毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

そんな一日

今日は一日休みの日。すごく貴重なんだけど、コウモリの出産調査も一区切りで休憩モード。

妻が買い物に行くというので付き合う。向こうでは行きたい所が違うので別行動になるというので、携帯電話を確かめる。アンテナが立っているか、充電が十分か。前者は、息子の中古をもらっているので時々調子が悪くてSIMを認識しない。そのたびに再起動している。後者は、電池切れがしょっちゅうだから。それらを確かめて出かけたんだけど・・・・。

電話があるはずの時間になっても電話が鳴らない。見てみると、またSIMを認識していない。再起動をかけるが、今日に限って回復しない。上を開けて、押したり引いたり。結局回復の兆しが無い。SIMがだめでも、LINEならつながるんじゃないの?、と思って店内をうろうろするけど、電波が飛んでいない?、フリーWi-Fiも見つからない。携帯電話屋ならあるんじゃないかと思ったんだけど、それもだめ。公衆電話を探すがどこにもない。
さんざんうろうろして、やっと入り口付近で電話を見つけテレホンカードを入れるが今度はカードがだめらしく、カードを受け付けない。何度も繰り返していると、今度はカードが返ってこない。ええい、もういいや。別の電話を探し出して、やっと連絡できた。

家に帰って、またまた携帯電話と格闘するが、やっぱりダメ。

ドコモをやめて楽天に乗り換える時に、この息子の携帯を持って行ってた。SIMを入れようとしたら、アダプターがどこかにひっかかっているとかで入れられず、TESTできなかった。TESTできなきゃ乗り換えられないとか。新品を買うのももったいないので困っていると、中国製の電話が500円であるという。とりあえずそれをその時に購入してきていた。それに乗り換えるしか方法がなさそうだった。
家に帰って息子にその話をすると、えいや、でアダプターを引っこ抜いて新しいSIMを入れて使えるようになった。

今度ばかりはもう無理だろう。500円携帯を復活させるべ。古い携帯からSIMを取り出そうとすると、やっぱりなにかがひっかっかって出てこない。


こまった。
  1. 2017/07/31(月) 20:37:22|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

売るのは年に3日だけ?

アマゾンのポイント。動物病院がらみの某ページでアンケートが時々ある。こっちはポイントがすごく大きい。
普通のアンケートサイトなんかだったら一つ回答して、よくて数円だったりするけど、こっちは何百円だったり、最近あった症例報告では何千円もくれた。アマゾンに貯めているポイントは、いわばお小遣い。何か「特別なもの」を買うようにしている。

何か月か前、急に思い立って「岡山の桃」を申し込んだ。いかにもおいしそうなところを散々迷いながら選んで。

配送日が8月7日という連絡が来た。8月7,8日は妻と東北へ行く予定。で、9日以降の配送にしてほしいとメールしたら、収穫が早まって9日以降は商品がなくって無理、今回はキャンセルします、との返事が来た。受け取れないのは6,7,8日だけ、って連絡したんだけどなあ。

桃、って、何日間の間に、一斉に収穫するの?収穫から一日も待てないのかなあ。

すごく期待していただけに、残念。
  1. 2017/07/30(日) 21:57:09|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

長い一日

朝いちに南港ヘ。恐竜の展示が毎年、夏にあるんだけど、行ったことがなかった。今年はブロガー招待があったので申し込んだら当選して、無事、「タダ」で見られることになった。

10時くらいに行って「取材」 ブロガー招待は行くのは良いけど、タダで入れてもらっているので悪口は書けないし、あんまり長い間ほったらかしにも出来ないし、まあ、いろいろプレッシャーもかかる。

12時まで展示を見て、13時からの講演会の整理券をもらう。講演は、今年の3月まで博物館におられた林(元)学芸員と、恐竜の大家、小林先生。13時から15時くらいまで講演を聞き、終わると博物館へ。今日はナイトミュージアムもどき、宿泊のない、夜の植物園散歩みたいなもの。夕方に下見を兼ねて植物園を回り、6時30分から本番。明かりの消えた博物館の展示室を回って、ついで、夜の植物園。
セミの羽化で盛り上がる。

なんだかんだで家に帰ると22時30分。

疲れた。

  1. 2017/07/29(土) 23:15:23|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

専門家とはそうありたい

ドバトからハジラミが取れた。、いろんな鳥のハジラミを調べている研究者が東大にいて、傷病鳥にハジラミがいるとそこへ送ることにしている。今回採れたのはなんちゃらハジラミ、って言って、ドバトからは極めて普通のハジラミらしいけど一応送ってみた。すぐにお礼のメールが来た。この先生、いつもすぐにお礼のメールはくれるし、送った材料で研究されたら文献の最後に謝辞をくださる、さらに、文献のコピーも送って下さる。すべて英語で内容はさっぱりわからないんだけど。
かなり有名でお忙しそうな先生なんだが、そういう姿勢は見習いたいところ。

仕事で他院というか、専門医に紹介することが時々ある。某先生は診療したその日か翌日に必ず所見や治療についての助言、治療方針なんかを送ってくれる。うちで治療できる範囲の事であれば、薬なんかもうちでもらうように患者さんに案内してくれる。

某先生は紹介状を書いても一切返ってこない。返ってこないどころか、どうも、その後の治療もそちらで継続しているらしい。診断さえつけばあとは投薬だけだし、その薬ならうちでも普通に使っている薬だけど。患者さんが、近いから今後はこっちで治療を、といっても、薬の内容は教えてくれない。
なんだかなあ。

ある研究会。月々の会費がもったいないので退会しようとした。退会の方法がわからない。問い合わせ先にメールしてみた。それでも反応がない。どうなっているのかわからぬままその会のHPにアクセスすると拒否された。退会処理されたらしい。普通、受理のメールとか、手続き終了のメールは来るわなあ。

別の研究会。(こっちは何度もブログネタに使っているけど。)あんまりおもしろくないし参考にならないのでやめようかと思って会費の納入をやめた。が、それからも会報が延々と送られてくる。もう、10年以上。規約に、会費の納入をもって会員資格ができる、って書かれているんだけど。






  1. 2017/07/28(金) 21:46:27|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

眠い

現在、朝六時。友が島で、鳥とリスの声を聞いている。シカはあんまり見ない。期待していたコウモリはしょぼい。二つ見ただけ。
夜中の2時と、早朝ハイクをこなして、ぼちぼち、朝ごはんかなあ。
今回の目的は、博物館のナイトハイクの下見のつもりだった。実際、前回来た時は、シカ見放題、夜中にコウモリは飛ぶわで、すごく楽しかったんだけど。今回の下見で、ほぼ決まりかなあ。

無理。
  1. 2017/07/27(木) 06:19:50|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

心配事が増えている

昨日はヒヨドリのヒナの事を書いたが、こんどはうちのセキセイインコ。
今回は4羽生まれている。ぼちぼち、取り出して育てるべ。
かなり体格差があったので、大きく育っている子、二つを取り出した。
かわいい、んだけど・・・・・・
RIMG9609-1.jpg







こっちの子、神経症状が出ていて、首が曲がっている。

RIMG9610-1.jpg








心配。

  1. 2017/07/26(水) 21:25:49|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

やっぱり、親は偉大

昨晩の事。病院が終わって帰ろうとすると、病院の前の電線でヒヨドリ2羽が鳴き叫んでいた。で、下には(野良)ネコがいる。
状況から考えると、明らかにヒナの巣立ちがらみの行動だろう。トリの親とネコの「視線」の交差点あたりを注意すると、かすかにヒナの声がする。探すと、やっぱり巣立ちヒナがいた。巣立って地面に落ちたところをネコに狙われ、ヒナはヒナで捕まらないように建物の隙間に入り込んだ、のかな。

とりあえずヒナを捕まえて、目の前の街路樹に止めた、とたん、ヒナは飛びだして道路のど真ん中に落ちた。すぐに親はそちらへ飛んで行ったが、たまたま車がいっぱい通っていて、親はすぐにその場所を離れた。「煎餅」になるんじゃないかと心配していたら、車はヒナをまたいだり、よけたりして事なきを得た。すぐにまたまた保護しに行った。

木に止めれば同じことを繰り返すかもしれないし、最初はピーピー親を呼んでいたけど、2回目に保護したときはぐったりしていた。このまま病院内に入れてしまうかどうか、しばらく悩んだ。もうこんな時間だし、保護しても今晩は何もしないだろう。ちょうど、2階部分に出っ張りがあってこの中なら猫は寄ってこない、かつ、ここで一晩過ごして明日もここにいるようなら保護しようか、と思ってそのスペースに置いておいた。ヒナが鳴かいないので親がわかるかなあ、と思いつつ。


翌日病院へ来てすぐにそのスペースを調べてみた。ヒナも、その「亡骸」も見つからなかった。
街路樹や道路の電線を探すと親が見つかった。口にエサをくわえている。
ヒナに持っていくんじゃないかと思ったが、あちこち飛んでいるうちに見失ったが、エサをくわえたままうろついているという事は、ヒナと合流できたのだろう。

まあ、一見落着。

また、写真を撮るのを忘れました。
  1. 2017/07/25(火) 21:58:36|
  2. 仕事?野鳥|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

忘れず止まったけど、写真を忘れた

車で走っていると動物の死体を見る機会はそこそこある。まあ、ほとんどはネコ。ネコなら回収する気にもならない。(堺市内だったら行政に連絡しておしまい。)

いつだったか、能勢のすごい山中の高架橋で死体を見つけた。夜間で交通量も少なく、いつもスピードを出しているところだったので何の死体かまではわからず。こんな山中でネコもないだろうし気になりながら通り過ぎてしまった。気にしだすと気になる。ああでもない、こうでもないって考えているうちに結構な距離を走ったが、やっぱり気になってUターンした。
子ネコだった。まあ、引き返した結果わかったことなんで、それなりに満足した。
それ以来、とりあえず止まることを心がけている。

先日の岩湧山ナイトハイクでは帰りにハクビシンを見つけた。一瞬で分かったし、広い道路だったのですぐに止まってゆうゆうGET。

今日も道路際で死体を見つけた。スピードも出ていてカーブだった。あの色じゃタヌキじゃないし大きさはネコじゃないし、消去法で行くとまたハクビシン?このあたり、あんまり聞かないけどなあ。
ちょっと走って、やっぱりUターン。そこそこ交通量もあり、車を死体から離れた道路際に置いて歩いて戻り、ビニール袋片手にしばし佇んでいた。みごとハクビシン。
暑いからか、やや臭う。こんな時に限ってビニール袋が一枚しかなかった。まあ、仕方ない。

さらに走ると山中の道路でまたまた死体。あんまり大きくない。リス?
車はすぐに止められたので歩いて引き返してみると、テン。毛変わり中の個体だった。

今度のはさらに臭う。もう、袋がない。
荷物室に、買い物用の保冷発泡スチロールが積んである。仕方なく、そこに死体二つ。


道中、ずっと臭いまくる。
窓は開けっ放し。

  1. 2017/07/24(月) 21:54:51|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

心配・・・・

コウモリを始めた20年ほど前は2人、もしくは3人でよく調査に出かけていた。既知の生息地を回ったり、新しい穴を探したり。ただ、現実的には主体は私一人で、目的地とかは私の興味で選んでいたし、新穴の探索は主に私一人でしていた。
そのうち、みんなの都合が合わなかったり、土日の仕事が増えて平日が休みになると、私一人で調査することが多く、というより、最近はほぼ私一人であちこち調査するようになっていた。

半年ほど前から、知人の紹介で新しい仲間が増えた。本職も生物調査という専門家。強力な助っ人ができた。
何カ所かの私の調査地を紹介し、その方もご自分であちこちの穴を探しては新しい生息地を発見されている。今年、某トンネルに毎週通って調査したのは、その方の熱心さに刺激された面も大きい。一人で調査をしていた頃は、データも不十分な事も多くて、今記録を見直すと、足りないデータとか疑問がいっぱい出てくる。調査の仕方とか基本も改めて教えてもらっている感じ。

私が一人で調査していた所も、手分けして行ってもらうようになった。
自分が紹介した穴を調査してもらうとなると、なんだか心配になってくる。あそこが崩れるんじゃないかとか、あの岩が落ちたら大変だとか。自分一人では、ある程度の覚悟というか、まあ、何があっても自己責任と思いつつ調査しているんだけど、こっちがお願いした、あるいは、紹介したとなると、なんだか心配になってくる。

いつ、どこの穴を調査してきますというメールが来ると、調査結果をもらうまで「生きて帰った」かどうか、心が落ち着かない。
  1. 2017/07/23(日) 22:52:56|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

役に立つ、かなあ

朝からコウモリ調査を兼ねてのハイキング。例によって、YAMAPで道案内してもらおうと(って、今回は迷う所は全くないんだけど)、昨晩から充電して準備万端、のはずだった。
今日は電車で出かけたので、電車内でも携帯電話で「遊んで」いた。

用もないのに携帯で現在位置を確かめたり、コースを見たり。何の具合かわからないけど、時々、すごく発熱したりする。発熱すると電池の減りが早い?、そんなん関係ない?、よく分からないけど、半日ほどで電池が急減した。
どうしてもあとで妻に連絡したいことがあり、あわてて電源を切った。

ハイキングも終わり、電車に乗って、妻に何時頃にどこへ着く、ってラインで用件を書き始めたら送る寸前に電池が完全に切れてしまった。
しばらく冷やせば、少しくらいは復活しないかなあ、というかすかな希望もかなわず、何度繰り返しても無理です、って言われる。
妻に電話しようにも、電話帳は携帯の中。妻の携帯の番号なんて覚えていない。

電池が切れても、せめてデータの中身くらい見られないかなあ、というのはこっちの勝手な希望なんだろう。
かくして、連絡が付かぬまま、家に帰ってしまいました、とさ。

  1. 2017/07/22(土) 19:37:30|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

迷惑というほどでもないんだけど

エレンが何かをくわえて部屋の中を走っていた。だいたい、こんな時はロクなことをしてないので、とりあえず怒ったらブローチをほりだした。見ると、カワセミのブローチ。テーブルの上にあったのを見つけて引っ張り出したらしい。私の持ちモノじゃないし、妻は愛鳥家でもなし、こういうのに興味あったっけ?、って思って聞くと、知り合いがくれたんだって。

まあ、パッと見は悪い出来じゃないが、やっぱり妻も興味はないらしく、私にくれるという。わたしはもっとこういうものに興味はない。来年の友の会バザー行きかなあ。

何度も何度もネタに使っているけど、こういう「手芸品」、自分で楽しむのはいいんだが、人にあげるのは良し悪し。

博物館のバザーにも、この手のがよく持ち込まれる。ぶっちゃけ、売れない。よく売れても、一つか二つ。売り値まで指定してくる寄贈というのは最悪。ほぼ、絶対に売れない。
かくして、2年目は寸志コーナーに回り、3年目は無料コーナーに。4年目は・・・・・ほぼない。たいてい、3年目の終了時点でゴミ箱へ。

  1. 2017/07/21(金) 21:18:53|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

水清ければ

博物館の瀬戸内海特別展に関連した講演会で、海に流れ込む河川の水が浄化されすぎていて(というか、栄養が少なすぎて)海苔に色がつかない、てな話をされていた。まあ、そんなに単純な話でもないんだろうけど、なんでも「過ぎたるは及ばざるがごとし」、という事かなあ、違うかなあ。

温暖化は、環境変化に確実に関係しているんじゃないかと思う。これまた、海の近くに生活しながらも現実的には海とかかわることがないので実感としては感じられないのだが。
私が今の家に引っ越ししてきたころは、海パン一丁で家から「浜寺海水浴場」まで歩けたそうな。幼稚園に入る前だったので確実な記憶はないが、写真はいくつも残っている。海と引き換えに「浜寺プール」ができました。

プールと言えば、「浜寺プール」での、夏休みの水泳教室は当時はすごい人気で、親が早朝から申し込みに並んだ、という話もあったような。で、私が入校する少し前までは、男子はふんどしだったはずです。なんでも、ふんどしだとおぼれているガキを引っ張り上げやすいから、って聞いたことがありました。
  1. 2017/07/20(木) 21:32:13|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

収穫

今年は連作で結実しなかったり、カボチャは全滅したりであんまり成績はよくなかったみたいだけど、それでもいくらかは収穫しました。枝豆って、簡単にできるんですね。

今、興味を持っているのは落花生。黄色い花が咲いています。これから「落下」して実ができるのかな。

RIMG9597.jpg







果物では、ビワはそこそこ食べました。ミカンは今年は不作みたい。
  1. 2017/07/19(水) 21:01:29|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

懐かしさはあるが

友人からもらった。新幹線のグリーン車に載ったら置いてあったんだって。(もちろん、持ち帰り自由。)
特集がオオサンショウウオだったのでお土産に。

関西で(というより、オオサンショウウオは西日本の生き物なので)オオサンショウウオというと、どこだかの「ハンザキ研究所」が必ず出てくる。水族館の館長だった人が廃小学校をベースに作ったんだったと思う。

私も何(十)年か前は、大阪オオサンショウウオの会のメンバーとして定期的に調査していた。といっても、主催者ではなかったので、いつどこで調査、という連絡をもらったら「野次馬的」に参加していただけで、データを自分で持つなんてことはしていなかった。なぜか知らないけど、その調査が急に無くなったので、それまでの膨大なデータは表に出るわけではなく、どこかで眠っているんじゃないかと思うと、それまでの何年間はなんだったんだろう?、ってすごく残念だった。

まあ、もちろん、私がその研究を引き継ぎゃよかったんだろうけど、最後のころは何才くらいだったかなあ、調査が終わって家に帰るのはほぼ午前様で、調査の後、2,3日は疲れが尾を引くようになってて、タイミング的には「引退の年齢」だったかもしれない。











  1. 2017/07/18(火) 21:33:25|
  2. サンショウウオ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

不正アクセス?

facebook から、不正アクセスみたいなのがあったから「身に覚え」がなけりゃパスワードを変えろ、ってメールがよく来る。
以前はそのたびにパスワードを変更していたけど、そのたびに思いつきでパスを入れるもんだから、入れた直後にパスワードを忘れたりして、今度は自分自身がアクセスできなくなったりしている。最近は、メールを無視してても何にも起こらないから、「不正アクセスは未遂」に終わったと思ってそのまま何にもしないでもいいのかなあ。

HPでは、「パスワードを忘れた方」の問い合わせ方もいろいろで、簡単な入力で教えてくれるところや、かなりややこしい方法を書いているところもある。「秘密の質問」も多くあるんだけど、「ペットの名前」と聞かれても、過去のどの子の名前を使ったのか、スペルは?、英語だったか日本語だったかもよく覚えておらず、何度も入力ミスしているとロックされたりして、結局どうしても入れないところがいくつかある。面倒だから「ご新規さん」で入ろうと思うと、アドレスが既出で使えなかったりする。

結局は、何でもかんでも、手書きでメモを残すのが一番、なのかなあ、この時代に。
  1. 2017/07/17(月) 17:01:47|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

日本じゃない

久しぶりに道頓堀界隈を歩いた。
もう、大阪、というより、日本じゃなくなっているなあ。
あちこちに、行列。列に並んで食事するのは、大阪の文化にはなかったような気がするんだけど。
アメリカ村あたりも通ったが、こっちはまだ大阪的な雰囲気が残ってるかも。

まあ、何があっても受け入れる、変化することが「大阪」であって、「昔の大阪」ににしがみつく、回顧するのは「昔の大阪人」なんだろうか。
  1. 2017/07/16(日) 21:58:26|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

電池

電卓がすぐ暗くなるという。太陽電池とボタン電池の組み合わせらしく、ボタン電池の方が悪いんじゃないか、という事で品番を調べると「CR2032」と書かれている。でもって、アマゾンで調べてみたら、一個400円だったり、5個200円、5個120円、10個400円・・・・・・、この価格差、ってなんなんだろう?一度入れりゃ何年も持つものだろうから安いのでええのかなあ。

オオサンショウウオとコウモリの両方をしていた時は、乾電池の消費量は多かった。これも、いつもどこの何を買うのか迷っていた。迷うのもめんどくさくなって、いつもパナソニックのアルカリ電池を買うようにしていた。最近はエボルタ電池が流行っているらしい。普通のアルカリ電池か、エボルタを買うか、また悩み事が増えた。ちなみに、100均と、有名メーカーの電池を入れたプラレールが、どちらが長く走っているか実験した人がいたらしい。それによると、100均の方が長く動いていた、という。ほんまかいな。たぶん、電池の種類によって「適応」が違うので、その結果なんだろうか。

最近、ニコンの一眼レフカメラにフラッシュを付けてコウモリを撮影している。トンネルのてっぺんだと、普通のデジカメと内臓フラッシュでは撮影できない。使っているのは、外付けフラッシュと300mmレンズの組み合わせ。フラッシュというのは電気をよく使うのか、しばらく使っているとチャージ時間が長くなるよな気がする。シャッターを押してフラッシュが光らないのはすごいストレス。早めに電池を代えるようにしていると、中途半端な電池ばかりが増えてくる。これって、充電池にした方が良いのかなあ、たぶん。
  1. 2017/07/15(土) 21:40:23|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

博物館特別展

でもって、博物館の特別展が始まりました。正確には明日からですけど、今日は内覧会。友の会会員としての参加です。
明日も、友の会会員向けの「友の会の夕べ」で見に行きます。でもって、さらに日曜日は「ブロガー招待」で見に行く予定。
しばらく間をおいて、最後は、賛助会員の招待券で見る予定。都合、4日間、無料入館できるはずです。

期間中のフリーパス券は1000円。
1000円くらい払いなさい、って?
ごもっともです。
  1. 2017/07/14(金) 15:58:45|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

タヌキ

タヌキの質問がよく来る。たぶん、以前作っていた私のHPが引っ掛かるのだろう。
「タヌキは飼っていいんですか?」、ってよく聞かれるんだけど、野生動物なんだから聞かれりゃ、ダメです、としか言いようがないよなあ。病気の事を聞かれても、まあ、犬に近い動物なんで犬の病気から類推はするけど、タヌキ特有の病気とか、野生動物の持つ病気についてはよくわからない。私が大丈夫だったからあなたも大丈夫でしょう、てな話にはならない。
そのリスクを許容できなければ飼わなきゃいいだけ、リスクを受け入れるなら飼えば?、というだけの事。

ちなみに、タヌキは狩猟獣なんで、狩猟個体を飼う事は自由です。その狩猟についても、禁止猟法じゃなければ自由に捕獲できます。網で捕るとか、手づかみするとか、気合で狩猟するのは問題がないはず。もちろん、禁猟区での捕獲はだめですが。

  1. 2017/07/13(木) 21:25:15|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

つれづれなるままに

銀行へ行った。機械で入金しているととなりのおっちゃんが、「おかしいなあ、金がでえへん」って声をかけてきた。機械の近くにはたいてい銀行員がいるのに、この時に限って誰もいない。見ると、おっさん、通帳しか持ってない。「おっちゃん、金出すんやったらカードもいるんちゃうか」って言うが、よくわかってないみたい。そのまま帰ろうとしたので銀行員を呼んだ。なんだか、成り立たない会話をしてたけど、おっちゃん、そのまま帰った。

踏切で電車待ち。向こう側のおっさん、携帯電話をかけながら道案内をしている。空いた手で、右へ曲がる合図をしたり、どこかを超える格好をしたり。おっさん、電話なんだから手で説明しても相手はわからんのとちゃうか?

電話がかかってきた。受話器を取った。向こうさんが先に、「どちらさんですか?」
え、そっちが先にかけてきたんとちゃうの?、と思ったら、何時間か前、こちらがかけた時に留守だったので、その着信を見てかけてきたらしい。という事は、誰からの着信かわからぬまま、かけなおしたという事か。私の携帯なんかにもあいてがわからん着信はいくつかあるけど、かけなおすきにはならんなあ。
  1. 2017/07/12(水) 21:27:15|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

すべてが懐かしかった

昨晩の調査地は、兵庫県の中央やや西側。ネットで検索すると、高速1時間30分、一般道3時間と出た。8時に到着するとして5時に出ればいいか。なんとなく、到着予想時間が早すぎるような気もしたけどカーナビもあるし、よく確認もせずに出かけた。
検索時に地図をちらっ、と見たら、北摂から能勢を経由して兵庫県に入り、西に走ることになっている。このルート、って、オオサンショウウオの調査でいつも走っていた道。特に能勢の天王というところは毎月通っていた。懐かしい。

車に乗って走り出すと、カーナビは一般道で4時間とかの表示をしている。どっちかというとこっちの方が正しそうな気もする。あわてた。まあ、あわててもどうしようもないんだけど。一瞬、高速を使おうかとも思ったけど、もったいないのでやめた。
能勢に北上するんじゃなく、川西あたりから北西に走れば少し近いかもしれない。こっちは多田銀山を通るルート。多田銀山というのは、コウモリを始めた当初は廃坑というとここしか思いつかず、それこそ毎月といっていいほどこの辺りを当てもなくうろついていた。
懐かしい。

猪名川に入ると、今度は野外活動センターみたいなところを通った。ここ、博物館の行事で何度か泊まっている。そのたび、オオサンショウウオの観察会を友人に頼んでしてもらっていた。
懐かしい。

結局、3時間半ほどかかって調査地へ着いた。
ここは比較的早い時期に見つけたコウモリの生息地で、キクガシラが出産しているし、道路際で(行くまでは遠いが)アプローチしやすいし、昔はよく通っていた。いつかは、調査が終わって車に戻ると、タイヤがパンクでぺっちゃんこになっていたっけ。


冷静になって考えると、30分ほどの調査のために6時間車を走らせている、ってどうよ。

まあ、いいか。

  1. 2017/07/11(火) 22:32:55|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

生まれた

屋外に「リハビリケージ」を作った。本来は、傷病鳥の「リハビリ」に使う目的だったんだけど、セキセイインコとコザクラインコの飼育小屋になってしまっている。前はジュウシマツもいたんだけど、セキセイインコの方が強いのか、あんまり長生きできないうちに亡くしてしまった。
今年になってセキセイインコが繁殖し出した。というか、何年か前にも2,3度繁殖したが、一年くらいで産まなくなっていた。なぜか知らないけど今年になってまた卵を産みだして、子供が生まれるのは今年だけで3回目かな。

最初の子はうちのスタッフが引き取ってくれ、次の子は実家へ押し付けてきた。今回のは兄からの予約済み。

3週間ほどで巣から取り出せる。それまで育つかどうか、心配ではあるけど、楽しみでもあります。


  1. 2017/07/10(月) 22:57:51|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

さすがに疲れたと言いつつ

週末ごとのコウモリ(夜間)調査は何日目だろう?20年近く調査を続けていたのに知らない事、わからないことが多すぎて、今年はきっちりデータを残したくって「精力的」にあちこち回っている。それでも、過去に出産を確認しているのに調査できそうもない所がちらほらある。
大昔は(こちらが知っている)出産場所も限られていたので何とか「回って」いたんだけど、調査地が増えて調査が追い付いていない。そうこうしているうちにキクガシラコウモリの出産もボチボチ終了に近づいていて、最初に生まれた子らは飛ぶようになりつつある。

さあ、今日もこれからお出かけ。
明日は一日休みをもらっているので、遠出するかなあ。

  1. 2017/07/09(日) 16:47:46|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

先生、黄色い

獣医師会の若い先生で、会のいろんな世話人をされていた。直接は知らなかったけど、行事なんかではいつもニコニコ、人当たりのいい先生だった。

突然、会から訃報が入ってびっくりした。聞くと、肝臓がんだったらしい。よほど進行していたのか、入院されたけどほどなくお亡くなりになったらしい。

病気が見つかったきっかけは、病院スタッフに、「先生、目が黄色い」と言われたことだったそうな。本人に自覚があったのかどうかは知らないけど、本人はともかく、奥さんも気が付かなったのか、と思ったが、考えてみりゃ、私自身も病院スタッフとは毎日10時間以上顔をつき合わせているが、妻とはしいて顔を合わす「機会」「時間」はそう多くない。今回の件でも(こっちも、あれこれ聞かれるのが嫌だっだし、医者へ行けとしか言われないだろうから)意図的に顔を合わさないようにしていたら、妻には気づかれずに済んだみたい。
あとで私のブログで知ったらしいが、その時はほぼ治っていた。

自分で採血して一部は病院で検査し、一部は検査センターへ送ろうと思ったら、人の血は検査できない、って言われた。昔は人の検査センターを利用してたので、何でも調べられたんだけどなあ。










翌日の足。腫れはまだ残っており、第2指の付け根が若干青いので、やっぱりこの指になんかがあったんじゃないかと思う。
8日にはほとんど回復しておりました。
  1. 2017/07/08(土) 14:27:17|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ライフ・・・・・、二番煎じ

(ネタバレです。結末書いています。これから映画を見ようとしている人はご注意ください。)

あとで考えりゃ、「エイリアン」の二番煎じじゃないの?エイリアン自体、テレビで横からのぞき見した程度だけど。
最後に出てくる「火星人(?)」なんて、エイリアンそのものだった。

この手の映画、最後はきれいなお姉ちゃん一人だけが助かって地球へ帰るのが常だし、そうなると思っていたのに、エイリアンは地球へ降り、お姉ちゃんは宇宙の彼方へ飛んでいく、って、なんだかすっきりしない結末。続編でも考えているんだろうか?

30点。

久しぶりに映画を見に行ったのに、余計にすっきりしない日でした。
あ~、良い映画を見たいなあ。
  1. 2017/07/08(土) 14:04:30|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

博物館特別展

来週末から、博物館の特別展がある。瀬戸内海、だって。
博物館の特別展には2種類あって、招待展というか、外部から場所貸しするみたいなのと、博物館の自主展がある。今回は後者で、何年か前から計画してデータを集めていたもの。干潟合宿なんかもそれを考えて瀬戸内海でしていた、んだっけ。

で、博物館ではブロガー招待というのをやっている。特別展をブログで宣伝してもらおうという趣旨。始まって最初の3日間だったか、4日間に見に行くのが条件だったように思う。
特別展は土曜日から始まるんだけど、前日の金曜日には「内覧会」がある。マスコミに取材してもらったりするのが目的だけど、友の会会員も招待されている。で、翌日、一般公開初日の夕方には、友の会の夕べという事で、会員なら閉館してからまた見せてくれる。さらに、友の会賛助会員には無料招待券も送ってきてくれている。
都合、金曜日、土曜日は友の会会員で入り、日曜日はブロガー招待で入り、しばらくしてからは招待券で入る、というのが最近のパターン。

ブロガー招待で入るとHPを作るプレッシャーとか、悪口は書けないとか、いろいろ悩むこともあるんだけど、期日が近くなると思わず申し込んでしまう。
開催期間中フリーパスというのが1000円であるんですけどね。


申し込み要領を見に行ったら、南港での恐竜展もブロガー招待をしているというのを見つけた。
思わず、こっちも申し込んでしまった。
  1. 2017/07/07(金) 21:42:40|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

腫れまくり

朝起きると、右足に違和感がある。見ると、指と甲が腫れている。人差し指に特に違和感があり、やや赤くなっている。外傷は見当たらないんだけど。まあ、いいか。


ウサギの診療があった。私、ウサギにアレルギーがあるらしい。あるけど不思議なのは、ウサギの種類?、個体によって反応が違う。ひどい時は診療中から鼻が出て目がかゆくなる。なんともない子は何ともない。
今日の子は数日前にも診療していて、ひどくはないが診療後にくしゃみと鼻水が出ていた。診療(というか、麻酔をかけての歯科処置)中は何ともなかったが、手術後1時間くらいして片目が腫れだした。
(自分で自分の目を撮影するというのは非常に難しいですね。)

RIMG9206.jpg







ちなみに、こちらは正常な方。

RIMG9209.jpg






本当にウサギアレルギーが原因かどうか、いまいちわからない。鼻水は出ないし、反対側の目には来ていないし。
とりあえず、洗浄してステロイドを点眼したが、時間の経過とともに腫れと違和感がひどくなる。


そういえば、と思って足を見てみると、こちらも腫れまくり。








見事な浮腫で、押せばへこんでそのままになる。


スタッフに、医者へ行けと言われるが、そもそも何科に行けばいいのかわからない。フレグモーネなら外科?内科疾患なら両足に来るだろうし、目と足、両方とも右側ではあるけど、関連は無いはず。
ぐずぐずしているうちに午後診になり、とりあえず自分で採血して検査してみた。コレステロールは高いが、これはいつもの事。他の検査値には異常は出ていない。


ま、いいか。

寝りゃ治る、と信じておこう。

(お見苦しい写真を何枚も掲載して、失礼しました。)
  1. 2017/07/06(木) 20:36:27|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

なんだか、上から目線

某行政機関のモニターというのに申し込んだ。当選通知(って書かれていたかどうか、よく覚えていないけど)が来た。
開けると、A4の紙に、大きく、任命書と書かれた紙が入っていて、行政トップの名前とハンコ(の印刷)があった。もう一枚には、ネット用の番号とパスワード。もう一枚に、諸事項の説明。

確か、ネットで申し込んでいるし、今後のモニター回答はネットでするんだから、「当選」もネットで送れば紙代とか通信料とかがいらないように思うんだけど。そもそも、仰々しい紙に、「任命」してもわなくっても、メールで「おめでとうございます、選ばれました」と書いてくれりゃ、一行で終わってしまうのに。


もう、ぼちぼち忘れられているんだろうなあ、横山ノックが大阪府知事をやっていた時期がある。野生鳥獣救護ドクターというのに登録していると、何年かに一度、「任命書」(だったかなあ?)というのが送られてきていた。「任命者」に、横山ノックと書かれていたんで、なんか、こういうコレクターでもおられたら売れないか、って、しばらく置いていたことがある。結局はしばらくしてそのまま、廃品回収に行ったけど。橋下徹さんの「任命書」もあったけど、これも即、紙くずに。


  1. 2017/07/05(水) 21:33:40|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

激チャリ

先日は、スマホのYMAPが肝心の山の中で当てにならなかった。もう一度、使い方なんかをチェックしてみた。
今日は、自転車で天王寺往復。YAMAPの「サイクリング」を選択した。

行き、35分。帰り41分。走行距離(帰り)9.9km、だって。
途中で何度かチェックしたけどきっちり動いている。先日は何だったんだろう?









天王寺への用事は、例によって、ミルワームの購入。
ツバメを育てています。
  1. 2017/07/04(火) 22:03:14|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

あと5mで遭難した

昨晩のこと。某戦争遺跡へ行った。
ここ、尾根筋なんだけど、道がない。正確に言うと、ところどころに山火事防止の錆びた古い看板があったりするので、昔は道があったらしい。一番最初、何を見て知ったのか、どうやって行ったのかの記憶がない。苦労して歩いて、初めて発見したときは感激した。鬱蒼とした森の中に、廃墟が突然現れた、という感じ。

3,4回、何事もなく往復したんだけど、3,4年前、いつものように行って帰ろうとしたら道がわからなくなった。知っているところまで引き返そうとするが、それがまたよくわからない。やっと知っているところへ出てきたと思ったら、スタートの廃墟だった。さんざん歩いてぐるっと回ってふりだし、って・・・・。この日は昼過ぎから調査しているし、だんだん日が暗くなってきて、焦った。
それ以来、ここの調査はビニールひもを張って歩くことにした。

スマホに変えて、YMAPなるアプリを組み込んだ。これさえあればどこでも連れて行ってくれる、どこからでも帰れる、と信じていた。ただ、スマホって電池がすぐになくなるし、まだ使い始めて勝手もよくわからないのでスマホとひもとの両方で調査を始めた。

目的地へ着いたがYAMAPはまだスタート地点。なんで?

スマホを信じなくって良かった。ひもを回収しながら帰った。

いつも、どこからひもを張ろうか、迷う。ある程度までは道(のようなもの)があるし、ここまでくりゃ帰れるだろうと思って、最初の何十mかは急坂だし、ひもを張らずに、木々をかき分けて登っている。
登りと下りじゃ風景が違う。登る時は、目の前のブッシュの根元にけもの道みたいな隙間が見えていた。下ろうとするとその道はブッシュの下になり、よく分からない。
あと数mで道路に出るはずのところで道が無くなり、ブッシュに突っこんだら斜面が思いのほか急で、さらにそこから下には行けなくなった。登り返そうにも急だし、ブッシュがひどいし、一時、どうなるかと思った。

今度来るときは「ナタ」でも持ち込んで、道を開いた方がよさそう。
  1. 2017/07/03(月) 21:42:02|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
次のページ
【楽天市場】本・雑誌・コミック