毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

実話です

「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」

スパイダーマンを見たいなあと思っていたけど、(たぶん)結局一日2回上映、夜は9時過ぎから、というパターンが最後までずっと続き、行けなかった。しょーーーもない映画が一日何回も上映されている事があるのに、この差は何なんだろう?夜もせめて8時過ぎにしてくれりゃもう少し行く気にもなったんだけど。で、最後は字幕版が先に上映中止になって、吹き替え版だけが上映されている。そっちは時間が少し変わって、行けない事も無い時間なんだけど、映画は吹き替え版で見る気にならないし。

表題の映画。少しは気になっていたんだけど、野良猫がらみで実話、って書かれると、ある意味、面白いのはわかっている(?)。
実話が本になり、映画になり、となると、当然、映画じゃ「実話以上に脚色があって感動させる」とも思っていた。
楽天のポイントが貯まっていたので、「タダなら見るか」と思って行ってみた。


猫はほとんどが「本人」が出ているそうです。
最後のテロップで、人も猫も本人が写真で出てきます。
イギリスだからできた映画とも、言えなくもない。
もちろん、考えさせられるイベントも、いくつもあります。

90点。
お金を出して見ても損はありません。

  1. 2017/09/21(木) 21:11:20|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
【楽天市場】本・雑誌・コミック