毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

創意工夫

SPO2、血中酸素を測る器械。13万円する。壊れて泣きそう。
が、どう壊れたのかよくわからないけど、スイッチがダメなだけで測定はする。電源が切れないので、使うたびに電池を入れたり、出したりしていた。電池カバーは何年も前に爪が折れており、ガムテープで固定している。こちらは電池が無くなるたびに電池の交換とテープの張り替え。
思いついて、電池ボックスのふたに隙間を作って、プラスチック板を入れてみた。これがスイッチ代わりに。
とりあえず使える。
13万円が浮いた。










血液の遠心分離器。数万円。蓋側の突起が下の小さな穴に入って、それこにあるスイッチを押し下げると回るようになっている。その部分が壊れた。モーターは普通に動くんだから、外ケースだけ交換できないか、というが無理という。
スイッチを迂回させて電気を直結、そのかわり外部にスイッチを新設。
数万円浮いた。

P9270245.jpg









  1. 2015/09/30(水) 20:14:47|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

かわいいカニ

紋別市から「お礼」が送られてきた。









スケールを入れてないのでわからないかもしれませんが、あんまり大きくはありません。
まあ、寄付金額1万円で大きなカニを二つも送っていたら、紋別市もじぇんじぇん「収入」にならないでしょうし。
たまたま同じ日に、「すき焼き用」の牛肉が1kg!こっちは2万円。
来月から2か月に一度、10kgのコシヒカリの予定。これは寄付金額3万円。


うちの税理士にふるさと納税の話をしたら、なんだか話がかみ合わない。ふるさと納税、って、税額控除なんで、片一方にお礼も見返りもない3万円を納税するより、おまけ付きの市町村に3万円を「納税」した方が得、って、理解していたけど、なんか間違ってます?(2000円はまあ、仕方ない。)税理士さんこそ率先してやっているんだと思っていた。

  1. 2015/09/29(火) 21:59:17|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:3

並んだ一日

月曜日は一日休める日と夕方から出勤の日が交互にある。夕方から仕事となるとあまり遠出は出来ない。もっとも、休みのたびにどこかへ行ってるわけではなく、家でゴロゴロしているだけの日の方がよっぽど多いような気もするけど。
今日は急に思い立って姫路城へ行ってみることにした。あさイチに歯医者だったので9時30分くらいに出発、12時前に着いて2,3時間ぶらぶら、まあ、夕方には帰れるべ、と思って。

湾岸線から神戸へ。ラジオの交通情報や、高速道の掲示板にどこそこ、故障車渋滞何km、て流れてる。神戸方面、めったに行かないので地理感がなく、どこって言われてもわからない。わからぬまま流れに乗っていたが、渋滞が始まって最後はほとんど止まってしまった。電光掲示は、「故障車、通行止め」になってしまった。なんで故障で通行止め?さっぱりわからん。

のろのろ走っていたがラチが明かないので、何台かの車が本道からそれたのと、前に姫路ナンバーのトラックがあったのでそれに付いていった。どうも、山間部を迂回しようとしているらしい。
みんな考えることは同じなんだろうなあ。そっちも大渋滞で、のろのろ。

結局、3時間以上かかってやっと到着。車を止めるのに5分ほど並ぶ。

姫路城。ものすごい人と車、ツアー客。平日なのに、そんなん、関係ないんですな。
天守閣まで1時間待ち、の看板。
並びました。

さあ、帰ろうとするとラジオの交通情報で、阪神高速神戸線で事故、通過に2時間、って流れた。
神明道路に入ったらよかったのに要領が悪くって2号線に入ってしまった。渋滞。たぶん、高速の事故の事もあったのだろう、2号線も43号線も大渋滞、ひたすら並びました。
帰りは4時間・・・。
  1. 2015/09/28(月) 22:37:53|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

立場変われば

大阪府獣医師会から、親睦会の案内が来た。観劇、だって。あれって、数千円はしたはず。無料なのか、自己負担があるのか書いていなかった。でも、会員のうち参加するのは数%。そんなんに少額とはいえ、会費を突っ込むのは腹が立つなあ。そのぶん、お金で返して欲しいというのが実際のところ。来ない方が悪い、というのが向こうの言い分か。

堺市獣医師会でも大昔は親睦旅行を「無料」でやっていたっけ。そのころは私も参加していたなあ。会が主催するとある事業から何十万円と言う額をもらって、それを旅行費用に充てていた。当時は会員の7~8割は参加していたので表立っての文句は来なかったのだろう。来なかった人には「おみやげ」と称して菓子折りを送っていた。北陸へカニ旅行へ行った時はカニを送っていたが、参加者のおみやげには浜湯での新鮮なカニ、非参加者には冷凍のカニで、他言無用、って世話人がくぎを刺していた。
これも参加者が減ってきたのと事業による収入が減ってきて無くなってしまった。親睦旅行は行っているけど、参加者は10%くらいかなあ。私も「有料」になってからは行ってない。


  1. 2015/09/27(日) 20:19:36|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

岩湧山









一か月に一度くらい山を歩いたって運動不足の解消にはならないんだと思うんだけど、歩けるかどうかを確かめたいのかなあ、突然、歩いてみたくなったりする。今日は滝畑から岩湧山。
行きは林道を歩いたのでだらだら長いけど、林間の山道の上りなんかはほとんど(というより、全く)なし。最後にあると思っていた登りも林道が迂回していたみたいで、それもなし。本日の歩き初めで、けっこう早いペースで滝畑を往復(正確には林道からダイトレへの周回)してしまった。
滝畑へ戻って時計を見ると1時前。時間的には施福寺を往復できるかも。

時間だけ考えて、これまでの疲れは考えなかった。しかも今度は全部ハイキングコースで、上り下り。
途中で引き返そうと思う事、何度か。
何度も休憩したが、結果的にはコース図の時間よりかなり早めに往復できた。

コウモリで山を登っていても、「若い時」より体力が落ちたとしみじみ思うが、まだ大丈夫かなあ。
  1. 2015/09/26(土) 21:39:43|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

もうちょっと、親切に

北海道のコウモリ屋さんが紹介して下さっていました。
愛媛のコウモリだそうです。











「面河」と言われてもどこにあるかわからんし、第一、読めない。HPを検索しても読み方はわからず。どこだかに小さく英文表記があって、やっと「omego」らしいという事がわかる。
次にアクセスを見ると地図が出てくるが、googleに印をしたのが出てくるだけで、一見しただけではどこからどう走るのか、どこから何時間かかるのかもわからない。そもそもこの博物館、って、公立なんだとは思うけど、町立?
ブログにこの展示の事が書かれているけど、トップページには載せられていない。

愛媛というと航空券がピーチでよく安売りされているし、早朝、夕方便を使えば大阪からの日帰り圏になっている。もうちょっと親切に案内してくれればいいのにねえ。まあ、田舎の公共施設の案内、って、こんなもんかな。
  1. 2015/09/25(金) 20:29:35|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

それ、って、おとり捜査じゃないの?

ヤフーニュースで、無人販売を取り締まっていた警察官が「犯人」に噛まれた、って報道されていた。
なんでも、お金を入れないで商品を持っていく人がすごく多くて、通報を受けた警察官が(陰で)見張っていたんだとか。
なんだかなあ、どっちもどっちというか。

無人販売というのは「性善説」に乗っかっているからこそ成り立つ商売。このご時世なんだから、お金を入れないで「盗む」人が増えてくりゃ、そういう商売が成り立たないだけの事で、そういう商売の形式を保ちながら警察に相談するって、どうなんでしょう?お巡りさんに監視させていた?ガードマン代わりに?

いつだったかなあ、某所へコウモリ調査へ行った。めったに人も来ない山中なのにお巡りさんがいて驚いた。挨拶して何しているのか聞くと、(時期がちょうど秋だったので)マツタケ泥棒の通報があったから監視しているんだって。これにしても、税金で働いている警官を個人の趣味?、仕事?に手伝わしているみたいで、なんかすっとしないものが残った。お巡りさんがいたのでコウモリ調査できなかった(一応は立ち入り禁止の場所へ行こうとしていたので)うらみもあって、こんな言い方をしているんですけど。
調査できなかったのでハイキング代わりに山をうろついていたら、テントから大きな音でラジオが流れてきた。真っ昼間なのに電気もついていた。どうも、泥棒よけにそういうのをしているみたい。本気で人の山でマツタケを盗もうと思うような人に、こんなの効果あるのかなあ。

よく通る道に無人販売があった。ミカンを売っていたので二つ買って、指定の金額を入れた。と、となりの電気屋からおっさんが出てきていくら入れたか確認した。なんだか、気分が悪かった。それ以来、もちろんそこで物を買ったことはない。
  1. 2015/09/24(木) 20:16:35|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

キングスマン

動物園は混むだろうと、9時30分の開園直後に入った。なんや、心配するほど混んでないなあ、と思っていたがやっぱり12時近くなると混みだしてきた。場所によっては一方通行だったり、見えにくい場所では子供が独占していたり。
まあ、こっちもそんなに動物を見たいわけじゃなし、一通り、「空いたケージ」を見て回ったら納得して用も無くなった。
たぶんこうなるだろうと思っていて、出かける前に午後からのチケットを購入していた。

「キングスマン」

まあ、普通のスパイものなんだけど、ストーリーが単純で登場人物も難しくない。
非常に楽しい映画です。

人が死に過ぎでちょっとだけ減点するけど、最後の場面を加点して、95点。

  1. 2015/09/23(水) 20:09:08|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

だからぁ、500円くらいは払いましょう









どこからみても「招待券」って書いてるんだけど。有効期間はあるけど、有効期限はないし。

「動物愛護週間」になると「動物愛護会」なるところから動物園の、この招待券が送られてきていた。たしか、動物園で動物慰霊祭がこの期間にあって、それに参加という趣旨もあったのかなあ。
毎年その時期にタイミングが合わなければ使いようがないので、だんだん病院にたまって来ていた。

いつからだろうか、券が送ってこなくなった。

券が来なくなって2,3年して、おそるおそるこの券を持って動物園へ行ってみると普通に入れた。
それからまた2,3年経過した。

これが最後の一枚。ヒマなんで行ってみた。入り口で出したらストップがかかった。
だからさあ、最近はもらえないのだけど、2,3年前は入れたって説明するが、問い合わせるから、ってらちが明かない。10分くらい待ったかあ、結局、入れません、って言われた。
よっぽど「切れようかなあ」とも思ったんだけど、あほらしくてそのまま引っこんだ。

思うに、どうも入り口業務を下請けに出しているんですな。それで融通がきかなかった感じ。

大昔は友人が動物園に務めており、彼の名前を出すと普通に通してくれていた。毎度毎度、タダで入れてもらうのは申し訳ないかと思ってお金を払ってチケットを買い、入り口で彼が出勤しているかどうか聞くと、それならチケット買う必要なかったのに、って言われたこともあったっけ。「公務員」だけで業務していた時は何でもあり、だったんじゃないかなあ。



  1. 2015/09/23(水) 19:59:04|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

鳥の剥製行事

博物館で、鳥の仮剥製の実習があった。猛禽用のウズラを購入し、仮剥製を作るというもの。特に頼まれた訳でもないが、自分の勉強を兼ねて見学兼お手伝いをしてきた。
どれが正解というものでないだろうが、作業の仕方は「博物館様式」と私は微妙に違う。当然、今日の実習は「大阪自然史」的なやり方を学習する訳で、実習が始まって参加者からやり方を聞かれると、博物館様式はこんなの、私はこんなやり方、って説明がくどくなる。結果は同じなんですけど。

この行事を聞いたとき、鳥の仮剥製というのはいわば皮と中身を分離するのが目的なんで、今回のは標本じゃないなら中身はいらないんだろう、ミグちゃんやハヤブサのごはんが一気に入手できる、と喜んだのだが、作業中、ホウ酸を多用するという事に気が付いた。ホウ酸付きのエサは使えない。ホウ酸を使っているつもりでメリケン粉を使って~、って頼んだのだが、「皮」の方は基本的にお持ち帰りするらしい。となると防腐用にはやっぱりホウ酸が必要。
泣く泣く、中身の持ち帰りを断念した。
バケツに貯められた、50羽分のウズラの身。あー、もったいない。
  1. 2015/09/22(火) 20:37:19|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

泳げばよかったか

友の会で友が島へ行くという。私は担当じゃなかったが、以前、月例ハイクで友が島へ行った時に担当した事があるので手伝いを申し出た。
私が担当した時は普通のハイキングとして計画したので当日まで参加人数もわからなかった。往復2000円もかかるし電車代も遠方だとかなりかかるのでせいぜい、2~30人かなあ、と思っていた。団体割引の20人を超えるかどうか不安だった。が、いざ蓋を開けてみると数十人の参加があり、船の定員が100人だったので、一般客もおられるし、定員カツカツだったみたいだった。うちの団体の乗船券を発行したらその便の販売は中止し、出港までかなり時間があったけど以降のお客さんには次の便(1時間後)を案内していた。何だか、申し訳なかった。

今回は私の時の経験から申し込み制で定員を40人にした。聞くところによると、倍近い申し込みがあったらしい。まあ、外れた人には申し訳ないけど仕方ない。

11時の船に乗る予定で、集合時間は早めの9時15分に設定した。(9時までに来た一般客は、9時の便で島へ渡っているはずだった。)私は直接券売り場へ行って人数分の予約をするつもりだった。
8時30分頃に乗船場へ行ってみると満車の札が下がり、一角に団体と思しき人たちがいた。ありゃ、他の団体とブッキングかなあ、まいったなあ、と思いつつ他の駐車場へ回るがそこも満車だって。何とか苦労して駐車場を探して車を止めて乗船場へ行ってみると、私が団体さんと思ったのは行列の一部だった。
券売り場から延々と人が並んでいる。状況を聞くと今から並ぶと1時の船だろう、との事。9時から1時間ごとに出港させているが追いつかないらしい。
担当者にその旨連絡すると、友が島へ渡るのは断念した。

コウモリがらみで友が島へは何度も渡っている。冬なんて乗客はせいぜい数人だったのに。
この航路、あまりにも赤字なんで一時は廃止されかけたが、他の会社が引き継いで存続した経緯もある。どうも、ラピュタというか、この手の遺跡ブームで急に人気が出たらしい。

以前私が担当した時はまだブームになっていな時期だったんだろう。
今後、恐ろしくて会としては友が島行事は計画できないなあ。
恐るべし、友が島。
  1. 2015/09/21(月) 21:38:01|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

さらにわからん

昨日に引き続き、ショートショートなんちゃら。短編映画集。数本見たが理解できたのは一本だけ。残りは全く理解できず。
うーーん、世界が違いすぎるのかなあ。でも、誰にでもわかるというのが人に見せる作品の基本だと思うけど。もっとも、前衛音楽というか、前衛芸術というか、その手の芸術作品というのはさっぱり理解できないので、この手の映画もそんな世界に足を突っ込みつつあるのか。見る方にもそれなりの覚悟が必要なのかもしれない。
  1. 2015/09/20(日) 21:20:33|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

シルバーウィーク、っていつから?

いつからシルバーウィークって呼ばれるようになったんだろう?毎年こんなに休んでいたかなあ。
といっても日曜日は普通に仕事。休み前だからか、けっこう忙しかった。
明日の21日は完全休養日、というか、仕事抜きの予定を入れた。それなりに楽しみ。
22、23は博物館でホネホネの実習があり手伝いに行く予定。最近、ホネホネの活動にはさっぱり参加していない。こないだのクジラの続き(砂場に埋める)があるらしいが、それも行けそうにない。哺乳類の皮むきなんて、もう1年以上していないなあ。(陸上)哺乳類のかほりからもずいぶん遠ざかっている。
ホネホネ団のスケジュールが流れてくると、会員さんの参加表明のメールが続いて流れてくるが、知らない人ばかりになってきた。
だから何、というものでもないですが。

ということで、とりあえずは明日を楽しみにしておくべ。
  1. 2015/09/20(日) 14:01:51|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

もうちょっと何とか・・・・

大阪で、ショートフィルムフェスティバルというのがあった。10分前後の映画、とでもいうのかなあ。
「米国アカデミー賞公認国際短編映画祭」との表題も付いている。上映は申し込み制だが無料なんで行ってみた。

10分というのが長いのか短いのかよくわからない。でも、10分もあればもうちょっと「主張」できるとも思うんだけど、なんか、あと一歩乗り切れない。乗りかけたら終わる。
何となく理解、共感出来るのもあったが、なんじゃこれ、というのもちらほら。
前衛すぎるのか、私の理解が追い付いていないのか。

まあ、面白くなくっても時間は短いので退屈することもなかったけど・・・。
明日、夕方のにも申し込んでいる。
明日に期待するかなあ。
  1. 2015/09/19(土) 22:55:31|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

急がんでも

ピーチからメールが来た。特売、だって。
ピーチの料金というのは毎日、日によっては時間によっても違うという人がいる。(そういわれてずいぶん前、毎日朝晩とか、日ごとに代金を調べたこともあったが、そんなに大きな変動はなかったが。)ただ、特売が安いのは確か。前から行きたいところがあったので予約を試みた。

ピーチの特売は真夜中、12時から始まる。売る座席数が決まっているらしく、翌日アクセスしてもそんな値段だった試しがない。いつだったかは、夜中まで起きてて12時と同時にアクセスし、安い日と便を探して予約しようとした。最後の最後、名前とかを記入しているときにパソコンが調子悪くなって接続が切れた。再接続したときには、その便はもう「値上げ」になっていたことがある。

今回も旅行の日程をあらかじめ考え、用意万端で12時を待った。12時過ぎにアクセスして日時を入れると・・・・・、その日は特売価格の設定はなかった。
仕事や妻の都合がわからず、結局はその日は予約できず。

翌日、日程を練り直してアクセスしてみると、まだセール価格で売られていた。結局、予定通りの安い価格で予約できた。

それにしても安いなあ。新幹線で京都に行くのと同じくらいで行けるなんて。
どこへ行くって?まあ、報告をお楽しみに。
  1. 2015/09/18(金) 20:44:45|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

あんまり覚えてないけど

あんまり聞いたことのない企業から封書が送られてきた。開けてみると、お礼、だって。
なんと、3000円。
一度にこの金額という事はたぶん、仕事がらみのアンケートだろうなあ。たぶん、フィラリアとかノミの薬の使用状況。毎年、どこかから送られてくる。いつもは図書券3000円だったように思うが、いつもと違うところからのアンケートだったのだろうか。
答えた記憶はないんだけど、とりあえずはありがたく頂戴します。

もう一つは車の保険。再見積りで500円、というやつ。
私の車に妻の車、家には娘の車もある。いつだったか、息子の車の見積もりもとったらそのデータがそのまま残っているらしい。結局、4台分の見積もりを昔にした。と、しょっちゅう、再見積もりの申し込みが来る。
最後は懇意にしている保険会社に頼んでしまうので乗りかえるつもりはないんだけど参考までにと、思わずデータを流してしまう。で、500円の図書券が送られてくる。

P9110039.jpg








まあ、もらっても使うアテがないので結局は娘にあげるんだけど。
  1. 2015/09/17(木) 20:35:45|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

取らぬタヌキ

何で見たんだったかなあ、林野庁が自然写真を募集している、って言うのを読んだ。昨年の入選作品なんかを見ていたら大したことない。お役所がやっているコンテストなんで出品が少ないんじゃないの?審査員もあんまり有名な人じゃなさそうだし、こんなんだったら楽勝?
はるか前に、博物館での展示用にA4に伸ばした写真があったっけ。組み写真というのでそれにあれとこれを足せばそんな感じになる。さっそく応募した。

分厚い封書が送られてきた。表彰式の案内でも入っているのかと思ってすぐに開封してみた。
「残念ながら~」
あ~あ、表彰式の日程まで空けていたのに。

入っていた、分厚いのはカレンダー。といっても4月からの年度のカレンダーで、もう半分過ぎている。第一、カレンダーの形式にはなっているけど、内容的には壁にぶら下げて眺めて使えるようなもんじゃない。
別のところに今年の審査風景とか、審査に残った作品もいくつか掲載されていたけど、そこにも選ばれていなかったみたい。
どうみても私の写真の方がええと思うけどなあ。

結局、残ったのは鉛筆3本。
あとは廃品回収に・・・・。

あー、もったいない、って、入選しなかったら文句たらたら。









あ、書き忘れていましたが、写真は当然、コウモリがらみです。




  1. 2015/09/16(水) 20:19:13|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

何がいけなかった?

とある企業のMLで、「前回のメールに不謹慎な表現がありました。お詫び申し上げます」てなメールが流れてきたんだけど、広告メールは読まずに捨てることが多く、どこが「不謹慎」だったのかわからなかった。わからないとよけいに気になる。他のパソコンに残してないか、家のパソコンもチェックするが、やっぱりない。あー、気になる。
スーパーなんかで夕方に食料品が値下げされていることがよくある。買う気がなくってもいくらくらい安くなっているのか気になって、思わずのぞいてみたり、透かしてみたり。

あ、売れ残りというと、今日の折り込み広告に、地域振興券(って言うの?)の売れ残りを某商店街で販売する(交換する)というのが入っていたそうな。あれ、買えない人がいっぱいいたはずなのに、どうなっているのだろう?市の販売では一人4万円分までだったが、今回は2万円分までだそうな。で、妻が並んで買ってきたが、商店街だけで使える100円引き券も付いていたそうな。
まあ、「地域振興」という意味では大手のスーパーで使ってもらうより、地域の商店街で使ってもらう方が有益なんだろうか。
目的が消費の拡大ならどこで使っても同じのような気もするけど。

  1. 2015/09/15(火) 20:34:32|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

500km

新聞で、高松にある水族館が今年限りで閉館する、との記事を読んだ。その水族館って、山のてっぺんにあるらしい。さらに調べるとマナティが飼育されているとか。マナティ、って、あんまり見ないような気がするけどどうだっけ?とりあえず、旅行がてら行ってみるか、と思った。
主目的はこの新屋島水族館。で、こっちへ来りゃ、当然、昼にうどん。あとの暇つぶしに探し出したのが、岡山の渋川動物公園なるところ。
明石海峡大橋から徳島へ渡り、さらに高松から坂出、瀬戸大橋を渡って岡山回りで帰ってくれば、ちょっとした小旅行気分が味わえるかも。来週のシルバーウィークの先取りみたいなもの。

水族館、動物公園ともに、B級スポットまでは言えないかもしれないけどそれに近い気分を味わえました。

帰ってメーターを見ると、ちょうど500km。
まあ、楽しかったです。
  1. 2015/09/14(月) 22:44:29|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

かほりの道案内

岬町にクジラが上がった、とホネホネ団のMLに流れてきた。大阪には数年に一回、クジラが漂着する。
ピチピチビーチの何とかクジラ、堺港のマッコウクジラには参加させてもらった。今回も何とか行ってみたい。
午前中から解体との話だったが、12時になり次第、後片付けはスタッフに任せて飛び出す。
で、どこで解体しているの?
大まかな場所は聞いていたがはっきりとはわからなかった。海岸へ出るとほのかにかほりが漂っている。そのかほりに引っ張られてそっちの方向へ歩いていくと人だかりを発見、無事、現地到着。

着いた時点では皮は剥かれ、下顎骨は剥きだし。あちこちに肉片が転がっている。
午後からの参加だし、単なる野次馬の傍観者のつもりで行ったのだが段取りが悪い。何をしようとしているのかもいまいちわからない。ホネホネ団のMLに流れて参加表明した人が多かった割には作業している人も多くなく、見ていてだんだんイライラしてきた。

結局、手も出し、口も出してさっさと片付けた。

とはいえ、今日に回収できたのは前足(というか、ヒレ)と肋骨一部くらいだけらしい。埋めるところもないし処理方法もないので肉片はみんな博物館に持って帰るらしい。それで人手と時間の割には作業が進まなかったのか。

次回は主担者の都合で4日先、との事。いくら真夏は過ぎたとはいえ、4日もほったらかしじゃ、次回は例のクジラ臭満開だろうなあ。今日、ちょっと手を出しただけでいまだに体中、かほっているのに、次回も参加したら何日もかほりが続くのだろうか。とはいえ、何とか参加できるようにこちらも日程調節中。

あ、画像はHPに載せました。画像でかほりまでわかるかなあ。
  1. 2015/09/13(日) 23:20:48|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

覚悟していたけど

こんな壊れ方、ってあるのかなあ。自宅でパソコンをいじくっているとマウスでのコピペとかが出来なくなった。とはいえ、マウスの異常でもなさそう。ページのスクロールもできなくなっている。ソフトを開いたり降ろしたりも、できたりできなかったり。
要するに、さっぱり使えない状況。
何度か再起動するが変化なし。

リカバリーしかないかなあ。また面倒だなあ。
昼休みに病院ででもやってみるか。


病院へ持ってきて再確認すると治っている。
やっぱり、機械というのは揺らすと治るのか。


とかなんとか言ってたら仕事用のパソコンもコピペが出来ないという。こっちはずっと前からできたり、できなかったり。
ctrl CとかVでも作動しないのでパソコンがおかしいのだと思っていて、ほとんど諦めていた。
今日、なんとなくマウスを交換してみると普通に動くようになった。なんじゃらほい。単に、マウスの故障だったのか。
アマゾンで買って解決。
  1. 2015/09/12(土) 20:19:50|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

あとはあなた次第

約一か月、給餌を続けました。残念ながら足の悪かった兄弟はここまでたどり着けませんでした。
手や肩ってにばかり乗っていたのに、急に態度がよそよそしくなりました。自立精神が芽生えてきたのでしょうか?












最近は、大泉緑地での放鳥が多いです。ここの公園事務所の方はよくうちに傷病鳥を持ってきてくれるので、出戻りする可能性が・・・・、まあ、ないでしょうね。カラスのおもちゃか、猫かタヌキのごはん・・・・、とならないように、しっかり生き残ってほしいものです。

公園のこの子らとも仲良くなってほしいものです。


P9110034.jpg










  1. 2015/09/11(金) 20:20:35|
  2. 仕事?野鳥|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

そして何もなくなった

アマゾンのアカウント。一時、3万円を超えていた。いつも書いている、アンケートサイトのポイントを貯めたもの。
「ちょっと特別なもの」を買うのを楽しみにして、ぽつぽつ小出しに使っていた。使ってまた補充して、という感じでなんとか頑張っていたが、急に買うものができ、しかもアマゾンが一番安かったので、「ちょっと特別なもの」でも何でもなかったがそちらで買い物をしてしまった。一万円を切ってしまった。

と、今度はデジカメが壊れてしまい、いろいろ検索した結果、オリンパスのを買う事にした。これまた検索するとアマゾンがそこそこ安かった。えいや、で残りのアカウントをすべて突っ込んで、足りないところはカードで足して買ってしまった。
かくして、へそくりがじぇんぶ無くなってしまった。

寂しい。


あ、でもって壊れたデジカメ。ヤフオクに出すと入札があった。もっとも、壊れているといっても撮影は可能。
昔は水没カメラや液晶の割れたデジカメでも売れていた。あんなん買ってどうするんだろう?
  1. 2015/09/10(木) 20:41:07|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

人のふり見て

まあ、家の中でステテコ、シャツ一枚でうろうろするのは(パンツ一丁でも誰もわからないんだからそれでもいいわけで)本人の勝手だが、その格好で、ほんの近所とはいえうろうろするのはあんまり恰好のいいものでもなく、見ている方が不快な思いすらする。(少なくとも私はおっさんのそんな姿、見たくないなあ。)
こういうのを、人のふり見て~、って言うのかな。

私自身、服とか格好にはじぇんじぇん気は使っていないが、そういう一線だけは超えたくないと思っているつもり。
うちの父親も、室内はステテコ一枚でうろうろはしていたが、庭に出るのでもズボンははいていたなあ。もっとも、そういう姿を見ていたからこそ、私自身、そう感じるのかもしれない。


DSC02930_2015082715464261a.jpg








といいつつ、このカバン、ってどうでしょう?裏打ちがあるのでカバンの中身が出てくるわけでもなし、車通勤なんでカバンを持ち歩くのはほんの数mだけだし。なんとか帆布なら補修してくれるのかなあと思いつつも、補修費用で新しいのが買えそうな気もするし。限界まで使おうかと思っているけど、どこに限界を置くかが難しい。
  1. 2015/09/09(水) 21:00:43|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

負けた

教師からの申し出だったら断っていたのになあ。例の、中学生の職場体験。
中学2年生本人から電話があり、断れずに引き受けてしまった。まあ、半日だけでもいいというし、二日間だけなので楽しく遊んで帰ってもらおうか。
何度も書いているが、一番最初に引き受けたときはこっちも張り切っていて、しかもはっきりと獣医師希望という事だったのでネズミの解剖なんぞもやってもらった。その子は某獣医大学へ入学し、もうすぐ卒業するはず。そうなると意味があったといえなくもないが、まあ、こんな体験をしてもしていなくっても、そういう人生を歩んでいたんじゃないかと思う。

最近実習に来た子で、獣医看護師の学校へ入った子もあるのでそれもまあ、よかったと言えるのかなあ。
今度来る子(ら)に希望を聞いたが獣医希望というほどのしっかりした目標があるわけでもなく、ペットショップ感覚かもしれない。


それにしても、中学2年生、って、かわいいですなあ。
あと数年であんなに(って、どんなに?)変わるって、信じられないくらい。

  1. 2015/09/08(火) 20:25:50|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1

公開しないでねえ

某戦争遺跡のコウモリを見に行った。車を止めてハイキングコースに入ろうとするとヒモが張られてて、おっさんが、「入れません」、って言う。「トンネルのレンガを修理している」って、この先のコースにそんなもん、ないはず。とはいえ、とても入らせてくれそうな雰囲気じゃない。山の上から迂回できるんじゃないかと思って素直に別コースを歩き出した。

山のてっぺんから回り込もうとすると、そっちへのコースにもヒモと立ち入り禁止の札。警備員はいないので無視して入ってみた。
けっこう歩いてやっとこさ、本来のコースに戻れた。ここからハイキングコースを歩こうと思ったら、ちょうどこの分岐点の先で工事をしているらしい。となると、やっぱり行けないぞ。

距離的にはここから調査地までは遠くない。方角だけ確かめて道なき道を降り、沢沿いに歩いてみた。
無事、調査地に着いた。

ここは明治時代の戦争遺跡。それなりの踏み跡はあるし(こんな廃墟なんかに)興味がある人がネットで検索すればすぐに見つかる場所ではあるんだけど、メインのコースから奥まったところにあり、あまり人が立ち入らない。それだからこそ、今までコウモリが出産に利用できていた。
今日に行ってみると、その遺跡の入り口部分が広く整地されている。工事用の車が回転するために広げられたんじゃないかとも思うんだけど、生息地までのアプローチが簡単になってしまった。
さらに、この先から工事している音が漏れてくる。
ガードマンが言ってた、「レンガの修復」って、この先にある、排水用の導水路(すなわち、トンネル!)のレンガを修理しているらしい。

たしかにこの場所には遺構が何か所もあるんだけど、それだけを目的に歩く人はめったにいなかった。なんでわざわざ、今ごろになって排水路を修復するんだろう?これから「観光地」にでもするつもり?そうなると、この生息地も積極的に公開するんだろうか?
コウモリ的には非常に問題。

特に防空壕なんかではコウモリの棲息と関係なしに突然、閉鎖されることがある。ここは閉鎖する事は無いだろうけど、逆に公開されると当然コウモリは棲めなくなり、非常に問題が大きい。
県側にはコウモリの棲息とこの穴の貴重さは毎年、捕獲申請の時に伝えてはいるけど、末端まで伝わっているとは到底思えない。
まあ、県とすりゃ、コウモリが来てくれるより、人が来てくれる方がうれしいだろうし。

現在どんな工事をしてて今後どうするのか、きっちり聞いておくべきだろうなあ。
  1. 2015/09/07(月) 21:44:05|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

どうすべかなあ

すっかり、手乗りになりました。
大人のキジバトはさっぱり慣れませんでしたが、ヒナはこんなに慣れるのかなあ。
一日餌をねだり、手や肩に乗ってきます。
どうしようかあ、No1










だいぶん、歩けるようになりました。
ここにいれば友達もいるし、食事も毎日あたります。また事故にあったらかわいそうなんで、元のところには戻せないし。
どこか山ん中にに放すかなあ。
どうしようかなあ、No2

DSC_1331.jpg









  1. 2015/09/06(日) 20:58:02|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

博物館に始まり、博物館に終わる

午前中、長居公園で鳥の観察会。ここで鳥を見るのはすごく久しぶりのような気がする。木に止まっている鳥は何とかわかるが、主目的だった渡りの鳥はよくわからず。木のてっぺんあたりを時々飛ぶ鳥を見て、サンコウチョウだとかコサメビタキとか言う名前は出たが、あんなん、わかるはずもない。そもそも、鳥の世界は「言うたもん勝ち」 誰かがそうだと言えばそうなるんでしょう。あとは他の人が信じるか否かの世界。それでもまあ、久しぶりでそれなりに楽しんできました。

今日は夕方から評議員会議の予定がある。夕方までヒマ。
有効期限が近くなったミニシアターの会員期限。ちょうど間に見られそうな映画を見つけて行ってみた。
「Dearダニー 君へのうた」

ジョンレノンが好きな人は感激するんだろうなあ。私もビートルズ世代なんだろうが(あるいは、もう少し年寄り世代か)当時はあんまり興味がなかった。
とりあえず、70点。

で、映画が終わってすぐに博物館に逆戻り。
評議員会議、なんと今日は4時間近く。
疲れました。さあ、その時間分、実りがあったのかどうか・・・・・。
  1. 2015/09/05(土) 22:12:32|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

無理なもんは無理

とあるイベントに申し込んだ。チケットはスマホで受け取れ、って。それを当日持ってこい、って。そんなこと言われてもスマホなんて持ってない。何て呼ぶんだったか、四角のバーコードみたいなやつがチケットの代わりになるんだって。
あちこち探してパソコンでの受け取りを探し、それを印刷した。結局は紙媒体、ですな。


初診の患者さんに電話番号を聞いた。ポケットからスマホが出てきたが自分の電話番号は分からない、って。昔は、ガラケーなんかだったらスタッフがあちこちいじくりまわして電話番号を出す、てな事をよくやっていたけど、スマホは簡単じゃないのかなあ、スタッフも手を出さぬ。病院へ電話すりゃ着信が残るだろう、って病院へ電話。着信をカルテに記録した。患者さん曰く、あのー、電話ってどうやって切るんですか?だって。


今朝、緊急(地震?)速報が訓練で携帯に流れる、って書いてあったけど私の電話には着信(メール)が残っていない。あんたはもう助けません、てな事なんだろうか。
昼過ぎに着信が来て開いてみると広告メール。ストップの仕方が書いてるんだけど、過去にも何度か来てて何度かトライしたけど止まらなかった。たぶん、私の携帯は時間制で通信料がかかるので、もったいなくってそれ以来試みてもいない。もう、諦めました。



  1. 2015/09/04(金) 20:00:56|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

そして何もなくなった

子供が一人住まいしていた時のソファー。一万円だか、2万円くらいで、ベッドにもなる、てなヤツ。小さいので今の居間に置いて使うような発想はない。何年も使っているので人にあげる、中古で売るような発想にもならない。とりあえず物置と化している和室に置いてて、まあ、昼寝くらいには使えるか、と思っていたら何を思ったか、犬がわざわざそこまで乗っかっておしっこをしたらしい。犬のおしっこと、子供らのよだれ?、経時による古臭いにおいなんかがごちゃごちゃになった。まあ、これを機会に処分する気になった。

さあ、こんなん、粗大ごみで処分するといくらかかるのかなあ?マット部分だけでもカサを減らしたら重さも減って処分費用が変わる?(あ、焼却場へ自分で持ち込むと重さで費用が変わる、って誰かが言ってたような気もするので。)
とりあえず、カッターで布を切ってみた。

と、クッション部分は圧縮したクッションだけで中身は何にもない。芯に鉄枠があり、それを固いクッションが包んでいる、さらにその周りに柔らかいスポンジみたいなので包んでいるだけ。
クッション材を引きちぎって普通のゴミ袋に入れた。週2回の普通ごみの日にぼちぼち出して処分していった。ソファーはだんだん小さくなり、残ったのは細い鉄枠だけになった。こんな枠にクッションを巻いただったのか、どうりで安いはずやなあ。

鉄枠は屑鉄として業者が無料で引き取ってくれた。

かくして、ソファーをタダで処分できた計算。なんだか、得した気分。
  1. 2015/09/03(木) 22:12:05|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
次のページ
【楽天市場】本・雑誌・コミック