毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

忘却

博物館で友の会行事があった。行事が終わってから懇親会があった。
お姉ちゃんに挨拶された。一瞬、誰かわからなかった。わからぬまま、会話を続けていた。しばらくしてやっと思い出した。ありゃ、知ってる子は中学生か高校生だったけどなあ。よく聞くと、今は東京で(地下)アイドルをしているんだって。あとで、聞いたyou tube や facebook を見てみた。りっぱに「踊って」「歌って」いる。ライブがあるから夜行バスで東京へ戻る、って事で帰られた。

子連れの若いお母さんに挨拶された。名前を言われたが、やっぱり思い出せない。しばらくしたら記憶が頭の奥から復活してきた。お会いしたときは大学院生だったけど。友の会の評議員をされていたが、就職して東京へ行く、って言ってたなあ。子供は小学3年生だとか。やっぱり、10年くらい前の出来事だったのか。


もう、ずいぶん長い間、博物館友の会と付き合っている。評議員にしてもらった時は「若手」の部類だったのに。


とある食堂へ入ったら、うちの患者さんに会った。もう何年も病院には来ておられないが、一時はよく連れてこられていた。犬も名前もすぐに頭に浮かぶ。
目が合ったので挨拶すると、
「どなたさんでしたかなあ、最近物忘れがひどくなって、失礼することが多いんですわ。」
「そうでしたかなあ。実は昨年、妻に先立たれましてなあ。子供もおらんし、年取ってからの男やもめはさびしいもんですわ。」

あれって、未来の自分だったんだろうか。


  1. 2017/04/30(日) 22:36:10|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

初歩的ミス

昨年、ピーマンがいっぱいできて、しかもかなり長い間収穫できたのでそれに味を占めてまた植えたけど、なんだか育ちが悪い。ハタと気が付きました。これって、連作障害なんじゃないの?トマトはだめ、って頭はあったけどピーマンもそうだって知りませんでした。というより、調べると、基本的には何でも連作はあかんのですね。

土を入れ替えるなんてとてもできないし、まあ、これからは順番を考えて植えつけ、という事になるんでしょうか?
毎日、「ひねた」ピーマンを眺めながら、かわいそうな事をしたなあ、と反省する毎日。
そういえば、ソラマメも育ちの割に実が少ないようにも思います。茎ばっかり育って実が付かない。これも連作障害でしょう。

とかなんとか言いつつ、家庭菜園は妻の仕事で、私は食べるだけの人でもあるんですけど。
  1. 2017/04/29(土) 21:48:44|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

だからぁ、いらないんだって

桑原さんの本を京都市が勝手に廃棄処分にした、って報道で、みんな怒っているんだけど、この人はしっかり分析していると思う。
ここ

「桑原記念館」でも作ってりゃ、そういう問題は起こらなかったかもしれない。今度は誰がそれを作って誰が運営するのか、てな問題も出てくるでしょうね。少なくとも、市に寄贈した時点で廃棄も含めたその後の処置は市が決めりゃいいことで、今さら文句を言われてもなあ、というのが現場の現実的な考えじゃないかなあ。保管する、置いておくだけでもそれなりの経費は必要だし、それがあるために新しい図書を入れられなくなるかもしれないし。

自然史系の博物館だったら、実物標本は絶対に必要だし、現在、「タヌキ」とされているものが「里タヌキ」「山タヌキ」に分けられる可能性も考えて、「タヌキ」はいくらでも収集し保管する必要はあるだろうけど、図書となるとちょっと違うような気もする。現実に、図書館では廃棄というのは常日頃行われている。

桑原さんの研究のためにすべておいておく必要があったのなら、それをする研究機関が引き取るべきだったし、それがあったなら廃棄もしなかったはず。遺族も含めて、それを誰も必要としなかったから「とりあえず」図書館(いわゆる公立図書館なのかどうか、よくわからなかったけど)に行ったのが不幸の始まりかな。



岸和田の自然資料館。スタートは、剥製を収集していた個人からの寄贈。東洋剥製博物館が大元。昔はB級スポットで有名だったらしい。ググればいっぱい出てきます。
賢いのか、賢くないのか、岸和田市側は「普通の」剥製は引き取ったけど、「徳利タヌキ」とか、「だんじりタヌキ」、「マングースの一騎打ち」みたいな剥製は引き取らなかったらしい。回りまわって聞いた話では、それらの引き取り手がなくって、すべて引き取ってくるなら無料で上げます、てな話にもなっていた、って聞いた。さあ、最後はどうなったのかなあ。
  1. 2017/04/28(金) 21:59:58|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

私も思い出した

とある芸能人が、公園でツツジが咲いているのを見て、子供のころにツツジの花の蜜を吸ったのを思い出して、花ビラを引っこ抜いて蜜を吸うのを子供に教えた、ってブログに書いたら非難ごうごうで、今お決まりの炎上、らしい。一方、子供に教えるくらい、それくらいならいんじゃないの?、って擁護する投稿も少しはあるとか。
そういえば、うちにもツツジがあって昔はよく吸っていたなあ、って思い出した。この話を読まなきゃ、すっかり忘れていた。
もっとも、私自身それを何で知ったのか、子供に教えたかどうかは思い出せなかった。









堺市・浅香山浄水場のツツジです。
大昔は、堺市は大和川の水を水道水に使っていました。現在は淀川の水をここに持ってきているのか、すでに「水道水」になっているものを、ここを経由し配水しているのか、よくわかりません。少し前までは、大和川に取水塔の残骸がありましたが、今はそれも無くなってしまいました。
ちなみに、現在、ばがでかい配水塔二つが並んでいますが、阪神高速が敷地内を通ってその補償金で建てた、って言う話でした。
  1. 2017/04/27(木) 21:36:48|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

探知犬

エレンが部屋の隅っこを熱心に嗅いでいる。とある部屋の一角に、ザックとか山用の服とか雨具なんかが積まれている。コウモリ調査の際には目的地によって、重装備か軽装備か考えつつ荷物を入れ替えている。たしかに、ザックなんかは洗うもんじゃないので「くさい」のかもしれないが。あまりにも熱心なので確認すると発見した。鶏肉の入ったタッパー。

いつだったか、調査帰りに病院の冷凍庫から鶏肉を出してザックに入れ、そのまま忘れていたらしい。嫁さんに見つかると怒られるのでそっとゴミ箱へ。改めて「嗅いで」見ると、ザックもかなり匂っている。あわてて屋外へ持ち出し、洗ってみた。さあ、きれいになるかなあ。

コウモリ調査でコウモリをはじめ、生き物の死体を持って帰るときが時々ある。ザックの横っちょのポケットに入れるんだけど、やっぱりコロ、って忘れる時がある。そういうのは、たいていすでにひらった時に腐りかけで匂っているので帰るとすぐにネコが寄ってくるので思い出すことが多い。あるいは、猫が袋を取り出して走り回っていたりする。

前に乗っていた車。なんだか臭う。小型サンショウウオを採集して、そのまま忘れていたらしい。あんなに小さな生き物なのに、乾燥、ミイラ化するんじゃなく腐って臭うんだ、って妙に感心したことがある。
  1. 2017/04/26(水) 21:09:09|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

朽ちるから美しい

ネットサーフィン(なんて言葉は、もう使わないんだろうなあ。それこそ、朽ちた?)していて、廃トンネルを見つけた。名古屋の近く。新幹線を使えば2時間くらいでいけるらしい。鉄っちゃんでもないが、時間つぶしくらいにはなるかなあ、と思ってもう少し調べてみた。
まあ、よくある話で、国鉄時代の廃線跡である。
ここです。

生瀬、武田尾の廃線跡と同じだが、こっちは町おこしに積極的に利用し、広場を作ったり、イベントをやったり、最初のトンネルに至ってはセンサーで汽車の音が流れる、てな事も書かれている。これだけやられると、とたんに行く気が無くなった。

コウモリ調査であちこちのトンネルを見てきたが基本的には立ち入り禁止のところばかり。(といっても、そんな看板すらないところが多かったり、看板自体が朽ちて無くなっていたり、フェンスがあってもほとんど壊れていて用をなしていない。)夏にそんなところへ行こうとすると、ブッシュがひどくて手足が傷だらけになる。そんな苦労が大きいほど、たどり着いた喜びも大きい。
そういう廃トンネルはブッシュに覆われ、軌道には木々が生い茂り、自然に帰ろうとしているところに、静かに入り口が眠っているから美しい。鉄道トンネルは汽車が走るために存在し、その役目が無くなったんだったら苦労をねぎらってそのままにしておいてやればいいのに。

  1. 2017/04/25(火) 13:59:13|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

バーニング・オーシャン

事実に基づいた映画だそうです。最後に実際の映像が出てきます。
内容的には安全より収益を優先したために事故が起こって、てな、よくある話ではあります。で、働く側と会社側のなんだかんだが絡んでくる、これまた単純な話なので、頭を使う必要もありません。まあ、実に「映画的」です。

85点。
  1. 2017/04/24(月) 20:40:04|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

3日目の博物館

金曜日は友の会会員向けの内覧会。
土曜日は友の会の夕べで、博物館が閉館してから見学。
今日はブロガー招待で無料入館。
あと一回、友の会賛助会員向けの無料入場券がある。

シーズン中のフリーパス券は500円なんですけど。

いつも書いている事。
お金を払って入場し、文化を守りなさい。
  1. 2017/04/23(日) 21:52:25|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

夢のサーカス

新聞社の応募でサーカスが当たった。和歌山である、との事。今日の土曜日は休みだったけど、フィラリアシーズンで忙しいだろうと時間ぎりぎりまで「働く」事にした。開始時間から逆算し、11時に病院を出て、どこそこを通ってどこを経由すりゃ、ぎりぎり間に合うだろう、と計算した。10時50分。とある患者さんから電話があった。
異物誤嚥で、内視鏡での取り出しが必要になった。さあ、3度目かなあ。

夢のサーカスは、そのまんま、夢に終わりました。

おかげで、行けないと思っていた、博物館の特別展無料公開に行けることになりました。
  1. 2017/04/22(土) 14:42:03|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

顔パス、ならず

博物館の特別展、「石は地球のワンダー」の内覧会。
博物館に用事があると、いつも守衛のいる職員通用門から入っている。守衛のおっちゃんは大抵顔なじみで、そのまま挨拶だけして入らせてくれる。まれに、長くなりそうだったら名前を記載して入館証の札をもらう。

今日もいつものように通用門から入ろうとすると、守衛に止められた。内覧会に来たというと、ここから入るな、あっちの入り口から入れ、って言われる。ストップがかかったのは初めてだなあ。1,2度は見たことのある守衛だったが、それはこっちの都合で、守衛の方からは、「初めて見る顔」なんで、「普通に仕事」していた感覚だったんだろうか。
冷凍庫行きのオシドリを持参していたので、これを動物の部屋に収めてくる、って言いつつ、何か言いたそうな守衛を無視して強行突破してしまった。
そういえば、いつかも入り口で止められて、ちょっと上に用事です、って言っても入れてもらえず、誰に何の用事で来たのか、とかなんとか聞かれたことがあったなあ。この時もこの守衛だったような気がする。

北朝鮮情勢が自然史博物館にも影響しているんだろうか?

  1. 2017/04/21(金) 22:14:29|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

公共交通機関を使いましょう

本日、変則的な休みをもらってコウモリ調査へ。
朝8時前の、天王寺行き快速電車。通勤客で満員。いつだったか、同じように平日に電車を利用してコウモリ調査へ行った時、案外空いていた記憶があったんだけど記憶違いだったのか、時間が違っていたんだろうか。今日は胴長もザックに入っていてパンパンの大きさ。これを担いで(むろん、乗車時は降ろしていたけど)あれだけの満員電車に乗る、って、ひんしゅくモノだったかなあ。

大阪から京都はさすがに逆コースらしく、座れないまでも余裕で荷物を床に置けました。

嵯峨野線。外人と若者がいっぱい。みんな嵐山で降りました。こっちの電車では、通勤客じゃなく観光客の恰好した人ばかりで、大きなザックは場違いでした。

京都で調査して今度は宝塚まで引き返し再び調査。久しぶりの調査地で、道に迷う。

何か所も調査して帰りも当然電車。大阪から、今度は帰宅のラッシュに遭遇する。みんなは一日働いて帰る途中、こっちは(遊びというわけではないけど)ザックを担いで山から帰る途中。
別に悪い事をしている訳じゃないけど、小さくなって帰りました。
  1. 2017/04/20(木) 22:43:21|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

もったいないお化け

自宅のプリンターが調子が悪い。印刷しようとすると必ず紙詰まり。紙の位置を調節しつつ、なだめすかせると数枚目にやっと印刷できる。もともと、NTTのポイントでもらったもの。NTTのネット回線でポイントが付くらしいが、その景品がとてつもなく意味のないものばかりで、そのくせ期限がすぐに来るし、仕方なくこのプリンターと交換したもの。それがインク切れ。

ポイントでくれるくらいだからマイナーな機械で、いわゆる互換インクはほとんどでいない。純正インクを買うと何千円か、かかる。この機械のインクに何千円かかけるくらいなら、新しい機械を買う方が良いような気がした。
とはいえ、なんだか、もったいないなあ。

病院のプリンターもインク切れ。前回、互換インクに手を出して2,3度トラブルはあったが、まあ、実用レベルには使えている。こっちも買ってから時間は経過しているし、互換インクと心中するつもりでまた安いインクを買ってしまった。

エプソンだっけ?インクの補充が一年間いらないほど長持ちするトナーのついたプリンターがあったような気がする。あんまりニュースにならないという事は流行っていないのかなあ。

  1. 2017/04/19(水) 20:56:00|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

収穫

りっぱなのが出来るんですねえ。
RIMG7852.jpg







家庭菜園。
妻の趣味。

こっちはソラマメ。
RIMG7853.jpg







さあ、実が大きくなるのかどうか。
ビワです。
RIMG7855.jpg








おまけのエレン。
RIMG7858.jpg








  1. 2017/04/18(火) 22:49:57|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

タケノコ

本日、夕方まで休み。
実家の母から、タケノコが出ているかも、との電話があった。いつもは連休前後だと思っていたけど、まあ、確かにスーパーなんかではもういっぱい売られている。今日は午後から雨が降るというので、早めに行ってみた。

タケノコ林は祖父の持ち山、というか、祖父はとっくに亡くなっているので厳密にいうと叔父のタケノコ林という事になる。山の斜面の一角にある。昔は祖父が枯れた竹を片付けたりしていてきれいな林だったが、今は誰も管理していなくって、この季節に私が掘りに行くくらい。ほったらかしと思われているためか、最近は「盗掘」がすごく多くて、行ってみるとあちこち掘られた跡がある。腹も立つけど、まあ、どうしようもない。
やっぱり少し早いのか、数本は見つけたけどあまり良いものは無かった。

とあるところで、やけに広く掘り返しているなあ、思っていたら近くでイノシシのウンコが見つかった。盗掘しているのは人間だけじゃなく、イノシシもいるらしい。
これからは時間勝負、早い者勝ちになるかも。

「雨後の竹の子」 今日の雨で一気に出て来る、という事はあるんだろうか?
といっても、なんだかんだで予定が詰まっていて次いつ行けるかわからない。
早く再挑戦したいなあ。
  1. 2017/04/17(月) 21:41:19|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

自衛隊

信太山駐屯地のイベントを見てきました。
始まってからの挨拶の長い事。国会議員が何人も来ていました。さらに近くの市長、町長とか。挨拶のたびに自衛官は直立不動したり、休んだり。それが延々と、たぶん一時間以上。今日の天候はアホみたいに晴れて日差しも強く、こっちは座っていても汗が出てきます。自衛官は完全装備で起立しています。その統率力に感心するばかりでした。

何年か前、宮崎県で口蹄疫が流行った時、自衛隊が災害派遣されていました。日本中の自治体も獣医師や職員を送りましたが、役に立ったのは自衛官ばかりだった、って地元の獣医さんがおっしゃっていました。自衛隊が軍隊か否か、それらの装備が日本に必要かどうかは置いておいて、少なくとも災害時に頼りになる組織であることは間違いないでしょう。
  1. 2017/04/16(日) 20:45:14|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

アルビノの木

十三のミニシアターでシカが主体の映画。(大阪)初日で、監督と自然史センターのシカ屋さんの対談があるというので行ってみた。
監督が来るし対談もあるというと満席になるんじゃないかなあ、って思って少し早めに行き、時間つぶしに十三散策。まあ、それなりに面白そうな町でした。
映画の方は前の方で見ていたので、お客さんの入りはよくわからず。半分くらい?
対談はまあ、面白かったです。

映画?微妙。
知り合いがたくさん来ていたし、このブログを読んでいる可能性も高いので、あんまり悪口も書きにくい。

なんか、宣伝とか映画の解説者が書いているほど奥行きが感じられない、というか、映像そのものはすごくいいんだけど、ストーリーがわたしゃ理解できませんでした。私が悪いのか、監督が悪いのかはご覧になってご判断下さい。
  1. 2017/04/15(土) 22:41:00|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

お別れ

何年使っただろう?たぶん、17年かなあ。
最初はオオサンショウウオだったと思う。毎月、冬なんて雪が降っていても調査していた。そのうち、昼は洞穴で使い、夜に川で使うようになった。これ自身も重たいし、換えの電池がいつもザックに入っていたのでザックも重かった。こんなの、壊れる構造ではないと思うんだけどスイッチがおかしいのか、どこかの接触がおかしいのか、洞穴の中で突然消えることがあった。そのたびにスイッチを何度も押しなおしたり、前面を緩めると点灯したりしていたので、消えると前を回したり、たたいたり、していた。さすがに洞穴でそれを繰り返すのは恐ろしいので、その一件以来、懐中電灯は3つ持って入るようになった。

時々、ゲストを穴に連れて行ったりするとみんなLEDライトを持ってきていた。小さいのにすごく明るくってびっくりしていた。それでも愛着があってかたくなにこれを使っていたが、暗さと重さに負けてLEDライトを買ったのは報告した通り。
一部劣化で欠けている事もあり、いよいよお別れすることにした。

RIMG7936.jpg








知り合いの山屋さんは、古いヘルメットをゴミ箱へ突っ込んで山へ行った日に、崖から落ちて足首を骨折したんだそうな。帰ってすぐにゴミ箱から「救出」したそうな。
という話を昔に聞いたけど、この懐中電灯、インテリアにもならないし使い道がない。
丁重にゴミ箱へ行ってもらいました。
思い出は記憶の中だけに・・・・・・。
  1. 2017/04/14(金) 21:26:34|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

思わず

アマゾンポイントがメールで来た。なんと、8000円。さあ、何かのアンケートだったんだろうか?さっぱり覚えていない。といっても、それだけくれるというのは、たぶん動物病院がらみの使用薬品の調査、だったんだろうなあ。それにしても高額だなあ。

アンケートなんかで何か月もかかってセコセコ貯めた2,3万円は、先日、なんだかんだで果物を買って食いつぶしてしまい、ポイントはほとんど残っていなかった。今回のポイントでは、LEDライトを思わず購入した。

いつも使っている、従来の豆球タイプの懐中電灯は、LEDと比べるとかなり暗い。最近、新しい協力者と調査することが多くなり、私が通り過ぎてからその方がコウモリを見つける事がたびたびあり、つまり、私の調査では見落としがかなり多いんじゃないかと思う様になってきた。まあ、すべてが懐中電灯の差、というものでもないんだろうけど、明るさの差はいつも感じていた。

LEDの光、って、なんだか冷たい感じがして好きじゃなかったんだけど、「調査精度」に影響があるようじゃ困る。ちょうど買えるくらいのポイントだったので、思わず購入した。
さあ、「よりよい調査」ができりゃいいけどね。
RIMG7912.jpg







  1. 2017/04/13(木) 21:32:56|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

コレクション

コウモリの捕獲許可。共同研究者も届け出が必要で、書類に印を押す場所がある。そんなん、めったに会わないしそれだけのために郵便を往復させるものめんどくさい。
結局は100均で印鑑を購入せざるを得ない。ちなみに、近くにあったはんこ屋は一つ60円だったんだけど、どこかへ引っ越してしまった。もったいないなあ。
病院スタッフのハンコもこちらで用意しているので、退職者、旧姓のハンコが貯まってきている。









これだけ貯めりゃ、なんか、使い道がないかなあ。
ハンコの貸し出し屋をすれば儲かりそうに思うけど。一押し10円とか。
ちなみに、みんな同じことを考えるんでしょう、100均では、「返品できない商品」に「印鑑」って書かれていました。
  1. 2017/04/12(水) 21:16:51|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

孫のおもちゃには高すぎる

実家で、母から預かったもの。
父の「コレクション」だった、記念コイン。

いっぱいあったんだけど、持っていてもどうなるものでもなし、孫にやっても喜ぶようなものでもなし、置いていても価値が上がるわけではなし、結局、銀行へ持って行って預金。

RIMG7713.jpg









父の影響で、私も切手やコインは集めていた。
が、同じように考えて、何年も前に預金してしまった。


今の100円玉かなあ、50円玉かなあ、新しく発行された時、父が会社帰りにどこかで交換してきて見せてくれたのを、鮮明に覚えている。ちっちゃくって、おもちゃみたいだなあ、って思ったのもよく覚えている。
  1. 2017/04/11(火) 21:54:12|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

花見

エレンを連れて花見へ。有名だけど行ったことのなかった紀三井寺。
26号線が和歌山まで開通していて驚きました。いつ繋がったんだろう?岬町あたりから先、山中にヤマザクラがいっぱい咲いていて、それだけでも十分、花見の気分でした。
紀三井寺、って、もっと大きくてサクラだらけかと思っていましたが、予想より少なかったです。

花見のあとは、マリーナシティへ。
一画に、別荘かなあ、高層マンションがいっぱい建っているけど売れているのかなあ。もっとも、バブルの頃に建っているので、売ってしまえばおしまいなのかもしれません。
ポルトヨーロッパは、現在は入場無料になっています。駐車場代もかかるし、入場料も必要だったので今までは来たことがありませんでした。思いのほか、きれいな「街並み」で、散歩にはよさそうでした。

黒潮市場へ行くと10時過ぎなのに人がいてびっくりしました。でも、話し声は中国語ばかり。入り口を見ると歓迎の看板に団体名がいくつも書いてあり、ほとんどが中国からの旅行者みたいでした。何かのコースになっているんですね。

帰り道にあるコウモリ生息地を見て、国華園で花を買い、久しぶりに「休日」してきた気分です。









撮影場所は自宅ですが・・・・。
  1. 2017/04/10(月) 18:26:51|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

何が出るかな









病院の急須が変わった。
見るたびに、こすりたくなる。
  1. 2017/04/09(日) 21:34:57|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

大学の同窓会も

そういえば、大学の同窓会からは会報が来なくなった。こっちは何度も「警告」が来た後の処理らしい。5年間未納でストップ、だったと思う。10年分前払いすれば永久会員になる、というのが5年か10年ほど前に来たような記憶もあるけど定かではない。大学の広報誌は毎年送られてくるので、退職した先生の情報(って、結局は訃報なんだけど)はそちらから得ている。訃報を知ったところで、なにか行動を起こすというん事もなく、その都度、大学時代を思い起こすとともに、こっちも年取ったなあ、と思うくらい。

高校の同窓会は、会費未納者にも冊子は送っています、ってきっちり書いている。年会費は「強くお願い」している。あわせて、各卒業年度ごとの会費納入率の表がついている。昭和20年から30年あたりの卒業生の納入率が高くって、それで会全体の会計を支えているように思う。私の年代では一割どころか、数%あるかないかくらい。以後の卒業生も似たようなもの。現在実質的に会を支えている方々もご高齢になっているし、この先、どうなるんでしょうね。

小学校、中学校に至っては何にもありません。それぞれ、同窓会があったという噂は時々聞くけど案内ももらったことはないし。幼稚園から住所が変わっていないんですけどね。もっとも、小学校の記憶なんてほとんどないし、誘われても行かないでしょうけど。
中学校も「影の薄い」生徒だったんで、誰も誘ってくれないのか。
  1. 2017/04/08(土) 08:04:27|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

10年以上になる

とある会。興味があって入会し、数年間は会費も払っていたけどあんまり意味ないかなあ、と思いだし、会費の納入をやめた。会則には、「会費の納入を持って会員とする」てな一文が入っていたと思うんだけど、それからも会報だけが延々と送られてくる。
会費の納入率が落ちてきて会計を圧迫しています、という紙と、振込用紙がいつも同封されている。もう、いい加減、「くび」にしてくれりゃいいのになあ。メールアドレスもあるので退会届を出そうかとも思うけど、それまで会費を払っていなかった負い目もあって連絡できずにいる。最後に一年分だけ支払うかなあ。

友人から原付バイクをもらった。登録書も何もない(たぶん、紛失)がナンバープレートだけ付いている。要するに、廃車にもせず、名義変更もしていなかったバイク。再利用しようと思ったら廃車の書類が必要になった。ナンバープレートを発行した行政に問い合わせて廃車にした。と、廃車にするまでの5年分の税金の請求書が来るようになった。住所変更もしていなかったのでそれまでの請求はできなかったらしい。(でも、行政なんだから、引っ越しても請求書を送る先わかるはずなのになあ。)
そのバイクに乗らなくなってから、何年にもなる。その間、当然、その市ではバイクに乗っていないんだから、道路も使っていないんだけどなあ。事務手数料代わりに一年分だけ送ったら、残り4年分の請求は来なくなった。

  1. 2017/04/07(金) 21:16:27|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

国家試験

4月というと就職シーズン。私も何十年も前に大学を出て、働き出したと思うと感慨深い。
もちろん、獣医師として仕事するには国家試験に合格しての資格が必要。大学最後の半年は一生のうち、一番勉強した時期かもしれない。もちろん、卒業してからも勉強は欠かせないし今でも「なんでこんな年になってまで勉強?」と思いながらも、「物忘れ」と「記憶障害」と闘いながら勉強はしているが。

獣医師国家試験の合格率は80~90%くらい。「落とすための試験じゃなく、認定試験みたいなものだから安心して受けなさい」って大学の先生はおっしゃってくれていた。当時は記述式試験で、とにかくある事無い事なんでも、文字でスペースを埋めておけばいくらかでも点数をあげるから、ともおっしゃっていたっけ。現在はマークシートで有無を言わせず点数が出てくるらしいが。

3月初めに試験があって何週間かすると合格発表だけど、2,3日前に何人不合格らしい、どの教室の学生が何人落ちているらしい、てな本当かどうかわからないうわさが流れていた。けっこう優秀な友人が落ちていたり、卒業も危うかった同級生が通っていたりしていた。いずれにしても、もう二度とは受けたくない試験だったなあ。

ちなみに、医師国家試験は同じくらいの感じだけど、歯科医師国家試験は大学によって合格率がすごく違う。ひどい大学なんて、半分受かるかどうか、てなところもあるみたい。いったい、6年間も何を勉強していたんだろう?
  1. 2017/04/06(木) 21:05:04|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

たかが200円、されど200円

コウモリの捕獲許可が今月で切れる。何度も書いているけど、年を取ってからの一年というのは早い。近いうちに次年度の申請書を書いて、大阪府と和歌山県に出す予定。
許可証は、大昔は府県から「無料で」送られてきていたんだけど、橋下さんが知事になってから返送料はこちら負担、返信用の切手を同封するように言われるようになった。大阪府以外からはそんなこと言われた事もないんだけど、それを機に、他の県への申請でも返信用切手を同封することにしている。

大阪府の担当部署は南港のいわくつきのビル。昨年は200円の返信用切手代をけちって、取りに行った。車で行くと駐車場代もかかるので自転車で。死ぬほど遠かった。(というか、最後の大橋を超えるのがしんどい。)運動がてら、観光を兼ねて、って思ってたんだけど。
南港には野鳥園がある。ここの駐車場は無料。自転車を積んで行き、南港野鳥園に車を止めてインテックスに行ったこともあるなあ。でも考えりゃ、ガソリン代が200円くらいはかかるだろう。

今年は往復の400円を自転車でセーブしてみるべか。
  1. 2017/04/05(水) 21:00:59|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

たかが100円、されど100円

向かいの商業施設の駐車場を借りている。いつもゲートの横を歩いている。必ず下を見る。あった、100円。
駐車料金を入れそこなって落とすのだろう。で、面倒でそのまま出ていく人がいるらしい。私ならたぶんひらうだろうなあ。
今年、2回目で合計150円。以前借りていた時は一年で100円くらいだったけど。

隣の自動販売機。めったに使わないんだけど、朝一に仕事してコウモリへ行く前に缶コーヒーを買おうと思った。10円玉一枚入れたが落ちる音がしない。次に50円入れてみたらすぐそこに詰まって入らない。回収しようとしてガチャガチャするが何も起こらない。手前に出そうとしても出て来ない。しばらく頑張っても無理で、仕方なく電話した。
土日は休みだって。
月曜日、9時に電話した。
150円くれたけど、この二日間、ずっと腹を立てていた。

もう時効だろう。大学を卒業して4~5年目だったか。友人の結婚式のため、福島に行こうとした。三重の友達と合流して東京へ、それから東北新幹線に乗ろうと思って券売機へ行った。切符を買おうとお金を入れようとすると目の前に数百円あった。お釣りの取り忘れらしい。思わず友人と山分けした。

  1. 2017/04/04(火) 21:09:46|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

もったいないオバケ

毎年、この季節に獣医師会から送られてくる。
・狂犬病予防の啓蒙ポスター
・ヒナをひらわないでね
・がっこう新聞

ヒナ云々のポスターには小さく、一枚何円(数円だったか)何部刷った(1500だったかなあ?)って書かれていた。純粋な紙代だけじゃなく、図案料(もちろん、作者には払わないだろうけど)とか、図の募集に関しての経費もかかっているんだろうなあ。
がっこう新聞はしいて病院に貼る意志もないし。こっちはプロが書いているからそれなりにお金もかかっているはず。

貼る場所もないしかわいくないし、いつも「リサイクルボックス」に直行している。いるかどうか先に聞いてくれりゃいいのに。
なんだか、もったいないなあ。








  1. 2017/04/03(月) 21:26:33|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

欲しいけど・・・・・

先日調査していたのは、京都府の美山町の近く。美山町には、「かやぶきの里」という、茅葺の家々が観光地化している場所がある。白川郷と同じで、現実に人々が生活しているので生きた感じはあるが、道路一本こちらには大きな駐車場や土産物屋もあって、茅葺の家の周りを観光客が歩き回っているのはかなり違和感がある。
ここまで行かなくっても、近くの村を走っているとまれに茅葺の家は残っている。現住の住宅もあれば、こんな廃屋も。

RIMG7607.jpg






都会の人間はこういう家での田舎生活にあこがれ、田舎の人は都会の便利さにひかれる、のかなあ。
いらなけりゃ、もらって帰って老後はこんな家で生活、、、、できんだろうなあ。この地だからこそこういう家が最適で、都会に持ってきても住む方も家も不幸なんだろうか。


当然、こういう家にも歴史はあって、そこで人が何年にもわたって生活していたんだろうけど。こういう風に朽ちていくのもまた当然の道なのかなあ。
  1. 2017/04/02(日) 22:03:35|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

感謝感激

「せっかくスマホに乗り換えたのに、電波が届かなくって現在位置がわからなかった」ってブログに書いたら、それを読んでくださった方がスマホでのGPSを教えてくれました。YAMAPなるソフト。
「電波」にこだわってて、携帯がつかえない山中ならやっぱり無理なんでは?、って思っていたけど、そもそも現在位置を計算するのは通信衛星の電波を受けての携帯電話本体であって、ネットの電波は関係ないんですね。とんちんかんな質問でした。

で、今日初めて携帯を片手に歩きました。感激しました。道なき山中を方角だけ見ながら藪漕ぎしつつ、予定していた場所にたどり着きました。
何度も道に迷って遭難しかけた調査地があります。ここ何年かは、ビニールひもを張りながら往復しています。これからは携帯一つで歩ける、かな。そうなると気を付けないといけないのはバッテリーでしょうか?歩いている最中に電気が無くなったら、それこそ遭難でしょう。
コウモリを始めてから、懐中電灯は万が一のことを考えて3つ持って穴に入っています。今度はバッテリーの予備を持って歩く必要があるかも。

  1. 2017/04/01(土) 20:04:58|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
【楽天市場】本・雑誌・コミック