毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

悟りました

例の、福知山線廃線跡のハイキングコース。友の会の月例ハイクで昨日、歩く予定だった。
タイミングよくかどうかわからないけど、ハイキングが決まる少し前に歩いていて、そこそこコウモリが見つかっていた。下見に行くというのでその時のデータをお渡しして調査をお願いした。ちょうど子育て時期ではあったけど、近くにほとんど知られていない、アプローチの大変な穴があり、そっちでの哺育は確認していたのでトンネルから追い出してもそっちへ行くからまあ大丈夫、と思っていた。
下見に行かれた後に簡単に結果を聞くと、キクガシラが3,4つ、との返事だった。
うーーーん、そんなはずないんだけどなあ、もっといたはずだけど。

本番に何とか行こうと思っていたけど仕事の都合でどうしても休めず、診療が終わってすぐに駆けつけりゃ最後の2時間くらいはお付き合いできるかなあ、と思っていたら、台風で行事が流れてしまった。

せっかくだから12月の私のハイキングで使えないかと思って、今日に行ってみた。

昨日天気が悪かったからか、思ったほどのハイカーはいなかった。それでももちろん、そこそこの人が歩いている。
みんな足元とか前は照らしているけど、私みたいに天井にライトを当てている人は皆無。天井にライトを当ててフラッシュをたいている、って、普通じゃないかも。隙間を一つずつチェックしているので歩くスピードも、ほとんど止まっているみたいなもんだし、ある意味、怪しい?

子連れも多く、撮影している時に小学生くらいの子が通りかかったので、ここにコウモリがいるよ、って照らすと、一瞬天井を見て、かわいい、って一言発しはしたけど足も止めず、親も反応は無く、それでおしまい。
別の場所ではモモジロの小コロニーを撮影している時に、小学生の団体が通りかかったので同じように紹介したけど誰も興味は無かったみたいでそのまま行ってしまった。

私なんて、何十年もコウモリを見て来たけど、キクガシラ一頭で大騒ぎするけどなあ。博物館の会員さんとかその子供だったらこんなに反応が薄いはずないと思う一方、一般の人にとってはコウモリなんてそんな認識なんだ。
今まで、生息場所を明らかにして野次馬を呼び込んだらコウモリがその貴重な生息地を放棄するとも限らないと思って、生息地の具体的な場所は掲載しなかったし、調査の一般公開も避けていた。
いつだったか、知り合いが、そんなん、場所が分かっても誰も行きませんよ、って言ってたけど、それが本当のところなんだなあ。

友の会の会員さんにしてもどこまで興味を持ってくれるかわからない。興味を持ったところで、ライトを照らして、これがキクガシラコウモリ、これがモモジロコウモリ、って説明しても10秒くらいで終わってしまうか。

コウモリでハイキングはやっぱり無理ですな。

現在候補に上がっているコースは、岩や地層の観察が面白いんだって。そっちの方が一般受けするし、時間も持つらしい。
わたしゃ、さっぱり興味ないけど。
  1. 2017/09/18(月) 21:10:38|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
【楽天市場】本・雑誌・コミック