毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

人間の勝手で

保護された鳥に足環が付いていた。








標識調査を横っちょで見たことはあるけど、足環そのものを手に取ったのは初めてかもしれない。このサイズともなると、かなり肉厚で丈夫、というか、ペンチでも曲がらぬくらい。こんなん、絶対外れないだろうなあ。さあ、鳥がそれを負担に思っているかどうかはわからないが。

鳥の足環は基本的には、環境省のものを山科鳥研を通じて日本中のバンダー(標識者)が使っている。たぶん、借りている形かなあ。要するに、「タダ」

一方、私がコウモリに付けているものは、翼帯を貸してくれる組織なんてないので自腹で買っているもの。一つ30円くらい。
いつだったか、友人を連れて標識調査したけど、翼帯を付けたコウモリが飛んでいくと、「30円が飛んでいく~」って友達が言ってた。街中で10円玉を見つけりゃ、絶対拾うよなあ。一方、コウモリ調査じゃ、30円をコウモリに背負わせて飛ばしている、って、冷静になって考えるともったいない、もったいない。

足環より翼帯の方が、生き物にかける負担は大きいようにも思う。
標識なんて、生き物が自分で望むはずはなく、人間側の勝手でやっていること。

心して調査するべ。

  1. 2017/05/01(月) 22:33:57|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
【楽天市場】本・雑誌・コミック