毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

戦国時代の、のぼり合戦か

道路の病院側、50m位離れたところに自転車屋がある。間口が狭く、新車も置いてはいるけどせいぜい2台程度。入口で作業するので店の奥には入れない。もっとも、入る用事もないが。
店の前に大きなのぼりが立った。自転車修理します、って。それから数日して、病院の目の前に自転車屋ができた。ひょっとすると、自転車屋ができることを知ってのぼりを立てたのかなあ。

病院の前の自転車は間口が広く、いわゆるママチャリみたいなのをいっぱい並べている。こっちも開業してすぐにのぼりを立てた。
両方とも、真っ赤なのぼりで、修理します、てな文句も同じ。大きさも同じくらい。
結局、のぼり屋さんがいちばん儲けたのかもしれない。

目の前にあるので、つい新しく開業した自転車屋に目が行く。そこそこお客さんが入っている。最初からの自転車さん、苦戦しているのかなあ。もっとも、こっちの自転車屋は時々高そうなスポーツ車に乗った兄ちゃんが来ているので、客層が違うのかも。

今日になって、向かいの自転車屋ののぼりが道路を渡ったこちら側にも立てられるようになった。これって、明らかに宣戦布告じゃないか。ちょっとやり過ぎの感、あり。
  1. 2016/04/30(土) 13:22:15|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ぼちぼち

昨晩の事。レオナルド・ディカプリオを見てきました。やっとアカデミー賞を取ったとかで話題の映画。とはいえ、今年のアカデミー賞は黒人を排斥しているとかでも話題になっていましたが。
原住民と移民との関係でちょっとわからないところもあったけど、まあ、ぼちぼち。

80点くらいかなあ。


本日から世間で言う、ゴールデンウィーク。今日は朝から博物館で自然史センターの会議、続いて午後からは活動報告会に、海外見聞録(学芸員らの、海外でのスライドショーみたいなもの)。
スズメを連れての会議と講演になりそうです。
ちなみに、ゴールデンウィークといっても30,1,2は仕事だし、たぶん継続診療がいくつか残ります。いつものことながら、何となく終わりそうな感じ。
まあ、時間に縛られないだけ、気分は楽ですが。
  1. 2016/04/29(金) 06:47:21|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

「良い仕事」してますねえ

昨日写真をブログに掲載した封筒。税関宛て。
日本で買えない薬を時々、アメリカから個人輸入している。昔は税関で止められないでスムースに配送されるケースが多かった。いったん止められて相手に返送されたら、発送先で送り主の名前を変えたり、中身の「説明」を変えたりすると次は止められないケースもあったが、最近は必ずストップがかかる。厚生省なり、農水省で輸入手続きをしなさい、って言われる。
片一方で、サプリメントも輸入することがあるんだけど、こっちは高額でも数が多くても止められる事は無い。
輸入貨物なんてものすごい数だと思うのだが、きっちり調べているんだなあ。感心したり、いらいらしたり。

P4280285.jpg












詰め物には日本語新聞が入っていました。
向こうの業者さんはたぶん日本の方。

P4280286.jpg
  1. 2016/04/28(木) 20:26:19|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

いよいよ最後

50年のコレクション。記念切手。
切手帳の数が一冊ずつ減って最後の一冊になり、少しずづ歯抜けになり、2ページが1ページになり、とうとうこれで完全になくなった。








年を取ると昔の事ばかり思い出すらしい。一枚の切手で思い出すこともいろいろあったんだけど、楽しい思い出ばかりじゃない。
まあ、これで一区切りになりました。
さあ、次は何の「コレクション」を処分するかなあ。
  1. 2016/04/27(水) 20:22:14|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

役立つキッズ携帯

ものすごく重要な電話が妻の電話にかかるはずだったのにそんな時に限って電池切れだし、充電しようにも器械が悪いのか、コードが悪いのか、さっぱり充電しないという。そのうち、起動すらしなくなった。
裏を開けたり、電池を抜いたり悪戦苦闘。
結局は向こうさんに私のキッズ携帯の番号を教えてそちらでやり取り。
非常に役立ちました。

ただし、この電話、って、ほぼ着信専用。かかってきた電話は誰からのでも受けられるんだけど、かけようとすると登録している10件ほどだけしか無理。どうしてもかけたくなったらまず一件削除してその場所に番号を登録、それから電話をかけることになる。結局は急にかけようとしてもほとんど無理、ですな。
  1. 2016/04/26(火) 20:18:38|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

やる気なし

某大型スーパーで、10%引きと、500円の金券が付いた広告が入っていた。ちょうど、合鍵をいくつか作る必要があったので行ってみた。
鍵を二つ見せて何本作って、って言うと、その鍵を見るなり、作れません、って言う。一本はややすり減っている感じがあったため、もう一本はやや曲がっている感じがあったかららしい。「これらで合鍵を作っても100%、開きません」って、断言する。
諸事情から、どうしても複数の人に鍵を渡す必要がある。合鍵が作れないなら、鍵そのものを交換して、新しい鍵からスペアーを作る必要があるのかなあ。そんなん、いくらかかるかわからんぞ。もったいない。

病院の近くに鍵屋があるので行ってみた。鍵を見せると、何の躊躇もなく受け取って複製を作り出した。受け取る時にヨソで断られた話をするが、理由はわからないという。使えなかったら教えてください、と言われた。
すぐに病院へ戻って確かめると、普通に使えた。

さあ、最初の店は何がどうなっていたんだろう?やる気が無かったのか、ウデが無かったのか。割引券を先に出したので儲けが無くなると思って引き受けなかったのか。
あんな商売でやっていけるのかなあ。
  1. 2016/04/25(月) 21:16:31|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

2代目、3代目

昨日、ドイカメラの創業者のコレクションの話を書いたけど、一代目はそれだけ「成功」したのに2代目、3代目で会社をつぶす、というのはまあ、時々あること。最近では大塚家具で世代交代でもめているなあ。もっとも、あれだけもめりゃ、かえって無料の宣伝になるような気もするけど。

うちの従兄の会社。中堅クラスの工業メーカーだったんだけど、3代目で会社を解散するそうな。安倍首相が大阪へ来て視察したくらいの「超優良メーカー」だったのに最後まで生き残れなかったらしい。もっとも、今なら「倒産」しないで「解散」できるという面もあったのかもしれない。田舎から出てきた創業者が大阪で工場を作り事業を拡大、2代目が私の叔父にあたる人で技術も持っていてさらに会社を大きくされたんだけど、3代目の従兄が会社を引き継いで10数年になるのかなあ、突然の廃業で驚いた。父ちゃん母ちゃんの町工場じゃなく、従業員何十人を抱えている、そこそこ大きな工場だったんだけどなあ。
安倍総理と対談して工場の話をし、経営の話をして、従業員とも福利厚生の話なんかをしたのは今年の事だったと思う。政府のHPにもその時の動画が掲載されていたっけ。

  1. 2016/04/24(日) 01:17:35|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

どこへ行ったのか・・・・・

岸和田自然資料館。剥製で有名な博物館で、これも、市が剥製の個人コレクションの寄贈を受けたのを機に作られたもの。
東洋剥製博物館だったかなあ、日本中に知れ渡ったB級スポットだったのに所有者の方が高齢で館(自宅だったらしい)を閉鎖された。私自身はそっちへ入ったことが無い。すごく残念。
ここの剥製は出来がすごくいい。また、貴重な動物がいくつもあるらしく、よく「地方巡業」している動物もある。

聞いたところでは、博物館を作るにあたって「普通の」剥製は全部もらってきたのだが、「ヘビとマングースの戦い」とか、「タヌキがだんじりを引っ張っている」、「徳利を持ったタヌキ」のようなものはすべて引き取らなかったそうな。それらはいよいよ引き取り手がなく、ご遺族の方がまとまって引き取ってくれるなら無料で全部、てな話があったというのを回りまわって聞いたことがあるんだけど、さあ、それらはどこへ行ったのかなあ。

大きな声では言えないけど、今の自然資料館、1,2階は普通の博物館的な展示しかないが、「鉢巻を巻いたタヌキ」なんかを並べる方がよほどおもしろい。「どこそこの自然」なんて、どこにいってもあるもので正直、あんまり見たいとも思わない。「徳利タヌキ」の方がよほど楽しいし、インパクトがあったのになあ。






  1. 2016/04/23(土) 18:25:00|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

早く救出を

堺市が持つ、土居コレクションを見に行ってきた。こちら

ドイカメラの創業者の個人コレクションだったもの。堺市が寄贈を受けたんだけど、数十台もコレクションがあるのに公開は年に4日だけ。それ以外に時々貸し出しはしているらしいが、どれくらい利用されているのか、よくわからない。
ちなみに、堺市駅にあるなんちゃらミシャだったか、版画だか絵画だかのコレクションも土居さんのもの。

いろんな個人コレクションを市町村が引き受けることはよくあるんだけど、本当に活用されているのかどうかはいろいろ。このケースでもあんな所にあんな形でただ置いておくことが故人の遺志にあっているのかどうか、極めて疑問。まあ、絵画とかの芸術作品なら入れ物さえ作ればなんとか形にはなるだろうけど、このクラシックカーコレクションは動いて初めて生きるものじゃないかなあ。たぶん寄贈を受けた時は動いていたものも多かったんじゃないかあ。もちろん、今でもきっちり動態保存されているのかもしれないけど、それならそれでもっときっちり公開する方法もあるような気がするんだけどなあ。
堺市がもてあましているのなら、もっときっちり管理できる所へ移管すればいいのに。
見れば見るほど悲しくなってきた。

もっといろいろ書きたいことがあるけど、長くなるので別掲します。

RIMG01001.jpg
















  1. 2016/04/23(土) 17:56:48|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

記念撮影

病院の目の前に工事用のトラックみたいなのが止まった。派手な格好をした、茶髪の兄ちゃんがボードを持ってきて降りてきた。
歩道脇に置いて「記念撮影」
もう一人のおっさんが、申しわけ程度にほうきで歩道と車道をかき回している。
これで「お上」に報告して終わりなんだろうか?
いつだったか、同じ仕事のねえちゃんは、ボードの日付を3日くらい書き換えて何枚も写真を撮っていたなあ。

病院の目の前というと、道路の向こうは自転車置き場。お巡りさんが防犯登録をよく調べている。あれ、盗難車を探し出すと「検挙率」が上がるから、って聞いたことがある。まあ、他に仕事がないことがいいことなのか、悪いことなのか。
  1. 2016/04/22(金) 20:54:58|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

性善説

昔、病院駐車場として契約していたスペースに、コインパーキングが出来た。かなり広くて、ちょっと便利になりそう。
この駐車場、ロック版が無い。詳しい構造は知らないんだけど駐車場所の真ん中にセンサーが埋め込まれていて、端っこの柱にもセンサーかカメラでもあるのかなあ、それで駐車を感知しているらしい。

ごちゃごちゃ書かれた説明版には無断(無賃)駐車は持ち主を割り出して駐車料金と、持ち主検索に要した費用を請求する、って書かれている。疑問に思うのはナンバープレートから持ち主って、そんなに簡単に割り出せるのかなあ、って事。また、必要経費、って、あっちゃが100万円と言えばそれになるのかどうか。無断駐車、って「民事事件」だから警察も動く事は無いと思うんだが。結局は日本人の国民性、性善説に寄ったやり方なんだろうか?

説明版には、センサーが反応しないような改造車は置くな、とも書かれている。これって、逆にいえばセンサーが反応しない構造にしておけばいくらでも置ける、という事かなあ。(昔、公園に行って、「家庭内ゴミは持ち込まないで」ってゴミ箱に書かれているのを見て、ああ、そういう処分の仕方もあるのか、って感動したことがある。)

世の中には「金融車」という車が流通しているらしい。借金の肩に取り上げられた車が次々に転売されている。これって、書類上の持ち主と実際の所有者が違うので、駐車違反やレーダー取り締まりに引っかかっても実際の持ち主のところにはたどり着けない、優れた車。これも置き放題になるんじゃないか。

とはいえ、私自身は忠告を無視して「無賃駐車」する勇気はないなあ。これって、性善なんじゃなく、気が弱いという分類のような気がする。
  1. 2016/04/21(木) 20:09:08|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

夏への不安

いつになったら桜が咲くのかなあ、って思っていたらすでに散って葉桜になっている。暑かったり寒かったししつつ、着実に春が来ているみたい。毎日病院へ来て感じる不安。

冷凍庫。

病院へ来たら、翌日に自宅のリハビリケージ内の猛禽類に与えるウズラとかしわを冷凍庫から出して解凍する。ウズラは一度に100羽ほど買っている。買った直後は冷凍庫がほぼ満杯になってしまう。毎日使うと言っても1羽か2羽。ほとんどスペースは空かない。
夏にアイスクリームをもらう時があるんだけど、今の状況じゃアイスクリームを入れる場所がないなあ。スタッフには専用冷凍庫を鷹用に買うようにいつも言われているのだが、冷凍庫、って、年間の電気代がけっこうかかるので、さらに置くスペースが困るので買うまでには至ってない。
エサの切れ目が縁の切れ目。エサ(の置き場)が無くなった時点で放野、って、死ぬのがわかっているのにそんな訳にもいかないしなあ。
  1. 2016/04/21(木) 19:37:39|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

なんだか、たいへんな事に

ここ

今日、大阪自然史センターの職員さんたちがうちの病院へ来られた。
話せば長いことながら、大阪自然史センターが経営していた博物館内のショップが入札に負けて追い出されることになった。荷物置きと若干の活動スペースに空き部屋になっていた3階を使ってもらう事にして、物置になっていた部屋を掃除に来られた。

さあ、これから先、どういう展開になるんだろうか?
  1. 2016/04/20(水) 23:32:35|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

今年は2回だけど

今年の狂犬病予防集合注射の出番は午後2回だけ。で、こないだの日曜日に終了した。
私が開業したときは朝から夕方までで、4月に4回出務だったような気がする。会場を減らしていったのと、個別注射が増えたこと、さらには獣医師が倍近くに増えている事、もひとつはそもそも、犬の飼育頭数が減っている事なんかが複合しているんだろうな、と思う。まあ、出務する側にとっては楽にはなったけど、現実的な話では、「分け前」も半減(以下)している。

30年前、私が開業した頃予防注射は年に2回だった。一頭一針ではなく全頭一針、要するに同じ針で次々と注射していて驚いた。アルミケースに太くて短い注射針が入っていて、注射器はガラスのロック式。さすがにこれは2,3年で一頭一針のディスポに切り替えたが、なんでそれまで誰も切り替えようとしなかったのかが不思議。

最初の頃は獣医師の数も少なく、「分け前」はそこそこあったけど、今となってはほんのちょっと日当が出るだけ。全員の出務回数を合わせるためだろう、一会場の獣医師の数は異常に多く、半日かかって注射頭数が数十頭という会場もある。獣医師一人当たり10頭くらい。なんだか無駄な仕事、とはいえ、開業獣医師、動物病院に全く縁のない飼い主の方もおられるので、それはそれで仕方ないのかなあ。



  1. 2016/04/20(水) 20:09:25|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

モヒカン云々

昨日の事。
最近は忙しいので土曜日も出勤している。月曜日は一日休みと午後出勤が交互にあるので、結局、一日休んでいるのは隔週の月曜日、という事になる。昨日の18日は2週間に一度の丸一日休みの日で、何日か前から期待していて何をしようかと考えていたのだが、かなり遠方の往診が入って午前中がつぶれた。
午後こそ、自由に時間を使おうと思っていたらとある用事が降って湧いて出てきて、その対応に6時過ぎまで追われた。精神的にものすごく疲れて、気分転換に映画を探して上映時間から選んだのが表題の「モヒカン~」

まあまあ、「罪のない」映画です。テレビを待っていてもいいかも。
70点くらいかなあ。
  1. 2016/04/19(火) 20:06:27|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

さすがに

毎日、モンキーで通勤している。
前のタイヤがすり減ってひび割れもひどく入っていた。時々乗るくらいなら気にしていなかったんだけど、毎日乗っていると気になりだして新品と交換した。

RIMG0004_20160415082938942.jpg








RIMG0001_2016041508293540b.jpg







タンクが小さいのですぐにガス欠。案外、燃費も悪いのかもしれない。
一回の給油で300円と言うのもかわいいのか、めんどくさいのか。
  1. 2016/04/18(月) 20:43:44|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

余計なお世話

病院の近くの商店街。日中は時間制限で車は通れない。が、原付きでも車でも、時々それを無視して走っている。で、それを狙って少し先でお巡りさんが隠れている時がある。
用事で自転車で出かけるとお巡りさんがいた。さあ、誰か捕まるのかなあ、って思いながらちんたら走っては止まって様子を見ていた。「高級乗用車」にでも乗ったおっさんが走ってくりゃ面白いのに、と思っていたら、来たのは廃品回収の軽トラック。おっさん、ここで捕まったら荷台の廃品の何倍もお金をとられるでえ、と思ったら思わず車を止めてしまった。
「おっさん、この先で取り締まりしてまっせ。バックしてあっち行き」

北海道で車を走らせていたら、よく対向車がパッシングしていた。「この先、ネズミ捕り」の合図。
最近、大阪じゃそういうのはさっぱり経験しないなあ。もっとも、こっちも最近は合図しながら走るのもやってない。


  1. 2016/04/17(日) 20:27:21|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

今日も友達が

小学生の子供がちょっとした用事で病院へ来た。首からキッズ携帯がぶら下がっている。私のと一緒。友達になれそうだった。
最近、ちょくちょく、家に携帯を忘れたまま仕事に来ている。一応は帰って着信を確認するがかかっていた試しも無い。これって、本当に必要なんだろうか?

学会なんかでも、必要もないままズルズル加入しているものがいくつかあった。もちろん仕事がらみのもあるし、趣味の範囲の物もいくつか。年に一回会費を払い、あんまり役に立ちそうもない冊子が年に何度か送られてくるだけ。いつだったか、みんな見直したら残ったのは博物館がらみのいくつかと、仕事がらみのいくつかだけ。年会費がずいぶん減ったような気がする。

いくつかの会は会費の納付をやめたのに冊子が送られてくる。毎年、会費を払うように、との「忠告」と、振り替え用紙が同封されている。「会費の納付が会員の最低条件」とすれば、納付が無くなった時点で「首」にすべきだと思うんだけどなあ。やめるという意思を伝えないこちらも悪いといえば悪いんだけど、「会費の納入が無いと会誌も送りません」って規約を作ればすぐに止められると思うんだけどなあ。文面からは私みたいな「なんちゃって会員」が増えてて会の経費を圧迫している、てな事も書かれている。

とある会は会費未納何年で「除名」ってはっきりと書かれている。一生だったか、それから何年かは入会できないような規約もあったような気がする。未納分を支払ってからやめると、円満「退会」なんだそうな。
  1. 2016/04/16(土) 20:30:16|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

なめられる

ソフィがいなくなってから車で病院へ来る必要も無くなり、原付きで通勤している。うちのガレージは縦長で、ふだんは私の車が一番前だったんだけど毎日は使わなくなったので妻のフィットが一番前に置いてある。ちょっとした用事ならいちいち入れ替えるのも面倒でフィットに乗るようになった。(本当は、エクストレイルがいらないんじゃないかとも思うようになってきた。)

小さくて便利。狭いところでも躊躇なしに入っていける。反面、座席は高くないし周りの車の反応が違う。なめられている感じ。
割り込みもされるし、明らかにビッグホーンに乗っていた感覚とは違う。ビッグホーンに乗っていたら、高速なんかでは走行車線を走っていたらみんな道を譲ってくれていたけどなあ。エクストレイルになってからはそんな場面は減ってきて、フィットに乗るとさらに無くなってきた。(単純にスピードと車間距離の問題かとも思うが。)


近くの家。私が子供だった時は大きな外車がいつも車庫に入っていた。乗り換えるごとにだんだん小さくなり、国産普通乗用車になり、とうとう軽自動車になった。その軽もあちこちこすった跡が見られ、次は前後にへこみが見られたりしてそれからすぐに車は見えなくなった。たぶん、乗ること自体やめたんだろう。
さあ、私もいつまで車に乗るのか、いずれはその家と同じ運命かなあ。
億劫がらずにエクストレイルに乗っておくかなあ。今しか乗れないような気がしてきた。
  1. 2016/04/15(金) 20:16:25|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

話し合いか、殴り合いか










病院の前に開業した自転車屋。3日間限定で、先着3名に自転車を5000円で販売、とのチラシが入っていた。
現在、金曜日の8時10分。営業開始は10時だって。先着3名に6名並んでいる。
さあ、どうなるのかなあ?気になって仕事にならない。


と思ってブログを書いたら何人か消えて残るのは3人。話し合いで決着したのかなあ。
でも、営業開始までまた何人か来るかもしれない。とはいえ、前に3人おればそのまま帰るか、たぶん。こんどはそれが気になるなあ。
  1. 2016/04/15(金) 08:43:04|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

微妙に遠い

たいへんお世話になっている(参考にしている)廃墟マニア(とはちょっと違うか、古いトンネル、導水路なんかを調べている方)のHPに、またコウモリ情報が載っていた。キクガシラがぽつぽつとコキクの中程度のコロニー。場所は有田の山中。今回はダム関連の導水路。さあ、うちから高速を使って2時間半か3時間コースかなあ。一般道ならさらにかかる。

私のグループは公称、「大阪のコウモリを調べる会」なんだけど、現実には大阪の生息地は少ない。一番遠い調査地は兵庫県の佐用町で、ほとんど岡山に近いところ。ちなみに、グループ、会と言っても実質的には活動しているのは1.5名ほど、ほとんど私一人である。有田となると遠すぎて継続調査もする気にはならないだろうなあ。

一方、和歌山県というくくりでは何か所かで捕獲許可ももらっているし、調査地が増えることについての支障はない。一度だけでも見ておけば生息地としてのデータは残せる。きっちり報告しておくべきかもしれない。

調査を躊躇する要因のもう一つはアプローチがけっこうハードかもしれない、という事。道路から崖を降りて遺構にアプローチし、コウモリの生息地までは導水路を延々と歩くんだって。その距離、1km以上とも書かれている。途中、ひざ上までの水没部や土砂の堆積部分もある。胴長が必要なんだけど、私の古いのは穴が開いていて、ついこないだ、ほかしてしまったところ。調査するなら買いなおすか 、諦めて長靴を水没させるか。

だれか、行ってくれないかなあ。
もっとも、一応は公開されている情報なんで「ネットからの引用」という形でも使えそうではあるけど。
  1. 2016/04/14(木) 21:12:38|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

握手会

娘が某ショッピングモールに行きたいという。ヒマだったので運転手代わりについて行った。
主目的は某歌手のトークショーの公開録音、だって。
話を聞いていてもよくわからないことばかり。適当に聞き始めたけど退屈なのでモールをうろうろしていた。

トークショーが終わると握手会。例の、CDを買うと券が付いてきて、それで一枚に付き一回握手できるというもの。2階から眺めていると同じ人が何度も列に並んでいる。これって、券が欲しいがために何枚もCDを買っているってやつかなあ。
最初はかなりの人がいたけどだんだん減ってきて数名くらいになるが、今度はその数名がぐるぐる回っている。握手が終わるたびに係員に次の券を渡している。いったい、何枚持っているんだろう?
最後の最後は数枚渡してその分、長めに雑談しているような感じ。

まあ、いろんな世界があるもんだと妙に感心しました。
  1. 2016/04/13(水) 20:16:35|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

いよいよ残り少なく

昔の「収集品」
メール便があったときは、書類はそっちで送っていたのであまり使わなかった。また、古い切手、「思い入れ」のある切手は使わずに残っていた。
それでも、少しずつ使っているといよいよ残りが少なくなってきた。










RIMG0010_2016040814001211e.jpg








身辺整理の一環です。
(あ、下の封筒は役所向けの書類で、返信用封筒が必要だったため同封したもの。)
(ちなみに、本来は「浦野信孝行き」とするのでしょうけど、相手さんがいちいち、「様」に書き換える手間を省くためのものです。同人誌なんかのやりとりではそれが常識、って昔に教えてもらい、それに倣っています。)



  1. 2016/04/12(火) 20:00:20|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

3世代

孫娘が近くの幼稚園の体験入園に行ったらしい。入園年齢じゃないけど大学生の青田刈りと同じで、何年も前から幼稚園に慣れさせて入園してもらおうという趣旨かなあ。そこに入れば3世代目になる。

息子が幼稚園生だった時の運動会。卒園生競技というのがあって小学生の兄、姉らが参加するものだと思っていたら幼稚園の先生が私を見て早く来い、という。私が教えてもらっていた先生がまだ幼稚園に残っており、その先生が息子を担当してくれていた。恥ずかしながら出ていくと、あと2,3人親世代がいた。

息子の時代は2年保育しかなかったが、今は3年保育もやっているらしい。多角経営なのか、園生減少による経営上の問題か。
  1. 2016/04/11(月) 20:44:52|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

タケノコ泥棒

祖父の竹林にタケノコ掘りに行った。正確にいうと、祖父は亡くなって何十年にもなるので伯父の持ち山、とでも言う事になるのかなあ、あるいは母の実家の持ち山、とでも言うべきか。
竹林と言っても、某所の山中一角に竹林が広がっていてそのうちの一区画が祖父の土地だった。何となく境界が竹で区切られている。
本来竹林と言うのはタケノコが出やすいように地下茎を切ったり、タケも間引いたりして管理するものらしいが祖父が亡くなってからはそんな面倒な事をする人もおらず、年に何回かこの時期に私と息子が勝手に山に入ってタケノコを探しているくらい。母方の伯父伯母もじぇんじゃん取りに行ってないらしい。
母にタケノコ山に行くことを電話すると、最近、タケノコ泥棒を警察が捕まえたらしいので注意するように、って言われた。
誰も管理していないと思ってか、祖父のタケノコ山も(親戚は誰も入っていないはずなのに)あちこち掘り返されていることがあった。近くの別の竹林所有者が警察に通報したのかなあ。
まあ、私自身も「祖父のタケノコ山」って言ってるけど、現在の「法律上の所有者」が誰かなんて知らないんですけど。

RIMG0006.jpg









RIMG0007_2016041020362087a.jpg











泥棒と言えば、大阪の山中にコウモリ調査へ行った時の事。ここは、ダムの管理通路にコウモリが住み着いているところ。そのダムの堰堤近くに車が止められる。車を止めて調査しようと思ったらお巡りさんがいる。びっくりして、何してるんですか?、って聞くと、(ちょうど時期が秋だったので)マツタケ泥棒の通報があって監視している、と言う話。
ダムの管理用通路は当然立入禁止なんだけど、誰かが何年も前に破壊して開きっぱなしになっている。それでコウモリも勝手に入り込んで利用しており、さらにそのコウモリを調査するために私が勝手に入り込んでいるという構図。目の前にお巡りさんがいたんじゃ、お巡りさんの警戒対象がダムや私じゃないとはいえ、調査出来ない。仕方なく山中を「ハイキング」して帰った。
その後、その壊されていたドアが改修されてきっちり閉鎖されてコウモリも利用できなくなってしまった。
貴重なコウモリの生息地が失われてしまった。
それから何年か経つけど、誰か、またドアを壊してくれていないかなあ?今回はかなり丈夫そうだったので無理かなあ?
  1. 2016/04/10(日) 20:29:59|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

何か物色に行きたかった

近くの貸店舗。いわゆる鍵っ子(今でもそんな言葉を使うのかどうか)かなあ、学校が終わってからしばらく子供を預かって遊ばせるような施設(というのは私の勝手な解釈で、違ったような気もする)があった。が、3,4か月も経たないうちにやめてしまった。
それから数か月たって、新しい借り主が決まったらしく工事が始まった。
ドアから壁から窓から、当然みんな新品に近いきれいな状態だったのにガンガン壊されている。あれ、何かに流用するんだろうか?ゴミになるんだろうか?いらないんだったらもらいに行けばよかった。

かなり以前、病院の前で歩道の工事があった。焼きすぎ煉瓦(って言ってたように思うが記憶違いかもしれない)を並べていた。と、一見きれいな煉瓦を時々、ポイポイよけている。聞くと、少しでも傷が入っていると使えないんだって。いらないんだった欲しいというとそのなかでもきれいなのをよけてくれるようになった。それをせっせと病院の隅っこに積んで自宅へまとめて持って帰った。
今でもうちの花壇はその煉瓦でできている。
  1. 2016/04/09(土) 20:55:56|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

こっちはこれから

こっちはこれから花が咲く。
あ、みかんです。

RIMG0007.jpg










  1. 2016/04/08(金) 08:21:56|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

日に日に大きく

毎日見ているとわからないんだけど着実に大きくなっている、んだろう。

RIMG0005_20160408080132e15.jpg








RIMG0003_20160408080131f6b.jpg








  1. 2016/04/08(金) 08:20:48|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

こっちは風で倒れたけど

こっちにはソラマメ。
昨日の風で傾いてしまったが、

RIMG0009_20160408080029212.jpg







子供は育っている。

RIMG0008_20160408080027b96.jpg












  1. 2016/04/08(金) 08:18:51|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

収穫

うちのえんどう豆。
育ちすぎて倒れてしまった。

RIMG0002.jpg







それでも大収穫。

RIMG0001_20160408080025e81.jpg
  1. 2016/04/08(金) 08:15:58|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
次のページ
【楽天市場】本・雑誌・コミック