毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

ごもっとも

現在整理している古書には昆虫関係が多い。虫には愛好家が多く、専門書や文献を集めるんだけど、残された遺族にとっては蔵書の使い道は無く、博物館に寄贈するんじゃないだろうか。あるいは、しっかりした人はお亡くなりになる前に寄贈されるケースもあるんだと思う。とはいえ、それらの本や文献はすでに博物館にあるのがほとんどで、重複資料として友の会へ回ってくる。これまたしっかりした人は、最初から友の会に下さる人も多い。

でもって、日本で蝶と言えば白水博士で、先生の名前の入った本がいっぱい出てくる。


昭和初期の古い文献を読んでいると、「春日山のルーミスシジミの生態を解明した」という記事が目に入った。
春日山のルーミスシジミというのは、天然記念物に指定されたのに絶滅したというので有名。その話だけ知っていて詳しい事は知らなかったので、これを機にググってみた。と、こんな文章が見つかった。


昆虫保護の問題に想う  九州大学名誉教授  白水 隆

 ルーミスシジミは国の天然記念物として奈良市春日山での採取は禁ぜられているが、数十年前からこの産地では絶滅している。現在、千葉県南部の清澄山一帯は本種の豊産地で、例年多数の蝶蒐集家がおしかけて大量の標本が採取されているが、一向に減少の気配はない。こういう状態を見ると首をかしげざるをえない。乱獲に近い採集が行われている房総半島で全く減少の傾向すらみせないルーミスシジミが、手厚く保護されていた筈の奈良市春日山で簡単に絶滅した理由は何であろうか。台風による森の荒廃とか、殺虫剤の散布が原因だと言う人もあるが、蝶の生存力を考えるといずれも説得力に欠ける。幼虫の食草のイチイガシは健在であるし、採集によることも考えられない。絶滅した産地を天然記念物に指定して採集禁止にし、現在の多産地は放置して乱獲にまかせている。いったい天然記念物の保護はどうなっているのであろうか。奈良市春日山で豊産したルーミスシジミが原因不明で絶滅したように、現在の房総半島の多産地でもそういうことが起こっても少しも不思議ではない。問題は絶滅に至るような個体数変動の要因が全く研究されていないことである。


ふーーん、そういう経緯があったのか。

虫というのは、採卵のために木を切ったり、よほど自然破壊しない限りは絶滅しない。普通の採集じゃ減らないというのが通説。となると、先生がおっしゃるとおり、なんで春日山からいなくなったんでしょうね。

  1. 2017/08/31(木) 21:09:02|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

稼働しているのかどうか

大阪府が、野鳥の救護施設を羽曳野市に作った、はず。正確に言うと、似た施設が高槻にあったんだけど、羽曳野に犬猫も含めた「生き物」を扱う施設を集約させた、はず。野鳥の飼育施設のスケッチみたいなものもどこだかに載っていた。
8月にできるというのでお披露目の見学会でもあるかと思って期待していたけど、いっこうに連絡はない。回りまわってきた話では、すでに使える状態、ということらしいが。

施設ができたし、獣医さんも何人もおられるはずだから、今後の受け入れ方針とか運営についての説明くらいあってもいいんじゃないかと思うんだけどなあ。うちで飼い殺しの猛禽類が増えているけど、そんなのを引き取ってくれるようになるのかどうか。ヒヨドリも、いつまでうちで引っ張って飼育するんだろう?
とはいえ、向こうもスペースは限られているだろうから、一生飼育の鳥は引き取らない、あるいは飼育しないかもしれない。そうなると結局はそういう鳥たちは安楽死しか残された道はなく、それがわかっているならそっちへ連れて行く気にもならない。

昔、どこだかの動物園は「安楽死はしません」を売りにして野鳥保護をしていた。掲載された写真を見ると、ドバトがいっぱいだったり、あっちにはツバメの籠が並び、大型ケージにはトビがいっぱいだった。さすがに、あんな状況じゃどうにもこうにもならないんじゃないか。最近は、そんな話は載せていないし、ドバトやヒナ、有害鳥獣は扱わない、って大きく書かれている。

動物病院に症状が固定した放せない鳥が貯まるのでボランティアに預ける制度もあるんじゃないかと思うんだけど、そっちも現実的には動いていない。一生飼育の鳥は預けない方針だという。こちらが困っているのはそんな鳥が貯まるからで、治療して放せる鳥はボランティアに預ける前に、こっちで放してる。


府の関係者もここを読んでくれている雰囲気はあるんだけど、さあ、これから施設ができたことで、進展はあるのかなあ。
とりあえず、「看板用」のフクロウをお渡ししますけど?
  1. 2017/08/30(水) 22:26:32|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

見てほしいのか、見てほしくないのか

スパイダーマンでも見に行くべかなあと思っているが、一日2回しかないし、2回目は夜の9時過ぎ。終わるのは11時を回る。
吹き替え版は基本的に見ないし。しばらくすれば時間が変わって見やすくなるかと思っていたが、さっぱり変わらない。
先の予定を見ると、今度は一日一回になって、上映時間は夜のまま。これ、って、広くいろんな人に見てもらおう、ってやり方じゃないと思うけど。なんだかこ難しい理由でもあって、回数も少なけりゃ上映時間も融通が利かないのか。面白くなさそうな映画でも、一日何回でも上映しているのにねえ。
その他も、これといって見たくなる映画はあんまりない。

ああ、いい映画を見たいなあ。
  1. 2017/08/29(火) 21:52:15|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

それはそれで立派

大阪府が主催する自然観察会、みたいなものの案内があった。対象は幼児から小学生あたりらしい。
どんぐりを持ち帰りたい人は袋持参、バッタを持って帰りたい人は虫籠持参、って書かれている。このご時世、どんぐりは別にして、生き物は観察して逃がしましょう、てな風潮があるんだけど、虫も虫籠で持って帰っていい、って立派なやり方。近所で逃がさないでね、死ぬまで飼ってね、死んだら標本に、って当日説明してくれりゃ完璧なんだけど。

よく、子供がスズメをひらってきた、って親子でヒナを持ってくる。死んでもいいから子供に世話させりゃ?、っていうんだけど、親は死ぬとかわいそうだから、って置いていこうとする。子供にも言い聞かせてはいるけど、子供は持って帰りたそうな顔をしている。まあ、そうやって持って帰って育てようとしても、経験がないと死ぬケースは多いんだけど、子供にはそれが貴重な経験になると思うんだけど。
私の時代、カエルを捕まえて殺したり、虫籠いっぱいセミを捕まえて翌日みんな死んでいたり、もちろんスズメも捕まえてはごはん粒を与えようちしてうまくいかずに死んだり、さんざん「殺生」をしていた。そういう経験をしてきた子供らがみんな「極悪非道」の大人になっているわけじゃなく、私にしてみりゃその罪滅ぼしで獣医になって、自然保護活動をして、って言えなくもない。

ということで、どんどん虫取りをしましょう、スズメのヒナはひらいましょう。
  1. 2017/08/28(月) 21:45:22|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

何だか尾を引く

例の、岡山のモモ。アマゾンで買ったんだけど、評価みたいなところにまずかった、がっかり、て書いた。と、そこから新しい桃が送られてきた。手紙も付いていて、詫びとか、「桃の食べ方」まで書かれていた、らしい。らしいというのは私自身が読んでいないから。(妻が読んで説明してた。)

こんなん、別の見方をすりゃ、私はただのクレーマーみたいなもの。

文句があるなら直接店に言って、評価という形では広告すべきじゃなかったのか、でも実際、おいしくなかったんだし、モモに何か難しい食べ方(熟すまで待つ?)があるんだったらその旨しっかり説明してほしいし、でも、片一方ではそんなん考えて桃を買ったり食べたりしたことも今まで無かったし。
値段相応と考えりゃ文句もいいようがない。(相応とは思えない価格ではあったけど。)さらに、訳アリとしっかり書かれていたし。

留守の時に配送があったらしく不在票が入っていたので、受け取らないでそのまま返すのもある意味での意思表示かとも思ったり、さすがにそこまでするのは大人げないかと思ったり、何だか、考えれば考えるほど憂鬱になる。


まあ、これからは「特級」のモモを頼むようにしましょう。
  1. 2017/08/27(日) 20:39:02|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

情報求む

昨日の事。コウモリ調査へ行こうと思っていたら、橋本あたりでヒッチハイカーを見つけた。高野山の紙を掲げている。この日は、九度山を調べてから高野山へ行こうと思っていたんだけど、順番を逆にしようか。少し行き過ぎてから二人を呼んだ。

外人とまではわかるが、もちろんどこの国かわからない。とりあえず英語で話したら日本語が返ってきた。
チェコの学生さん、だって。一人は全くダメだけど、もう一人はそこそこ会話できるくらい日本語ができる。チェコで日本の友人に習い、あとは独学だとか。つい英語を話すけど、むしろ英語の方が通じない。(どっちが悪いからかしらないけど。)

成田から夜行バスで広島へ行き、姫路経由でここまで来たんだとか。朝早かったんで、昨日はどこで泊まったのか聞いたら、その近くてテント泊してたそうな。とりあえず今日は高野山へ行き、気が向いたら野宿、早く見終わったら今日中に大阪か京都へ行き、京都と奈良を見る、って言ってた。基本はテント泊らしい。

さあ、今頃、どこで何をしているんだろう?困ったらメールでも頂戴、って名刺を渡したけど、じぇんぶ日本語で、わかるはずもないだろうなあ。まあ、アドレスくらいは読めるか。

7人の侍とか、黒沢監督の名前も出てきて、そんなのにすごく興味がある、っていってたんで、太秦映画村へでも行ったら?、ってメモも渡しておいた。










だれか、こんな兄ちゃんがヒッチハイクしていたら教えてください。
高野山から京都、奈良へ行ってるはずです。
  1. 2017/08/27(日) 07:58:13|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

へ~

博物館の、友の会向け書籍を整理している。古い文献がいっぱい出てきた。こんなん、誰がいるの?、と思いつつペラペラめくっていると面白い話も出てくる。

今話題のニホンカワウソ。友が島にいたんだって。1955年発行のNSで、筒井館長が報告している。足跡の写真、痕跡の話。前年には地元の人が見つけて皮を残している、その皮を見ると確かにニホンカワウソだった、と書かれている。その皮は博物館にはないらしい。
別の研究者もこの話(文献)を引用しているので、信頼度は高いのかもしれない。
高知県のどこだかで撮られた写真が日本最後の生きた姿として有名だけど、本州(というか、まあ、島だけど大目に見て)最後の確度の高い記録は和歌山県の友が島、という事になる。ニホンオオカミの最後の目撃?保護?も奈良県のどこだかで、そこはそれを売りにしている。友が島ももっと宣伝に使ってもいいのでは?その前に、「地元の人が残した皮」を捜索すれば?

奈良県のコウモリの記録。どこだかの洞窟と書かれているけど、どこだかわからない。昭和29年発行だけど、著者はご存命なのかどうか。たぶん、無理だろうなあ。けっこうな数、種類、入っている。データを残してくれたことはすごく貴重なんだけど、「再現可能」というか、あとで再調査できるようにしてしておいてほしいなあ。著者名でググっても何も出てこない。
(ユビナガコウモリを捕獲したくって)「口径55mmの大型空気銃により射落とした」って、無茶するなあ。
ちなみに、この著者は、アブラコウモリはいると思うけど捕獲したことがない、って書いている。当時は珍しかったらしい。やっぱり、記録を残すという事は大切ですね。

どこそこにヤマネがいるか、との雑記があった。山で「ネズミに似た生き物」を捕まえて飼ってみたけど2日で死んだ。死体はほかしたけど、あとで何チャラ先生の話を聞いていたら、ヤマネだったような気がする、だって。

そういえば、先のコウモリの著者は、コウモリを捕まえては標本にしていたみたい。それが今どこにあるのかはわからない。


記録を残すことは大切、さらに、可能なら実物を残すことも非常に大切ですねえ。



  1. 2017/08/26(土) 21:32:01|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

待ってたのに

用事があって駅方面へ行った。遮断機が下りていて、向こう側にホワイトボードを抱えた兄ちゃんがいた。よく見ると、どうも今秋の堺市長選挙のアンケートらしく、竹山の文字と、赤青のシールが見える。街頭アンケートでシールを貼るものらしい。
遮断機が上がってそれとなくそっち方向へ歩いたけど聞いてくれない。というか、遮断機のこちら側で見ている間も、誰にも聞いていなかったので、仕方なく通り過ぎて用事を済ませた。
帰りにも兄ちゃんがいたので、こちら側から声をかけたら、まだ始めていないって言う。その割にはシールは何枚か貼っていたけどなあ。

とかなんとかしているうちに遮断機が閉まったので、跨線橋をあがると別の兄ちゃんも同じボードを持っていた。が、まだ始めていない雰囲気だった。
さあ、いつから初めて、どんな結果が出たんだろう。


大阪は維新が絶対強いというのに、堺市長選は前回負けている。今の市長、もともとは橋下さんの後押しで現職を破って当選したのに、次は反旗を翻した人。
今の市長、って、何をしたんだろう?市民病院を作り直し、利休の箱モノを作り、市民会館も作り直し、結局は典型的な箱モノ行政なんじゃないの?市民会館は確かに古臭かったけど、使えないこともなかった。病院はまだ新しかったけどなあ。(耐震の関係というけど、実際はよく知らない。)利休の何ちゃらなんて、じぇんじぇんつまらん。入り口ごとにカウンターを置いて入場者数を二重カウントして水増ししている、って書かれていた。そんなん作るくらいなら、自然史系の博物館とか、動物園、水族館でも作ってくれりゃいいのに。


  1. 2017/08/25(金) 21:11:43|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

そんな訳だとは思わなかった

いつも書いているけど、いろんなアンケートサイトの謝礼は、最近はアマゾンが多い。それだけじゃなかなか貯まらないんだけど、獣医学のアンケートがすごく「稼げる」 で、貯めたポイントは「特別なもの」を買おうと思っているが、病院で使う消耗品なんかでもアマゾンの方が安い時がよくあり、そういうのを買っているとだんだん目減りしてしまう。なんだか、もったいない気分。

で、先日、「岡山の桃」を買ってみた。いくらだったかなあ、適当に中くらいで「訳あり」と書かれているのを買った。「訳あり」って書かれていても、たいていは「外がちょっと傷んでいるだけです、味は変わりありません」って書かれていることがほとんどなんだけど・・・・。

すご大きな、立派な桃が来た。やっぱり、「岡山の桃」は違うんだなあと思いつつ冷蔵庫へ。冷えたころを見計らって皮をむくと、、、、全然「みずみずしく」ない。というより、固い。包丁で切りながら食べる。かすかに桃の味がする。なんじゃこれ、って思っていると反対側は色が変わっていてぱさぱさ。とても食べられない。
次のも、その次のも同じ。

訳あり、って、「食べられない」という意味だったのか~。

妻は「文句を言え」って言うけど、きっちり「訳あり」って書かれているし、がっかりでそんな気にもならず。せいぜい、「評価」で、文句を書くくらい。騙された私がばかでした。

妻と一緒に買い物なんかへ行くと、同じ果物でもつい安い方を買ってしまう。で、帰って食べてみておいしくないと文句を言う。そのたびに、「安いのには理由がある、高いものはそれなりに理由がある」って言ってるんだけど、全く同じ事を私もやっているんだなあ。


腹が立つ前に、なんだか悲しかった。


  1. 2017/08/24(木) 21:52:17|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

猫の手を借りる

朝、妻が洗面所でみにゃ(うちの猫です)を呼んでいる。なんでわざわざ?、って聞くと、風呂でクモを見つけたそうな。行ってみると、「巨大」なアシダカグモがいる。私、足は6本まで。8本以上はすこぶる苦手。
みにゃとほにゃを捕まえて風呂に押し込んでドアを閉めた。

しばらくしてドアの隙間から除くと、クモは猫の手の届かない上の方に逃げて猫2つがそれを眺めている。長い棒で下の方に移動させ、また猫に任せた。

クモが動くと前足で転がして遊んでいるけど、やさしいのか何なのか、一気に殺すところまではいかない。動かなくなったら飽きるのか、遊ぶのもやめる。それを察してかどうかは知らないけど、猫があっちを向くとクモが逃げる、動くとまた追いかけるを繰り返していた。
しばらくするさすがにクモも弱ってきたので、網で捕まえて庭にほかしてきた。お二人さん、ご苦労様でした。

アシダカグモ、ってゴキブリを退治してくれる益虫とはいうんだけど、これだけは慣れないなあ。うちはゴキブリの天敵は猫と犬で、朝起きるとよく部屋に死体が転がっている。クモさんは屋外で活躍してほしいところ。


北海道にはアシダカグモもゴキブリもいなかったはず。北海道人が内地へ行って一番怖いのはこの二つ、って聞いたことがある。
  1. 2017/08/23(水) 21:18:43|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

一日子守り

セキセイインコ。屋外ケージの子が、今年は何度か子育てをしている。今回は4頭孵化して育てていたが、孵化時期がかなり違っていて、最初の二人はだいぶん前に巣から取出し手乗りにした。神経症状が出ていて心配していたが、なんとなく軽快してきている。
残りの子のうち、大きい方を取り出して手乗りにすべく給餌しようとしたら、なぜか、頑固に給餌を拒否する。二日間頑張ったがどうしても食べてくれず、もう一度巣に戻した。
それから何日かすると、自分で巣箱から出てきたらしく、ケージの地面でその子を見つけた。普通の巣立ちなら止まり木に止まるはずだけど。飛べるけどなんだかぎこちない。よく見ると、上嘴がない。どこか、ケージにでもひっかけて損傷したのだろうか?これじゃ自立できないだろう。とりあえず「回収」した。
あわせて、残っていた子を取り出してみるとかなり小さく、腹壁ヘルニアがあるらしく、腹部の一部が突出している。
結局、二人とも巣から取り出した。小さい子は粟玉を食べてくるのでそれを給餌、大きい子はチューブフィーディング。

ヒヨドリ2羽。くっついて止まり木に止まっているのはかわいいが、しょっちゅう口を開けてピーピー鳴く。そのたびにすり餌を給餌。いつまで与えるんだろう。


なんだか、一日鳥の子守り。
疲れる。
  1. 2017/08/22(火) 22:57:06|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

よほど苦労しているらしい

昨年、小学生の理科授業の補助員、というのをやった。一つはバッタを捕まえて名前を調べるというもの、もう一つはどんぐりの名前を調べるというもの。対象は3年か4年だったかなあ。バッタを捕まえて特徴を見て、あらかじめ用意されたシートから名前を調べる。一つのグループで数名だったかなあ。どんぐりも同じで、特徴を見て、木を見て、葉っぱを見て、てな感じ。

授業の一環らしく、時間がすごく短い。移動や説明の時間を考えると現地での活動時間は3~40分くらいだったか。そんな短い時間に何をどう教えろというの?子供の自主性を尊重して、こちらから名前を先に言わないように、って言われていたけど、そんなん、無理。

昨年が初めての事業で、集まっていた補助員を見ると、あちこちの自然観察会なんかでリーダー的な立場の人が多かった。平日の昼間に何度か集まる必要があるので、ほとんどの人は定年後?(まあ、私みたいな暇人も何人かはおられたけど。)そんな人たちにそんな仕事って、もったいない。

名前調べというのは、まあ、いわば博物学の入り口みたいなもので、虫の特徴をとらえて、生息環境と結び付け、てな発展まで考えていけばいいんだけど、なんせ時間が短くってそこまで突っ込めない。さらに、最初は観察して現地で放すことになっていた。ソリャ無理やで、という事になって、一頭に限って教室まで持って帰って観察し、用事が終わったら先生が元いた場所に戻す、という事になったんだけど、博物学的には標本にして観察するのが本来の筋だし、それを教えられない、納得させられないようなら最初からやめればいいのに、とも思ったりした。
どんぐりも持ち帰り禁止、って聞いて、あんたら何考えてるの?、って唖然としたっけ。どんぐり一つ持って帰るのも「自然破壊」?

事業終了後のアンケートというのがあったんで散々「文句」を書いて、来年も事業があればお手伝い願えますか?、って聞かれたんで、はっきりと、「しません」って返事をしたが、先日、募集のメールが来た。
無視していると、再度、再再度、さらにまた同じメールが来た。よほど誰も集まっていないのかなあ。

もう、事業そのものをやめりゃいいのにね。
国からいっぱいお金をもらっているから、やめるわけにもいかないのかなあ。




  1. 2017/08/21(月) 21:20:24|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

名前調べ

博物館の、名前調べ、だったか。昔は標本同定会、って言ってたように思う。主目的は子供らの夏休みの宿題というか、昆虫や植物、貝なんかを採集してきて名前が分からないものを専門家が教えてくれる、というもの。学芸員だけじゃなく、各分野の専門家がいっぱい来られる。専門家同士の、一年に一回の同窓会みたいな雰囲気にもなっている。また、一般の人もこれを当てにして自分の標本を持ち込んでいる人も多い。

分野によって持ち込まれる数はまちまちで、植物や貝、昆虫なんかは多いらしいけど、石や化石は少ない。
先月だったか、実家の物置きを整理していると、箱に入った岩石、鉱物を見つけた。もちろん父の残したものだとは思うんだけど、父にそんな趣味は無かったはず。理科研究用の鉱物標本なのかなあ、と思いつつ、野次馬でその石を持ち込んでみた。









水晶や石英は私でもわかるんだけど、その他の「石ころ」は、特に有名な鉱石というものでもないらしい。どういう意図の石ころなのかも結局よくわからなかった。
どこかへ旅行した時に記念にひらって来たとか、そんな程度だったのだろうか?

RIMG0620.jpg







一つだけ「立派な」標本があった。水晶だけど、色が付いていて、こぢんまり飛び出していて「松茸水晶」とも呼ばれるものらしいです。


残りは・・・・・、ほとんどゴミ、というより、完全にゴミ。
帰りにあちこちにばらまいて帰らないように、って何度もくぎを刺されました。
  1. 2017/08/20(日) 21:31:01|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

施餓鬼、というらしい









350年ぶりに本堂を新築したそうです。
大和郡山の新福寺。うちの菩提寺です。
長く教員をされていた住職さんが、定年になって寺を再興されました。新しくなった寺で、初めての施餓鬼がありました。昨年までは地元の方が細々と、傾いていた寺でされていたらしいです。

真言宗で豊山派だそうです。
真言宗と言えば弘法大師で高野山、と思っていたら、豊山派は長谷寺なんだとか。
そんな基本的な知識も無かったんですが、この年になってくると少しは知っておかないと恥ずかしいなあ、と思ったりする、今日この頃。
施餓鬼も本当は今まで、よく知りませんでした。
  1. 2017/08/19(土) 22:00:26|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

久しぶりに処分

「電化製品の無料引き取り」のチラシが、久しぶりに入った。前はもっと頻繁に配られていたように思うんだけど、ここ半年ほど、見なかったように思う。景気が悪くなったのか、良くなったのか、その業界の事情が変わったのか。
もう10年以上前になるかなあ、何をほかそうとしたのか忘れたけど、とあるものを処分したいけどどうすりゃいいのかわからなくって、市役所へ電話したことがある。その時の答えは、ゴミ袋に入る大きさならそれでいいです、だった。

大昔、堺市は分別が無かった。地方から堺市に引っ越して来て一番驚いて、喜んだことはゴミの分別が無い事、って聞いたことがある。分別(ぶんべつ)が無いのは分別(ふんべつ)が無いんじゃなくって、堺市のゴミ焼却場の性能がすばらしかったからです。

過度に分別しすぎて、燃えるゴミの混入が減りすぎてうまく燃えないがために燃料を投入せざるを得なくなった焼却場もある、って聞いたことがあったっけ。

プラスチックごみの日があるのでプラスチック類をせっせと入れていたら、基本的にプラマークのある包装資材なんかだけを分別せよという事で、プラスチック類すべてじゃない、っていつだったか、注意喚起の折り込みが入っていたっけ。「異物」混入率が高すぎて危機的状況、って書かれていた。さあ、それからどうなったんだろう?
  1. 2017/08/18(金) 20:28:11|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

カワウソ

対馬でカワウソが撮影された、って報道があった。画像を見るとたしかにカワウソ。さあ、次の展開が楽しみ。
私も今日、別方面でカワウソの記事を読んだところ。

博物館友の会の古本を整理している。棚の一角にNature Studyのまとまった寄贈があって、整理し出すとどんどん時代はさかのぼり、ウツボ時代(昔、博物館は、長居に来る前はウツボにあった)のが出てきた。さらに、当時は別冊的に特集号を出していたらしい。その中に、「友が島の自然」というのがあって、友が島の某池にニホンカワウソがいる、って書かれている!
島に目撃者がいるとの事、さらに、ニホンカワウソのもの、と書かれた、足跡の写真もあった。また、ここで捕獲されて標本にされたという生き物の皮は、ニホンカワウソだった、とも書かれている。(書かれていた様に思う。)
もう一度、改めて読み直してみよう。

知り合いが愛媛の動物園に勤めていた。バックヤードを見せてもらうと、ニホンカワウソの本剥製がごろごろ積まれていてびっくりした。たしか、とべ動物園の前身は道後動物園で、ここでニホンカワウソを飼っていたんじゃなかったかなあ。正式に認められている、野生のカワウソの最後の写真も四国だった(と、思う)。

  1. 2017/08/17(木) 20:55:54|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

All Rights not Reserved.

コウモリの会に参加してHPを作ったら、その画像を使いたい、って依頼が来た。どうやって検索してたどり着いたのかなあと思いつつ、別に断る理由もないのでいくらでも、何でも使って、って返事をした。昔はHPの表紙に、画像はいくらでも勝手に持って帰ってください、って記載していたんだけど。

コウモリを始めてすぐのころ、という事はもう20年近く前かなあ、某自然史系の博物館から画像を使わせてほしい、ってメールが来た。当時はまだまだ「初心者」でたいした写真もなく、写真なら誰それのところにいいのがいっぱいありますよ、って言うと、実はそこで断られたんです、って話だった。コウモリの写真なんて芸術写真でもないし、コウモリに負担をかけながら調査しているのならそういう形で広くみんなに見てもらって、コウモリ好きを増やすことが恩返しじゃないの、って思った。画像をいくつも送ったけど、その博物館では画像を再使用されないように画質を落としている、とかで、HPではあんまりきれいな写真になっていなかった。残念だったなあ。

そうそう、最近では三重の博物館に私のコウモリの写真を提供しています。ぜひ探してみてください。

とある塾から、オオタカの巣の写真を使いたい、ってメールが来た。そんなんあったっけ?、って思って聞くとかなり昔に掲載したものらしい、たしかに載っていた。元画像は残っていないので画質は悪くなるけどこれでいいのならいくらでも使って下さい、って返事をした。と、しばらくして、承諾書にサインして欲しいというのが来て、それから今度は掲載紙(というか、理科の問題集)が送られてきた。
翌年も同じメールが来たので、もう面倒なので今後も勝手に使ってくれたらいいです、って返事をした。

「くまもり」という、「えせ」自然保護団体がある。そんな断定的な言い方をすると怒られる、ブログが「炎上」するかもしれないけど、少なくとも私の周りでは良い話が出ない。その団体がHPで、うちのスタッフがタヌキの赤ん坊、2頭を抱いている写真を使っている。周りの写真なんかを見ても、どう考えてもタヌキとクマを混同している。だれがどんな経緯でこの写真を持っていったのかはよくわからないんだけど、もう数年以上になるのに気が付いてないらしい。まあ、これも実害はないのでほったらかしにしている。
  1. 2017/08/16(水) 21:50:31|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

停滞しっぱなし

最後の「盆休み」なんだけど、午前中は仕事。実家の坊さんは、朝早くにお参りに来るとかで間に合わないので盆の墓参りはキャンセルした。
スパイダーマンでも行こうかと思ったら、上映回数が少なくって時間が合わない。一日2回、って、少なくない?吹き替え版は見る気がしないしなあ。つまらなさそうな映画の方が上映回数が多いのはなんでだろう?
ずっと気になっていたマミー何チャラなら行けなくも無かったけど、評価が極端に悪い。一般の映画評なんてアテにならないと言いつつも、あれだけ低い点数と悪口を読まされりゃ、行く気も失せる。
邦画でも、これと言ったものは見当たらないし。

あ~、良い映画を見たいなあ。
夜のスパイダーマンでも行くかなあ。
  1. 2017/08/15(火) 15:03:43|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

盆は休みじゃない

盆休みではあるけど、午前中は開院している。さらに、私は今日は休みをもらっているんだけど、雑用が貯まっていて病院へ。

荷物を送る用事があって、堺中央郵便局まで行った。休日窓口は締まっており、2階の普通の窓口へ。人がいっぱいいる。
気が付いた。今日、って、平日なんだ。

日曜日は基本的に仕事で、曜日の感覚が鈍っている。さらに、世間は盆休み、ってずっと騒いでいるから、今日はどこも休みと思っていた。考えりゃ、役所なんかは普段通りだし、わざわざ中央郵便局まで行かなくっても、近くの郵便局へ行けばよかったんだ。
  1. 2017/08/14(月) 13:33:52|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

新幹線

新幹線なんてめったに乗らないので、「乗り方」がよくわからなかった。記憶じゃ、3,4年前に18きっぷで岡山まで行ったけど急な手術で呼び出されて新幹線で帰った事があるが、それが最期じゃないかなあ。その前となると、ほとんど記憶にないが、その数年前の下北半島での合宿の帰り、かもしれない。

最初、仙台から青森へ行こうとしたら全席指定で満席で、デッキに立つなら、って言われた。その直後に、グリーン車が一席空きました、って言われて、乗る時間を考えてグリーン車を選択した。余分に3000円くらい払ったんだっけ。

妻が仙台から一ノ関(だったかなあ)まで来ようとしたとき、やっぱり満席とかで、一時間くらい先の新幹線まで待たされたんだそうな。立ち席ならすぐに来られたの?そもそも、全席指定の新幹線でも、指定券を買わずに立って乗るというのは普通の事?数が決まっている?(車内に入るのではなく、デッキで立つ?)

新幹線、って、すべてに指定席とグリーン車と自由席があると思っていた。自由席のない新幹線、って、満席ならどうすりゃいいのかなあ。

もっとも、今回はねぶた祭りがらみで満席になっていただけで、ふだんはそんなに乗車率、高くないんだろう。
  1. 2017/08/13(日) 22:21:04|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

復活

旅行中、電車の時間を調べたりで、スマホをずいぶん重宝した。こんなに便利だとは思わなかった。
が、最終日に、ネットに繋がらなくなった。WiFiは繋がったり切れたりする。あちこちいじくってみるけどダメ。大きな駅とかで無料Wifiを探して繋いでみるけど安定しない。その頃は妻と一緒だったので、まあ、妻のスマホで用は済んだ。

やっぱり、中国製の500円、ってこんなものかなあ、と思いつつも、一年もたってないんだから修理はしてくれるのか、保険に入らなかったのでダメなのか、電話は出来るのでとりあえずは困る事は無いか、とかなんとか考えていた。

病院でその話をしてスタッフに預けた。

復活した。

そんなとこ、触った記憶もないんだけど、何やらの設定が切れていたんだって。説明を何度も聞いたけど、理解できなかった。


用事で博物館へ行った。知り合いが、電気、といってポケットを指さすので見てみると、ポケットが明るく光っていた。「懐中電灯」になっていたみたい。そんなとこ、触った記憶もないんだけどなあ。ポケットから出し入れしているうちに誤作動(というか、知らぬうちに操作?)するらしい。やっぱり、「ケース」が必要なのかなあ。

  1. 2017/08/12(土) 21:43:10|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ムシ

病院の向かいに自転車屋がある。フランチャイズの自転車屋、「リコ」という会社らしい。すごい勢いで増えていて、あちこちで看板を見るようになった。その会社が、南港の大阪府庁にホテルを作る、ってニュースで流れていた。

南港の大阪府庁には用事で何度か行ったことがあるし、友人も働いている。真ん中あたりで働いている友人は、建物が何となく揺れていて、熱中して仕事してると酔う、って言ってた。昼休みは、外へ食事に出る職員が一時に集中して、エレベーターは上階ですでに満員になっていて、途中の階からは乗れない(降りられない)、って言ってた。

てっぺんは有料の展望台なので行ったことがない。大阪府民の財産なんだから無料開放すべきなんじゃないの?、っていつも思っているが。で、てっぺんは有料だから、別の階で外を眺めようと思って適当な階で降りると、報道では入居率2割か3割だっけ、あちこち空き部屋だらけで、無人の廊下を歩いていると「廃墟」を思いだすような状況。

あんなとこ、ホテルを作って、外国観光客と公務員が共存できるようには思えないなあ。

あ、表題の「ムシ」
自転車の「ムシ」がダメになって向かいの自転車屋、リコへ買いに行くと、一つ100円、と言われた。欲しいのはゴム部分、ほんの1cmか2cm。
何年前だったかなあ、コーナンへ行くと、「自由にお持ち帰りください」って、箱にいっぱい入っていたけど。

買いませんでした。
  1. 2017/08/11(金) 21:16:18|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

いらんと思うんだけどなあ

洗面所に買い物袋。中を見るとホテルのカミソリとかシャワーキャップとか、要するにホテルの洗面所に置いてる消耗品。
何でいつも持って帰るんだろうなあ。その手のもの、納戸の箱にいっぱいあるんだけど。まあ、確かに歯ブラシなんかは「安い旅行」に行くときには便利かもしれないが、カミソリなんて何十年前のが眠っている。あんなの、他に使い道はないし。
「終活」で納戸を整理するたびにどうするか思案し、ゴミ箱へ行く寸前にまた逆戻り。まあ、これくらいのものを処分したところで部屋が広くなるわけでもないけど。

あちこちの施設へ行ってもらうパンフレット。箱に詰めていたがほとんど「ゴミ」にしか見えなかった。見直すことなんてめったにないんだけど、極めてまれに見たくなる。ファイルが余っていたので分野ごとに入れてみた。確かに懐かしさはある。整理しながら昔を懐かしんでいた。
今度はそのファイルが増えてきて場所を取るようになってきた。再び見直してどうでもいいようなパンフ類は処分したが、それでもそれなりに幅を取っている。またまたまた、箱に詰めだした。


長男が高校、大学時代に買っていた漫画類が空き部屋に積まれていた。オークションや古本屋で処分できるほど珍しいものもない。家を建てたから送ってくれ、と連絡が来た。引っ張り出して積んでみると段ボールで10箱以上あるんじゃないかなあ。こうなると宅急便より、「引っ越し便」の方が安いような気もする。そんな価値あるんかなあ。
  1. 2017/08/10(木) 21:59:44|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

台風

台風が来るような雰囲気、さらに、日本を縦断すりゃ、帰りの8日夜に東北へ来そうだった。私は土曜日の早朝に乗っているので問題はなかった。妻の飛行機は日曜の午後。何とかセーフ。
月曜日はほぼ全面アウト、さらに、機材繰りで、7日の時点で8日の欠航が決定しているものもポツポツあった。

運命の、帰る日、8日。台風は朝の時点で東海地方だったかなあ。旅行しながら、飛行機が飛ぶのかどうか、気が気じゃなかった。休憩するたびにネットをチェックしていた。
仙台便は4往復あり、朝一番の仙台便は飛ばず、当然、帰り便の大阪行きは欠航。2番目は天候調査中、だったか。最悪引き返す条件で飛びます、と書かれていたような気もする。時間は遅れたけど飛んだという情報、さらに、しばらくして空港到着の記載を見てホッと一息。これが飛ぶなら最終便も大丈夫だろう。

金は返してくれるとはいえ、新幹線で帰るとなると二人で数万円の余分な出費。飛行機が飛ぶかどうかわからぬまま新幹線に乗る訳にも行かないし、欠航を確認してから新幹線で大阪までたどり着くのかどうかもいまいちわからず。
大阪を飛んだという情報を見て、まあ、ほぼ大丈夫かと思って安心しました。

LCCはその便が飛べなきゃ他社への振り替えもないし、リスクが多いことを改めて認識する。と言っても、台風なら他社もだめだろうし、満席なら振り替えようもない。飛行機代は飛ばないと返してくれるが、台風で行けなかったいう理由じゃホテルなんかは当日キャンセルは無理。
結局は、「日ごろの行い」を見ている「神様」だけが頼りですねえ。
  1. 2017/08/09(水) 20:59:22|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

久しぶりの飛行機

(予定投稿です)

今回の旅行は仙台往復にピーチを使いました。ピーチの値段というのは、ころころ変わります。とある人は、一日のうちに時間によっても価格が変わる、というので、どこだったかなあ、ピーチに乗ろうと思った時に毎日何度も値段をチャックしたことがありました。結果としては、そんなに頻繁に変わるという事もありませんでしたが、突然高くなったり安くなったり、確かに「予想できない」動きはあるみたいです。

今回も毎日調べていると大きな動きはありませんでしたが、高いのと安いのを繰り返している感じはありました。特別セールというのがあって、極端に安いのが時々あります。この発売は夜中の12時。いつかはそれを狙って、12時まで時間をつぶしてアクセスしたこともありましたが、仙台便では日があわず、残念ながら無理でした。

せっかく遠くまで行くので帰りは最終便、と思って夕方の便をずっとにらんでいると、突然、そのあとに一便追加されました。値段も安かったので、そのタイミングで往復予約して、一見落着。

そのあと、何となくチェックすると帰りの便だったかなあ、1000円ほど安くなっていました。

残念。悔しいのでそれ以降はチェックせず。
  1. 2017/08/08(火) 21:32:20|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ねぶた本番

(予約投稿です。本日、ねぶた祭り、のはず。)

何年か前、友の会合宿で青森まで来た記憶があります。と思って調べるのは自分のHP。2012年8月に行ってたみたいです。
青森空港まで飛行機で飛んでいました。覚えてないなあ。
青森までは来たけど、ねぶた祭りで青森じゃ観察会どころではないので八戸まで新幹線に乗っている。覚えてないなあ。
自分の画像を見ていると、かすかな記憶がよみがえってきます。

帰りは電車で大阪まで。写真を見ると、下北から第3セクターに乗って八戸まで移動して、新幹線で帰っています。覚えてないなあ。


ブログやHPというのは、人に見てもらうというより、自分の記録の再確認、という意味が大きい。

  1. 2017/08/07(月) 20:44:26|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

泊まるところがなく

本日、コウモリフェスティバルの2日目。
せっかく青森まで来たのでどこか観光でも、と思って本をめくっていました。飛行機は仙台なので、仙台に戻って動物園や水族館、くらいしか思いつかなかったのですが、ハタと気が付いた。青森はねぶた祭りらしい。それに気が付いたのは7月に入ってから。

昨年もそうだったけど、コウモリフェスティバルが終わるのに合わせて妻が合流し、「観光旅行」を計画しました。ねぶたを「発見」してから検索したけど、青森のホテルなんてどこも空いていません。やっと見つけたのが八戸のホテル。それもあと何席とか書かれていて、あわてて予約しました。八戸から青森まで、って、土地勘もないのでよくわからないけど、近いのかなあ、遠いのかなあ。


  1. 2017/08/06(日) 20:36:05|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:3

皆勤賞が・・・・・

あ、今日は淀川花火の日。残念ながら、今晩は青森泊まり。コウモリフェスティバルです。
いつもこのあたり、博物館の合宿も重なっていることが多いんだけど、博物館の方は2泊3日が多い。3日というのは休みづらく、というのは表向きの理由で、いつも花火を優先していました。

仕事がある日は仕事が終わってすぐに駆けつけ、休みの日は11時30分くらいに現地へ行って場所取りの列に並び、12時きっかりに場所取りをしていました。以前は2時、3時に出かけてもそこそこの席があったのに、最近は12時に並んでも特等席は難しく、一等席くらいになっていました。

12時から8時間、ひたすら耐えます。一時は本を何冊も持ち込んだこともあるのですが、暑いしそんなのを読む気にはサラサラならず、ただぼーっとしているだけです。

雷雨が来た年もありました。一瞬の豪雨と、「雷が落ちるから避難してね」の放送を聞きながら、やっぱり耐えていました。
いつだったかなあ、前日豪雨で水位が上がって当日は晴れていたのに中止になった時があったっけ。打ち上げ船も流されたんだったかなあ。当日を当て込んだコンビニがおにぎりとかを仕入れすぎて、「悲惨」な事になったらしい。おにぎりの半額セールがあちこちのFBに載っておりました。


さあ、今年はどうだったんでしょうね。
  1. 2017/08/05(土) 20:23:25|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ポイントカードと言うけれど

とあるペットショップ。ポイントカードをもらったのでせっせと買い物をしています。500円ではんこ一つ。18個貯めるようになっています。貯まったら金券代わりかな、と思って説明をよく読むと、「100円になります」だって。
9000円で100円分、って、1%ちょっと、という事?なんだか、「せこい」ポイントカードやなあ。

とある飲食店のポイントカード。スタッフ全員の昼食を買って何千円。ポイントがいくつ付いたか確かめると、「来店一回に付きスタンプ一つ」だって。金額は関係ないそうな。ほんなら、一人づつ順番に買いにいけばよかったのかなあ。

  1. 2017/08/04(金) 21:21:47|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

結局、力ずく

SIMがどうしても取り出せず乗り換えできなかったけど、この週末のお出かけ時に、こないだの様に携帯が使えなくては非常に困る。結局はえいや、で力ずくで引っ張ったら取り出せた。新しい携帯、と言っても、中国製の500円の携帯に突っ込んで一件落着。
さあ、普通に使えるのかどうか。これで使えるなら、何万円もする国産の携帯との違いがよく分からなくなる。

力ずくというと、大昔の事だけど、公衆電話からお金を盗んだ人が捕まったニュースがあった。お金の投入口から何か細工して、と警察的には考えていたらしい。が、本人に聞くと、ただ電話機を持ち上げてガチャガチャ振り回すと出てくる、という事だったんだって。(いわゆる、ピンク電話、かな。)

  1. 2017/08/03(木) 21:58:06|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
次のページ
【楽天市場】本・雑誌・コミック