.jpg










IMG_3899.jpg







また引き取り手を探さなくては。
産ますな、って? 
ごもっともです。
  1. 2019/06/11(火) 22:11:59|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

まだ

キクガシラ。
まだ産んでいない。

IMG_3878-1.jpg







ここには、もっと集まると思っているのだが。

IMG_3872-1.jpg









こっちにはいっぱい。
  1. 2019/06/09(日) 22:04:22|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

倍増

先週の調査地。
新生児が倍増。









DSC_3486-1.jpg









  1. 2019/06/08(土) 22:01:52|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

期待外れ

リーアム・ニーソンだし、似たような映画なんじゃないかなあ、って思って見に行ったんだけど、期待外れ。人が死ねばいい、ってもんじゃない。勘違いから始まったストーリーだけど、面白いだろうと思った私自身が勘違いだった。

5月末でコウモリの捕獲許可が切れているのをすっかりわすれていた。そういえば、いつも、フィラリアで忙しい時期に申請せんとあかんのでたいへん、って思っていたんだっけ。
申請書を書くついでに必要があってネットを見ようと思っていたら、ネットが繋がらない。パソコンか、無線ランか、もっともとの機械か。電源を切ったり、リセットしたり、再起動したり。それで半日潰れた。


夜はコウモリ調査。
これは期待を裏切らない、と信じている。
  1. 2019/06/08(土) 16:57:45|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

脇差?

詳しくは書けないんだけど、某所から「脇差」(?)を入手した。立派な鞘がついていて、家紋らしきものも付いている。刃には波紋(?)が出ている。いかにも切れそう。ヤフオクへ出そうかと思ったが、これって、おそらく登録が必要な刀剣じゃないの?
ざっと刃渡りを測ると20cm弱。ネットで見ると、15cmを超えるとどうのこうのと書かれている。

交番へ持って行ってみた。お巡りさん、数人が一斉に寄ってきた。手袋をして「品定め」
どこかへ電話してる。本庁の生活安全課、だって。電話を代わると、やっぱり登録が必要なブツで、登録なしに持っているだけで「違法」と言われた。すぐに見に行くのでとりあえず持って帰って、という。

しばらくすると兄ちゃん二人が来て、「入手方法」をいろいろ聞かれた。合法的に所持したければ登録が必要、って言われた。どこそこでなんかして、鑑定してどうのこうの。鑑定に数千円かかるという。
別にどうしても欲しいわけじゃなし、登録したところで、売る事しか考えてない。ネットで見ると、それこそ1000円でも売れないものから、何十万円の値がついているものまでいろいろ。鞘を外して銘でも入ってないか調べるがそれもない。

これ、ヤフオクで売れそう?、ってお巡りさんに聞くけど、よくありそうな物、って言われた。大昔は嫁入り道具の一つにこういうのがあったんだって。

結局は、「所有権放棄」の書類にサインして、持って帰ってもらっておしまい。
話のネタにしかなりませんでした。

  1. 2019/06/07(金) 22:44:14|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

夏は980円

散髪へ。何日か前にも行くことを「決断」して近所の1100円へ行ったが、二人ほど待っていたので諦めた。基本的に、散髪屋の時間待ちは好きじゃない。この散髪屋はおっさんが仕事中にずっと話しかけてくるので、これが苦痛であんまり行ってない。近いんで意を決して行ってみたのに、残念か、ほっとしたか。

何日かして仕切り直し。今日は時間があったので遠方の980円を目指した。ここはバリカンも使うし、とにかく切りまくる。冬は寒いので行ってない。この季節なら大丈夫だろう。

私がよく行く1時過ぎは「昼食のため」って看板を待合のイスにおいて不在、という事が時々ある。奥のドアの向こうが自宅なんで、ピンポンでも置いておいてくれりゃいいのにそれもない。何度かは15分ほど待っていた時もあるけど、しびれを切らして諦めて、1080円のQBハウスへ行くことが多かった。
今日も留守だったけどしばらくしたらおっさんが出てきて無事一大イベントは終了。
やっぱり、一言もしゃべらずに仕事し、終わったらポケットから20円を出して1000円を受け取り、それでおしまい。
まあ、気楽です。
  1. 2019/06/06(木) 22:24:28|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

どうしても理解できない

レジ袋を有料化する、って、それがプラスチックの削減につながる、って、どうしても理解できない。病院は有料ゴミで毎日一袋くらい出しているけど、容積から考えりゃレジ袋なんてコンマ以下のパーセント、というより、ほとんどゼロ。毎日何%かを占めているのは、スタッフの昼ごはんのコンビニの容器。家庭ごみは一般ごみとプラスチックを分けるんだけど、事業ごみはそういう分別がない。仕方なく、同じ袋に入れている。

プラスチックは再生するというより、「燃えるゴミ」として、「ごみ焼却場発電」の「原料」として使われている?、私の認識間違い?それは本来の使い方じゃない?

どこの自治体だったか、ゴミ分別しすぎて焼却場で燃えるものが減りすぎて困った、と言う話を聞いたことがある。

堺に引っ越ししてきてみんな驚くのは、ゴミの分別が緩い、という事、って昔聞きました。プラスチックの分別が始まったのもここ数年のことだと思う。堺の焼却場は性能がすごく良いのでなんでも燃やせる、って聞いたことがある。これも私の思い違い?
  1. 2019/06/04(火) 22:23:43|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

オーストラリアのタヌキ

今日の朝日新聞夕刊、トップ記事はコアラの話。天王寺動物園がコアラ飼育から撤退する話。
大きなニュースはいっぱいあるのに、なんでこんなのがトップ?その話は一年以上前に決まっていたこと。なんで今さら?中身もすでに何度も聞いている話。カビが生えてるで。

天王寺動物園にコアラが来る、って当時、天王寺動物園に勤めていた友人から話を聞いた。淡路島に入った直後だったかなあ。
当時の市長が目玉に欲しがったんだったか。コアラの集客能力なんてそんなに続かないだろうし、収容施設にすごく金がかかる、すごく細かいことにオーストラリアが文句を言ってくる、あんなん、オーストラリアのタヌキ、とか何とか言ってたっけ。本当はいらないんだけど、おかげで獣医師も増員された、とか何とかも言ってたっけ。

おそらく、何体かは本剥製や骨格標本になっているんだろうけど、何体かは皮と、ばらばらの骨になって博物館に収められている。なにわホネホネ団のMLに、コアラの解剖の話が時々流れていた。


最近、とにかく新聞が面白くない。新聞屋が悪いのか、こっちの理解力が落ちているのか、たぶん両方だとは思うけど。
朝日新聞を取っているのは、妻が景品につられて何年契約かしたため、だけの事。早くやめたいなあ。
  1. 2019/06/03(月) 20:57:14|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

また夜の仕事に

一番最初は、ウミガメの産卵。当時は高速道路は御坊まで、だったと思う。仕事が終わってから出かけて、深夜の産卵を観察してまた次の日、仕事してた。
次は、オオサンショウウオ。土曜日の夜8時に現地集合。12時過ぎまで調査、というのを毎月していた。
そのうち、コウモリ。これは夜じゃないが、調査地自体がいつでも真っ暗。こっちは月に何回も、生息地を探してさまよっていた。

というのが、私の懐中電灯人生。

コウモリの繁殖調査は夜に調査地に入る。
真っ暗な生息地に、真っ暗な山を登って調査する。
これから一か月は夜の生活。










  1. 2019/06/02(日) 23:29:53|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

長いお別れ

まあ、テーマはありがちな事なんだけど。
なんだか、微妙な違和感が漂っている。
乗り切れませんでした。

55点。
  1. 2019/06/02(日) 22:02:26|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
【楽天市場】本・雑誌・コミック