FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

なぜか知らぬが湧いてくる

メルカリからメールが来た。500円分のポイントの有効期限が今日まで、だって。メルカリには登録したけど、売り方や買い方がいまいちよくわからず、何にも使っていない。が、時々、500円分のポイントをくれる。

メルカリは送料込みと言うのが売り、なのかなあ、ほとんどが送料を気にしないでもいいみたい。
とはいえ、500円で買えるものは限られるし、それ以上のものを買う気にもならない。さんざん探し回るが、結局はいつも電池を買っている。それも、「ブランド物」の高いものはなく、安物ばっかり買っている。まあ、あまり長く使えなくっても、どうせ消耗品だし。
  1. 2019/01/31(木) 22:10:42|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

自分で抜こうと思ったが

ポップコーンを食べていたら、はじけていない実よりももっと硬いものを感じた。出してみると、「欠けた歯」だった。
歯並びが悪くて、両側が張り出して谷間になっているような歯の一部だった。触ってみると、残された歯もぐらぐらしている。これ、って、歯根がだめになってぐらついてて、ほとんど抜けかけているんじゃないだろうか?犬猫だったら鉗子で抜いておしまい、の感じ。
犬猫だったら平気だが、自分の事となると恐ろしい。歯医者を予約して、受診するまで触らぬようにしていた。

歯科医に見てもらうと、一部は欠けたが残りはかぶせているものが「ゆるんでいる」だけ、って言われた。ほっとした。
レントゲンで見ても、歯根は十分。歯槽骨の減りも、歯周病もない、っておっしゃった。

この歯医者さん、私と同じ年齢で、開業時期も同じ。最初の頃はあんまり忙しくなくって、じっくり治療してくれていたけど、だんだん忙しくなったり、そもそも通院する用事も多くなく、疎遠になっていた。技術も高いし、「引退」されると困るなあ、って思っている。まあ、こっちも年を考えながらいまだに仕事しているんだけど。
  1. 2019/01/30(水) 22:17:22|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

おばさんも無理

とあるところで買い物をした。レジ前の机を見るとイコカが使える、って書いてる。小銭のお釣りが来ないし、イコカで支払おうと思った。レジにいたおばちゃん、イコカを使うというと、若いお姉ちゃんに声をかけてレジを代わっていた。
おばさんにはレジ操作が無理だったらしい。
  1. 2019/01/29(火) 22:39:41|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

日本はいい国

娘からの話の受け売り。娘、フランスへ遊びに行ってたそうな。
駅で切符の買い方がわからずにおろおろしていたら、「親切な」兄ちゃんが寄ってきて切符を買ってくれたそうな。で、目的地で降りようとしたら出られなかったんだって。駅員に聞くと、「それ、泥棒」って言われたんだって。ちなみに、すごく困った顔をしているとそのまま改札を出してくれたそうな。
外人に電車の乗り方とか行き方を教えた話は日本で時々聞くけど、切符代をちょろまかした話はあんまり聞かない。実際はあるんだろうか。このブログを見た人がこんな商売を始めるかも。

タクシーに乗ってぼられた話。まあ、こんなのは外国じゃ普通なんだろう。日本でも回り道をしたとかいう話はよく聞くし。タクシー代を値切ったがためにスラム街に連れていかれ、強盗にあったとかいう報道も聞いたことがある。
  1. 2019/01/28(月) 22:07:17|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ハイキング投票1番、だって

博物館友の会の総会。
投票がいくつかあって、そのうちの一つに、「一番良かった月例ハイキング」というのがある。私はバザーの準備等で会場にいなかったんだけど、私(達)が担当した、武田尾・生瀬ハイキングが一等賞だったらしい。
参加人数が多かっただけじゃないの?、って思ったんだが、投票先は必ずしも参加人数とは比例していない、と言ってくれた。
あのハイキング、私自身はコウモリを主体に観察するつもりだったけど、夏場でコウモリは飛んでしまい、人数が多いわりにコース幅は狭く、満足に全員にコウモリを説明することもできなかった。
途中で時間をつぶした沢で、ナガレホトケドジョウが捕れたり、参加者がマムシをはじめ、へびを3~4種類捕まえたりしていたので、そっちの印象が強かったのかなあ、とも思ったりした。
武田尾・道場のコースなら、今ならユビナガコウモリ数百頭のコロニーがあったりして、コウモリ的にはすごく面白いのだが、表向きは歩けない場所だしなあ。
まあ、それでも、うれしいことには間違いない。
また楽しいハイキングを主宰したいもんである。

  1. 2019/01/27(日) 22:17:28|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

談合

談合、っていうけど、業者間で話し合って入札条件の最低金額で仕事を請け負っているんだから、行政も市民も誰も損をしていない。なんで問題があるんだろう?
子供会の役員をしていた時、市から、子供の世話をすると助成金をくれるという事業を請け負っていたことがある。子供会みたいな団体にお金をくれるんじゃなく、個人個人が対象だった。何曜日の何時から何時、何人の子供を対象に何をした、って書類を何か月かごとに提出する。現実的には、普通の子供会活動で野球とかバスケットボールみたいなことをしていただけ。
大人一人の上限、回数の上限があったような気がする。書類を市に持って行って枠が埋まっていなかったら、何月何日を足してください、って言われたっけ。最初こそ何をしたとか人数を適当に散らしていたけど、そのうち面倒になって全く同じ文章で日付だけ変えていた。大雨でも運動場でサッカー?
お金は個人個人の通帳に振り込まれる。もちろん、それらの通帳は子供会で親に頼んで作ってもらったもの。お金が振り込まれるたびに、通帳とハンコの束をもって銀行へ行ってた。
  1. 2019/01/25(金) 22:47:35|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

あのさあ、

>佐賀県立高校3校で、本物の人の頭蓋骨や脳みそが標本として保管

脳みそ、ってなんよ。そんな臓器、聞いたこともない。


化石でも標本でも美術でも、本物を見せるのは大切なことなんだと思うんだけど。そういえば、「プラスチネーション」だっけ、「人体の不思議」展、って無くなったなあ。あれは標本を作る過程に問題があったんだっけ。主催者は、自分も亡くなったら標本にしてもらう、って言ってたような気がする。

つやま自然のふしぎ館」には、創始者の内臓の標本が置かれています。

高校の理科室はお宝です。博物館で何年か前、あちこちの「高校理科室」を調べて、「お宝展」をやっていたような気がする。
  1. 2019/01/24(木) 22:16:47|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

もう、ほかしたがな

年賀状。妻と二人で切手が4枚。まあ、確率からするとこんなもんでしょう。
どこかで、今年はお年玉の抽選が2回ある、って読んだ(見た?)気がするんだけど、年賀はがきを見てもそんなことは書いていない。見間違いだったのかなあ、と思いつつ、忘れてしまった。
で、当選番号をチェックして、いつものようにほとんどのハガキはほかしてしまった。

書き損じのハガキが数枚見つかって、もう一度郵政省のHPで当選番号を調べると、下の方に書かれていた。4月にまた抽選がある、って。そんなん、もっとはっきりと、ハガキにも書いておいて欲しかったなあ。
全てのハガキから1万本というので、確率はすごく低い。まあ、当たらんとは思うんだけど、惜しいことをした、かもしれぬ。
  1. 2019/01/23(水) 21:20:24|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

心のケア、って、

もはや、ワイドショーのネタになっている、某高校での「傷害事件」
校長が、全面的に教師が悪い、生徒の心のケア、って、いったい何を言ってるんだか。画面には顔も出さないで。

前後の経緯も調べず、取りあえず謝っておけ、てなもんなんだろうなあ。校長としても、それ以上に人として失格。どんな生徒だったのか知らなかったというなら、それはそれで非常に問題だろう。
上司が部下を信頼しないでどうするの?物事には必ず理由があると思わないのかなあ。

  1. 2019/01/22(火) 22:02:35|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

常識は変わるもん

返信用封筒。
獣医の専門誌で、とある先生が、アンケートを取った際に帰ってきた封筒を見ると「行き」がそのままだったのが多くて近頃の獣医師は常識がない、って怒っていた。(こっちは、貴重な紙面を使ってそんな話を聞かされる方が常識がない、とも思ったけど。)
まあ、私も昔はそんな「常識」を持っていて注意していたが、最近、もうええかなあ、とも思うようになってきた。この頃は様とか、御中に変えないで返送している。
とある同好会では同人会誌をやり取りすることが多くって、返送用封筒は最初から様にすることが常識になっているんだそうな。私もそれに倣って、自分への封筒には様、って書いている。
とある役所では、「様」のハンコが押されて帰ってくる。確かに、そんな判を押すだけでも余計な仕事をやってもらってる、と言えなくもない。
  1. 2019/01/20(日) 18:14:01|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

コートでコウモリ?

とあるところで実習していた大学生を、ひょんなことからコウモリ調査に連れて行くことになった。遠方の大学生で、某所での実習のために大阪に宿泊されていた。当然、コウモリ調査の予定なんてされていなかったので大丈夫かなあ、って思ったけど、ぜひ行きたいという。
調査地は遠方だけど、駐車場所からは5mほど。山歩きはない場所。

病院集合にしていたら、普通のコートの格好で来られた。あ、いや、一応は洞穴に入るんですけどなあ。

今まで、何度か大学生を調査に連れて行ったことがある。生物系の学生は長靴に、それなりに山を歩くような格好で来る。服も汚れてもいいような恰好。一方、別の機会には工学部の学生を連れて行く事があった。こっちは、そのまま心斎橋を歩けそうな格好。学部によってこれだけ違うんだなあ、って妙に納得した。

調査地を、這うような廃坑にしなくって良かった。


  1. 2019/01/19(土) 20:00:37|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

役所の仕事

税務署から封筒が届いた。あんまりうれしいもんじゃないと思いつつ開封すると、問い合わせに回答せよ、って書かれてる。
その内容と言うのは、収入印紙についてのアンケート。

領収書なんかには収入印紙が必要です、きっちり処理してまっか?、貼り忘れがあるなら何年何月に何枚忘れたか、正直に答えなさい、だって。

収入印紙が必要な事例がいくつか書かれていたんだけど、それはそれとして、こんなアンケートで「印紙の納め忘れ」を聞いて、正直な答えが出てくると思うのかなあ。印紙を貼ってない人でも、「ないです」にしるしして返送すればおしまいやと思うんだけど。

いま、新聞ネタになっている、なんやらのデータ管理もいまいちよくわからん。抽出データで統計処理しても、ずっとそれで行くんならそれはそれでいいんじゃないの?トータルで何百億といっても対象者が多いだけで、一人当たりにするとそんな無茶苦茶な金額にはならんと思うが。何千円の返金に事務手数料とか振込料とか、そっちの方が金かかりそう。その処理にまたまた人が残業までして対応、って、なんだかおかしいなあ。
「消えた年金」とか「もりかけ」と同じで、ごちゃごちゃ騒いでいるうちに次の「事件」が出てきて、今回の騒ぎも忘れ去れるんだろう。
  1. 2019/01/18(金) 23:44:40|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

単なる間違い?

FBはよくわからん。わからんままに、ブログみたいに時々投稿はしている。
友達何チャラもよくわからん。始めた頃は「リクエスト」がくりゃそのまま「承認」していたけど、最近はリクエストも来ないし、承認もしていない。
久しぶりに「リクエスト」が来た。相手は知らない人。「メッセージ」も付いていない。だが、「共通の友人」はいっぱいいる。要するに、友達の友達、という事か。その人のFBをチェックすると、

>なお、友達リクエストは必ずメッセージもお願いします。メッセージが来ないリクエストは承認も対応もいたしません。どうかご協力ください。

てなことが書かれている。
なんじゃ、それ。
  1. 2019/01/17(木) 21:02:48|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

福祉で無縁・・・

近所のおばさん、というか、老婆の話。
いつだったか、「和歌山の僧侶」が病院を訪ねてこられた。近所のおばあさん、どうしてるか知らないか、って。毎月、ご主人の墓があるので寺へ来られていたのに、いつからか急に来訪が無くなって心配になって来られたのだとか。近所付き合いは全くなかったので私もよくわからなったけど、年から考えりゃ何があっても不思議じゃない、と言う感じだった。

その後いろいろ情報を集めると、生活保護を受けていたが具合が悪くなって入院されたらしい。で、そのうち亡くなったんだけど無縁仏として行政が「処理」したんだって。ご主人の墓があるのにご本人はそこに入れなかった、ということかなあ。だから何、と言うものでないんだけど。

で、ちょっと相続された方に連絡する事情があって親戚関係を弁護士に調べてもらった。5人兄弟の真ん中だったらしい。兄側に甥、姪がいるが、兄はすでにお亡くなりで親戚付き合いもなかったのか、おばあさんが亡くなって2年も経ってから亡くなったことを知ったらしい。これまた、だから何、というものでありません。

まあ、死ねばおしまい、という事です。
  1. 2019/01/16(水) 22:59:29|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

成人式は15日

昭和の人間にとっては、成人式と言うのは15日。で、年賀状の当選発表の日。

大学何年の時だったかなあ、成人式の案内が来て友人らと市民会館へ行った。私たちの集団はGパンに普通の格好、というより、貧乏学生のきちゃない集団。片一方には晴れ着にスーツの地元の子たち。
立食パーティーがあって来ちゃない集団は勝手に盛り上がっていた。

翌年。現役合格だった友人に案内が来た。その友人らと昨年のメンバーで、また会場へ行った。受け付けで案内が来なかったことを告げると(当たり前やんか)何だかを調べ出したけど、「やっぱりお名前は見つかりませんねえ、でも、目出度いことなんでどうぞお入りください」って通してくれた。

成人式に2年も行ったのは私たちくらいか。
  1. 2019/01/15(火) 23:01:56|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

博物館実習

学芸員資格を取るための、博物館実習というのがある。今日、博物館であったバックヤードツアーに実習生も参加していた。私自身は世話人として参加していたんだけど。
小学生を連れて主に収蔵庫を見学。今日の行事は友の会会員歴がない人が多くって、友の会行事としてのバックヤードツアーとは何となく感じが違う。写真撮影OKとしていたら、小学校低学年でもスマホやタブレットで撮影していたり、一眼レフを持っていたり。世の中、すごいなあ。

ちなみに、学芸員資格というのはいまいちよくわからん資格でもある。こんなんもっていても、ぶっちゃけ使い道がないというか。大阪自然史でも、学芸員受験資格、就職にこの資格はいらない。就職してから学芸員資格を取る人が多い。

年間、実習生を何人受け入れるんだったかなあ。受け入れの条件に、何年か前から友の会に入ることが必須とされた。今日の学生さんに聞くと、もちろん個人負担だって。まあ、実習そのものにはお金はいらないけど、そんな姑息なやり方で会員数を増やさなくってもいいのになあ、って思ったりしてる。
  1. 2019/01/14(月) 21:01:10|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

悲しくて悲しくて

胸にしみる 空のかがやき
今日も遠くながめ 涙をながす
悲しくて 悲しくて
とてもやりきれない
このやるせない モヤモヤを
だれかに 告げようか

白い雲は 流れ流れて
今日も夢はもつれ わびしくゆれる
悲しくて 悲しくて
とてもやりきれない
この限りない むなしさの
救いは ないだろうか



生きてりゃ、人と意見が違うというのはよくあることで、違うなら違うでお互い話し合って妥協点を見つける、あるいは、納得出来りゃこっちも折れるんだけど、頭ごなしに否定され、その根拠も示されないので余計に腹が立つ。
こんなに悔しい思いをしたのは久しぶり。悔しくって眠れない。
  1. 2019/01/13(日) 23:06:42|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

いくらなんでも、絶対無理

例によって、博物館へ行ってバザーの整理。
置くな、っていうのに、床に紙が山積み。紙といっても中途半端なサイズじゃない、特大のポスター。博物館の特別展で作っていた、新聞紙の何倍もあるようなサイズのん。一枚10円ででも売りますか?、って、そんなん、売れるわけないやんか。まだ、恐竜がらみなら数枚くらいは、無料なら持って行く人もおるだろうけど、それ以外のは誰もいらない、って。しかも、一種類あたり、おそらく何百枚。
総会に来た人一人一枚、強制的に配る?あんなん、持って帰るだけで大変。

物品バザーをチェックする。またまた、おまけ物がいっぱい出てくる。売るんじゃなく無料配布の箱に入れていく。
ありゃ?、売るものが無くなってきた。
  1. 2019/01/12(土) 18:34:18|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

詰まりに詰まる

原則的に週休二日。土日は半ドン。
毎週、「博」の字が週末に書かれている。要するに、博物館で用事があるという事。会議だったり、イベントの補助員だったり。
博物館へ行ったらバザーの物品をチェックしている。月末に総会なんで、それに合わせていっぱい持ち込まれているんだけど、ため息ばかり。
あのさあ、銀行のおまけとか、駅で配っているようなメモ用紙なんていらないんだって。100均のおもちゃ、ぬいぐるみなんて、誰が欲しい?あんたがいらないものは誰もいらないんだって。
あのさあ、親切で値札つけてくれてるのかもしれないけど、そんな値段じゃ売れない、って。タダでも誰も持っていかないんじゃないの?
毎年見ている、袋が詰まった段ボール箱。何年か前、バザーの売り物を入れる袋がなくて困っている、って会議で話が出たら、段ボール二箱分、袋が送られてきた。見ると、サイズが小さかったり、紙製で重いものが入れられなかったり、役に立ちそうなものはほとんどない。うちもそうだけど、納戸にデパートの袋とかがあふれかえっていて、これ幸いと友の会に寄付のつもりで送ってきたんだろう。こんなんもらうより、送料分を寄付してくれた方がずっと役立つのに。
  1. 2019/01/11(金) 20:49:54|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

あんまり書くと怒られそうだけど

羽曳野にできた、大阪府の野生動物関連施設を見てきた。一年か2年になるのかなあ、もともと、羽曳野には農業試験場だか、農業大学校だったか、そんな感じの施設があってそこを整備した時に、犬猫の保護施設、犬猫以外のペットの保護施設を作り、ついでに野生動物関連の施設も作ったらしい。
野生動物の救護施設ができればうちで手に負えないサギ類とか、隔離が必要な疥癬タヌキとかを預けられるんじゃないかとかなり期待していたけど、施設ができた案内とか運用の案内なんかももらったことがなかった。ちょうどそこへ行く用事が出来たので施設見学をさせてもらった。

よくよく聞くと、この施設は救護施設ではないんだそうな。放鳥獣までの一時飼育を想定しているんだとか。救護や治療については、今まで通り救護獣医師に任せているんだとか。
そもそも、野生動物関連の職員は南港にいてここには常駐していない。生き物だけ羽曳野で、人は南港って、どういうこと?

ものすごく立派な施設が出来ているが、生き物を収容できるような構造にはなっていない。ありゃ、動物園の檻でも参考にしたんじゃないの?一番考えられるのは鳥の収容だと思うけど、止まり木の一本もない。隙間だらけで、スズメでも収容すればイタチが喜んで食事するだろう。その前に、隙間から出ていく可能性の方が高い。

建物内部も見学させてもらうと、麻酔器、モニター、手術台までそろっている。うちのよりよほど新しい。救護も治療もする気ないのに、いったい何に使うというんだろう?隣の犬猫施設には獣医師が何(十)名も詰めているんだけど。
まあ、伝染病を考えりゃ、野生動物とペットを同一施設で飼育するのは問題があるので、野生動物関連のこの施設は本体とは少し離してはいるし、同じ人間が両方を扱うのも問題があると考えるなら、それこそ南港でそんな施設を作るべきだったんじゃないかなあ。南港の高層ビル、空き部屋がいっぱいあるのに。

野生動物を救護するかどうかと言うのは結論の出ない問題ではある。大阪府はじぇんじぇんやる気がない。やる気もないのにあんな施設にあんなに金をかける、って、納税者とすりゃ、腹も立つなあ。

  1. 2019/01/10(木) 22:01:27|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

増やしてどうする?

とある公的機関からもらった。
オキナインコ。

翼を下げているのでレントゲンを撮ると手根部が脱臼している。レントゲンまである施設なのに、診断くらいしてくれてたら良かったのにねえ。保護時なら何とかなったのかなあ。

P1080021.jpg







ついでにこの子らも引き取った。

P1080022.jpg








いまさら、ハトを増やしてどうするの?

P1080023.jpg








  1. 2019/01/09(水) 21:50:44|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

生まれたのはいいが

実家で生まれた子。
うちで生まれたメスを2羽で飼っていたが、よくケンカするので一羽はこちらに戻し、オスをペットショップで仕入れてつがいにし、巣箱を入れていた。最初は無精卵ばかり生んで、生んでは廃棄を繰り返していたが夏過ぎだったかなあ、突然、3羽が孵った。
適当な時期に巣箱から出して別の籠で飼っていたけど、欲しい人がいたとかで、もらわれていった。

それからすぐに、またまた孵化した。3羽は日を空けずに孵化したのでほぼ同じ大きさだったが、この子だけたぶん2週間遅れくらいで孵化した。あまりにも大きさが違うので心配していたけど、ちゃんと育ててくれたみたい。6日の日曜日に巣箱から出してさし餌しだした。うん、かわいい。










先に生まれた子ら。
出す時期が遅かったので手乗りにはならず。

P1080018.jpg







  1. 2019/01/08(火) 20:19:40|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ままあ、ぼちぼち

アリー/スター誕生とどちらにするか迷った映画。ボヘミアンなんちゃら。
誕生日の1000円鑑賞券というのが来たのと、ゴールデングローブ賞というので見に行った。
世代的にはクイーン世代になるんじゃないかと思うが、当時はそんなには興味がなかった。

まあ、ぼちぼち。

60点くらいかなあ。
アリー~の方が良かった。


夕方からの上映で、見てたのは私を含め2名。
  1. 2019/01/07(月) 20:35:22|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

お金のエトセトラ

実家へ行って、頼まれてコーナンへ行った。
仏花が98円でいっぱい並んでいる。安いなあと思ってよく見ると、400円の値札が張られている。年末の売れ残りの「特売」らしい。
そもそも、ふだん200円くらいで売っている花が年末は倍の値段になるらしい。さあ、予想の範囲内の売れ残りなのか、いっぱい仕入れすぎて売れ残ったのかはよくわからない。

母が納戸を整理していた。壺なのか、花瓶なのかよくわからないものが出てきた。祖父が大切にしていたものらしい。祖父の話ではすごくいいもの、という、いわくつきのものらしい。どこかで鑑定してもらいたい、って、よくある話。
「なんでも鑑定団」でも、「国宝級の茶碗」が、「中国の土産物」って別の人が話していたっけ。100円か100万円か、って、「モノ」の価値というより、「買う側の問題」じゃないかなあ。まあ、信仰宗教の「壺」と同じ。
ヤフオクで判断してもらったら?、って言うが、まだ売らない、って。手元に置いていても何も生まないんだけど。


今日、誕生日。
黙っていても年に一回ある。

  1. 2019/01/06(日) 20:59:31|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

コウモリはじめ

今日から仕事、だけど、私は公休。
虫屋さんに頼まれて某隧道をご案内した。チビシデムシとか、メクラチビゴミを探すそうな。
私が天井を照らしながら調査する一方、虫屋さんははるか後方で岩をひっくり返したり、土を掘ったり。私の方はほぼ満足できる成果だったけど、虫屋さんの方は「坊主」だったらしい。じぇんじぇん見つからないというのはめったにないというが、残念だった。
トラップを仕掛けたとかで、来月その回収に行く予定。
まあ、穴の楽しみ方というのは人それぞれ。

ちなみに、メクラチビゴミムシというのは名前の通り、目の退化した虫が洞穴にいるという事。そういえば、10年以上前、この虫屋さんと廃坑に入ったことがあったっけ。その時は何匹も採れた、って喜んでもらえたのに。
虫の名前には、こんな、メクラとかチビが付いたのが時々ある。和名なんでいつでも変えられるけど、「歴史」を無視するのもねえ。名前だけ変えても意味ないという気も一方ではするんだけど。
あ、ゴケグモというのも、一時、そんなので話題になっていたっけ。
  1. 2019/01/05(土) 23:41:35|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

激混み、でもなんとか

何を血迷ったか、どうせ年パスがあっていつでも行けるのにアドベンへ。
娘も行くというので時間は遅め。白浜が近づくとそんな感じの他府県ナンバーが並んでいる。駐車場があんなに埋まっているのを見たのも初めて。ちょうどショーの時間で、こっちもすごい人。
ショーの後はパンダの子供。一時間待ち、って書いてあったけど、30分ほどで見られた。
ずっと親子で爆睡。

敷地が広いので、まあ、混んではいたけどそれなりに楽しんできました。

帰りの高速はかなり覚悟したけど、やや流れが悪くて少し渋滞があったくらいで2時間ちょっとで帰れました、とさ。
  1. 2019/01/04(金) 22:12:03|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

週末に一回目

コウモリの会報。2018年は130回目まで行っている。と言っても、私が130回調査したというのではなく、約3人で調査したものの合計、さらに、同じ日に何か所かを回っていることも多いので、130日調査したというものでもないんだけど、回数を見て自分自身がびっくりしてる。
特に昨年は、新しく仲間に入ってくださった方が新生息地をあちこちで発見して下さり、それに刺激されて私自身も昔に帰って、今までの調査地の調査頻度を増やしている。

今までは調査はほとんど非公開というか、調査地自体も公開していなかった。情報が拡散して野次馬を呼び込むとコウモリが生息地を放棄するんじゃないかと思っていたが、誰かが、そんなとこ、頼まれても(恐ろしくて)行かない、と言ってたっけ。まあ、実際、非公開と言いつつも頼まれて何人かを何か所かに連れて行ったが、2回目、3回目を頼まれたことはない。その時は、かわいい、って喜んでくれてたんだけど、あれって、お世辞だったのかなあ、たぶん。

5日は初コウモリの予定。今度も頼まれて知り合いを連れて行くんだけど、この方の興味は虫。洞穴に特異的に生息する甲虫を探したいらしい。まあ、穴の楽しみ方はいろいろ、という事ですな。

  1. 2019/01/03(木) 20:05:42|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

友達おらんなあ

年賀状。年々減っているような気もする。まあ、一方通行で送り返してないのが積もり積もって、という事かなあ。
私のが4割、妻へのが6割、という感じか。
仕事がらみで他の獣医さんからも年賀状をもらうんだけど、こっちはさっぱり返していない。顔が浮かばない先生もちらほら。

元旦、二日と病院で雑用をしながら待機する。電話の一つも鳴らない、静かな正月。
正月から骨折、膀胱結石の手術をしていたこともあったっけ。なんだか、懐かしい。

二日は妻の実家へ。
昔はさあ、何人集まっていたかなあ。いつも「しゃぶしゃぶ」を用意してくれていた。鍋も一つじゃ足りないので部屋を分けて2部制でやっていた。すごくにぎやかだった。今年は諸事情で静かな正月。
これまた、昔が懐かしい。
  1. 2019/01/02(水) 20:49:47|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

いつまで?

方違神社への初詣の人たちを横目に、いつものように病院へ。継続診療の電話を待ちながら、居候の世話と、昨年度の残務整理。
結局、何事もなく、静かな一日。

妻は娘と、早朝から福袋を買いにお出かけ。

午後から実家へ。

いつものような年始。
  1. 2019/01/01(火) 10:27:07|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
【楽天市場】本・雑誌・コミック