毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

ため息

原則的には土曜日休み、月曜日は休みか午後から仕事、というのが私の勤務パターンなんだけど、スタッフの都合で変更するときもある。連休にしておけば、あわよくば一泊でどこかへ行けるかも(現実的には宿泊を伴う休暇は何か月、何年も取っていないが)と思い、先週の週末は連休にしていたが、急に用事が出来て木曜日に休んで、連休は泡と消えた。

今度の週末はどうしようかと思っていたら、土曜日、日曜日に研究会が入っていることに気が付いた。なんだか、ため息。
その次の週末も予定が入っている。

まあ、犬猫鳥もいて、現実的には家を何日も留守にできないのはわかっているんだけど。特に最近は、ウミツバメ持参でのお出かけで、さらに行動が限られている。ウミツバメ、すでに一か月を超えたんじゃないかな。こんなに長い間、強制給餌で生かした子も珍しいかも。

  1. 2017/02/28(火) 21:59:31|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

絶滅危惧

かもしれないと思って、伏見稲荷へ行った。目的はスズメ。
昔は中国からスズメを輸入していたらしいが、たぶん、今はストップしているんじゃないかなあ。というのとは関係なく、ここのスズメはずっと国産だったはず。無双網で捕っているという話。
スズメ猟師も減っているし、いずれ食べられなくなるかも、と思い、行ってみることにした。

伏見稲荷へ行くのは初めてで、行ってびっくりした。人がいっぱい。しかも、外人ばかり。日本語なんてめったに聞かない感じ。
スズメの前にお参り、と思って歩き出すと、本殿からも延々と鳥居が続いている。なんでも、千本鳥居と呼ばれるらしい。所々に、鳥居の奉納の案内が書かれていた。サイズにより、20万円弱から、100万円オーバーまで。
新興宗教や真言宗のお寺さんの鳥居もあった。神様どおしケンカしないのかなあ。
年号を見るとほとんどが平成。昭和のが無い、ってどういう仕組みなんだろう?、と思って帰ってから調べたが、いまいちよくわからない。なんでも、鳥居は数年で朽ちるのでそれでおしまい、という感じだったけど。銅板で名前をずら、っと書かれた鳥居もあったので、グループで奉納すりゃ、あんまり高くないかもしれません。でも、HPを見ると空きが無いので数年待たないといけない(設置場所の問題?)との記載のあるHPもあった。

というのは本題じゃなく、スズメ。
結論から書くと、あんなのが数百円、って、高いなあ、って思うけど、まあ、供給の問題で仕方ないのかなあ。

ウズラなんて、うちの猛禽たちは一つ100円で満足しているのに、ここで味を付けて焼くと数百円。これまた高いなあ。

たぶん、もう二度と買わんだろう、というのが結論。
  1. 2017/02/27(月) 21:02:20|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ひらって売る

穴探しの一環で「プロの石屋さん」のページを時々見ている。趣味が本業になったのか、最初から本業と趣味が一緒なのかよくわからないが、休みの日にあちこち調査に行ってる話を書いている。
店を開く前に、某廃坑でどんごろす何袋分も鉱物を持って帰ったが、最近になってすべて売れた、という話を書いていた。タダでひらって店で売る、って、まあ、ハタから見るといい商売に見えるなあ。もっとも、行くまでとか、持って帰ること自体にも経費は掛かっているんだろうが。

とある廃坑で何度かコウモリ調査をした。あんまりコウモリがいない小さな穴だったので、最初に何度か調査して行かなくなった。かなりたってから、その穴ですごく珍しい鉱物が発見された、って聞いた。何かに発表されたとたん、日本全国から鉱物愛好家が押しかけたんだとか。穴(というか、その穴がある土地)の持ち主はびっくりして、即座に立ち入り禁止にしたんだとか。知ってりゃ、コウモリ調査だけじゃなく、石も持って帰ったのに。もっとも、かなりマニアックな鉱物で一見しただけじゃ「ただの石ころ」に見えるだけらしいけど。


  1. 2017/02/26(日) 23:08:59|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

停滞の一日

午前中に映画。
ラ・ラ・ランド
ミュージカル仕立て、なのかなあ。
まあ、面白かったです。

80点。

午後から、妻が南港のバーゲンに行きたいから南港野鳥園へ行けという。要するに、駐車料金がもったいないから連れて行って、という事。
南港野鳥園は、大阪市からの助成が無くなって事務所が閉鎖されて久しい。淡水と海水の池があって、その管理にもお金がかかっていたらしい。さあ、今はどうなっているのかなあ。今は月に何回か、ボランティアが来て鳥の説明なんかをしているそうで、今日も二人のスタッフがおられました。鳥の方はあんまりおらず。

例によってコシジロウミツバメを連れて行ってて、当然鳥に興味がある人が来てるんだろうから見せると興味を持ってくれるんだろうなあと思いつつも、なんか、自慢しているみたいでわざわざ余計な事をする事も無いか、って、園内の隅っこで給餌してました。

夜に映画をもう一つ、と思いつつも、なんだかめんどくさくって出かけず。
久しぶり(でもないか)の停滞の一日。
  1. 2017/02/25(土) 18:49:59|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

コレクション

博物館の「倉庫整理」とでもいうかなあ、友の会バザー用に大きなスチールラック数台を借りている。古本があふれているので状況の確認と、ヤフオクに出せそうな本がないかどうか、調べに行った。

昆虫の本が多数積まれていた。そのほとんどが、蔵書印が押されている。昆虫で有名だった某氏のコレクションがまとまって博物館に寄贈されたらしい。が、博物館でもそれらの本はすでに収蔵されていることが多いので、「複本」として、重複するものが友の会へ回ってきている。一部は今年の総会で売れ残って、すでにヤフオクで処分している。日本全国に流れていきました。

マルマル氏複本、と書かれた箱があった。遺跡関係の調査資料が並んでいる。友の会会長を長くされていた先生が寄贈されたらしい。というか、ひょっとすると館にずっと置いていたものを整理したものかもしれない。となりには、何代か前の館長の名前が入った箱。これも館におかれていたものを整理したんだろう。
懐かしさはあるが、残された本はさみしく、「バザー用」と書かれた本棚に積まれている。

これらの本が日に当たるのは、年に一回の友の会バザーの時だけ。
何らかの方法で、もっと有効に使えないかなあ。
  1. 2017/02/24(金) 21:42:07|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

予定は未定

どうしても行きたいわけじゃないが、タダだし予定がないと思って仕事がらみの講演会に申し込んだ。しばらくして、同じ時間に博物館関係の講演会があることが分かった。ぶっちゃけ、後者の方が興味があるなあ。

開業してすぐのころは、病院を休んでも有料の勉強会なんかに2日、3日と参加していたもんだが、ここ何年かは日曜日が仕事という事もあってほとんど行かなくなってきた。薬屋主催の研究会なんかは、土曜か日曜の午後半日という事が多いので参加している。でも、「新製品の発表会」みたいなもんだと、売り込みの話ばかりで役に立たないことも多いんだけど。タダならそんなもんですかね。


物忘れがよくある年齢になってて、友人らはみんな定年退職とか引退とか言ってるのに、今から勉強して、って、正直、しんどいなあ。若いときに研究会へ行き、年配の先生を見たらこんな年になっても勉強、って大変やなあ、と思っていたけど、今は私自身がそんな目で見られているんだろうか。

  1. 2017/02/23(木) 21:21:54|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

3年前と1年前

facebookをやりだしてはいるが、使い方がいまいちよくわからない。パソコンもそうだけど、適当につついてうまくいったらずっとその使い方に固執する。もっと簡略なやり方とか、新しいものには手を出さない。facebookもとりあえず画像と文を載せられりゃ満足で、それ以上のものはやりたくないし、試みもしない。

つい最近、FBの、とあるところでとある伝言を発見した。一つは3年前、一つは1年前のもの。両方とも、ふだんメールのやり取りはしていない友人だったので、たぶん、FBを検索して私を見つけて伝言をくれたんだろう。
さあ、今から返信しても意味ないものなあ。
(偶然がどうか知らないが、両方とも同窓会に関しての伝言。一つは大学、一つは高校のんだった。)

  1. 2017/02/22(水) 21:47:02|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

こんなに簡単に読めるとは・・・・・

連日の大和川通い。
今日は弁当持参で時間つぶし。

RIMG6829.jpg







寄ってきた子の足を見ると・・・・

RIMG6830.jpg








RIMG6832-1.jpg








もう何年前になるかなあ、ユリカモメの足環探しにはまった時がありました。
フィールドスコープをかついで通いました。印象的には、1000羽に一頭くらいでした。毎日同じ子ばかり見ていた頃もありました。

今日は、双眼鏡もスコープもなしに番号が読めました。こんなんばかりだと楽なんですが。
  1. 2017/02/22(水) 20:30:00|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

良いか悪いかわからぬまま・・・・

病院の物置を整理しているらしい。あまり使わない食事のサンプルが余っている。ほかすのはもったいない、かといって使うあてがない。
大和川へ行ってみた。








みんな、喜んでくれた。


実は、今年2回目。
こないだ来た時も、このオッチャンがいた。
RIMG6809.jpg






今日は、何採れるの?、って声をかけてみた。

エビとかを、ウナギとかナマズのエサにするために採っているんだって。
てっきり、シラスウナギかと思ったんだけど、ウナギはまだ早いんだとか。
  1. 2017/02/21(火) 21:33:29|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

怖くてさわれぬ

という事で、携帯がスマホになった。
楽天へ息子の電話を持って行ってSIMを入れ替えようとしたが、何かが引っかかってアダプター(?)が抜けない。30分以上、ああでもない、こうでもない、で試みるも無理。このままなら、結局は乗り換えもできない。古い携帯だし、無理くり引っ張ろうかと思ったりしたがピンセットがいる様な雰囲気。
これを諦めて新しい電話を買うしかないか、って思っていたら、なんと、300円の携帯があるという。(こういう業界、そんなもんなんですかね。常識?)とりあえずこれを買ってSIMの設定をし、そのうち中古携帯でも買ってSIMだけ入れ替えようか、という話になった。
結局、1時間30分以上、携帯屋の姉ちゃんと遊んでいたような気がする。

息子が仕事帰りにうちへ寄り、携帯をいじくった。無理やり引っこ抜いたら出てきた、って。結局は最初の予定通り、息子の電話に落ち着いた。
いろいろ使い方を教えてくれるんだけど、さっぱりわからん。

最後の質問。
電源はどこ?


うーーーーーーん、怖くてさわれぬ。
  1. 2017/02/20(月) 20:34:30|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

役に立たぬというより、腹が立つ

一人住まいしている母から、めまいがして立てない、との電話があった。午後から駆け付けた。

休日診療所があるというので電話してみた。症状を話しするが、あくまでも応急処置なのでたいしたことは出来ません、という。血液検査くらいはするのか?、と聞くと、出来ないという。レントゲン、CT,MRIなんて夢のまた夢。せめて、薬は出るのか、処方箋は出るのかと聞くと、それもしないという。あんたねえ、そんなんだったらどこかの村のシャーマンか、いたこ(あ、これは少し違うか)の方が よほどマシなんじゃないの?そんなんで「休日診療」の看板をあげる方がおかしいんじゃないの?
最後に、4時まで診療はしていますから、って、だからさあ、そういうのは診療と言わないんだって。

診察券のある総合病院へ電話したら診てくれる、って事で、そちらへ行った。たまたまなのか、いつも誰かがおられるのか、脳神経もされている内科の若いお医者さんが対応して下さって、懇切丁寧に診てくれた。普通は処方箋なんだろうけど、休日で薬局も休みと判断してか、薬も院内処方してくれた。実はここでこの週末、整形外科の予約を入れていたので、治療費と薬代はその時に精算します、って、お金も払わず。

話だけ聞いてほっとして元気になりました。


  1. 2017/02/19(日) 21:09:50|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

そういう理由だったんだ

あちこちのSNSを覗き見している。親しい人のページなんだけど、どうしてもわからないことがあった。私もこのブログやFBなんかには、言いたいことの1割、書きたいことの1割、載せたい写真の1割も載せられていない。たぶん、同じような状況だとは思うが、中途半端に書くくらいなら書かなきゃいいのに、と思う時が多々ある。
別方面の知り合いからその中身を探ってみた。
なるほど、そういうわけか、って納得。まあ、これじゃ正直には書けないわなあ。書けないのならそんなひねくり回したような表現はしないで、最初から書かなきゃいいのに。

この手の話は、内緒だけど、とか、絶対人に言わないで、とかいう前置詞が付く時も多い。内緒だけど、という話はウラを返さば広めてほしい話だったりすることもある。内緒の話が別方向から何度も入ってくることもある。一方、絶対内緒というものもあったりして、こういうのはかえって、どうしても人に言いたくなるなあ。けど、話す相手を間違えりゃやっぱりえらいことになるし、こっちの信用にもかかわる。あ~、聞いて納得はするが、聞かなきゃよかった、と思うこともしばしば。
どうしても人に話してガス抜きをしたい時は、うちの猫に聞いてもらっている。

  1. 2017/02/19(日) 17:53:59|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

なんだったかなあ

家のすぐそばのコンビニ。よく車が止まっていたのに急に閉鎖された。ふーーん、あんな感じでもつぶれるのかなあ、って思っていたら、「ファミマ、いついつ新規開店」って看板が上がった。要するに、フランチャイズを変えたらしい。さあ、以前はなんだっけ?毎日通っていたのに覚えていない。

いつも同じ場所に同じ車が止まっていた。早朝からいつも同じ人がバイトに来てるんだ、ご苦労さんだなあ、って思っていたら、工事中もその車が止まっていた。ということはあれ、オーナーの車だったんだろうか。早朝から夜遅くまで、まあ、ご苦労さんに違いはありませんが。



  1. 2017/02/18(土) 21:50:21|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

キレそうだった

家族全員で「楽天モバイル」に変更しようという事になった。まあ、私、ほとんど使っていないし、どうでもいいんですけど。
なんでも、電話番号を次に持っていくためには、ドコモから何ケタかの数字をもらわないといけないらしい。車の中で先に娘が電話して、なんだかんだ言いながら手続きをした。
次は私の番。

娘に言われるままに電話したら、オペレーターが出てきた。なんで切り替えるのか、スマホは初めてか、とかなんとか聞いてくる。スマホはドコモにもあるし、料金プランもいろいろある、って。さらに、今は家族割引で誰それとの通話は無料だとか、今は何とかプランなんでどうのこうの、って、こっちがさっぱりわからん話をしだす。
だからさあ、娘が番号だけもらえ、っていうから電話しているのに、話のほぼ100%、理解できない。

ブチ切れそうになった。

めんどくさくなって、電話を切った。

他に用事もあるから、ってドコモショップへ行った。楽天に切り替えるというと、そうですか、で、淡々とやってくれた。
あっというまに終わった。

あの電話はなんだったんだろう?向こうの姉ちゃん、思いとどまらせた、って喜んでいるのかなあ?
  1. 2017/02/17(金) 21:33:37|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

その他大勢

いろんなアンケートサイトに登録している。年齢を聞いてくるアンケートも多いんだけど、区分が60歳を超えると、60歳以上でそれ以上の区分がないものも多い。もう、60を超えると余分の人生なんでしょうかね。

60歳以上をクリックした途端、ありがとうございました、で、アンケートが終わった時もあったっけ。もう、年寄りの意見はいらない、って事らしい。70歳の区分もあるアンケートとなると、介護や病気のアンケートだったりする。こっちは健康だと、質問はすぐに終わってしまう。病気を持っていないと参考にならないのかなあ。

  1. 2017/02/16(木) 21:16:53|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

売れた・・・・・・

博物館友の会から預かった雑誌。「昆虫と自然」「月刊むし」
誰からの寄贈か、聞きそびれた。が、20年分以上あるかなあ。博物館にも保管しておきたいという事で、博物館の書庫の重複分のみ放出されている。それをヤフオクに。
単純に定価に冊数をかけりゃ(たぶん)何十万円分にもなる。売るときは定価の10%以下。まあ、古本なんてそんなもんかもしれないけど。

私も大昔はいろんな雑誌類を揃えていたっけ。特に、「アニマ」は、高校1年生で生物部に入った時に創刊され、創刊号は非売品で学校宛に送られてきていた。それをもらったっけ。高校時代は毎月本を買うお金もなく、本を買いそろえる「趣味」もなかったんだけど、気に入った本は何冊か買っていた。大学になったら小遣いにも余裕が出て定期購読し、欠けている号は大阪へ帰った時に古本屋を回っていたなあ。

10年ほど前、置くところもなくなってきたし、雑誌類は一斉に処分してしまった。一部はオークション、一部は博物館の書庫。一部は行くところもなく友の会バザーに出したが貰い手はなく、博物館の屋根裏と年に一回のバザー会場を行ったり来たりしているだけ。










RIMG6312.jpg










  1. 2017/02/15(水) 21:59:44|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

そんな金ないわなあ

フィラリアシーズンに備えて、切手の準備。昔は92%か93%くらいで買えた記憶があるんだけど、勘違いだったかなあ。ヤフオクでいくつか入札するが、ことごとく敗北。ケースによると100%だったり、少し超えているものもある。100%を超えてまで、ヤフオクで買う理由ってあるんだろうか?

40万円、50万円分の切手の出品があった。さすがにこの金額じゃ入札も少なく、割合も下がるかなあ、買って分割して出品すりゃ手数料くらいは稼げるか、とも思っていたが、最後をチェックすると93%くらいになっていた。まあ、そういうのは机上の空論で、スタートの、買うための金もないから早々に諦めたんだけど。

RIMG6791.jpg







最後は95%くらいで何百枚かを購入。ことしはこれでいけそう。
  1. 2017/02/14(火) 21:36:51|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

遠かった

近鉄の株主優待券を入手して、ずっと気になっていた、志摩スペイン村へ行った。

遠かった。

微妙。

西名阪から東名阪、伊勢道を通って行ったけど、2時間半か3時間くらいかかったのかなあ。
チケットに、シニア60才から、って書かれている。チケット売り場のお姉ちゃんに、年齢の証明いりますか?、って聞いたら、いらない、って言われた。そう見えたんじゃなく、自己申告を信用するんでしょう、たぶんこういうところでは。
反対に、ジェットコースターなんかでは、60歳以上は乗れません、って書かれている。もちろん、こっちも年齢の証明はいりませんでしたが。

このくそ寒い平日だからでしょうか、お客さんは非常にまばら。パレードでも見ている人より、スタッフの方が多いんじゃないかと思うくらい。アトラクションの映画ではお客さんは4人だったり、5人だったり、メリーゴンランドは妻一人。

ここって、親方が近鉄だからつぶれないんだろうなあ。施設やアトラアクションはすごくきれいだしそれなりに面白い、スタッフもよく教育されている、けど、やっぱり場所の問題かなあ、なんだか来にくい。まあ、(私の年代なら?)何度も来る気にはならんなあ。
大阪から考えれば、小旅行で一日目ここ、次の日は鳥羽水族館から海で遊んで、って感じかなあ。少なくとも、大阪からの日帰り圏内じゃない、って、つくづく思いました、とさ。


伊勢神宮のすぐ横を通ってきたけどお参りせず。
そっちもずいぶん気になりました。
  1. 2017/02/13(月) 21:56:54|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

来るなよなあ

昨日に続いてホネホネ団。
某展示。ちょっと話して、展示されてた標本を撮影すると、撮影する時はことわれ、って言われた。あのさあ、写真を撮って欲しくないなら展示するなよ、って言いたい。少なくとも、撮影を断るんならその旨を書きゃええし、一言ことれば撮影できるのなら最初から文句を言わなきゃいいのに。もちろん、絵葉書なんかの著作権が絡む的な展示は撮影しない。でも、普通の骨格標本なんだから撮影させない理由がわからない。このおっさん、たぶん毎年来ている。もう2度と、展示なんか見てやらん。某ブースなんて、プロの画家が絵を描いていて、撮影自由、SNS掲載自由、って大きく書かれていたのに。

講演があるというのでてっきり講堂でするもんだと思っていたら、会場の片隅にスクリーンを張って始まった。狭くて狭くて人があふれてる。それでなくっても会場そのものが狭いのに。これは事務局のミスだろうなあ。

今日はいくつかのブースでじっくり話を聞いた。たいへん、ためになった。
  1. 2017/02/12(日) 15:57:34|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ほねほねサミット

博物館で、ホネホネサミット。
会場が狭すぎ、団体が多すぎ。ゲッチョの講演会は満員超過。
基本的には、というより、ほとんどがホネ。
まあ、楽しみ方はいろいろあっていいんだけど。
尾長鶏がすばらしかったなあ。この、ニワトリ屋さんの剥製はみんな生きていた。

あのさあ、ヒメコウモリ、ってだれ?あとでヒナコウモリに訂正してたけど、それも違うと思う。

例によって、コシジロを連れて行き、時間の合間に給餌。
みんなに、魚くさい、って言われた。
  1. 2017/02/11(土) 23:20:23|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

一緒になれない・・・・・・?

作務衣を着た兄ちゃんが来られた。出された名刺を見ると隣の県のお坊さん。近くのおばあさんの消息を知りたいんだという。
聞くと、その寺におじいさんの墓があって毎月お参りに来られたていたのだが、昨秋からぴったり来なくなって心配していたんだという。

そのばあちゃん、近所付き合いが全くなく、私の方は近所だから最初のころは挨拶もしていたんだけど、さっぱり返事も反応もないのでいつの間にか、挨拶もしなくなっていた。じっちゃんはかなり前に亡くなっていたらしいが(私が開業した30年ほど前には存命だったけど、何年か前から姿を見なくなっていた)私自身は、その時期も経緯も知らない。
たまたまその家の前でうろついていたおっさんにばあちゃんの消息を聞くと、昨秋に施設で亡くなった、遠い親戚が某県にいるらしい、と言ってたけど詳しくはわからない。

でも、「菩提寺」が、ばあちゃんが亡くなったことをご存じないという事は、ばあちゃんはそっちの墓には入ってないんだろう。
その墓自体、今後どうなるんでしょうねえ。

他人事だけど、さびしい話です。
  1. 2017/02/10(金) 22:31:56|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

足は6本に限る

博物館バザーの売れ残りを順次、ヤフオクに出している。虫関係は比較的売れる。売れないにしても、アクセスは多いしウォッチリストにもそこそこ入る。

クモの先生の記念出版の本があった。ムシの先生のこんな感じの本ならたいてい売れるんだけど、こっちはアクセスすらあまりない。クモ、って、マイナーなんだなあ、ってつくづく思う。私自身も、足が二つ増えるととたんに近寄りたくなくなるもんなあ。

4本足、すなわち動物の本。こっちも人気はない。動物写真集なんて、個人的にはいっぱいあってそろそろ処分、とも思っているんだけど、こっちは売れないのがわかっているので出品すらする気にならない。買えば高いんですけどね。

あ、足のない植物の本も売れないなあ。

  1. 2017/02/09(木) 21:45:30|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

同じ著者とは思えんが

百田尚樹。永遠のゼロはすごく面白く、映画も「感動もの」だった。映画の後で本も読もうと思って図書館で予約すると3~4百件の予約、だった。スタッフが文庫本を持っているというので借りて読んでみた。やっぱり、おもしろかった。

その他の百田さんの本も予約した。

何日か前、カエルの本が9か月ぶりくらいに順番が回ってきた。
面白くない。最初の十数ページで飽きてしまった。そういえば、ハチの話も読んだんだけどこっちと同じ感じだったなあ。要するに、生き物の生態についての話を小説風にしているだけで、それ以上のものは何にもない。話が回りくどかったり、擬人化されていたりでかえってわかりにくい。同じ人が書いたとは思えないほど、さっぱり面白くなかった。あまりにも生態に忠実だから、だろうか。というより、こういう形で擬人化した小説にするには無理があるんだろう。


最近、本を借りても途中で投げ出すことが時々ある。内容のためか、私に根気がなくなってきたためかよくわからない。根気がなくなってきて、いろんなことに対する興味も減ってきていることは確かではある。
いかんなあ、って、つい最近にも同じことを書いたような気がする。


そういえば、出光の会長の話も読んだっけ。でもって、こっちも映画化されていて同じキャストなんで見るかどうかずっと迷いつつ、結局は行くところまでには達していない。本もゼロ戦ほどは面白くなかったし。
  1. 2017/02/08(水) 21:13:54|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

名前と顔

MLで名前はよく見るんだけど、顔を知らない人がちょくちょくいる。逆に、いろんな行事でよくお会いするんだけど名前を知らない人も多い。
先日から、「顔は知っているけど名前を知らない人」と、「名前は知っているけど顔は知らない人」とが同一人物であるということが2,3件続いた。想像していた感じの人もいれば、全く予想外の感じだった人も。

だから何?、というものでもないんですけどね。
名は体をあらわ、してませんね。



  1. 2017/02/07(火) 21:57:13|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

あんたが悪い、って言われそうだけど・・・・・

車の何チャラ点検、というか、オイル交換。たぶん、最初に何回か分のオイル交換料を払っているので、行かないともったいない。
いつだったか、買い物ついでに営業所に寄ったら作業場が満杯ですぐにはできない、って言われた。しばらくしてまた飛び込みで入った時も時間がかかる、って言われたが、その時は近くの商業施設へ行って時間をつぶしていたような気がする。

そろそろ次の交換時期かと思い、ぶっつけ本番がだめならそれに近いけど今日の午後からならどない?、って、午前中に電話したら、午後遅い時間なら、って言われた。その時間なら午後の診療がもう始まっていて無理。何日か先のお昼を言われたが、ぶっちゃけ、急に手術が入るときもあるし、先の予定は(車のオイル交換くらいで?)入れたくない。なんだかめんどくさくなって、また今度、って電話を切ってしまった。

今まで乗ってきた車(というか、ディーラー)で、車のオイル交換で「予約」したことなんていまだかつて無かったんだけどなあ。妻の車を買った営業所は、いつでもどうぞ、って言ってくれてるので乗り換えたいなあと思いつつも、やっぱり「先払い分」は取り返さないと。
単純に、きっちり予約してから行きゃ問題ないんでしょうけどね。

あ、それと、電話するたびに、担当の営業は誰ですか?、って聞かれるのも面倒。そんなん、覚えてないです。
  1. 2017/02/07(火) 20:45:37|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

高いんだか、安いんだか

和歌山方面へ出かけたついでに、泉佐野漁港へ。ここの青空市場の前はよく通るんだけど、特に欲しいものがなけりゃあんまり寄らない。前を歩くとすぐに声をかけられ、足を止めようものならさらに売り込みが激しくなる。たいてい、「表示価格」から100円とか、2~300円下げた値段を言ってくる。ふだん(私自身は)魚なんか買わないし、高いんだか、安いんだか、よくわからない。妻にいわせりゃ、あんまり安いようにも思えない、って。
今日はウミツバメのごはんでもないかと思って寄ってみた。

「イワシ」は売っているんだけど、量が多いしやっぱり安くない。「新鮮」と「箱売り」が売りなんだけど、ウミツバメなんて、一日小さいのが一匹で間に合う。ここで買うより、新鮮じゃなくっても「玉出」で充分。

カレイが2匹700円と書かれていたのが、横っちょの大きな一匹を足して800円、って言われたらしい。ほかの店を見て戻ってみると今度は1000円、って言われたんだって。妻が、さっきは800円だった、というと、さっきのは勘違い、プラスする一匹は特別新鮮で負けられない、とかなんとかまくしたてられる。だいぶん抵抗して、最後は900円で買った。

あとはお決まりのタチウオを買い、アジを山ほど200円(手のひらにも満たない、小アジ)で買う。
結局はなんだかんだでいろいろ買ったなあ。


  1. 2017/02/06(月) 20:44:47|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

荒野の7人

なんちゃらセブン。荒野の7人のリメイク、さらにさかのぼれば、7人の侍。後ろ二つは、おそらく何十年も前に見たっきりだけど鮮明に覚えている。まあ、安心して見ていられる、とでも言うかなあ。

80点。

映画の予告編を見ているとじぇんぶ面白そうに思えてくるんだけど、実施に上映が始まるとなんだか足が遠のいてしまう。どうしてかなあ。そんな中で、これは見たい気持ちが続いていた。その期待も裏切りませんでした。
久しぶりに楽しんだ感じ。



ウミスズメの給餌で、病院も自宅も魚くさい。
  1. 2017/02/05(日) 19:33:45|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

今日はマラソンの日

年に一回の、マラソンの日。といっても寒空を走るんじゃなく、室内で椅子に座って会議のマラソン。
自然史センターの理事会があって次いで総会、その次に評議員会議。さあ、いつ終わるんだか。

病院のカレンダーに、3時センター、って書かれていた。12時に仕事が終わって3時まで何をして過ごそうかと思っていたら、メールをよく見ると午後一時、って書かれている。どうも、以前に13時と3時を間違っていたらしい。午後一時に会議が始まり、評議員会議はいつも4時30分始まりで終わるのは8時近く。特に今回は年度初めで議論や決定事項も多く、時間がかかりそう。

何か行事が入ると、居候の食事に困るときが多々ある。よくあるのはスズメのヒナ。すり餌と水と、給餌用注射器持参で出かける。昨年はチョウゲンボウのヒナを連れてウロウロしていた。こっちはウズラをちょん切ったのとピンセットを持参していた。かわいいので受けはよかったが。今日はウミスズメ。イワシ+アルファの特製エサと給餌用カテーテルを持参しないと。こっちは魚臭いのでちょっと気を使う。

  1. 2017/02/04(土) 08:15:23|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

標本としては4例目かなあ

昨年秋から飼育していた子。冬も元気に過ごしていたのに、急に亡くなった。残念。
博物館で第2の「コウモリ生」を過ごすことになりました。
私が知る限り、大阪産では4例目。二つはミイラ化した子を収めているので、「普通の」標本としては2つ目になるんじゃないかと思う。









相前後して、2年前から保護飼育を続けていたチョウゲンボウも亡くなった。
さらに、娘が飼育していたハムスターも急に亡くなったらしい。
どれもこれも関連はないんだけど、不思議にこういうことが続く時がある。

あ、コウモリはヒナコウモリです。
  1. 2017/02/03(金) 21:58:44|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

気力が・・・・・

某所でひらってきたコウモリ。ここはよく死体が拾える場所なんだが、今年はあまり死んでいなかった。
パイプスルー(に似たようなもの)に浸けて肉を溶かそうとするが、あまり落ちない。こまめに肉や腱を外していくといいんだけど、なんだか面倒でズルズル先延ばし。私の愛用品はパイプスルーだったが、いつだったか、安売りの溶解剤を買ったんでそれを使っている。これがいまいち、「性能」が悪いのかもしれない。
で、適当なところで液から引き揚げて干してみた。

RIMG6307.jpg







皮をはがす時に指の骨を一つ失ったり、あんまりいい出来じゃない。
細かな仕事に対する気力というか、情熱がだんだん失われてきているような気がする。
いかんなあ。

RIMG6308.jpg








  1. 2017/02/02(木) 21:55:01|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
次のページ
【楽天市場】本・雑誌・コミック