毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

一日子守り

セキセイインコ。屋外ケージの子が、今年は何度か子育てをしている。今回は4頭孵化して育てていたが、孵化時期がかなり違っていて、最初の二人はだいぶん前に巣から取出し手乗りにした。神経症状が出ていて心配していたが、なんとなく軽快してきている。
残りの子のうち、大きい方を取り出して手乗りにすべく給餌しようとしたら、なぜか、頑固に給餌を拒否する。二日間頑張ったがどうしても食べてくれず、もう一度巣に戻した。
それから何日かすると、自分で巣箱から出てきたらしく、ケージの地面でその子を見つけた。普通の巣立ちなら止まり木に止まるはずだけど。飛べるけどなんだかぎこちない。よく見ると、上嘴がない。どこか、ケージにでもひっかけて損傷したのだろうか?これじゃ自立できないだろう。とりあえず「回収」した。
あわせて、残っていた子を取り出してみるとかなり小さく、腹壁ヘルニアがあるらしく、腹部の一部が突出している。
結局、二人とも巣から取り出した。小さい子は粟玉を食べてくるのでそれを給餌、大きい子はチューブフィーディング。

ヒヨドリ2羽。くっついて止まり木に止まっているのはかわいいが、しょっちゅう口を開けてピーピー鳴く。そのたびにすり餌を給餌。いつまで与えるんだろう。


なんだか、一日鳥の子守り。
疲れる。
  1. 2017/08/22(火) 22:57:06|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
【楽天市場】本・雑誌・コミック