FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

どうして掲載しない?

急に野生鳥獣保護が続いている。某保護施設(いわば、同業者なんだけどなあ)からの紹介でバン、松原警察からパトカーでカワウ、松原市役所からカルガモ、市民からの持ち込みでタヌキ。
どれも、困った困ったコマドリ姉妹の末にうちにたどり着き、持ってきてもらった感じ。

何度も何度も書いているが、大阪府は野生鳥獣救護活動を一般の動物病院に委託して、救護ドクターとして指定している。一応は微々たる金額ではあるが助成金も支出し、実績に応じて獣医師会が分配している。
府のHPにもその旨書いてはいるが、どこに持ち込むのかについては問い合わせろ、って書かれているだけ。

まれにすごく遠くからうちにたどり着く方がおられるんだけど、近くに保護施設があるんじゃないかなあ、っていつも思っている。が、うちには保護施設のリストや、その施設で扱える生き物(猛禽類や哺乳類を受け入れるのかどうか、サギはどうなのか等々)についての情報がない。結局は遠方でも持ってきてもらうことになる。なんだか、申し訳ない。

府に、受け入れ病院の情報をHPに掲載したら?、っていつも言うんだけど、特定の病院に集中したら迷惑がかかるから、って理由だったかなあ、さっぱりその気はないみたい。せめて、保護施設にだけはリストを流して、ってお願いをもう何年もしているんだけどそれもさっぱり。最近はあほらしくってお願いするのもやめてしまった。

野生鳥獣保護飼養ボランティア制度もHPには載っているんだけど、機能しているのかどうか。飼養実績くらいは年に一度くらいは教えてほしい。

って、行政の傷病鳥獣の扱いについての文句は、いくらでも書ける。国自体が傷病鳥獣の扱いについてしっかりした指針を出していないので府の方もおろおろしているのが現状ではありますが。
  1. 2015/10/02(金) 20:48:07|
  2. 仕事?野鳥|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
【楽天市場】本・雑誌・コミック