FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

復活、してませんが

5月22日くらいから、発熱と頭痛、倦怠感がありました。2,3年に一度こういうことがあるので、ロキソニンを飲んで様子を見ていました。いつもなら二日くらい寝りゃ治るのですが、今回は悪化するばかり。
25日に自分で採血して検査すると、肝酵素も上昇しています。さすがにこりゃいかんと思いつつ、主治医がないのでとりあえず近医へ。
この一週間ほど前、自宅の庭で鳥小屋の再建をしており、ドバトの飼育をしていました。発熱パターンから「オウム病」を疑い、その抗体価検査もして欲しいと思っていました。
病院で経過を説明しましたが、よくわからん、とおっしゃいます。私がオウム病を主張したからかどうかわかりませんが、とりあえず胸のレントゲンを撮ったところ、右肺中央に影があると言います。本人は呼吸器症状は全くなかったので少し驚きもしたのですが。

肝酵素の上昇、肺野の印影、環境から、ますますオウム病なんじゃないかと疑いましたが、抗体価検査が出るのは4日後。25日は診察だけで投薬の指示もありませんでした。(あとで、薬を処方するのを忘れました、って言われましたが。)こちらも、抗体価の結果が出ると薬も変わるかと思って、適当にロキソニンやカロナールを飲んでいたので処方箋ももらいませんでした。

25日の診察後からますます悪化し、体温は最高値は39.7度、39度あたりをうろうろするようになりました。
25日は仕事を勤務医にまかせて休みました。記憶の限り、診療を病気で休んだのはこの日が初めてです。

タイミング悪く週末にもなって、ただひたすら耐えておりました。といいつつも、午前中はまだ少しましで、土日はしっかり仕事しましたが。
28日に血液検査の結果を聞くために医院に行き、(今から思うと失礼ながら)セカンドオピニオンで市立病院へ行きたいと伝えて紹介状を書いてもらいました。その足で、市立病院へ行きました。

市立病院で再レントゲンや検査すると思っていたら、しばらくこちらの話を聞いた後、抗生剤を出します、でおしまい。
もらったのは、クラビット7錠。頭痛、発熱に対する薬の処方はなく、肝酵素の上昇に対しても何もしないんですな。そんなもんといわれりゃそれまでだけど。

クラビットが効いたのか、治る時期が来ていたのか、30日あたりから少しましにはなりましたが、完全復活には至っておりません。

あ、そうそう、オウム病の抗体価は陰性でした。これも、本来は4日ほどで結果が出るはずが、なんだかんだで一週間かかりました。

  1. 2018/06/02(土) 07:53:36|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
【楽天市場】本・雑誌・コミック