FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

獣医師会の総会、だって

年に一度の、獣医師会の会議。何時から始まるかわからないで適当に来たら開始時間がじぇんじぇん違った。待ち時間2時間。
いつもは1時30分からだったように思うんだけど、3時からだって。そんなん、聞いてたかなあ。少なくとも、文書では来てなかったぞ。メールが来ていたらしいが、パソコンの都合でどこかへ飛んで行ってしまっていた。まあ、時間つぶしを想定してパソコンを持ち込んでいたので「仕事」がはかどった。ちなみに、同じことを考えていた人も2,3名。皆さんも同じことを考えて、時間つぶしのアイテムをお持ちだったみたい。

私が入会したころは、会員数は30人くらいだったかなあ。今となってはたぶん、倍くらい、いるように思う。もう、顔もわからなけりゃもちろん名前もわからない。
動物病院を開業するのに会に属する必要はなく、最近は「同業者」どおしの付き合いを嫌ってか、入会しない獣医師も多い。今となっては会に属するメリットもほとんどなく、ぶっちゃけ、私もやめたいのが実際のところなんだけど、変な意地で何とか踏みとどまっている。
ちなみに年会費は13万円弱。さあ、その金はどこへ行っているのか。恩恵なんてさっぱり受けてないだろうなあ。

今日は暇つぶしのパソコンを持ち込んでいる。さらに例によってスズメも来ている。いざ会議が始まると、困るのは議事進行のうるさいマイク。資料は事前配布しているんだし、黙ってやってくれりゃいいのに。

会議が始まった途端、「バナナは弁当ですか?おやつですか?」的な質問で会議が紛糾する。まあ、国会でも同じような事ばかりやっているし、大人が何十人も集まりゃそんなもんでしょう。警察官にしても何万人もおりゃ変なのが何人かは、いる、いつもその数名の不祥事が大きく報道される、って、知り合いのお巡りさんがよく言ってたっけ。


あのさあ、それってもう決を採った議題でしょ。わかってないのはあんただけ。むしかえしてどうするねん。
ほんでさあ、野生動物救護の助成金は個人に配らないで会で使え、って、あんた何ゆうてんねん。あんたは野鳥の診療してないからどうでもええわな。こっちはそれに何万円もつぎ込んでんねん。
ホームページに20万円、って、なんでそんなにいるの?うちの娘に作らせりゃ一万円でも喜んで作るで、あんなん。
弁護士に40万円、って、そもそも大阪府獣医師会に立派な先生おるやん。いつもそっちで相談してますわ。
他の市町村なら支部会費MAX数千円。なんで堺だけ5万円?それって、どこへ行ってるの?

会議で発言できないのでパソコンに突っ込みを入れてました。
  1. 2016/06/05(日) 22:07:23|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

カエルはどこへ?

昨日の土曜日、博物館友の会昆虫合宿の下見に付いて行った。猪名川で行われる予定で、夜にオオサンショウウオの調査風景を見せるつもりなのでその下見もかねて。実際は観察は夜なので、下見の観察はなかったけど。

いつだったかも同じようにオオサンショウウオの観察会をした。が、その記憶が完全に飛んでしまっている。世話人の方に聞くと、どこで大きなサンショウウオが見つかってみんなで見たとか、移動して何頭観察した、とかおっしゃっていたんだけど。
年を取ると昔のことばかり思い出すというけど、中途半端な昔は忘れてしまうのかなあ。

さすがに現地へついてうろうろして、他の方の話を聞いていると断片的に思い出してきたこともあったが、どうもここには2回ほど友の会で宿泊していて、一回目は普通に参加して宿泊、2回目は宿泊しないでオオサンショウウオのみ紹介したんじゃないかと思う。その二つがごっちゃに思い出されて、余計に混乱している感じ。

最近の外出はスズメ連れ。ハイキング用の用意は何もなく、カバンの中はプラケースに入ったスズメとその御飯だけ。一時間歩いては給餌、てな感じで、下見をしているのか、自然の中でえさを与えてるだけかわからなくなっていた。

田んぼを見るとオタマジャクシがいっぱい泳いでいる。これ、アカショウビンの御飯になる。オタマジャクシとかカエルをエサ用にとって帰ろうと思ったのも下見へ参加した理由の一つなんだけど、肝心の入れ物とか採集道具を持ってくるのを忘れていた。かろうじて道を歩いていたトノサマガエルを二つ連れて帰ったが、夜中にバードケージにほりこんだだけで翌朝にはいなくなっていた。
さあ、アカショウビンのおなかに収まったのか、庭を散歩しているのか、どうっちだろう?








これはスーパーで調達した食糧。こんな小さなアジ、誰がどうやって食べるのかなあ。
1パック100円でした。
  1. 2016/06/05(日) 06:31:45|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
【楽天市場】本・雑誌・コミック