毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

苦手

またまたコウモリのはしごをしてきた。3か所。
今日は標識もしたし、再捕獲の読み取りもしたのでデータをいっぱい持って帰った。帰って整理しようとすると読みにくい数字があったり、読めるけど何だったかわからないものもある。

困るのは番号の読み違え。メモした番号が使われていなかったり、じぇんじぇん別のところで標識した子だったり。もちろん、移動したと考えりゃ、そんなにうれしい事は無いんだけど、標識時は「左」と書かれているのに、付いていたのは「右」ってどうよ。生息地の移動はあっても、右翼から左翼への移動は考えられない。

番号を整理しようとすると順番がおかしい。どうも、100番(二袋分)飛んでいるらしい。さらに、数字の前から使っているつもりなのに、最後の数個が見当たらない。いくつか、逆から外して標識したらしい。


調査は楽しいんだけど、整理は苦手。
  1. 2016/10/31(月) 23:26:03|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

うめきたガーデン、だったっけ?

先週のことだけど、梅田で講演会があって、時間が早かったのでうめきたの花壇を見てきた。といっても、お金を払ったんじゃなく、近くの高層ビルから眺めただけ。巨大な空き地に比べて、花壇になっている部分はちょこっとあるくらい。真ん中に(たぶん食事なんかもできるのだろう)大きな建物、横にガレージの造作、端っこに滝。
まあ、どんな公園でも上から見りゃ小さく見えるんだろうけど、花の密度が濃いだけで「公園と花」と考えりゃ、どこもこんなもんじゃないかなあ。「梅田にある」というのと、「宣伝が行き届いている」のが「繁盛」の一因じゃないか。これに1000円は払う気にならん。
(携帯で写真を撮ったけど、パソコンまで持ってこれなかった。)

都会の空き地といえば、新今宮駅前の巨大な空き地もずっと気になっている。数十年(?)前から変わっていないような気がする。
ホームから見下ろせる場所だけに、なんだかもったいないなあ、って思ってしまう。

また話題が梅田に戻るけど、うろついていると、駅前に入り口が雑草で覆われた、立派なビルがあった。大きな看板が入り口近くに置かれていて、裁判所がどうのとか、所有権がどうのとか書かれていた。きっちり理解していないが、所有権でもめて使えなくなっているんだろうか。これまたもったいない話。

もひとつ、梅田の話題。梅田新道を降りてきたところにいつも警察車両が止まっていて警察官が建物を取り囲んでいる。コウモリを始めた10数年前にやっと知ったんだが、アメリカの領事館があってその警備なんですね。24時間警察官を何人も配置してる、って、警備の費用、膨大でしょうな。一部は民間に任せるとか、そういう訳にもいかんのだろうか。
  1. 2016/10/30(日) 20:47:16|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

初心わするべからず

久しぶりのコウモリ調査。今日は「ゲスト」を迎えての調査だったので、フルコースで設定した。
某鉱山。予定通り、多数のコウモリがいる。最近通う頻度が減っているからか、標識率が下がっている。前日に持ち物を準備する時、標識が少ないかなあとも思ったんだけど2階に取りに行くのが面倒でそのままにしていた。いつも通り、使いかけのと新しいの、要するに50個プラスアルファしか持っていなかった計算。あっという間につけ終わってしまった。必ずしも全頭に標識する必要はないんだけど、この穴だけはけっこうしっかり標識していたのに。最後の穴でも標識したい個体がいくつかいたが、手持ちが無くってできなかった。いかんなあ。

コウモリバエの話をしていて、ほぼ全頭に必ず寄生している場所もあるがここのにはいない、って話をした途端、このコウモリにいる、って言われた。よく見ると背中の毛の中になんやら虫がくっついている。よく見るコウモリバエではなかったが外部寄生虫は間違いない。ここのキクガシラには何もくっついていないという先入観でいつも見ていた。いかんなあ。
で、この虫を捕まえようとしたが、ピンセットもガラス瓶も持ってない。いつもウエストバッグに入れていたのに、いつだったか、中身を整理してから入れてなかったみたい。困った。

穴の奥に哺乳類の死体があった。私は気が付かず、同行者が見つけてくれた。持って帰ろうとしたが、ビニール袋一枚も入ってない。場所によってはコウモリの死体がまれに手に入るところもあって、そのためにも袋くらいはいくつも持っているつもりだったのに。

兵庫県の穴でモモジロコウモリを多数見つけ、大阪の穴ではまだ見つかっていないという話をしながら、大阪の穴に入っていた。特にこの穴にはキク、コキク、ユビナガ、テングがそろって入るのに何でモモジロが来ないのだろう、って言いつつ、突き当りまで来た。
後ろを歩いていたNさんが、モモジロコウモリがいますね、って軽くおっしゃる。
え、だから、大阪で見つければ大発見って言ってるのに。しかも私は気が付かずに通り過ぎていた。この穴のあのあたり、っていつもコウモリがいないから注意ししていなかった。私一人だったら見落としていた可能性が高い。


準備も調査も、もう一度調査開始時の10数年前を思い出してしっかりするべ。
  1. 2016/10/29(土) 22:12:54|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

今年は豊作








今年は例年になく豊作。だけど、数が多いからか、極小粒も多数。
毎年書いているけど、道路にこれだけはみ出しているのに誰も持って行かないみたいです。
まあ、逆の立場になっても、私は勝手に食べる根性はありませんが。
  1. 2016/10/28(金) 20:51:17|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

また、1から

物を買うとお金が無くなるんだなあ。せこせこ貯めてたアマゾンのポイントをポチポチ使うのを楽しみにしていたけど、仕事で必要なものをどうしても買う必要があり、アマゾンが微妙に安かったので仕方なくそちらで買った。とたんにストックが無くなった。ここがすっからかんになったのは久しぶりだなあ。仕事関係のHPで、アンケートに答えて2000円ももらったところだったのに。
なんだか、さびしくなった。

とあるアンケートサイトは100円からポイントに交換できる。ひたすらアンケートに答えて100円もらった。

さあ、また1からがんばるべ。

とあるところから食事券1000円分が送られてきた。なんでもらったのか、記憶にないけど1000円というと、車の保険かな。
そういえば、楽天でも車の保険で1111円くれる時がある。昔は時々もらっていたけど最近はアクセスしていない。この1111円は、確か月末に、1週間限定くらいの短期間しか使えない形で来たように思う。しかも、これに限っては期限切れになる前の連絡がない。期限切れ10分前くらいに気が付いて、あわてて物を買った時もある。
  1. 2016/10/27(木) 20:06:40|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

また間違った

労働局から封書が来た。何か怒られるのかなあ、って開封してみると、労働保険関係の金額の訂正。毎年6月くらいに送ってるんだっけ、というか、こちらで勝手に計算して銀行に持って行ってる。
毎年同じことの繰り返しのはずなんだけど、毎年間違っているような気がする。いつも今くらいに「添削」された書類が送られてくる。
なんだか、落ち込む。

電気代が安くなるといわれてDMに反応(仕事がらみの取り引き企業で、まあ、ある程度は信用できると信じて)、データを送って見積もりを依頼した。「8月にもお申込みされていますね」だって。そんなん、一月もたてば忘れてる。
家庭用の電力はミーハーの大阪ガスに変更した。病院も見積もりを取ると高くなると言われた。今回見積もりを取ったところは、一万円以上安くなるという。なんだか、仕組みがよく分かっていないけど安くなるなら乗り換えるかなあ。





  1. 2016/10/26(水) 20:59:52|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

互換インク

プリンターの互換インクを買った。まだ何枚も印刷はしていないけど、インク残量の表示もできているし問題なさそう。さあ、いくらくらい安いんだったか。定価の2,3割で買えたのかなあ。重要な書類とかきれいな写真が必要なわけでもなし、これで使えるなら今までの「純正インク」は何だったんだろう、って思ってしまう。
  1. 2016/10/26(水) 20:52:03|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

七五三

孫の七五三で鳳神社へ。
平日の神社、ってこんなもんなのかなあ。ほとんど誰もいない。社務所にも誰も座っておらず、もしも~し、って窓から大きな声で呼んで来てもらう。七五三のお願いをして祈祷料を払い、「待合室」でしばらく待つ。
神主さんが来られ、うちの家族だけで「シャンシャン」

ここへ来たのはいつ以来かなあ、って話を妻とする。3年前のお宮参りだろうというところで話は落ち着く。
その前は?、となると、息子の七五三までさかのぼるんじゃないか、という話。となると、30年以上前か。息子に聞くと、何となく記憶があるという。こっちは完全に忘れているのに。

鳳神社というとザリガニ釣りの記憶の方が残っている。裏手にゴミだらけのきちゃない池があって、昔は自由に入れてザリガニが連れた。今はフェンスが張られて入れない。

  1. 2016/10/26(水) 20:31:43|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

こっちは200万円!

黒部ダム見学会の落選ハガキが来ない、未使用ハガキはどうするんだろう、って書いたところだけど・・・。
今週末は太陽の塔見学会。こっちも「はずれ案内」が来ないと思ってHPを再チェックすると、落選者にはお知らせしません、だって。
こっちに至っては応募枚数4万枚、アバウトで200万円分の未使用ハガキが残っているはず。

さあ、どうするんでしょうね。
  1. 2016/10/25(火) 20:54:59|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

止まるな、危険

横断歩道に人がいるのに止まらなかったら違反、って報道があったっけ。といいながら7割か8割が止まらない、って。
病院の前に横断歩道があって、道路の向こう側にポストがあるのでよく道路は横断する。が、意図的に横断歩道は通らない。
(めったにないが)横断歩道で車が止まると、後ろの車が、なんで前の車が止まったのかわからずに反対車線に出て追い抜くケースが多い。知らないで歩道を渡りかけると歩道上ではねられる計算。また、反対車線の車も止まるのはマレなんで、こっち側の車が止まってもすぐには渡れず、変に気を使うことになる。

歩いているだけじゃなく、車に乗っているときに側道から本道に入る時、まあ、かなりの渋滞なら割り込ませてくれて助かるときもあるんだけど、あんたの車が最後なんだからそのまま通過してくれりゃその後ろにくっつこう、と思っていると、わざわざ止まる車がある。余計な親切。

合流時、行くところまで行って「ジッパー」みたいに交互に合流すりゃスムースなのに、ずいぶん手前から指示器を出して合流しようとする車がある。極端な場合、隙間が空くまでこっちの車線で止まるのもいる。あれはあれで迷惑な話。

父はよく、車を運転するときは前後左右の車も運転している気になれ、って言ってたなあ。学校なんかで「交通安全講習」があるといつも行ってたっけ。

まあ、みんなが交通ルールを完全に守りゃ事故が起こるはずもなく、そうじゃない人が多々いるから困るんですな。
  1. 2016/10/25(火) 20:31:52|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

景気が上昇?

ハローワークへ所用で出かけた。いつも整理券をもらってすごく待つ印象があるのだが先月、今月と、じぇんじぇん待つことなく用事が終わった。こころなしか、ぶらぶらしているお兄ちゃん、お姉ちゃんも少ないように思う。
景気がよくなって失業者が減ったのか、たまたまそんな日に行ったからかなあ。

育児休業とか、失業保険とか、手続きには行っても、もらったことはない。もっとも、掛け金も払っていないので当然でしょうな。

助成金の冊子があったのでもらってきた。何年か前にもらったものより2倍くらい分厚いように思う。かなり以前には助成金をもらったこともあったっけ。支給条件というか、書類が膨大で何度も挫折しかかったけど、もらえる金額を考えてそのたびに思い直した。
初めから終わりまで、もう一度チェックしてみたけど今の状況ではもらえるものはないみたい。残念。

あ、そういえば一度もらった助成金に再挑戦したことがあったっけ。2回目の書類をそろえて相談に行くと、「あ、それ、昨年に無くなりました」って言われた。残念そうな顔をしていると、「ですが、名前が変わって同じものがあります」だって。なんじゃ、それ。
でも、微妙に違っていて今度はもらえなかった。すごく残念だった。
  1. 2016/10/24(月) 20:44:49|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ストーリーはよくわからんが

スタートレック。ストーリーはよくわからんが、まあええかなあ、と言う感じ。
ええもんが一時危機になるけど、最終的にはめでたしめでたし、ですな。
あれだけの戦闘でありながら、主要なクルーは死なないというのも安心。

75点くらい?
ポイントで見たので気分もいい。


ゴジラ。危機管理を考えるうえで参考になるという話だったけど、なんだか見る機会を失ってしまった。そもそも、せっかくの「新種の生物」をみんなで攻撃するというのに賛成できない。なんか、平和に共存する方法って無かったのかなあ。

ボーンなんちゃら。シリーズもので、前作も見ているけど何となく気乗りせず。

いい映画を見たいなあ。
  1. 2016/10/23(日) 21:47:09|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

なんか、腑に落ちない

黒部ダムの見学会。申し込みは往復はがきのみ。希望をいくつか書く必要があり、適当に書いたので申し込んだ日がよくわからない。倍率を考えればどこかがひっかかると思っていた。冬は当然見学会はないので、もう返信があってもいい頃だと思うが、待てども待てども、ハガキが来ない。

なんとなく、HPをチェックしてみた。
見学会はすでに日程を終了している。

「落選は連絡しません」だって。

ほんなら、何のための往復はがき?往復はがきだったら当然、落選も連絡があると思うよねえ。
書き損じはがきは5円だっけ、手数料を払うと新しいはがきと交換してくれる。要するに、「はずれハガキ」は47円の価値があるはず。一方、当然、こちらの住所氏名が書かれているので、いわゆる慈善団体なんかには寄付はしないだろう。関西電力が儲けているのかなあ。あるいは、そのまま「処分」しているなら、郵便局が丸儲け?

病院にくる往復ハガキなどで、返信のいらないものはもちろんストックしている。表裏に白紙ラベルなんかを張って、懸賞の応募なんかに使っている。当たった試しはないので、得をしたのか損をしたのかはよくわからない。
  1. 2016/10/22(土) 20:46:54|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

USJ と人形

先日、久しぶりにUSJへ行った。ホラー何ちゃらがあるみたいだったが、特別料金が必要だったり、とにかくすごい人で並ぶのが嫌でどこも見なかった。YAHOOニュースで、どこかのアトラクションに淡嶋神社の人形、数百体が貸し出されて展示されていて、日本人形の業界団体が、ホラーのネタにするな、って怒っているんだとか。また、神社に人形を持って行った人の話として、そんな使い方をされるとは思わなかった、てなコメントも載っていた。

人形に対しての思いは人それぞれだし、正直どうでもいい話と思っているんだけど「供養のために持って行ったのに」と言う人のコメントだけに反応したくなった。そんなにその後が気になるんだったら持っていかなきゃいいのに。

友が島へ渡る時の時間つぶしで、淡嶋神社には何度か行ってる。人形だけじゃなく、ぬいぐるみなんかも引き取ってるみたい。供養のための費用かなあ、いくらかの「供養料」が必要みたい。で、見るでもなく奥を覗くと、若い兄ちゃんが持ち込まれたぬいぐるみを、「和歌山市指定」の「燃えるゴミ」用のゴミ袋に詰めていた。
まあ、供養が終わってりゃそういう扱いになるのかもしれないけど、持ち込む尻から裏で袋に詰めている、って、もう少し見えないところですりゃいいのに、って思ったっけ。


友人が天王寺動物園に勤めていた。飼えなくなったから、って言うニワトリを引き取ってそれをライオンだかのエサにしたんだって。それをマスコミがかぎつけて報道されて問題になったんだとか。もちろん、持ち込んだ人の話も書いて。そんなつもりで持って行ったんじゃないのに悲しい、って。友人は、困ってるというから引き取ったのに、その後のことまでとやかく言われる事は無いのに、って怒っていた。
ちなみに、これは何十年も前の話で、その一件以来、動物園での生き物の引き取りは一切やめたそうです。
  1. 2016/10/21(金) 20:46:30|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

大阪弁・・・・・

沖縄の一件で大阪弁の評判がさらに悪くなるんだろうなあ。大阪人がこの一件を擁護すれば、物事には前後がいろいろあって、その一部分だけ取り出して文句を言うべきではないとは思うし、大阪府知事もそんな感じで発言してさらに評判を落としてる。それにしても、大阪の機動隊が沖縄に出張している、って、知らなかったなあ。はるか前、沖縄サミットの時に日本中の警察が行ってたのは知っていたし友人も「沖縄料理を満喫してきた」って言ってたが。

先日の辛坊さんの話では、反対してる人たちの9割は外部の人間だとか。地元の人たちは歓迎はしないまでも、基地が返ってくるならヘリポートができるのは容認している、って話だった。普天間基地にしても、一部の地主は地代をもらって東京で暮らしている、という人もある。というような、政治的な話をブログに書いたら「炎上」するのかなあ。


物事というのは多面的に見ないと本筋を見失う、ということを言いたかったんだが、真意が伝わるかどうか・・・・。


電話がかかってきた。表示を見ると03~なんで私がとってみた。マンション云々っていうから、「つぶれかけの病院の病院長に何ゆうてんねん」、って返事した。それでもしつこくごちゃごちゃいうので、「ねえちゃんなあ、大阪人に、東京弁で話しても反感を買うだけやで」って言ってしまった。

ちなみに、大阪弁、京都弁、河内弁、神戸弁、すべて違うけど、そんな(他の地域の人たちにとっては微妙かもしれないけど)差なんて、外部の人にはわからんでしょうな。
  1. 2016/10/21(金) 20:33:45|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

何にでも効くんだって

心臓からアレルギーまで、何にでも効く薬だって。定期的に試供品が10錠(1シート)送られてくる。基本的に何か月も飲む薬で、たまに10錠送られてきても「試供」して「効果」を確かめるのなんて無理だと思うが。

あちこちから、いろんな試供品が送られてくる。「解説」だけ読めばどれだけいい薬かと思ってしまうんだけど、そんなに効果があるのなら「医薬品」なんていらないなあ。

「医薬品」として認可を受けるのは膨大な治験とかデータが必要で、それらは結局は薬価にはね返る、うちはそれらの費用を患者さんに負担させるのが心苦しいので、少しでも安く提供するために「サプリメント」として発売しています、って書かれている。

基本的に私自身はそういうの、って信用していないので患者さんに処方することはないんだけど、このサプリメントは効きますか?、って聞かれることはよくある。まあ、害がなけりゃええかなあ、というのが返事になるんだけど、効くかどうかなんてわからんなあ。

末期の癌でどうしようもなくなったら気休めに、てな薬は非常に多い。気休めと言いながら、投与する以上は効果に期待してしまう。
そんなに効くなら外科も抗がん剤もいらない。

とはいえ、試供品が送られて来たらそのままゴミ箱というのもなんだかもったいなくって、うちの犬で食べるかどうかを試すこともあったっけ。さすがに誰でも「食べられる」ように作っているのか、嗜好性は良くってご褒美代わりに何度か与えたりはしていたけど、当初に記載した薬だけは見事に誰も食べなかったっけ。良薬口に苦しというのは人間の方ではプラセボ効果でもあるんだろうけど、犬猫じゃ意味ないなあ。

PA180162.jpg







  1. 2016/10/20(木) 20:52:03|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

キンモクセイ

庭のキンモクセイが良い香りを漂わせている。何(十)年か前、ヘロヘロのを500円で買ったもの。大木になりたがっているんだけど、植えた場所の制約から大きくなるたびに切られている。それでも毎年、花を咲かせてかほっている。
かわいいもんですなあ。

トマトやキュウリはすでに終わり、そこに先日、玉ねぎが植えられていた。もうひとうねにはソラマメを植える、って言ってたっけ。別の「畑」ではピーマンがまだまだぶら下がっている。ミカンは二度目の採果。家庭菜園なんて考えたことがなかったけど、それなりに頑張ればいろんな収穫があるんですね。

奈良の実家では柿が大豊作。が、おいしくなってきたら鳥が食べにくるそうな。といっても、すべて全部を食べるわけでもないんだから、ちょっとはおすそ分けしたら?、って言うんだけど、毎年、網をかけるかけないでひと悶着。

北海道で仕事していた時はジャガイモをよくもらっていた。「倶知安は種芋を作っているので儲かる」って話だったけど、「シスト線虫」が入ったとかで大騒ぎになっていた。
今でも当時の同僚が働いているので共済組合の話は時々聞くけど、酪農家はすごく減ったみたい。就職当時は大学出たての若造だったのに、「先生、先生」って言われてずいぶん持ち上げてもらって無茶をしていたなあ。今頃になって猛省している。今からでもお詫びの仕事をしたいと思ったりしているけど、500kgの生き物を相手に仕事できるかなあ。

RIMG3913.jpg








  1. 2016/10/19(水) 20:27:44|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

まあ、そういう事もあるんだろうけど

近くのお医者さん。月曜日に休みをもらっているので時々、その前を通るといつも車とか自転車がいっぱい止まっていた。先日前を通るとシャッターが下りていて何か張り紙がしてあった。学会にでも参加しておられるんだろうか、と思った。
翌週もシャッターが閉まっているのでおかしいなあ、と思って張り紙を読むと、「~ようやく退院して自宅療養していますが、診療できるまでには至っておりません。ご心配をおかけし、~」とか何と書かれていた。文面から考えると今年の早くから休診していたみたい。そんなに以前から、って、気が付かなかったなあ。

たぶん、私より10年くらいは若いんじゃないかな。医者は病気をしないという論理はないだろうけど、なんだか、心配になる。
明日は我が身というか・・・・・。


  1. 2016/10/18(火) 20:19:23|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

停滞の一日

月曜日は一日休みと、半日休みが交互にある。一日休みの日は「有意義」に使おうと思いつつ、かといって特に何もしないでズルズル時間をつぶしていることも多い。前日、今度こそどこかに出かけるべ、と思って布団に入ったが、翌日起きてみると雨が降っている。そういえば、天気はチェックしていなかったなあ。いわゆる、出鼻をくじかれた感じ。

とりあえず病院の居候の世話に行く。天気は回復傾向だし、これが終われば出かけられるかな、と思ったら急な仕事の連絡が入った。これで午前中は終わってしまいそう。

妻が午後から実家へ行くというので、それについて行って午後もほぼおしまい。
映画に行く元気もなく、結局は一日停滞の日でした。

RIMG3912.jpg







庭のミカンを収穫しました。
極少でも甘い。

そうそう、先日の自然史カフェで買った古本をいくつか読んだ。
竹田津さんの、キタキツネ人工哺育の話。こっちに置き換えればタヌキの人工保育という事になるだろうけど、育て方の差か、種の差か、愛情の差か、けっこう慣れ方が違うんだなあ。でも、育ててからどうするかについては考えさせられる。

南極観測の話。西堀さんの本は学生時代から何度も何度も読んでいる。タロウとジロウの話も何度も読んだ。
50年を振り返って、てな本があったので読んでみた。西堀さんとかとは別の視点からの裏話が書いてあった。あの行動に至るにはそんな裏があったのか、と改めて知ることがいろいろあった。物事と言うのはいろんな視点から見る必要があるなあ、って改めて感じた。
  1. 2016/10/17(月) 19:24:54|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

こんなん一つ作ったところで

大阪で講演会。天王寺に用があったので送ってもらう。そこからはテクテク、老人の徘徊で梅田まで。

千日前の裏通りや、じゃんじゃん横丁で、「観光客」が特定の店に長い行列を作っていた。あんなん、私がガキの頃にはなかったけどなあ。大阪には、ああいう「並ぶ文化」は無かったように思うんだけど。本当においしいのか、ミーハーなのか、と言いつつ、私もネットなんかで見た店に行ったこともあるんですけどね。

帰りはチンチン電車で。
例の、堺市の寄付で作ったという「トラム」に初めて乗車した。たしか、一億円くらいかかっていたはず。どれだけ「立派」なんだろうと思って乗ったけど、揺れる、揺れる、さらに前の方にはつり革もなくって困った。椅子も低床式にしているからだろうか、前の方には不規則にイスが付いている。途中から座ったけど、背もたれの角度が悪いのか、座りごこちも悪い。
まあ、ホームと床がフラットなので車いすでも乗れるのかなあ、とは思ったが、こんなん一つ走らせたところで、利用客がすごく便利になって爆発的に乗客が伸びるとも思えない。
それでなくっても、堺市はこの路線に何億円も突っ込んでいる。(私がこれに乗ったのも、堺市が助成金を出しているからという事もあるのだが。)これにそんなに税金を突っ込む意味があるのだろうか?

と言いながら、高校の3年間はこの電車で通学し、今でも天王寺や難波ならこれを使っているんですけどね。
嫌いじゃないが、税金を突っ込んでまで残す理由があるのかどうか。


ちなみに、阪堺線は広軌だったはず。「新幹線も走れる」って昔に聞いたけど、ほんとだったかな。
  1. 2016/10/16(日) 19:17:53|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

すみません、お名前をもう一度

電話が鳴った。着信は03で始まっている。こういうのはたいていスパム。私が出てみた。
ヤフー何チャラと言ってるけど声は小さいし、何を言ってるのかさっぱりわからない。要領を得ないので切りまっせ、でおしまい。
あんなんで仕事になるのかなあ。

今度は06。また出てみた。
「はい、浦野動物病院です」、って、相手を疑いながら受けた。
こちら何々です、っていう尻から、
「すみません、もう一度お名前を伺えますか?」って、かけてきたのはあんたの方でしょう?それって、こっちのセリフじゃないの?
「浦野動物病院」というと、
「すみません、間違いました」
って、なんか順番がおかしい。
  1. 2016/10/15(土) 21:13:40|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

引退

有名な先生だった。そこの「卒業生」はみんな「成功」を収めて、立派な病院を建てておられる。
急に山に目覚めて近くの山から始まり、日本アルプス、さらにはヨーロッパアルプスに通いだした。何年もかかって病院を後輩に譲り、近くの山に電気、水道も通っていない山小屋を借りた。ヨーロッパからの帰り、飛行機内で脳出血で亡くなった。

ヒナコウモリで有名な先生だった。高校の生物の先生を定年まで勤め、定年後はわざわざ「蝙蝠」という地名の田舎に家を建てて住まわれた。3,4年後、コウモリ調査中の不慮の事故で亡くなられた。

従妹のご主人。父の(というか、伯父の)会社の社長、会長をされていた。従業員数十人の、化学薬品を扱う中堅クラスの会社。病気なんてされたことがなかったのに、最後の健康診断で心臓がひっかかった。それでも元気だったので、仕事を辞めて趣味の古代史散策(とでもいうの?、遺跡回りがご趣味だった)をしようかとおっしゃっていた。一年もたたぬうちに70歳前に亡くなった。

まあ、平均寿命が何年といわれても、個々の人の寿命なんてわからない。

悔いがあろうがなかろうが、死んだらおしまい、だなあ。
  1. 2016/10/14(金) 20:52:23|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

110番

自転車で走っていた。後ろの方でガチャン、って音がしたのでUターンすると、原付きバイクがこけていて自転車が止まっていた。どうも事故らしい。自転車は大きな道の歩道を走っていて、脇道から出てきたバイクがぶつかってきて、バイクの方が転倒したらしい。バイクのおっさんの荷物が散乱し、どこか、プラスチックのカバーが飛んでいた。
自転車の方は高校生くらい、バイクは怖そうなおっさん。なんだかもめている雰囲気だったので少し離れたところから110番した。

先に結果を書くと、お巡りさんが来る前に「解決」したらしく、自転車がその場を離れかけた。後ろを追いかけて事情を聴くと、お互い気を付けよう、で終わって特に住所を交換するというようなことも無かったそうな。
バイクの方はエンジンがなかなかかからず、ずっとキックしてた。お巡りさんはまだ来ない。

バイクの方がやっとエンジンがかかって現場を離れたころ、やっとお巡りさんが到着。残ってるのは私だけ。

当事者のいぬまま、「事情聴取」
免許を提示して二人の「特徴」なんかを事細かく聞かれて、最後に、再聴取するかもしれないから、って言われる。
なんか余計なことやったんかなあ?
兄ちゃんが「いじめられる」と思っての親切心だったんだけど。


バイクで走っていた。少し前の細い脇道から車が出てきて、本道へ入る前に一旦停止した。歩道を子供の自転車が走っていた。ちょうどそこはわずかな下り坂になっており、おまけに乗っているのが体格に似合わない大きな自転車(足が届いていない)だったので止まったけど足が届かず、出した足と反対側に自転車がこけた。わずかに車にも当たったらしい。
しばらく眺めていると運転していたおばねえちゃんが降りてきて子供と話をしていたが、けがもないしちょっとこけた程度と判断したのだろう、そこを離れた。
子供はどうするのかなあと思ってしばらく眺めていたら、その車がUターンしてきた。(私もヒマですねえ。)
またおばねえちゃんと子供が話をしていると思っていたら、お巡りさんは来るわ、子供の親と思しきのが来るは、最後は救急車まで来た。

近くまで行っておばねえちゃんとお巡りさんの会話を聞くと、おばねえちゃんは、「子供は悪くない、私が悪いんです」って何度も謝っていた。
私が見ていた限りは、子供の自転車が大きすぎたのとブレーキが遅かったこと、坂道だったことが原因で車は悪くないと思ったんだけどなあ。
お巡りさんに、事故の一部始終を見ていたので「証言」が必要なら連絡して下さい、って電話番号を教えた。

じぇんじぇん連絡はありませんでした。
  1. 2016/10/13(木) 21:28:05|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

やっと理解できた、かもしれない

最近、アクセスできないHPや表示されないページがまれにある。物を買おうと思ったらなんやらが古いから無理、って言われる。「最新式」をインストールしようと思ってもできない。
あちこち調べてみた。

要するに、パソコンが古すぎてマイクロソフト自体が面倒を見てくれなくなったんじゃないか。今までは新しくなったら「windows update」でバージョンを上げていたんだけど、リカバリーをかけて大昔に戻してしまうと、そこからのフォローはできなくなっているらしい。
そんなん、一方的に切られても困るんだけどなあ。

パソコンやデジカメ、って、数年で壊れても「そんなもん」ってあきらめてしまうんですよねえ。なんだか、もったいない。

あ、そういえば、「電化製品の無料回収」が最近来ない。こないだなんて、チラシが入ったから何日か後にチラシをつけて出していたのに回収されなかった。景気がいいのか悪いのか、法改正でもあったのかよくわからないけど、こっちも困っている。
もっとも、有料で行政の回収に出せばいいのだろうけど。

なんだったかなあ、とあるものをゴミで出していいかどうか市に問い合わせたことがある。「普通のごみ袋に入る大きさなら普段のゴミで出してください」って返事だった。ええのかなあ、と思いつつも玄関に出していたら持って行ってくれたっけ。
わざわざ聞くほどだから、「普通のゴミ」じゃなかったはずだけど、何だったのかは思い出せずにいる。

あ、家じゃ、もちろんプラスチックや一般ごみ等を分別している。病院のゴミは「産業廃棄物」として、すべて一緒。頼まれりゃ、分別もするんだけどそういう指示は受けていない。結局は、「燃えるごみ」として焼却場へ持って行ってるんだろうと思う。結局は家庭ごみと一緒に燃やすんじゃなかったっけ。これはこれでええのかなあ、っていつも思っている。
  1. 2016/10/13(木) 20:35:01|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

今日は3時間ほどで

病院ではパソコンを2台使っている。受け付けがメインで、もう一台はほとんど私の趣味で使っているもの。
私用のパソコンがおかしくなってリカバリーしたのが2,3週間前だったか。半日かかって復旧したが、いまいち使いづらい。なぜか知らないがupdateもできず、アクセスできぬHPもある。こっちは2,3週間に一回くらい「ブルーバック」になって動かなくなる。そのまま昇天するんじゃないかとびくびくしている。

今度はメインのパソコンがおかしい。クリックしても2,3分考え込む。これじゃ仕事にならない。ファイルの整理で早くならないか試みたが、それも何分も考え込んで結局は拒否される。仕方なくリカバリーすることにした。

少しは新しいからか、こっちの技術が上達したのか、3時間ほどでパソコン自体は復旧した。

今度はデータとプリンターなんかの共有を設定する。が、どうしても拒否される。プリンターはなんとか共有したけど、データが来ない。仕事上のデータはこっちのパソコンと外付けハードにバックアップしているんだけど、それができないと困るなあ。

相変わらず、データはworks98で管理している。この子だけはいつでも文句も言わないで動いてくれる。
いまどき、こんなソフトで仕事している人、いないんだろうな。
  1. 2016/10/12(水) 20:36:14|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

大学時代が懐かしい

娘が、ハムスターを生ませたとかで子供を連れてきた。

P9300062.jpg







P9300057.jpg







大学生の時、ハムスターを飼っていた。生ませては友人らに配っていた。
当時は飼育ケースを買うようなお金もなく、近所の酒屋だったかなあ、ゴミとして積まれているコーラのケースをひらってきては、底を抜いて二つつないで前に金網を張っていた記憶がある。
今から思うと、今なら、木のコーラのケースは「アンティーク」として売れるんじゃなかろうか。もったいないことしたかなあ、って、当時はそんなこと、これっぽちも考えなかったっけ。
  1. 2016/10/11(火) 20:46:06|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

10日は体育の日

体育の日。東京オリンピックの開会式の日。
何とかマンデーで、10日が休みじゃない年が続いていたけど今年は10日になったみたい。

法隆寺の実家へ。
特にすることもなく暇なんで、近くの公園でフラワーフェスタなるものが行われているという話を聞き行ってみた。
梅田の「花壇」は入場料1000円だとか。こっちは駐車場もタダ、入場料もタダ。奈良は太っ腹です。
まあ、きれいでした。


これだけじゃ愛想がないので、書き溜めていた記事をくっつけておきます。

大阪府の関係部署からの紹介とかでドバトの持ち込みがあった。飛べないドバトを保護してとある動物病院へ持っていたが、骨折している、って言われておしまいだったんだとか。で、大阪府に連絡するとうちを紹介されたんだって。

大阪府はドバトは救護対象にしていないはず。さらに、放鳥が望めない鳥も治療対象にはしないんじゃなかったかなあ。
いつだったか、話のついでに、ドバトでも雛でもなんでも紹介してもらっていいですよ、てなことは言ったんだけど、先にそっちへ話がいったんならきっちり、ドバトは治療対象じゃないので紹介できません、てなことは言えないのかなあ。りっぱなポリシーがあって治療しないんだろうから、市民を納得させるのも仕事のうちじゃないの?

来年、府が救護施設を羽曳野に作るというので楽しみにしている。放鳥できない鳥、ドバト、ヒナ、疥癬タヌキ、骨折タヌキ、なんでも持っていこう、っと。

  1. 2016/10/10(月) 20:00:17|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ピーチも

ピーチから広告メールが来た。60歳以上で料金の優遇、だって。
「映画の世界」ではすでに「高齢者」と認めてもらっており、いつでも安くチケットを安く買える。これで飛行機も安く乗れるチャンスが増えるかもしれない。
自治体のやってる「お出かけパス」や、「年金」まではまだ数年かかる。

公務員をやっている友人からは退職の案内がぽつぽつ来ている。ええとこで勤めていた友人らはええとこへ「天下って」いるものいたり、定年前に「割増退職金」をもらって引退してるのもいる。一方、私みたいな「自営業」では年金もさっぱり当てにならないし、やめるタイミングが無くってずるずる働いているみたい。さあ、いつ、どんなタイミングが来るんだろう?

  1. 2016/10/09(日) 21:07:36|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ブルータス、お前もか

仕事がらみの雑誌を読んでいた。最後の方に求人広告が載っていた。病院名は知っているが院長の名前が違う。HPをチェックした。
やっぱり、病院は知っている病院。探したら友人は「顧問」として小さく載っていた。ふーん、病院を譲ったのかなあ。引退したことは間違いないんだろう、たぶん。私より数年若いし開業も数年後だったけどなあ。そういえば、最近、研究会でも顔を見ないなあと思っていた。
別の友人も開業は私より4年ほど後だったが昨年に引退している。
研究会に行くと必ず一番前の真ん中に座っている獣医さんがいた。私もその頃は一番前で講演を聞いていたので、いつしか顔なじみになって挨拶をするようになった。東大阪あたりの先生だったかなあ。最近顔をさっぱり見ない。引退されたんだろうか。

公務員をしていた友人は定年のはるか前に、退職金の割り増しをもらって引退していた。株で儲けて、現役時より収入があるんだとか。

まあ、上を見りゃきりがない、ということかなあ。

  1. 2016/10/09(日) 20:10:50|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

終活

病院3階での自然史カフェ。今回も定員いっぱい、30名ほどの参加があった。皆さん、ありがとうございました。
今回の演者は虫屋さん、というか、直翅類、といってもわかるかなあ、要するにバッタ屋さん。趣味で昔の虫かごや世界の虫かごを集めておられる。いずれ、HPで紹介します。で、講演の前に雑談で学芸員と話をしていた。集めた虫かごをどうしようか、って。

本当は自然史博物館に引き取ってもらいたいらしい。が、自然史博物館としては、ちょっとジャンルが違うんじゃないか、と言う。どちらかと言うと民族学博物館のジャンルじゃないか、って。虫の実物を研究するためには博物館に来るだろうけど、虫籠の研究のために自然史博物館には来ないだろう、という事。

いわゆる終活ですな。

私も余計なもの(もちろん、本人にとっては宝物なんだけど)を残さないで、自分で「けり」を付けておいてやらないと家族が困るだろうなあ、ってずいぶん前からいろいろ減らしているつもりなんだけど、さっぱり減らないなあ。今日も古本をいくつか買ってしまった。
  1. 2016/10/08(土) 22:07:33|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
次のページ
【楽天市場】本・雑誌・コミック