FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

動物園は見世物小屋じゃない、けど・・・・

博物館行事が天王寺動物園であった。2時間ほどは講演、その後、「実物」を見ながら解説。
中身の是非は置いていて、「この頃の動物園は、ずいぶん動物が減っていると思うんだけど」
との質問があった。
これは私も常々思ってはいるが、まあ、仕方ないなあ、と思っている。現実問題として動物の補充は全く出来ていない、というより、不可能になりつつある。アメリカなんかでは自国内の繁殖でかなりの部分を賄うようになっているらしいが、日本では死ねば輸入と安易に考えていたツケが回ってきている。

結局は、動物園に何を求めているのかという問題だろうと思う。一般市民の目はやっぱり、まだまだ見世物小屋の域を出ていないんだろうなあ。動物園側が声高に、教育施設だとか研究施設だとか言っても、見に来る側はまだまだそんな意識はなく、子供を連れて順番に動物を見て回るだけと言うのが実際のところ。
ゾウを見て、キリンを見て、トラを見て・・・・。

そろそろ、見世物小屋から脱却して研究施設としての道を歩いてもいいんじゃないかと思いつつ、営業的には珍しい生き物を並べて集客を図る路線は、簡単には捨てられないんだろうなあ。


とはいえ、久しぶりに園内を回ってみると動物の激減ぶりには驚いた。これじゃ、人口の減った「しもた屋」商店街と一緒。
特に両生爬虫類館は名前の書かれていないケース、ケージ、空きスペースがすごく多い。出来た時はすごく立派だったのに。
こここそ、珍しい動物に頼るんじゃなく、国産の両爬で間に合うはずだけどなあ。これは園側の手抜きじゃないか。
  1. 2016/09/03(土) 22:21:24|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

12月に

某公共施設の見学会のチラシを見つけた。月に数回公開しているらしい。すごく興味があるという訳でもないけど、まあ、暇つぶしにはなりそう。妻と私のスケジュールを突き合わすと、12月くらいしか予定が合わない。これで申し込むかなあ。

12月というとすごく先のような気がするが、今年も4月か5月の頃には9月なんてずっと先のような気がしていたのだろうが、今はその月が始まっており、今月の予定はほぼ固まってしまっている。これも何度も使っているネタだが、若い時の一年と、今の年になってからの一年というのは感覚が違うんですな。
かなり先と思っていた「コウモリフェスティバル」も来週にせまっている。片道数百kmあるかもしれない。楽しみだったり、往復を考えるとしんどかったり。まあ、ぼちぼち行きましょう。

コウモリというと、知り合いから某穴で発見したという標識付きのキクガシラコウモリの写真をいただいた。すごくきれいな写真で、写真で番号が読めた。標識して10年以上になるが、こんな方法で番号を読むなんて考えたこともなかったなあ。
ちなみに、標識は2003年。13年前、標識調査を始めたころの子。場所は同じ。
やっぱり、コウモリも生まれ育ったところに執着しているらしい。
  1. 2016/09/02(金) 20:56:45|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

結局、何をするんだか

「小学生の理科の授業のお手伝い」だって。子供を、公園に連れて行き自然観察させる行事のボランティアを募集している、という案内が来た。虫も草も、知識がなくってもOK、とも書かれている。応募用紙が付いていていろいろ聞かれる。写真を貼る欄すらある。え?、最近の写真なんてないぞ。でも、ネットでの応募が可能なんだけど。自分のHPから写真を引っ張ってきた。

電話がかかってきた。いついつ面接です、だって。面接、って、「書類選考」じゃないんだなあ。肩書きだけ見れば、獣医師だし、大阪市立自然史博物館友の会評議員とか、大阪自然史センターとか、どこから見ても「文句の付けようのない」肩書きを並べ立ててるが、やっぱりこのご時世、小学生を相手にする事になるので慎重になっているのか。顔を見るなり断られたらどうしよう?

行ってみると特に何という事もなく、雑談しておしまい。さらに、結局は何をすりゃいいのかもいまいち理解できず。
今度は来週に、ボランティアみんなを集めてのミーティング、みたいなのがあるという事。考えてみると、平日の午前中から子供相手に時間を取れる人たち、って、どんな方なんでしょうね。人のことは言えない、私と似たような人ばっかり集まるんだろうか?
  1. 2016/09/01(木) 20:03:30|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
前のページ
【楽天市場】本・雑誌・コミック