毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

田舎の出前・・・、いま、出ました

コウモリの捕獲許可証。一般種は府県レベルの許可。希少種は環境省管轄になり、敷居が高いような気がして最初は申請していなかった。コウモリ調査を始めて数年後に堺市内でヒナコウモリが発見され、その標識には環境書の許可が必要になり、アプローチしてみた。担当のお役人様とすったもんだがあったけど、最終的には許可が出た。(よく知らないが、当時の担当者は「出来が悪い」ので有名だったそうな。優秀な人材はあちこち転勤ばっかりなんだけど、出来が悪い人は転勤もなく一か所にずっと居座っているんだとか。それでよけいに「意地悪」だったという話。)環境省からの許可は結局一年きりだったので、最近はまた府県からだけの許可を申請している。

で、現在は、和歌山県と大阪府から許可をもらっている。
オオサンショウウオなんて「特別天然記念物」なのに、許可は3年で出ていた。コウモリなんて普通種はあちこちにいっぱいいるのに、許可年限は一年。いつも書いているけど、年取ってからの一年はあっという間。4月末が期限切れで、それに合わせて毎年、申請している。

具体的な日にちは忘れたが、向こうさんの事務手続きにも時間がかかるだろうから、って、余裕をもって4月の第1週には申請書を郵送した。和歌山県さんからは直後に電話があり、日付間違い(昨年のをそのまま流用していた)と文言一つの間違いを指摘され、すぐに訂正版を送ったら2週間ほどで許可証が出た。
大阪府からは、担当者が変わるので今後は誰それが担当、というメールが来たっきり、じぇんじぇん音沙汰がなかった。一部、自分で見直して文言の間違いを見つけてはいたけど、その指摘もなかった。で、5月1日に、明日投函します、とのメールが来たんだけど、8日現在、まだ届いていない。連休で郵便が休み?んな事ないと思うんだけど。
4月末で許可が切れているので、現在は許可証なしで調査していることになる。もっとも、許可証を持参して調査、なんて事はやった事ないけど。


5月9日追記
本日、許可証到着。郵便消印8日、でした。
  1. 2017/05/08(月) 21:14:38|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
【楽天市場】本・雑誌・コミック