毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

血がこわい

28だっけ、29だったか、油断して猫に咬まれた。さすがに何十年もこういう仕事をしていると、危ない猫かどうかは事前にわかるんだけど、いわゆる気の緩みですかねえ、逃げられそうになり思わず手を出して手首にかみつかれた。
かまれてすぐに傷を洗浄して処置すりゃこうはならなかったような気もするんだけど、その時の状況ですぐには処置できず、時間が経過してしまった。
夜から腫れて痛みだし、一晩寝られず。おかげで深夜放送の映画なんかを堪能した。
翌日になっても傷から出血がありあわてた。
今日あたりから痛みは少しはマシになってきたが、腫れは相変わらず、手首の関節が曲がらない。まあ、スタッフは、右手じゃなかってよかったですねえ、と、慰めにもならぬ言葉をかけてはくれるんだけど、握力もほぼ0に近く、不便なこと、この上ない。
この正月休み(といっても、毎日仕事はあるんだけど)ずっとこの手で過ごすんだなあ。

落ち込むなあ。









  1. 2015/12/31(木) 09:41:53|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1

それって、誘拐じゃないの?

これも獣医師会の冊子に掲載されていたもの。過去にヤマネが保護されたと書かれていて、写真まで載っている。書いた先生は生駒山の大阪側の先生。
生駒にヤマネがいるのかどうかは非常に興味があるところで、まあ、ほとんど無理だろうなあと思いつつも、いないことの証明は絶対出来ないわけで、これって「証拠」写真まであるので本当ならたいへんな事。博物館に問い合わせるように言おうと思ったが、仲間なんだからそっちで確認して、って話しが逆戻りしそうなことは明白で、仕方ないし私自身も野次馬的な興味はあったのでそれを書いた先生に電話してみた。

「何年も前で、和歌山と奈良の県境のどこかだったと思う」との返事。

紀伊半島の山奥にヤマネがいることは明らか。なんでそんなところで「保護された」ヤマネが大阪まで来るかなあ。しかも、大阪の雑誌に載せれば誤解を生むのと思わなかったのかなあ。
電話ひとつ、10秒で解決しました。

  1. 2015/12/30(水) 20:36:14|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

映画と事実

先にここ
杉原千畝さんの真実、だそうです。

しょせん、映画は映画という事なんでしょうか?千畝さんの息子さんもかなり事実と違うし、まあ、映画というものはそういうものなんでしょう、とおっしゃっています。

この話の発端はNHKだったのかなあ。


  1. 2015/12/30(水) 12:35:25|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

意味ないと思うんだけどなあ

大阪府獣医師会雑誌が送られてきた。正確には再版分かもしれない。(獣医師会側の)スポンサーの原稿チェックが甘く、昔のデータをそのまま掲載したので差し替えろ、てな事が書かれていたような気もする。どっちにしても届いた数分後には「再生紙箱」に移動するので問題はない。で、その数分の間にペラペラめくっていると、あちこちの市町村で避妊、去勢手術に助成を出していることに驚いた。一種のブーム、横並びなのかなあ。

おそらく助成根拠は野良猫、野良犬対策なんだろうけど、今の時代、手術しているほとんどの子は室内飼育だろうし、それが効果があるとは思えない。泉佐野市なんて財政破たん自治体に片足を突っ込んでいるって言われていて、犬のウンコ処理(市内の清掃業務?)に費用が掛かるからって「犬税」を取る検討までしていたというのに、それが一転、手術に助成って、何を考えたんだろう?

堺市が助成を始めたきっかけは、市会議員が議会で担当部署に野良猫対策はどうなっているのか、って質問したからと聞いたことがある。で、担当のえらいさんが、ヨソでは手術費用を助成してますなあ、てな事を言ったのが始まりだったとか。で、それから数年経つけど、効果があったのかどうか検証すればいいのにねえ。

PC290067.jpg







いつもエサ箱に止まっていたので、箱のヘリじゃ止まりにくいかと木を入れたのに、やっぱりエサ箱に止まってます。
  1. 2015/12/29(火) 20:37:56|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

サービス業じゃないの?

用事があって市役所へ。
誰もいない。

市役所、って「サービス業」なんだから、まあ、31日は無理でも29日ならやっていても当然、と信じていた。

そうえいば、「御用納め」ってことばがあったっけ?それって、28日だったのかな。
  1. 2015/12/29(火) 20:00:37|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

驚愕の事実

久しぶりの映画。杉原千畝。
ある意味、日本のスパイだったのか。外交官と言うのは多かれ少なかれ、外国にいる限りは情報を集めるのが仕事なんだからそういう目で見られるしそれも仕事なのかもしれない。

映画で出てきた大学の名前。ハルピン大学。私の伯父がその大学を卒業している。で、その伯父は杉原が望んだようにモスクワに在住し、貿易をしておられた。ほぼ一生をそこでお過ごしになり、晩年はアメリカで過ごされていた。

80点。


ブログの表題は、この映画が事実に基づいているというものでもなく、伯父がハルピン大学を出てモスクワにいたというものでもない。
来週以降、映画は「シニア料金」でみられるという事に気付いた。
あと数年もすりゃ、「お出かけパス」で堺市内のバスやチンチン電車が格安で利用できるらしい。
これに気が付いたのが衝撃。
  1. 2015/12/28(月) 20:58:50|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

時間が違う

仕事前にボー、っと病院の前を眺めていると赤い軽四が止まった。これ、ポストの集配の車。
あれ?、日曜日は10時過ぎに一回集配のはずなんだけど。年賀状集配のための臨時便なんだろうか?









ヤフオクを「熱心に」していた時は、ポストに入らないような大きな定型外郵便がよくでていた。病院にはポストの集配時間表が貼ってあり、10分前くらいから外ばかり眺めていた。車が来ればおっさんに荷物を直接渡していた。
大昔はかなり正確な時間に来ていたんだが、やり方が変わったのか、一年くらい前は1時間くらい平気で遅れることもたびたびあって当たればもうけもの、てな感じだった。
また、大昔は集配業務は別の会社にさせていたみたいで、白い車で別の会社名が書いてあったっけ。最近は赤い車で局員が集めている雰囲気。

いつだったか、スタッフに集配の車が来れば教えてくれるように頼んでいたら、普通の配達業務の車が目の前に止まり、荷物を持って行ったらしい。集配屋さんじゃなかったんだけどどうせ局に戻るから、って受け取ってくれた。

北海道の田舎じゃ、自分のポストに郵便物を入れておくと配達員が配達ついでに集配もしてくれる、って聞いたことがある。今でもそんなのんびりしたこと、やってくれてるのかなあ。
  1. 2015/12/27(日) 08:30:25|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

役に立つのか立たないのか

信貴山にあるという、ケーブルカーの跡地に行ってみた。余裕があれば生駒山縦走ももくろんだ。
まず信貴山を散策。なんか複雑でどこをどう見て回ればいいのか、よく分からなかった。結局は本殿でシャンシャンしておしまい。
さあ、生駒へ行くべ。

今日はGPSだけ持って地図も持って来なかった。有名なお寺だし、都会に近いハイキングコースなんで、道案内の地図や道標くらいあるだろうと思っていた。どうも、それが甘かったらしい。
まず、お寺から抜け出せない。ぐるぐる回るが、ハイキングコースらしき所も案内も無い。GPSで現在地はわかるのだが、肝心の目的地セットとナビゲーションをしてくれない。設定しても道がわからないのか、なんども検索を繰り返すだけ。結局、境内近くで30分以上さまよって疲れてしまった。
まあ、信貴山なら右へ降りれば奈良県、左へ降りれば大阪。もう、何にも頼らず適当に歩こう。

とある所で「高安山」の矢印を見つけて、なんとなく聞き覚えがあったのでそっちへ行ってやっと「縦走路」を発見、あとはひたすら北へ歩いて当初の目的を果たせた。
肝心のGPS。ひたすら現在地だけ示してる。ヒマなんで歩きながら、使い方をマスターすべくあちこちつつきまわるがさっぱりわからない。最後はつつき過ぎたのか、電池切れですべてを拒否するようになってしまった。

うーーーーーーん、役に立たんなあ。
たぶん、スマホの地図の方がずっと役立つんだろうなあ。

あ、今回も最後にコウモリがらみでしたが、生息の発見には至りませんでした。
  1. 2015/12/26(土) 23:17:40|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

読めっこない

ふるさと納税の書類が届いた。山形県「飯豊」町
私がふるさと納税をしたのは今年が初めて。今から思うと、なんでもっと早くしなかったかなあ、って残念に思うが仕方ない。
ネット検索して、「牛肉」をくれるというのでここに一番最初にお金を振り込んだ。

埼玉県に、自由の森学園と言う非常にユニークな学校がある。その学校があるのは「飯能市」で、そこの(元)理科教師が自然関係の本をいっぱい書いていて「飯能市」もよく紹介していたので、「飯*市」「はん何チャラ」と読むという読み方が、頭の中に固定されていた。で、「飯豊」も「はん何チャラ」って読むんだろう、って思っていたのだが、読み方がさっぱりわからなかった。まあ、わからなくっても振込みなんかには問題も無かったし。

で、今日になって初めて、「飯豊」町の封筒をしげしげ眺めた。振り仮名が打ってある。ここ、「いいで」ちょう、って読むんだ。そんなん、読めっこないなあ。誰も読めないからこそ、封筒にも振り仮名を打っているんだろう。
山形県のどこにあるんだかも知らない、読み方も知らない町を「応援」するって、どうなんでしょうね。まあ、これを機会にそこをより知って応援しましょう、って事かな。

ちなみに、米をくれるからって申し込んだ町も、どこにあるのか知らないんだけど。
  1. 2015/12/25(金) 20:52:27|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

書いても30分

毎年12月になると年賀状を送るかどうか、やめる口実がないかどうかグダグダ考えるんだけど結果的には毎年送るんだし、考えてるより書いてしまう方が早い、さっさと済ますべ。
と思ってちょっとやりかけたが写真も無けりゃ、気に入ったテンプレートもなく、頭に来て切れかけたら妻が娘を捕まえて作成を依頼し、30分ほどで作ってくれた。

妻との2ショットの写真なんてここ何年も撮ったことはなく、お互い自分の気に入った写真をそれぞれ貼り付けておしまい。
私の個人的な年賀状は私だけの写真と、たまたま過去に撮影していたサルを張り付けておしまい。

宛名をラベルで打ち出したがサイズがおかしくって使えない。もう一度打ち出すのも面倒だなあと思いつつ、それを見ながらしこしこあて先を書くとこれまた30分ほどでおしまい。空きスペースに一言書いて、今年の年賀状はすっと終わりました、とさ。










  1. 2015/12/24(木) 20:02:49|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

あっという間

何度もネタに使っているが、年を取ると一日、一年がものすごく速い。それまでに重ねてきた年数との比率が下がって来るかららしい。何チャラの法則てな名前もあるそうな。

私のコウモリの原点の一つは箕面にある。もちろん、人に教えてもらった穴ではあるが、最初に調査を始めた穴の一つ。キクガシラ、コキク、ユビナガ、テングが揃っているし、ユビナガは季節によると数百単位で利用していた。体力も気力もあったころは毎月調査をしていたっけ。(コウモリにとっては迷惑だったかもしれないけど、生息数はあまり変わらなかったのでディスターブは無かったものと信じている。)
この穴は一部、這うところがある。それ以外の所もほとんど頭がつかえるので中腰でないと歩けない。これがけっこうこたえる。
さらに、数年前に落盤があって穴が短くなったり、たぶん近くのトンネル工事のためだと思うんだけど、地下水脈が流れが変わったのか、水没していることが多くなった。
そんなこんなで、ここの調査回数がかなり減っているので、そろそろ行かんとあかんなあ、と思ったのが夏前。
暑いし何となく機会を逃していると秋になった。箕面は秋というと紅葉の季節で車があふれる。道路も一方通行になったりしてとても普通に行けない、行くなら平日かなあ、てな事を考えているうちに冬になってしまった。
で、もうすぐクリスマスで次は新年。

さあ、いつになったら行くんだべか。毎日が早いのでボーとしているうちにどんどん日が過ぎてゆく・・・・・。
  1. 2015/12/23(水) 20:51:44|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ホネスマス

ホネスマス、って呼んでいるんだったかなあ。ホネホネ団のクリスマス。
毎年この時期、3日くらい連続で活動し、最終日にクリスマス会をやっている。昔は毎年参加していたのだが、この一年間を見ても活動にはさっぱり参加していない。そんな状況でクリスマス会だけ行くというのはさすがに出来ない。
MLを見ていても知らない名前ばかりが出てくる。さらに新入会員の書き込みもコンスタントにある。
もう、老兵は去るのみ、だろうなあ。
  1. 2015/12/22(火) 22:35:32|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

浦野は北朝鮮に・・・・

遠くの友人からメールが来た。
1月の大学同窓会はどうする?、って。え、そんなん知らなかったけど?

大学は北海道の酪農学園大学。同窓会は、大学病院の見学とかをしてから札幌、もしくは近くの温泉街で宴会というパターンが多かったように思う。獣医科の卒業生も増えて毎年卒業生が大学に来るのも迷惑なのか、最近は大学は抜きでしかも地方でするケースがでてきた、といっても、知ってるのは前回だけだけど、九州で行われた。(うちの大学は九州出身者が多かったという事もあるのかも。)
基本的には10年ごとにじゃなかったかと思うが、今まで参加したことがないのでよくわからない。
で、次は大阪という話は聞いていたが、メールによると神戸でするとか。

大阪人にとっては神戸、ってすごく遠いような感じがする。なんで大阪じゃないんだろうか。わざわざ神戸までは行く気にならんなあ。だいいち、「招待」のハガキはもらってないんだし。

  1. 2015/12/21(月) 20:39:02|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

これが最後・・・

新(古)車に乗り出して一か月を超えるが、いまだに慣れない。ビッグホーンは急発進すると黒い排気ガスが出るときがあった。そのたびにバックミラーで確認していたりしたので、この車でも加速する時、つい後ろを見てしまう。

ガレージに駐車する時、右側の角ぎりぎりで下がる癖がついている。今の車はセンサーが付いていて壁が近づくたびに警報がピーピー鳴るし、無視して下がっていると非常ブレーキがかかってしまい、こっちがあわてる。

バックモニターなるものが付いていて周りの「風景」と自車の位置がモニターに出てくるんだけど、慣れないのでそんなのを見ながらバックする事は出来ず、モニターを見ているうちにハンドルを切るタイミングが遅くなって結局、何度も切り返す羽目になる。

一番迷うのは駐車してからの右手。今までだったら右手でキーを回してエンジンを切るのに、今の車は左手でスイッチを押してエンジンを切る。これだけはさっぱり慣れない。キーを抜くという「儀式」は一番ほっとする時間なのに。


大学2年生からずっと車に乗っている。コロナ、ブルーバード、ベレット、ジェミニ、パジェロ、ビッグホーン、等々。
基本的には10年10万kmという感覚がある。自分の年を考えりゃ、この今の車を10年使えば、これが車を買う最後になるんだろうか・・・・。
この年になってくると何をするでもこれが最後かなあ、って感覚がある、って、ちょっと早すぎか。
  1. 2015/12/20(日) 20:26:50|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

GPSで道に迷う

加茂から奈良へ、昔、鉄道が通っていたそうな。大仏鉄道と言うらしい。月に一度くらい歩いても運動不足の解消にはならんだろうと思いながら、せっかくの休みなんで出かけてみた。
ネットで調べて地図をダウンロード。曲がり角なんかがけっこう細かく書かれているのでこれだけで大丈夫だろう、と思っていた。そういえば、GPSも買ったままほとんど使っていない。買ったときに家でいろいろいじくり回していたんだけど、さっぱり使い方がわからなかった。歩きながらチェックしてみようかと思った。

加茂から歩き出したのは良いが、肝心の地図がいまいち理解できない。距離感が無いというか、なんか、実際と合っていないような気がする。合わせてGPSも試すんだけど、こっちはもひとつよくわからない。
地図とGPSとコンパスを持って道に迷う、って、たいしたもんやなあ。結局は、えいやで方向を決めて歩いたら予定のコースにのっかた。

コウモリを始めた頃は5万分の一だったかなあ、そんなサイズの地形図にポツンとある鉱山マークを2万5千分の一の地図に移して、現地に行って歩き回れば最終的に鉱山を発見できていた。廃坑に関しては間違う事は無かったのに、町中とかでは必ず道に迷う。考えて考え抜いたら、たいてい反対に歩いている。今日もそんな感じだった。
うーーん、役に立つGPS。

結局、20kmくらい歩いたらしい。
久しぶりの筋肉痛。
  1. 2015/12/19(土) 21:33:55|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

当たったけど・・・・

応募用紙(とあるものを購入しないともらえないはずだったもの)を山ほど入手し、当選者数がすごく多かったのでいっぱい応募したら一つが当選したらしく商品が送られてきた。が、いざ手にするとどうしても欲しいものでもなく使い道も限られていて、持て余し気味。ふと思いついてヤフオクを見ると同じのがすでにいっぱい出品されており、一つも売れていない。
よく考えると、使い道が無けりゃ、応募した時の切手代の回収にもなってない。
何だか、うれしいより切手代の損失の方が悲しい。最初から考えろ、って?ごもっともです。
  1. 2015/12/18(金) 22:20:58|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

売れんべさ

出入りの薬屋、それもメーカーがこんなのを持ってきた。
薬を作って売るだけじゃ儲からないのか。それにしても畑違いすぎるような気もするけど。

PC110289.jpg







これで2700円ほどだって。こんなん、売れると思います?そもそもこんな遅い時期に並べても。
いつも書くけど、大阪人は、カレンダーはもらうもの、って思ってる。日めくりと言えども買う習慣はないように思うんだが。
  1. 2015/12/17(木) 20:33:32|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

君は無理じゃないかなあ

うちのカメがおしめに入ろうとしている。
君には合わないと思うけどなあ。

PC090283.jpg






ソフィの尿量が多くなり、あちこちで漏らすようになったのでおしめを使いだした。が、コーギーというのは尾がないので「ひっかかり」がなく、付けても数歩歩くとこんな形のまま脱げてしまう。それを見つけたカメが、自分も欲しくなったらしい。
  1. 2015/12/16(水) 20:27:02|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

もう、やめりゃいいのに

オリンピックの競技場。
「なんか、普通やなあ、こんなんやったらこないだのおばはんのの方が斬新やったなあ」
「6万人、って、サッカーワールドカップは8万人必要やから誘致できひんなあ」
「屋根がないから音楽コンサートは無理ちゃうの?どうせ金かけるんやったらもっとええもん作れ、なんか中途半端」
って、みんな好き勝手いうだけ。
ザハのおばはんは(もう、終わった話やと思うのに)もっと安くできるとか、なんだかんだ今度の案にも難癖付けてる。
国民国民というけど、前のオリンピックの競技場にしても国民の何割が利用したんだろうか?今度の競技場も恩恵を受ける、利用する可能性のあるのは国民の何%?

まあ、東京、お上のすることにいちいち文句を言いたくなるのは大阪人の常かなあ。
  1. 2015/12/15(火) 20:23:11|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

驚異の構造

病院で使っていたヒーターが暖まらない(ような気がした)。
廃棄しようと思って分解してみた。
驚いた。

PC100286.jpg







(線が切れてるのは写真を撮る前にちょん切ったため。)
電線が「箱」に入って、一部はライトにつながり、残りは板に張り付いているだけ。むき出しの線が発熱するのかなあ。ニクロム線みたいな、発熱する構造があるんだと思っていた。

病院で使っているドリルのコントローラー。交流100ボルトを直流の何ワットかに変換するんだろう、たぶん。
勤務医をしていた時の院長が電気に詳しい人だった。しょっちゅう日本橋に出入りしててステレオやラジオを自作するような人だった。ドリルを買う話をするとコントローラーを買うなんてばからしい、自分で作れば何百円で済む、という話になってあっという間に作って下さった。基盤になんやらわからんものを数個はんだ付けしておしまい。
それ以来、30年使い続けている。作った本人はお忘れだろうな。
  1. 2015/12/14(月) 20:04:00|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

お金の正しい使い方

今日、妻と子供らが行った「ツアー」
御園ユニバースで中華のフルコースを食べて市内観光何か所か、3000円のダイキ水産での買い物券と、600円の大阪市営地下鉄乗り放題券が付いて3980円、というもの。単純計算すると食事が380円と言えなくもない。これって、地域何チャラ(消費拡大)の助成が半分付くツアーなんだって。一応ツアーの形式は取っているが、御園ユニバースに集合して食事し、残りのスケジュールは希望があればキャンセルできる、との事。わざわざ大阪の観光地を案内付きで電車で回りたい人もいるはずがなく、ほとんどの人は食事後、金券と切符をもらって残りをキャンセルしている。たぶん、ツアー形式でないと助成金が出ないからこんな形にしているんだろうなあ。
その助成と言うのはもちろん、税金。確かに、助成でも無けりゃこんな「ツアー」は組めないし参加者もいないだろう。参加者は嫌でも3000円分は買い物をするので、その分は消費拡大と言えなくもないけど、なんだかなあ。

消費税引き上げの話がいろいろ言われているけど、集めた税金をこんな形でばらまく、って、正しい使い方なんでしょうかねえ。











昔懐かし、チンドン屋。
私が子供の頃は市場の売り出しなんかでしょっちゅう見たけどなあ。よく、後ろをついて歩いていたっけ。
  1. 2015/12/13(日) 18:14:35|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ところ変われば

先日の、豊橋市自然史博物館。見終わった時間に収蔵庫見学ツアーがあったので行ってみた。
集合場所に集まったのは3人だけ。私、おっさん、お姉ちゃん。この日は貝の学芸員が担当で、参加していたおっさんはその学芸員と(少しだけ?)顔見知りだったらしい。さらに貝の「なんちゃってコレクター」で、自分でも貝をいくつも購入しているらしい。で、まあよくある話ではあるけど、自分の自慢話を延々とするし、学芸員の話の腰を折ってつまらん話をしだしたりしている。おまけにその学芸員さんはたいへんおとなしい方で一方的におっさんをしゃべらせている。私とお姉ちゃんはほぼ蚊帳の外。

私自身もまあ、博物館の関係者に近い人物で学芸員がしゃべること、「一般人」の質問はだいたいわかる。が、知ったかぶりをすればおっさんと同じことになるし、かなり我慢はしていたけどさすがに辛抱できなくなって、お姉ちゃんにいろいろ解説してしまった。

大阪自然史で収蔵庫見学を広報すれば100人単位で申し込みがあるのになあ。こっちは年に3,4回実施しているらしいが、いつもこんなのかな。広報の仕方なんだろうか。そもそも、ここって、動物園とか植物園と同じ敷地にあるので博物館だけを目的に来る人ってあんまりいないんじゃないかなあ。


あ、も一つ。館内でボランティアによる展示解説をしていた。化石なんかも本物を持ってきて。こっちは数名以上の参加があった。大阪自然史って、なぜか知らないけどこういうボランティアは置かないらしい。ボランティアにとっても博物館にとってもええ事だと思うんだけどなあ。ボランティアの教育とかに余計な仕事が増えるとでも思っているのか、あるいは、そんな専門的な教育を任せられないと思っているのか。
  1. 2015/12/13(日) 13:49:22|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

1850円で豊橋往復

18切符です。行くところがないとか何とか言いながら、結局、行ってきました。
豊橋の動物園、博物館。
18切符は5回分11850円で、今日の残り4回分は、ヤフオクで10000円で売却、差し引き、往復1万円ちょっとの交通費を1850円で済ませた計算になります。何か所かで途中下車もしているので、真面目に計算すれば交通費はもう少しかかったかも。
まあ、出かけなきゃ1850円はいらなかったというのは別の話。

予想以上にりっぱな動物園でした。博物館はぼちぼち。
また近いうちにHPをご覧ください。
  1. 2015/12/12(土) 23:12:25|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

***くんへ

めーる、ありがとう。まえにつかっていたけいたいでんわがこわれて、きっずけいたいをつかっています。これって、かんじがでないみたいです。うけるのはしょうとめーるだけみたいです。おくってくれためーるはかんじがはいっているのにねえ。ひらがなだけのめーるでもようじがわかるかなあ。

友人からメールが携帯に来た。キッズ携帯というのは、ショートメールは受けるが普通のメールは受けられないらしい。さあ、以前のアドレスにメールを送って、返信がないって怒ってる人はいるのかなあ。
まあ、こちらとすりゃ別に今の状況でも困らないんですけど。


というのを書いたんだが、その後、うちのスタッフが普通の漢字付きのメールが書けることを発見してくれた。少しは進歩したかな。
  1. 2015/12/11(金) 20:22:25|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ブログネタ

ブログというのは本来は毎日の出来事なんかを書くものかもしれないけど、最近はあらかじめ何件か書いておいて適当に予約投稿している。そこまでして毎日書く(投稿する)必要があるのかどうかはよくわからぬが、平均して40人くらいが毎日ここにアクセスしてくれているらしい。たぶん、向こうさんはこちらをご存じなんだろうが、こちらはどなたがアクセスしてくれてるのか存じない。相手がわかってて閉鎖された環境ならもっと過激な事も書きたいんだけど、まあ、仕方ない。まれに数年前のブログに反応して文句を言ってくる人もある。
で、実際のところは平々凡々の生活なんでそんなに話のネタがあるわけでもなく、人様の投稿やfacebookなんかも参考にしている。
で、見つけたのがこれ
けっこう皆さんが引用して紹介しているのは以前から知ってはいました。

これって、2,30年前に「バウ」、って本が出ていてそれと全く同じノリ。本屋で立ち読みしてたら爆笑しそうで「仕方なく」買って読んでいたなあ。数号は出ていたように思う。今じゃネットで好きな時に見られる、って、本が売れないわけですねえ。
  1. 2015/12/10(木) 20:50:40|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

アフリカ行く人にお願い

保護されたマガモからハジラミが一匹。一ついりゃもっといっぱいいるケースが多いが、一生懸命探したが見つからない。
鳥のハジラミは東大の先生へ送っている。その先生はハジラミそのものを調べているんじゃなく、ハジラミの腸内細菌を調べているんだって。なんだかマニアックな研究だけど、すごく有名な優秀な先生。一匹じゃ分析できないという話を聞いていたので問い合わせると、やっぱり一つじゃ使いにくいので、純粋なハジラミの分類屋さんを紹介してくださった。合わせて、次の依頼をもらってしまった。
アフリカゾウのシラミを欲しいんだって。

うーーん、ここじゃアフリカゾウの傷病は来ないなあ。死体も見たことないし。
どなたか、アフリカへ行かれることがあったらぜひシラミを捕まえてきてあげてください。論文の際には謝辞をもらえます。
  1. 2015/12/09(水) 20:14:34|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

おいくつ?

見たいという人が現れて家から連れてきた。うちのイシガメ。
ずっと屋外の水槽に入っていた。面倒を見ているような、ほったらかしのような。来た時からあまり大きくなっていないような気もする。
慣れているような慣れていないような。もっとも、慣れると呼んだら来る、という生き物でないような気がする。

急に小さな水槽になったので落ち着かないのか、ずっと動き回っている。

歳を聞かれたがさっぱりわからない。
出身は能勢。オオサンショウウオを調査しているときに会って、そのままうちに来てもらった。
最後のオオサンショウウオ調査は10年以上前じゃなかったっけ?困ったときは自分のHP。昔のを久しぶりにチェックしてみた。懐かしい。あ、そんなこともあったっけ?、って、さっぱり検索は進まない。

HPを何度も移動させているので画像が行方不明になっているのが非常に多い。ある月のページなんて、ほとんど無くなっているなあ。バックアップがあるのかないのかもよくわからない。パソコンも何度か入れ替えているので無いような気がする。もう、いまさらチェックして復活させることもないだろう。

あ、結局、年齢はよくわからなかった。2008年くらいまではオオサンショウウオで川に入っていたので、少なくとも7~8歳以上、かな。










  1. 2015/12/08(火) 20:05:41|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ないないづくし

今日は一日休み。せっかくの休みなんで遠出を考えた。車を買ったところなんで高速でも走ってみるべ。北は混みそうなので南しかない、となると、アドベンチャーワールドしか思いつかない・・・・。そういえば、周参見にエビとカニの水族館があったはず。検索すると、高速を出てすぐのところにあった。白浜からもそう遠くないので行ってみた。
車は(当然だけど)軽快に走る。ちょっと前までは、高速はみなべまでだったはず。行ってみるとみなべまで有料で、その先は道があるけど「無料区間」となっていた。そのまま走るが、カーナビに道がない。なんでだろう?、新古車で登録が2月なんで、その時点ではこの道、無かったのかなあ?なんだか、ちょっとがっかり。
水族館は道の駅に併設されていた。別の場所にあったのを移動させたんだそうな。
写真を撮りつつ水槽を見て回っていると、何枚か撮影したところで「内蔵メモリー不足です」との表示。ありゃ、SDカードが入ってない。電池は充電したつもりだったがメモリーは確認しなかった、というか、当然入っていると信じていた・・・・。画質を落として内蔵メモリーの記録可能枚数を増やした。
そこを見てから白浜まで戻り、アドベンチャーワールドへ。やっぱり、おもしろいなあ。
時間の都合でパンダは最後に。ちょうど、解説付きでパンダにおやつをあげていたが撮影しようとしたら、「電池がありまへん」だって。
近いうちにHPを作ろうと思っているが、「パンダのいないアドベン」になりそうです。

  1. 2015/12/07(月) 21:28:58|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

googleに

googleを名乗るところから電話がかかってきた。地図に病院を載せて、そこをクリックすると病院の写真や詳細が出るような設定にしたいのだという。病院の存在は内緒でもないし、詳細はHPに掲載している。制限なしに公開している情報なんだから勝手に引用して掲載してもらっても構わない、って返事をするが、会って了解を取りたいのだという。わざわざ病院まで来るって言われるとどうしても警戒する。結局、掲載料とか協力費みたいなものがかかるんじゃないの?、って何度も聞くが否定する。インターネットで食べている会社なんだから、そんなんメールでやり取りすりゃ証拠も残るんだし、それで十分じゃないかと思うんだけど。で、まあ、金の話が出りゃ追い返せばいいか、って、病院へ来ることを了承した。

当然と言えば当然だけど、もらった名刺にはgoogleの活字はない。直接の「社員」じゃないという事かなあ。で、説明を聞くけど、電話で聞いたこととほとんど同じ。こっちも同じ説明をして、HPに載っている情報は写真も含めて勝手に使って、って説明する。わざわざ病院まで来たんだから、使用にあたっての了承のサインでもするのかと思っていたらそれもない。それなら、メールの方が証拠も残るんだし、そっちの方があとあと問題がないような気もしたんだけど。

お金の話は一切出なかったし、(好意的に考えて?)そっちへ繋がる感じも無かった。どこでどういう風に掲載されるのか聞きそびれたけど、一か月くらいで見られるようにする、って話だった。
さあ、これから先、なんか展開があるのかなあ。


「取材」を兼ねた詐欺まがいの話は時々ある。
某夕刊大衆紙から電話がかかってきた。うちの読者さんが先生の病院をすごく推薦しているので取材させてくれないか、って。取材くらいはいくらでもどうぞ、って話をしつつ、どんな話題を載せるのかな、とも思ったりしていて適当に受け答えしていると、最後に、広告料じゃないけど印刷経費の一部として協力金をくれないか、って言われた。なんや、要するに金を出してくれれば掲載してやる、って事やんか。あほらしくなってすぐに断った。
それから一週間ほどして、出入りの業者がその新聞を持ってきた。見ると、堺市の某先生の病院と記事、写真が載っていた。その業者さんは「純粋な」取材記事だと思って読んでいたらしい。
ふーーん、知らなけりゃ一般の人はそう思うんだなあ。それにしても、その先生、よくそんな金(けっこう高かったような気がする)払ったなあ。


というブログを書いてから気になってもらった名刺のHPにアクセスしてみた。googleの仕事をしているとはじぇんじぇん書いていない。web作成とかの文字が並んでいる。
結局は有料の仕事に繋げるつもりなのかなあ。
  1. 2015/12/06(日) 22:42:36|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

電飾

向かいの商業施設で電飾の工事が始まった。建物と街路樹に電球をぶら下げてる。あれって、一見はきれいに見えるんだけどこうあちこちでやられると、もう何にも思わなくなる、というか、さすがにあれだけあちこちでやっていると「電気代」が気になる。時勢に逆行しているようにも思うんだけどなあ。私企業が金儲けで人集めのためにやっているのは仕方ないけど、国道沿いなんかで行政がどこもかしこもやってるのはどうかとも思う。

神戸のルミナミエも始まったらしい。あれって、なんだか中東の成金趣味を連想させてもひとつ好きになれない、といいながら今まで3度ほど行ったっけ。どれも18切符での帰り道に寄ってみた。ただ歩いて時間をつぶしただけで、もうこれが最後だろうなあと毎回思っていた。時間つぶしとブログネタの為だけに歩いていたような気もする。

ライトというと、今はほとんどLEDですなあ。私がコウモリを始めた時は当然、電球。しばらくしてLEDが急に出てきて、大学生なんかを引率したらみんなLEDのヘッドライトや懐中電灯を持ってきていた。小さいのと明るいのでびっくりした。ただ、白いというか、ライトに温かみがなくって好きになれなかった。といいつつも、今は私もヘッドライトはLEDになってしまったが。メインの懐中電灯はいまだに、単1電池6本の重たいのん。電池の消費も早くてすぐに暗くなり、役に立たないことも多々あるのだが、真の暗闇の中では温かみを感じるのでいまだに手放せないでいる。



  1. 2015/12/05(土) 20:50:38|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
次のページ
【楽天市場】本・雑誌・コミック