毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

上等のシステムキッチン

本日、法隆寺の実家へ行った。
地震はたいしたことがなかったけど、食器棚が開かなくなったという。ありゃ、ゆがんだんかなあ。

押してもつついても開かない。かろうじて一枚だけ開く扉があったので調べてみると、上部に留め具がある。これ、耐震用の留め具らしい。地震で中のものが落ちないようにロックする構造なんだ。
ゆがんだ、って失礼なことを言いました。

で、続きの話。
ロックを解除するのに一苦労。
  1. 2018/06/18(月) 21:18:34|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

行けたかも

高野山へ調査へ行こうと思っていたんだけど、目的地は現役の導水路、というより、地下河川。雨が降ると増水して入れない。
朝は晴れてはいたけど、天気予報は南の方が悪かった。しばらく考えていたら、地震。

難波にいる娘に連絡すると、無事だけど電車が止まって仕事に行けない、って。迎えに行くことにして車で出た。
国道が動かない。こんな時、車を使うのはご法度なんだろうけど、自宅はそんなに揺れなかったし、そこまで考えなかった。途中で娘に電話して、渋滞で行けそうにないから自転車で堺まで来るように伝えた。まあ、一時間もありゃ、着くだろう。

今度は南方面へ。病院スタッフが、和泉府中駅で足止めを食らって動けない、ってラインが来ていたので迎えに行くことにした。南方向はそこそこ車が動いていた。何とか駅へついて、スタッフを乗せる。(その時点でも、駅で2時間以上待っていたらしいが。)
またまた、車で北上。

途中で全く動かなくなった。PL花火を思い出した。

結局、普通30分の道を2時間以上かかったのかなあ。


雨は降らず、まあ、高野山の天気はわからなかったけど、調査できたかもしれない。予定が混んでて、一つキャンセルしたら次の予定がみんな狂う。
調査に行ってたら、スタッフ、まだ駅で足止め?10時間コースだったかも。
  1. 2018/06/18(月) 17:57:12|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

今度は筋挫傷

肺炎が治って絶好調、と思ったところなのに、今朝、庭と車庫との段差を踏み外して落っこち、大腿部外側を思い切り打った。皮膚は広範囲に赤剥け、腫れて痛む。あ~、情けない。足首を捩じらなかっただけでも救いかなあ。
  1. 2018/06/17(日) 08:10:13|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ナイトハイク

箕面でナイトハイク。
昔は最終電車で集合し、徹夜で山中をさまよっていた。解散は次の日の始発。
行事を始めた頃はシカが出たり、オオサンショウオも捕獲してみんなに見てもらったり、年によってはタカチホヘビがいっぱい出たり、それなりに面白かったんだけど、なぜか年を重ねるにしたがって出現する生き物がしょぼくなってきた。行事の担当者も負担が大きく、ここ何年かは日没集合、10時ころ解散の日帰り行事になっている。場所は箕面の滝道にほぼ固定気味。

まあ、箕面なら迷うところもなく、オオサンショウウオも捕獲はできなくても見ることはできるし、今の時期ならホタルが飛んでいる。行事のタイトルは、アオバズクを探そう、になっているんだけど、結果的には下見でも本番でも出現しなかった。

日帰り行事になったのを機に、ナイトハイクの担当から外れることにした。ただ、今年に限ってはいつもの担当者が来られない可能性があるという事で、一般参加で行事を手伝うことにした。

箕面にコウモリの調査地があるので、そこを調査してから滝上に車を止めておき、英まで歩く、行事は滝までの片道だけお手伝いして帰りはキャンセル、という形にしてもらった。

滝上の駐車場は土日の午後五時まで、一回1000円。これって、ぼったくりじゃないの?もちろん、私が駐車した頃は無料なんだけど。

行事は200人近い申し込みがあって、当選者は数十人。みんな、何を期待しているんだろう?オオサンショウウオなんていつでも見られるし、夜になりゃホタルは飛んでいる。そもそも、ホタルなんて、大阪でも少し田舎の方に行きゃ、どこでもいるんだけどなあ。

まあ、コウモリ調査もできたし、半分だけの参加で早く家に帰れたし、まあまあ、ぼちぼち。
  1. 2018/06/16(土) 22:39:45|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

もらい損ねた

博物館へ行ったら、動物研究室で箱を前にしてみんなが騒いでいる。何かと思ったら、植物園でオオタカが保護されたんだって。
見ると、羽がすごく傷んでる。これは野生じゃないだろう。捕まえてもおとなしく、足輪と足ひもまでついている。要するに、飼育個体の篭脱け。
博物館が警察に連絡すると、お巡りさんが一人で引き取りに来た。名刺を渡して、鳥の保護活動をしているので飼育に困るようなことがあれば連絡を欲しい、って伝えた。2,3日たっても連絡がないなあと思っていたら、某学芸員のFBに、「落とし主」のもとへ帰った、って書かれていた。
う~ん、残念。

植物園で学芸員が保護したんだから、落とし主が現れなかったらひらった学芸員のものになるんだと思っていたら、植物園の施設の管理者のものになるんだそうな。銀行なんかでお金をひらっても、ひらった人ではなく銀行に所有権があることになるそうな。そんなもんですかね。

ちなみに、警察がらみで生き物をもらったことは何度もある。「公園のニワトリ」なんかでは、拾得扱いにもしないで直接処分を頼まれることもあった。大きなリクガメは拾得扱いだったと思うけど、すぐに所有権も移してくれたように思う。「生もの」扱いでは、警察は何か月も保管する義務はなかったんだと思う。(たとえば、いくら高価でも牛肉なんかでは保管できない。モノによっては換金処分して保管するんだったか。)
別の鳥では、何か月か飼育を頼まれ、3か月だっけ?、規定通りの期間が過ぎてから別の書類を書いてもらったこともある。

  1. 2018/06/16(土) 13:07:35|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

全快の天王寺

ほぼ全快。
激チャリで天王寺。

博物館へ寄ってから天王寺へ行くつもりが、適当に走っていたら大和川へぶつかった。北へ行ってるつもりが、反対の南側を向いていたらしい。
たぶん、「通常の1.5倍」ほど走って天王寺着。
疲れた、というより、自転車に飽きた。

ツバメのご飯購入。
  1. 2018/06/15(金) 22:17:48|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

コレクション

私の、ハンココレクション。
退職者のが多い。持っていても使い道はないんですけどね。
一部は、コウモリの捕獲申請用。申請には共同研究者のハンコが必要で、それらをこっちで準備している。
年に一回押すだけ。

RIMG4268.jpg





役所のそばで、ハンコのレンタルすれば儲かるんじゃないかなあ、って思うんだけど。
一押し10円とかで。
もっとも、最近は、印、もしくは自署、って書かれている書類が増えている。
  1. 2018/06/14(木) 21:29:51|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

不思議な食事

キュウカンチョウの食事。
キュウカンチョウなんて、もうずいぶん前から輸入禁止されている(はず)なのに、今でも餌が売られている不思議。と言いつつも、私もその目的じゃなく、野鳥の餌として買ってるんですけど。

P5220279.jpg









何年前になるかなあ。「迷子のキュウカンチョウ飼っているけど私も高齢になってきたし、先生飼って欲しい」って、もらったことがある。
「和子は?和子は?」って一日しゃべっていた。どうせなら、住所氏名を教えれば新聞ネタにもなったのにね。

しばらくうちで飼育し、当時は父親も健在だったので実家に預けた。

かわいかった。
  1. 2018/06/13(水) 21:44:18|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

森田童子さん

森田童子さんが亡くなってたそうな。私より、少し上の年齢だったらしい。

森田童子、大友裕子、山崎ハコ。
自宅の和室にステレオが置いてあり、それらのレコードが積まれている。大学生の時に、毎日といってもいいほど聞いていた。卒業し、就職し、何度も引っ越ししたがそれらは処分もせず、いまだに手元にある。

山崎ハコは知り合いがファンクラブに入っていて、何度かコンサートにも行ったっけ。歌手のコンサートというのは、この方以外は行ったことがない。ずっと当時のレコードばかり聞いていたけど、山崎ハコはコンサート活動もずっとしているし、地元のラジオ局にも出演しているんだったかなあ。何十年もたってからそのことを知り、you tube かなんかで動画を見ると、「ただのおばさん」が「山崎ハコ」の歌を歌っていてすごく違和感があった。ついでに言えば、ちょっとジャンルは違うけど、あべ静江もよく聞いていた。何年か前、すごく太ったおばさんがあべ静江と名乗っていて驚いたことがある。

レコードはあるが、現在それを聞けない状態。最初、アンプがおかしんじゃないかと思ってアンプを買い替えた。やっぱり聞けない。
今度はレコードプレーヤーじゃないかと思って、ヤフオクで中古を買った。聞けた。が、試しにカートリッジだけ付け替えると私のプレーヤーでも聞ける。結局は、カートリッジがおかしかっただけらしい。で、買ったばかりのプレーヤーはそのまま、ヤフオクにキックバックした。買ったのと同じような値段で売れて実害はあまりなかった。
で、カートリッジだけ購入しようとヤフオクを物色しているけど適当なのがない。なんだかんだで、何か月も経過してしまった。

今回の森田さんの訃報を聞いて、どうしてもまた聞きたくなっている。早めに買うべ。
  1. 2018/06/12(火) 21:45:49|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

完全復活、かな

コウモリの出産調査。
さらに出産が続いている。










新しいアプローチの道を見つけた。
距離は長くなるが、時間は短縮。世の中、どんどん変わっているんだなあ。
付いていけない。
  1. 2018/06/11(月) 22:39:15|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

昆虫採集入門講座

博物館友の会で、昆虫採集入門講座というのがありました。例年は一泊で行事を行うことが多いのですが、今回は土曜日に採集、日曜日に博物館で標本作りと名前調べ、というパターンでした。私は日曜だけ、「お手伝い」してきました。
私自身、高校から大学にかけて昆虫採集していたので、それなりのなつかしさがありました。

昆虫が絶滅する前に、昆虫採集する子供らが絶滅危惧種に入っており、こういう行事に参加してくれる子供らは貴重です。
ただ、昆虫採集そのものに対する「世間の目」には冷たいものがあり、大きな山間部の公園なんかで網を持っていると、ひどい場合には管理者から注意が来たりします。今回も採集場所の管理者のOKをもらってからの採集会だったようです。

名前調べとなると、どうしても単純に図鑑との絵合わせになり、小さな昆虫類では種まで落とせません。専門家とすれば中途半端に名前を決めることもできず、片一方で採集した子供らは本当の名前を知りたいし、そのギャップを埋めるのが大変でした。なんやらの仲間、何の友達、で説明していたけど、わかってもらえたかなあ。

私自身、ぼちぼち孫を連れて虫取りでも、と思わなくもないのですが、どうも虫嫌いというか、触れないような感じです。
まあ、うまくいかないもんです。
  1. 2018/06/10(日) 21:16:28|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

生き返ったのかどうか

コウモリ調査へ。
先週までの肺炎騒ぎで体重が3kgほど落ちた。お腹の脂肪が落ちて、ズボンがずり落ちるようになった、ような気もする。ちょっとうれしかったりする。
ほぼ全快のつもりなんだけど、さあ、どうなんだろう?本格的な調査再開には不安が残るので、今日は30分ほどだけ歩く調査地へ。
思っていた以上にコウモリがいた。快気祝い?

2か所目は数年ぶりの調査地。明治時代のトンネルなんで、本来なら町おこしなんかにも利用できるのだろうが、回りにはハイキングコースなんて全くないし、車を置く場所もない。地元の人が作業用のプラスチック箱を置いてるけど、ほこりまみれで使っているのかどうかもわからない。アプローチの細道は、何年か前に土砂崩れがあったけど、久しぶりに今日に行ってみるときれいになっている。やっぱり、何らかの作業には利用しているのだろうか。
コウモリはテングがいた。これも初めての事。これまたお祝い?
キクガシラは10頭ほどいて、たぶん今月末には出産するんだろうなあ。出産となると、次の調査は夜中になる。
昔は夜中に何度か来ているのだが、なぜかこの調査地だけは「胸騒ぎ」がして、最近は足が遠のいている。
今年はどうしようかなあ、ってずっと悩んでいる。
  1. 2018/06/09(土) 21:42:33|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

この子らは個室

別棟の子ら。

何十年も病院で過ごしていたけど、最近、屋外ケージへ移動した。

RIMG4523.jpg









食後でそのうがパンパン。少し食べ過ぎ。

RIMG4526.jpg







地味な子です。

RIMG4529.jpg









  1. 2018/06/08(金) 21:24:07|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

味はりっぱなビワ

知り合いから、敷地内にビワの木があるけど誰も食べない、いつも鳥が食べている、いるなら好きなだけ持って行って、ってお誘いがありました。









粒は小さいけど、りっぱなビワ。

ありがたく、頂戴しました。
  1. 2018/06/08(金) 21:19:48|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

タダで見ておきながら

試写会が当たった。例によって、いつ、どこから申し込んだのかも忘れているんだけど。たまたま、木曜日に休みをもらっていて行くことができました。








どんな映画かもわからず、とりあえず大泉洋さんが出ているので面白いんだろうと思ったんだけど。
映画の直前に妻がスマホで調べて、韓国がらみ、大阪が舞台、とまではわかりました。

結論。
0点。
タダで見て文句を言うのもなんだけど、時間の無駄でした。大泉さんである必要なんて全くないし、ストーリーもなんだかなあ。
隣のおばはんが、つまらんとこで笑うのも興ざめ。
そもそも、万博のころでも、北朝鮮への帰還事業、ってやってたのかなあ。
映画の一番最初で、(大阪じゃ聞くはずのない)ミンミンゼミが鳴いていて、こりゃいかんなあ、と思いました。

途中、寝てました。
  1. 2018/06/07(木) 22:02:49|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

至福の時

この鳥小屋、正式にはこのリハビリケージを作った一週間後に肺炎になっている。常にセキセイインコが入っていて、ぶっちゃけ、突然亡くなった子もいるので、底に積もったうんこや羽なんかが感染源になったんじゃないかと思った。オーム病の原因菌が土壌菌として長期間生き残っているのかどうか、よくわからなかったが。








新たにコザクラインコとセキセイインコを導入した。

RIMG4520.jpg






ついでに、ジュウシマツのペアも。

RIMG4521.jpg







毎朝、水を変えて餌のチェックをしてしばらく佇んでいる。

至福の時。
  1. 2018/06/06(水) 21:16:31|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ひょーしょーじょー

獣医師会から送られてきました。
副賞があるというのでみんなで予想していました。みんな外れ。

3000円。

屁のツッパリにもなりません。









「紙」の方は、硬くて尻も拭けないし鼻もかめない。
何に使う?
  1. 2018/06/05(火) 21:54:19|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

快気祝いのコウモリ

朝に近医に行くつもりが、市立病院で予約があったのを思い出し、というか、前回、市立病院での印象が悪かったので次は元の病院へ戻ろうと思っていたんだけど、いわゆる「大病院」で診察してもらう機会も次はないだろうかと思ったり、市立病院だとすぐに血液検査の結果がわかるかと思って、急遽、市立病院へ。

まあ、あちこちでぼちぼち待たされたけど、そこそこ順調に診察までたどり着いた。

レントゲン。きれいになっている。あの影はどこへ行ったんだろう?、って思うくらい。

CRP。前回、13だったかなあ?、めん玉を剥くくらい上昇していたのに、今回はほとんど基準値に収まっている。その下がり方にも驚く。CRP、って、こんなにダイナミックに動いたっけ?検査用のスライドが高いので、うちじゃ測っていない。置いとかんとあかんかな。

その他、あちこちの検査値が上矢印だったのに、基準値に戻ったり、減少傾向になってたりする。医師に、(残念ながら?)オーム病抗体価は正常だった旨伝える。
調子もほぼ普通に戻りつつあり、診察後、法隆寺の実家へ行き、雑用を片付ける。

動き回った割に疲れもなく、調子は上向き。

最後の締めはコウモリ調査。期待通り、モモジロの赤ん坊を観察して、完全復活を確信しました。
  1. 2018/06/04(月) 22:22:22|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

病気

なんだかんだで、2週間になる。
今まで、こりゃ死ぬなあと思ったのは2回。一度は、落花生を食べ過ぎた時。患者さんが小売店をしておられ、もらったのが車に積まれていた。ちょうどその日の晩、オオサンショウウオの調査があって夜中まで川を歩いていた。12時過ぎまで調査して、終わったらコーヒーを沸かして路上で少し雑談するのが常だった。もらいもののピーナッツを調子に乗って一袋近く食べてしまった。

帰って寝ていると、だんだんおなかが痛くなってきた。冷や汗も出てくる。トイレに行くが何も出ない。前からも出ない。
背中を曲げて一晩うなった。本気で救急車を呼びたくなったのはこの時が初めてだった。なんとか、一睡もしないで夜が明けると痛みが少しマシになってきた。

正月明け、妻と映画を見ていた。見終わった後、近くのレストランで食事をしていた。最後の一切れがどうしても食べられなかった。
帰った夜から嘔吐。ぶっちゃけ、吐くなんてこと、それまでの何十年、経験がなかった。トイレを抱えて一晩過ごした。
妻も娘も同じだった。
正月に妻の実家でノロウイルスをもらったらしかった。妻の実家でも何人かが同じ症状だった。
この時も一晩経てば症状はましになり、病院にも行かなかった。



  1. 2018/06/03(日) 20:09:06|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

復活、してませんが

5月22日くらいから、発熱と頭痛、倦怠感がありました。2,3年に一度こういうことがあるので、ロキソニンを飲んで様子を見ていました。いつもなら二日くらい寝りゃ治るのですが、今回は悪化するばかり。
25日に自分で採血して検査すると、肝酵素も上昇しています。さすがにこりゃいかんと思いつつ、主治医がないのでとりあえず近医へ。
この一週間ほど前、自宅の庭で鳥小屋の再建をしており、ドバトの飼育をしていました。発熱パターンから「オウム病」を疑い、その抗体価検査もして欲しいと思っていました。
病院で経過を説明しましたが、よくわからん、とおっしゃいます。私がオウム病を主張したからかどうかわかりませんが、とりあえず胸のレントゲンを撮ったところ、右肺中央に影があると言います。本人は呼吸器症状は全くなかったので少し驚きもしたのですが。

肝酵素の上昇、肺野の印影、環境から、ますますオウム病なんじゃないかと疑いましたが、抗体価検査が出るのは4日後。25日は診察だけで投薬の指示もありませんでした。(あとで、薬を処方するのを忘れました、って言われましたが。)こちらも、抗体価の結果が出ると薬も変わるかと思って、適当にロキソニンやカロナールを飲んでいたので処方箋ももらいませんでした。

25日の診察後からますます悪化し、体温は最高値は39.7度、39度あたりをうろうろするようになりました。
25日は仕事を勤務医にまかせて休みました。記憶の限り、診療を病気で休んだのはこの日が初めてです。

タイミング悪く週末にもなって、ただひたすら耐えておりました。といいつつも、午前中はまだ少しましで、土日はしっかり仕事しましたが。
28日に血液検査の結果を聞くために医院に行き、(今から思うと失礼ながら)セカンドオピニオンで市立病院へ行きたいと伝えて紹介状を書いてもらいました。その足で、市立病院へ行きました。

市立病院で再レントゲンや検査すると思っていたら、しばらくこちらの話を聞いた後、抗生剤を出します、でおしまい。
もらったのは、クラビット7錠。頭痛、発熱に対する薬の処方はなく、肝酵素の上昇に対しても何もしないんですな。そんなもんといわれりゃそれまでだけど。

クラビットが効いたのか、治る時期が来ていたのか、30日あたりから少しましにはなりましたが、完全復活には至っておりません。

あ、そうそう、オウム病の抗体価は陰性でした。これも、本来は4日ほどで結果が出るはずが、なんだかんだで一週間かかりました。

  1. 2018/06/02(土) 07:53:36|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
【楽天市場】本・雑誌・コミック