毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

妻には止められたが

車から異音がしだした。これ、「ベルト泣き」って言うんじゃなかったかなあ?昔にもこんなことがあって車屋へ持っていったら、どっかのベルトがすべって音が出ている、って、言われたことがある。前はベルト交換か調節で、すぐに治ったような気がする。
今回もそのつもりで車屋へ持って行った。しばらくして、電話があった。

クーラーの何チャラが壊れてるらしい。修理しますか?どうします?って言われた。予定は何万円、とか。
どうします?、って言われても走る方は問題ないんだもんなあ。妻はやめとけというが、こんなんでこんな金額で諦める気にもならず、思わず修理してしまった。

車を引き取って走ってみるとやけに調子がいい。走る方はどこも触っていないはずなんですけどね。代車代わりに使っていた娘の車がか弱かったのでそんな風に感じるのかなあ。この調子ならまだ数年は乗れる、といいんだけど。

DSC_0763.jpg







今日の国際宇宙ステーション。
すごく明るかった。
  1. 2015/07/31(金) 20:38:42|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

判断できん

ミーハーで又吉さんの本を図書館で「予約」したことは書いたが、もうひとつ気になっている本。例の、少年A。
堺市で購入したのかどうか、よくわからない。大阪府の他の市町村では購入したところがちらほらある感じではある。大阪府は買っていないんだったか。調べている過程で、少年Aの母の手記と、イギリスの英会話の先生を殺害して逃げていた何とかという犯人の手記があることを知り借りてみた。

両方とも、何の意味もない本だった。


とあるジャーナリストが少年Aの犯罪について取材して考察していた本も読んだのだが、この本自体、取材方法なんかで同意しかねることが多々あって信用できなかった。母親の手記を読むとやっぱり事実と異なる事も多くあって、そのジャーナリストの主張はさらに理解できなくなった。
まあ、母親自体、どうして息子がこんな犯罪を犯したのか理解できていないし、本人がわかっていないんだからいくら本を書いてもこっちはさらにわからない。そういう意味で本人の手記はなんかのヒントがあるのかもしれないと思いつつも、単なる野次馬で読むような本でもないだろうし。

もう一つの本、「殺人犯」の本なんて、さらに無意味な本だった。あんなん、少年Aの本の出版社も非難されているが、こっちこそそれに値する。逃亡生活の話ばかり書いていて事件の反省も何にもない。なんでそんな事件を起こしたとか、なんで逃げたとか、さっぱり書かれていない。むしろ、素性を偽って金を稼ぐ方法ばかり書かれている。

もう何十年も前になるが、「塀の中の懲りない面々」だったか、これまた「犯罪者」が刑務所の中の話を書いた本があったなあ。これは面白かった記憶がある。著者のおっさんも時々テレビに出ていたけど、さあ、今は何してるんだろう?


  1. 2015/07/30(木) 20:31:48|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ここまでやると儲かる?

時系列がバラバラだけど。
25日の土曜日。午前中に博物館へ行って特別展を見た。この日は夕方から評議員会議(のはずだった)。
バイクを博物館に置いたまま、午後からの講演会へ行った。大阪であるのでJRで行く方が安いんだろうと思って一応調べると、地下鉄の方が安いんですね。知らなかった。橋下さんの一声で下がったんだっけ?昔から?

講演会まで時間があったので時間つぶしに本屋へ行ってみた。ルクアイーレの9階、蔦屋書店。ルクア、って、東京資本で大阪人にそっぽを向かれて苦戦していたんじゃなかったっけ?
昔は本屋で何時間でも時間をつぶせたんだけど、最近はさっぱり行ってない。立ち読みする根気が無くなった。本もじぇんじぇん買わなくなったなあ。今さら蔵書を増やしても子供が困るだけかなあ、とも思うし。

行ってびっくりした。従来の本屋のイメージとは全然違う。コーヒーを飲む所や高級そうな文具を売っていたり、なんやらわからないコーナーもいくつかある。あちこちにソファーがあって雑誌も本も、購入前に普通に読める。

実は、宮崎さんがなんかの雑誌に記事を書いているというブログを読んでいたのでそれを探しに行ったんだけど、雑誌名がわからないのでさっぱり探せず。「自然関係の雑誌コーナー」みたいなところがあればとわかるか思ったんだけど、配架の仕方自体いまいちわからず、うろうろするだけだった。
そうこうしているうちに見つけた本。

DSC02690.jpg









宮崎さんの本はすべて持っていると自負していたが、これ、知らなかった。普通の本じゃないような気もする。
思わず買ってしまった。
どうもこれ、どこかの博物館で展示会をした時の図録じゃないかなあ。こんな本まで並べている、って、大したもんだ。
恐るべし、蔦屋。


あ、講演会後博物館に戻って評議員会議、って思ったら誰も来ていない。なんで?
入館者名簿を見ると大阪自然史センターの理事の方が何人か来られている。そういえば、わたしも理事の端くれ。
予定表のカレンダーに「博物館」って書いていたの、理事会だったらしい。評議員会議は普通、4時30分から、理事会は3時から。
ほとんど終わりかけから会議に参加。
すみませんでした。
  1. 2015/07/29(水) 20:04:15|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

行けば発見がある

25日、土曜日。3度目の特別展へ行った。今日は賛助会員の招待券で入館した。この招待券だと展示解説書がもらえる。











内覧会で大まかな構成なり展示を見て写真を撮る、ブロガー招待で疑問点の再確認と写真の補足、招待券で再々確認、という感じかなあ。3回目だとほとんどわかっているつもりで行くんだけど、行ったら行ったで新発見というか、あらたにわかることが多々ある。また、解説書を読むと展示の趣旨がわかってよく理解できたりする。

25日はナイトミュージアムの日だった。26日までのお泊り行事で、真夜中に懐中電灯で館内をうろうろする行事も組み込まれているはず。この特別展はオリジナル展なんで、夜中か早朝に見学できたんじゃないかなあ。
残念。

  1. 2015/07/28(火) 20:49:50|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

久しぶりの映画

映画はずいぶん久しぶりのような気がする。

ターミネーター

映画館で見たのは初めてかなあ。昔はテレビで映画を結構見ていたけど、今はチャンネル権は妻にあることと、なんだか根気が無くなって家でゆっくり映画を見る気にならない。さすがにターミネーターは、昔に何度かテレビで見ていた記憶がある。
登場人物と背景は何となくわかるような気もするんだけど、細かなところはいまいち、理解できなかった。それでもまあ、わかってるつもりで見ていたら面白かった。

75点くらいかなあ。

  1. 2015/07/27(月) 21:25:58|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

本物

奈良に住む母が教えてくれたブドウ園。
やっぱり、違うんだなあ。羽曳野の道の駅が果物や野菜で有名なのでそこで何度か購入したことはあるが、ここのブドウは全く別物。ほんでもって、「製造直売」だからか、激安。同じブドウでもこんなに味が違うんだと味音痴の私も妙に納得した。
ちょっと遠いのが残念。








果物を食べているときが人生で一番うれしいとき。
ブドウの次はイチジク。
あー、待ち遠しい。
  1. 2015/07/26(日) 19:47:11|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

鉄道遺構 第2の人生ものがたり

タイトルの講演会が大阪であった。
鉄道遺構というから廃線とか廃トンネル、森林鉄道なんかの写真がいっぱい見られると思っていたら、演者は「産業考古学会会長」とかで、産業遺産の話が主だった。まあ、それはそれで、そういう話を聞く事なんて無かったのでそれなりに新鮮ではあった。

アメリカやイギリス、日本なんかは遺構は保存派で、作られた当時のまま、改変されていれば元に戻して保存するケースが多いらしい。反して、ドイツなんかでは再活用、すなわち、本来の形にはこだわらず、新しい造作を作るのもアリで、活用していくケースが多いらしい。
ドイツの鉄工所の例を見せてもらったが、高炉と思しき所に階段を付けたり、部屋を別目的で作り変えたり、本来の目的と違った使われ方をしているところが多々あった。たぶん、維持費を出すために積極的に使っているんじゃないか、という事だった。

建築遺産、土木遺産、産業遺産の話はなるほどなあ、って思った。
建築遺産は構造材や内装材、外装材すべてが重要。
土木遺産は構造材そのものが重要だが、産業遺産というのは中にある機械類だけが重要で、外側、施設そのものは本来、長期保存は考えていないもの、との事。要するに、機械の償却年数だけ使えればいいと思って建てているので、屋根は安価なスレートぶきだったりするらしい。
軍艦島をどうするかの話もあり、これこそ長期保存なんか考えては作っていないので現実的には最盛期の状態での保存なんて絶対無理。演者は、個人的には時間とともに朽ち果ててもいいと思っている、とおっしゃっていた。

その他、まあ、いろいろ話はありましたが次の機会に。
  1. 2015/07/25(土) 21:25:47|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

こっちは行かざるを得ないなあ

一週間を超えたか。なんとなくおかしい感じがしたのは10日ほど前。どうも風邪っぽい。熱はないが咳が出る。のどが痛い。
いつもなら咳が出て熱が出て、声が変わってをそれぞれ一、二日で経過して、長くても一週間ほどで復活するんだけどまだなんとなくおかしい。といいつつも昨日あたりからはずいぶんましになった。
今回は病院にある薬をずいぶん消費したなあ。

で、ちょっと先が見えてきたと思ったら、今度は歯が抜けた。というか・・・・。
台所を見るとマンゴーのドライフルーツというのが目に見えた。何の気なしに2,3枚取り出して口に入れた。やけに「ねばねば」してて噛み切りにくい。歯にくっつく。何とか噛んで食べると口の感触がおかしい。
前歯のかぶせものが外れたらしい。あるべきところに歯はなく、「芯」になっていた細い歯がさびしそうに一本突き出ている。
肝心の外れた方は口にない、という事は食べたんだろう。

犬猫じゃ、異物を食べたら薬で吐かせるんだけど。さあ、このかぶせもの、回収する必要があるのか。今からじゃ、「体内を通過」してから回収?そんなん、出てきても使えるのかどうか。

これ、たぶん25年は経っている。保険適応の歯にするか、前歯で目立つところなので保険外の「ええもん」をかぶせるかどうか聞かれて、即座に「保険で」って返事したもの。そんなにお金をかけている訳じゃないので回収することもないやろうなあ。

歯医者に予約の電話を入れると予約は一週間先。
まあ、仕方ないなあ。1週間たったら歯が生えてこないかなあ。


  1. 2015/07/24(金) 20:38:37|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

走ったのに

渋滞中の信号。横の歩道を見ると、ザックを担いたおばちゃん二人が後ろを振り返りつつ、走っている。そういえば、この信号を過ぎてちょっとするとバス停がある。バスに乗ってJRの駅まで行き、そこからハイキングかなあ、と思っていた。バックミラーを見ると何台か後ろにバスも並んでいる。
信号が変わると向こう側は比較的すいていて流れ出した。おばちゃんはやっぱり後ろを気にしつつ、小走り。ぎりぎりバス停まで間に合わないような気がしたが、バスに手を振っているし、私でもそう思っているんだからバスの運転手なら気が付いているだろう。
前を見つつ、バックミラーでも確認しているとバスは停留所には止まらないで通り過ぎてしまった。おばちゃん二人はバス停の時刻表を眺めている。
ここ、せいぜい、30分に一本くらいしかバスは走っていないはず。残念というか、かわいそうというか。
でも、どこまで乗るつもりだったのかは知らないけど、10分も歩けばJRの駅なんだけどなあ。ハイキングに行く元気があるなら駅まで歩けば?

もう、30年以上前の話。鳥取大学を受験した。宿泊したところは大学からバスに乗って何分か、かかるところ。一日目が終わって宿舎に帰るためにバス停へ行くと、次のバスは何十分も先。バス停でぼー、と待っていた。
時間が来てバスが来たが、目の前を通り過ぎて行った。どうも、手を上げるとか、停留所のすぐ近くに立つとか、「乗りたい意志」を示さないと止まってくれないらしい。それまでバスになんて乗ったことがないので、停留所の奥の椅子に座っていた。電車と同じで、バスも必ずいったんは停留所で止まるって信じていた。
次のバスは1時間先。
もう、鳥取なんて住みたくなくなった。こっちが断る前に大学に断られたけど。
  1. 2015/07/23(木) 20:12:51|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1

15秒

広告メールが来た。車の買い取り屋。アクセスすると1円、データを入れて見積もりを取ると500円、だって。思わず、500円の方を選択してビッグホーンのデータを流した。
改めて車検証を見ると平成10年初年度登録になっている。西暦にすると1998年。車齢17年、走行距離25万km、って、そんな車売れるんかいな。頭から買い取り価格無し、無視、かとも思っていたんだけど・・・・。

データを流して15秒で携帯電話が鳴った。一応、値段は付く、って。5万円から最大10万円くらいかなあ、との事。
ぶっちゃけ、500円に目がくらんだだけですぐに売るつもりはないんだし、適当に返事して切ってしまった。
それから30秒ほどしてまた別の業者から電話。まあ、話は似たようなもの。さらにもう一つから電話があったけど、めんどくさいので電源を切ってしまった。

さあねえ、高いんだか安いんだか、よくわからぬ。
でも、何百万円の車も年数が経つと一桁代なんですなあ。
ますます愛着が出てきた。二十歳まで頑張ろうかなあ。
  1. 2015/07/22(水) 20:39:22|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

神業

うちのスタッフの電卓。









これで計算できる、って、神業だなあ。
携帯なんかで横からのぞき見できないようにシールみたいなのを張るのがあったような気がするけど、これはそれも超越している。
  1. 2015/07/21(火) 20:32:53|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

冷たい

夜に犬のトイレに家の前へ出ると、先日より何だか雰囲気がいつもと違う。数日たってやっと気が付いた。街灯が蛍光灯からLEDに変わったらしい。さあ、誰が計画して誰がお金を出したのかなあ。「住民」には説明がなかったような気がする。もっとも、説明されたからって、どうしようもないけど。替えるから金を出せ、といわりゃ断っていたかもしれない。

LED、って、冷たいんですよねえ。
オオサンショウウオ、コウモリ、って、夜(というか、真っ暗闇)の調査ばかりやっていたけど、いまだに乾電池派。正直、単1電池6本、って重たい。頼まれて調査地に人を連れていくことがあるが、みんなLED。すごく小さいのにすごく明るくってびっくりする。でも、色が何だか冷たくって。電球の方が温かみがある。
まあ、コウモリさんがどう思っているかは知らないが、まだ当分は電球で頑張ってみよう。
  1. 2015/07/20(月) 20:42:17|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1

ミーハー

又吉さんの芥川賞。遅きに失したが図書館をチェックすると待ち人数950人、だったか。所蔵は20数冊。予約したけど読めるのは1年先か、2年先か。
百田さんの「殉愛」 やしきたかじんさんの、闘病生活の記録。こっちも半年以上、待ってたがやっと順番が来て読了。こっちも帳簿上は各図書館で2,3冊収蔵しているらしく、それらを融通しあってる。税金で本を買っても恩恵が受けられるのは年間何人か。まあ、金額が金額だし、そういうもんなのかな。

本は買いましょう、って使い古したブログネタ。

「殉愛」
さあ、どういう分類になるんでしょう?ノンフィクション?
主眼は献身的な看病なんでしょうけど、それ以外の事ばかり考えさせられました。

闘病の事、まわりの人間関係、血縁・・・・。

  1. 2015/07/19(日) 20:35:32|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

文句が言えない

ブロガー招待で特別展を見てきた。招待があってもなくってもHPには掲載するんだけど、無料で入らせてもらっているんだからしっかりと宣伝せんと、というプレッシャーがかかる。いつも、今回はもうええかなあ、と思いつつも、無料に目がくらんで申し込んでしまう。
特別展は本日が初日で、講演会もあった。托卵鳥の話で、すごく期待して行ったが体調不良の寝不足で、肝心なところは爆睡してしまった。講演会の終了が3時。それから特別展を見て、出たのが4時30分。
5時からは今度は友の会会員向けの招待があったが、待つ元気がなかった。

「たまごとたね いのちのはじまりと不思議」

うーーん、ちょっと微妙かなあ。
各コーナーでたまごとたねを対決させているが、無理が大きい。
本来、卵だけでも、種だけでも特別展ができるんじゃないかなあ。(実際、種の特別展はあったような気がするが)無理やり感があちこちにあって、いまいち理解できない。

賛助会員の招待券がまだ残っているのでそれでもう一度見て解説書をもらう予定だけど、1000円のフリーパスは買わんだろうなあ。

ちかいうちにHPに別掲します。そっちは良いことずくめを書きます。
  1. 2015/07/18(土) 18:44:28|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

結局、

本日、博物館友の会の内覧会。一般公開の前の日はマスコミへの公開、および、関係者の招待、ついでに友の会会員へも公開してくれる日。台風が来ていて警報が出ると博物館そのものが閉館してしまう。まず、それを心配していたら夜中のうちに抜けてくれたみたい。
当方、友の会の賛助会員なので招待券が一枚来る。さらに公開から2日間は申し込めばブログ招待というのがあって、これでも入館できる。また、明日は友の会の夕べと称して、閉館後、友の会会員だけに公開してくれる。

17日に内覧会、18日に友の会の夕べ、19日にブログ招待、あと一日は賛助会員の招待券、あわせて4回無料入館しよう、ともくろんだら・・・・・・。
17日急患が入って出かけられず・・・・。

予定は未定ですなあ。


今回からフリーパス1000円、というのができたそうです。
大人500円と言うので2回入るならとんとん、3回目からお得。
本人限りのフリーパスと言っても、紙切れ一枚に名前を記載するだけなので0友人と共有できてしまうというというのを考えるのは私くらいなんだろうか。
  1. 2015/07/17(金) 13:20:38|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

なんか違う

大阪府のMLが来る。いつも見ているのはプレゼントコーナーだけなんだけど、今回のMLにこんなのが載っていた。
大阪府で保護している身元不明者リストだって。
なんと、昭和30年代、40年代の人も。さらに若い人が多いのにも驚く。
個人情報云々で写真とか、もっと詳しい情報はこの手のMLには載せられないらしい。なんだかなあ。事の重大性から考えりゃ、個人情報云々って言う前に、写真一枚載せればええのに、と思ってしまう。

戦争法案云々。国会付近の反対運動とか、野党の(結果的に)無駄な抵抗の様子、街の声、って、反対派ばかりが報道されている。先に、どんな法案なのか、きっちり説明してほしい。情報がないのに判断できん。
憲法違反、憲法違反ばかり言う前に、自衛隊の存在自体が憲法違反じゃないのかあ、とも思ってしまう。自衛隊が訓練しているのは戦争に対するもの、そのものだと思うんだけど。自衛隊員が戦死したらたいへん、って、隊員さんたちは命を懸けて仕事してはると思うんだけど。戦車にしてもミサイルにしても、それが対象としているのは相手の「戦士」そのもので、「戦い」を否定するのは自分自身(の仕事)を否定している事じゃないかとも思う。

中国がどこだかの島を埋め立てて基地化しているのは、軍事力が弱いのを見越しての事。いずれ尖閣列島に来るとも限らないが、後ろ盾としての「米軍」、自衛隊の「軍事力」があるから踏みとどまっている気がする。
話し合いだけで平和が来るんだったら、竹島もとっくに日本に返ってきてるはず。

どうも、日本(人)というのは理想と現実というか、本音と建前が混在しててすっきりしない。



  1. 2015/07/16(木) 20:55:07|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

絶不調

さあ、何が悪かったのかなあ?風邪で死にかけ。
のどが痛くて声は変わり、みんなに笑われている。

梅雨だというのに暑い日が続いていて、夜中、クーラーを入れたし消したり。
夜が明けるとホッとする。それがこたえているのかも。

あるいは先日のコウモリ調査かなあ。濡れた地面に長い間座っていておしりが冷えたからか。

いずれにしてもうっとうしい。
もう、寝ます。
  1. 2015/07/15(水) 20:10:17|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

リアルタイム中継

昨日の事。母が入院したのは膝の手術のため。
変形性関節症でいよいよ痛いし不便なので手術をする決断をしたらしい。奈良ではこの手術で、そこそこ有名な病院みたい。
手術を見せてくれるというので、テレビドラマで見るような、隣の部屋の高い位置から手術室全体を見下ろすんだと思っていたらそうじゃなくって、手術を上からカメラで撮影し、それを別室のモニターで見る形式だった。まあ、常識的に考えりゃそうかなあ。

細かな話は別にして、仕事はやっぱり道具ですねえ。
また、2,3kgの犬猫を相手にしている身にとっては、ものすごく大きな骨を相手に仕事するのでそういう意味では扱いやすいのかなあ、と思ったり。
まあ、いろいろ、ためになりました。

病棟を歩いていると膝の手術をしたおば(あ)ちゃんが非常に多く、いつ手術したとかの話が飛び交っています。リハビリを兼ねてすぐに歩くように言われるそうで、あちこに補助道具を持って歩きまわる姿が見られます。
まあ、何十年も生きてりゃ膝の軟骨がすり減るのは普通ともいえます。手術するのかどうか、まあ、いろんな考え方もあるし傷み方もいろいろなんでしょう。
手術前よりQOLが上がることを願っています。
  1. 2015/07/14(火) 20:36:22|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

第1発見者

京都府のレッドデータブックが10年ぶりくらいに改定されたらしい。概略は京都府のHPにも載っている。詳細はいずれHPにも掲載されそうな感じだし、大阪自然史でも読めるはず。
コウモリのランクがいくつも下げられているらしい。その原因は「私」です。

京都のデータがさっぱり無いので何か所かの調査結果をNature Studyに投稿した。一部はネットで知り合った方のデータももらった。その文献を引用して生息地、個体数が増えたのでランクを変えたらしい。

>前回は要注目種に入れていたモモジロコウモリとユビナガコウモリが確認された結果、6目16科38種となった。
ということで、私のデータから京都府の哺乳類は2種類増えた。逆にいえば、私は哺乳類で2種も京都府で初めて確認した研究者、という事になる。昆虫の世界なら普通の事だろうけど、哺乳類相手に2種新発見、というのは自慢すべきこと、と自負しておこう。大阪ではヒナコウモリとハクビシンの初記録(まあ、正確には、報告が初めてというだけの事だが)をもっている。

大阪のコテング、モモジロ、報告したいなあ。だれか、こそっとどこかから持ってきてくれないかなあ。


というのを書いたのが何週間か前。ブログの記事はいくつかはストックしている。
やっと日の目を見た頃には中身が変わっていることもある。
本が丸ごと、京都府のHPに掲載されました。
すごく便利だけど、ここまで公開したら本が売れるのかどうか心配になります。
  1. 2015/07/13(月) 20:18:26|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

なんでこんなとこで?

昨日の事、某所のコウモリ調査へ行った。ここ、昨年はブッシュがひどくてたどり着けなかった所。
尾根筋を歩いていくのだが、何度か迷って以来、ひもを張って歩くことにしていた。昨年もいつものようにひもを伸ばして歩き出したのだが、ブッシュがひどくて道がわからなかった。
最初の何十mかだけ無理くり歩けば下草のない尾根に出る予定だったので、方向だけ決めて笹原を突っ切ろうとしたんだけどますますブッシュがひどい。ひもを引っ張ったまま行ったり来たりしているもんだからよけいに身動きが取れなくなるし、暑いし、暗くなってくるし、途中であきらめてしまった。
ひもも回収すべきだったんだけどあちこち草木に絡んでいて回収できない。えいや、で、ちょん切って大部分は山の中に残してしまった。

今年も無理じゃないかなあと思いつつ、行ってみた。予想通り、最初から道がない。今年は枝切りを持参してきた。これで道を切り開こうという算段。ナタなら目の前で振り回せばいいのかもしれないが、枝切りって、思ったより効率が悪い。
今日は迷うだろうと思って早めに出て来たので周りがまだ明るい。遠くを見ながら歩くとブッシュもあまり気にならない。
尾根に出そうなところでビニールひもの塊を発見した。これって、以前私が悪戦苦闘した名残らしい。
なんでこんなとこで?今日なんて見通しがすごくいいけど。

それから先はブッシュも何にもなく、あっという間に調査地に到着した。今日の様子じゃ、ヒモすらなくってもたどり着いたかもしれない。
コウモリも予定通り出産していて、ほっと一息。

今日はGPSも持参していたのにスイッチを入れ忘れていて何の役にも立たず。

さあ、今度の調査は一年後。
  1. 2015/07/12(日) 20:46:52|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

2500億円、って、

いったい、誰のお金と思って計画しているのか。ただの競技場に2500億円、って、そもそもの計画より数百億円余分にかかるし、作ってからもさらに何百億円か突っ込むはず。そんな金、どこにある?そりゃ、毎年国債をどんどん印刷して日銀に買ってもらってりゃいくらでもお金は出てくるんかなあ。

今回はかなりの部分、トトだかロトだか、クジというか、ばくちのお金も当てにしてる。一般庶民からちびちび吸い上げてる。そもそも、その手の金、半分は投資者に返してはいるが残りの部分に政治家やなんじゃもんじゃが群がって甘い汁を吸う、その残りの何割かだけが「スポーツ振興」とか国の方に収まる仕組み。歩留まりが悪すぎるように思う。そんなんだったら、「や」の付く職業の方に任せる方がよほど還元率は良いと思うなあ。

そもそも、名古屋も大阪もオリンピックに立候補したのに国はじぇんじぇん協力しなかったんで盛り上がりもなく話が消えていた。一極集中がとか地震が必ず来るといわれているところになんでまたオリンピックを持ってきたのか。喜んでいるのは国民の一部だけのような気もするけど、まあ、いざ近くなってくりゃ国を挙げてばか騒ぎするのが、日本の国民性のような気もするが。


前の東京オリンピックでは聖火ランナーが13号線(今は府道、和泉泉南線って言うのかな)を走りました。学校から生徒全員、日本の旗を振りに出かけました。小学校1年だったか、2年だったかの出来事。)
  1. 2015/07/11(土) 20:59:10|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

また一人

また一人、引退の知らせがあった。歳は上だけど大学卒業も就職も私より数年あとだった。開業したもの数年あとだったはず。さあ、何歳なんだろう?60歳の真ん中くらい?
「悠々自適の生活に入ります」って、それだけ十分儲けた、ってことなんだろうか?他に収入があるの?あまり親しくもなかったんで詳しくは知らないが、さあ、うらやましいのかどうかもよくわからない。
うわさでは年とってから結婚して子供もいないらしいから、夫婦でのんびり、ってところなのかなあ。

北海道の友人が高齢のご両親を横浜から引き取った、って。横浜で80年も過ごしていたが都会じゃ順番待ちが非常に多くて介護施設に入れない、って、友人の「村」に引っ越してきたらしい。
財産もないことはないけどいつまで生きるかわからない、わかっていれば単純に割り算して贅沢もしてやれるんだけど、って言ってた。90歳を超えてもまだお元気らしい。

毎日定刻に家を出て定刻に帰ってくる父を、近所の人は時計代わりに利用していた、という話。
同族会社に勤めていたので定年後も長く働いていたが、痴呆の症状が出始めて会社を完全に引退した。一日中こたつに足を突っ込んでうたた寝していた。それが原因かどうかは知らないけど痴呆が一気に進んで最後は施設に入ってもらった。

親の姿に自分を投影する。

  1. 2015/07/10(金) 21:45:57|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

だから猛禽類、だって

友人から電話がかかってきた。「小型の猛禽類みたいなのが来たんだけど」、って。
それ、たぶんチョウゲンボウじゃないの?まあ、猛禽類ってわかったことだけは評価しましょう。
「今、ミルワームないんだけど、粉のでもいいかなあ」
だから、猛禽類だって言うてるやんか。食べるのは肉。
「野菜も与えるの?」
だからさあ、猛禽類ってあんたも認識してるんでしょ?食べるのは肉。
かしわでも与えておけばすぐに餌付く、って。

あ、はるか前だけど水鳥が来た、ってその友人のところへ行ったら、カイツブリに菜っ葉を与えていたっけ。


って書いたけど、実際はチョウゲンボウは虫でも食べているんじゃないかなあ、あのサイズなら。
でも、ミルワームを与えていたんじゃエサ代がすごくかかりそう。


あ、今日、カルガモ兄弟を公園で放鳥してきました。
3人でずっと生活していたのに、兄弟をほったらかして一人はすぐに飛んで行ってしまいました。また再会してればいいけど、って、人の感覚は鳥にはいらんのでしょうね。


  1. 2015/07/09(木) 20:49:26|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

七不思議

駅前の一等地に果物屋。「しゃれた感じ」に果物が鎮座している。さあ、高いんだか、安いんだかはよくわからない。わからないが並べ方を見ると高そうな気もする。お客さんが入っているのを見たことがないんだけど、そんな状況でも儲かってるのかなあ。熱烈なファンでもいるのかなあ。少なくとも私みたいな「一見さん」がちょっと寄り道して値札を見て考えよう、てな雰囲気ではない。

開業してすぐの頃、近くに果物屋があった。こっちは何でもかんでも山積みしててすごく安かった。安いのはいいけど、ホンマに食べられるの?、って思うものも多かった。毎日前を通っていると黄色かったバナナがだんだん黒くなり、最後は真っ黒になっていたっけ。柿なんかもだんだんやわらかくなって最後はストローで吸うのかなあ、って思うくらい。
店主のおばはんがよく言ってた。あんたら高かったら全然買ってくれへんから安いのを探して並べてるんやでえ、って。
子どもが風邪をひいて熱を出した時、ちょっと季節が外れていたけどイチゴが欲しいというのでそこで買った時がある。上だけしっかり見たらきれいそうだったんだが、買って帰って家で見ると2段目はほとんど腐っていた。あほらしくて文句も言わんかったなあ。
しばらくしてさすがに経営が成り立たなくなったのか、店をやめてた。

  1. 2015/07/08(水) 20:22:03|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

クレーマー









いつ買ったかなあ、半年くらい前?
半年でこれじゃ、文句も言いたくなるよねえ。いつもは底が薄くなるくらいまで履くんだけどなあ。まあ、安かったけど、安けりゃこうなるのも仕方ないという事か。
靴屋へ行って今後の参考に、って事実だけ伝えるか、行くこと自体、クレーマーのような気もするし、とはいえ腹も立つし。
とりあえず、なんか、ボンドみたいのでも突っ込んでみるか。買うだけ無駄か。
  1. 2015/07/07(火) 21:05:33|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

事実はどこに

従軍慰安婦の件はとりあえず謝ってくれればもう話は終わりにする、って密約があったから当時の首相が談話に盛り込んだ?
それを今頃になって何度も何度も持ち出す、ってフェアじゃないよなあ。
今度は戦時中の強制労働の話をぶり返して、いったんは棚上げに合意したのに最後の最後にまたまた話をひっくり返してごり押しした、って、なんだかあ。日本側も折れないで一年待って来年に再挑戦すればよかったのに。またこの話を持ち出して保障問題をふっかけてくるんじゃないかなあ。

といいながらも、事実はどこにあるのか。事実という物自体、時代とともに作られているような気もする。
同じ事象でも人や立場によって判断は違う。

情報に流されずに自分なりにしっかり判断したいなあ。


借りたお金は返さない、貸した方が悪い、返してほしければこちらのやることに口出ししないで、って、イタリア、ってのんきな国。
勤勉なドイツ国民、みんな怒ってるんじゃないか。
  1. 2015/07/06(月) 20:52:39|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

至福の時

知り合いにもらった廃坑の資料。郷土研究家が書かれた地誌みたいなもの。それによると山中、どこにも廃坑があるようなことが書いてある。とりあえず行ってみたがよくわからない。ちょうど、地元のおっさんと思しき人が通りかかったので聞いてみた。

どっかに穴あいてませんか?
あちこちあるけど何するん?
コウモリ探してまんねん。
コウモリやったらあっち行き。大きな穴あるで。ワシが子供の時、よく入ってたわ。ウナギも取れてなあ。さあ、今でもあるんとちゃうかなあ。

行ってみるとすごくいい穴。キクガシラにコキクにモモジロ。ちょうどコウモリを始めた頃でいわゆるビギナーズラックかなあ。おっさんと会わなければたどり着けなかっただろう。

その後、キクガシラコウモリが出産していることも知った。
もう、10年以上調査している。アプローチも簡単で、何人も連れてきた穴。コウモリ調査は非公開と言いながら。








天井が低いのでみんな、手に取れる位置にいる。
200頭は超えている。

至福の時。
  1. 2015/07/05(日) 22:54:27|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

予定は未定

二日連続の夜遊びのはずだったが、今晩は雨で中止。結局、一日だけのナイトハイクになった。
箕面のナイトハイクはよく雨で流れる。これで2回目じゃないかなあ。一度は実施したけど雨で一晩雨宿りというのもあったっけ。まあ、この時期に計画仕方ないか。
となると予定がすべて変わってくる。明日の研究会が復活。
今日の夜は急に予定が空いたので、これからコウモリ調査へ行ってきます。
ではでは。

あ、コウモリ調査は穴の中は雨が降らいない、ということで基本、雨天決行。
現地に行って初めて、穴までが大変というのに気が付く・・・・。
  1. 2015/07/04(土) 18:26:40|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

数年振りか

数年ぶりかなあ、昔、通っていた散髪屋へ行った。以前は剃刀付きで1500円。
QBハウスができてからはそっちに流れていた。1000円で用が済むし、第一早い。顔そりなんていらないし。そのうち、980円と言うところを見つけてそっちにも行ってた。そっちは安いくせに、思い切りちょん切る。冬に行くと風邪をひきそうになる。
消費税が8%になるとQBハウスが1080円に値上げになった。まあ、80円で何をするわけでもないのだが、なるべく時間を作って980円に行くようになっていた。
昔行ってた散髪屋は、店自体はビルの地階にある。電光掲示板では「大人1500円」と流れるのだが、看板にビニールテープでカットのみ1100円、と貼られている。さあ、これに消費税がかかるのか、実際はいくらなのかよくわからないので行くことはなった。今日、たまたま近くを通ったので行ってみた。

社交辞令か本当か(たぶん後者だとは思うが)、お久しぶり、引っ越ししてたん?、仕事変えたん?、てな事をいろいろ聞かれた。
まあ、大阪のノリ、ってこんなもんなんかなあ、カット中、ずっとなんだかんだしゃべっている。基本的に、私、そういう会話って苦手なんだけど。
結局、看板通り、1100円。

さあ、次はどこへ行くか。迷う先がまた増えた。
  1. 2015/07/03(金) 21:30:28|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

油断

油断していたらキクガシラの出産がとっくに始まっているみたい。コウモリの出産調査というのは夜8時、親が採餌に出かけた隙に穴に入って子供を数える。親は9時くらいになったらもう帰ってくる。すなわち、調査可能なのは一時間くらい。という事はあちこちのハシゴが出来ない。近接した調査地ならかろうじて2か所、普通は一日一か所で、効率が悪い。

能勢の山中の調査地。私が初めてキクガシラの出産を見つけた、貴重で、思い出深きところ。最初のころは毎年調査していたし、一度なんて出産のタイミングを知りたくって、「まだ産んでいない」ことだけを確かめに夜中に登ったこともある。駐車場所自体も山中で、穴までも結構歩く必要がある。また、出産場所までは這うような細い場所を通過する必要がある。ここで落盤でもすりゃ帰れないのでは?、といつも不安になる。
昔は何も気にしないで一人で調査してたんだけど、さすがに最近は怖くなってきてこの3,4年は調査していない。誰か一緒に行ってくれないかなあ。といっても二人で埋まってるとシャレにならないから最低3人は必要かもしれぬ。

某山中、尾根筋の戦争遺跡。こっちも最初は何も気にしないで一人で往復していたが、誰も歩かなくなったのか、だんだん道が無くなってきていた。いつだったか、帰ろうとして歩き出すと道がわからなくなった。適当に歩いていると出発地に戻ってしまった。さあ、どこで間違ったのか。もう一度、わずかに残るビニールテープなんかを頼りに歩いたが同じことを繰り返した。さすがにこの時は焦った。それ以来、ここへ来るときはビニールひもを張りながら歩くことにした。
昨年も調査に行ったんだけどブッシュがさらにひどくてほとんど進めない。ビニールひもを片手にブッシュをさまようもんだからあちこちヒモだらけでがんじがらめになって余計に進まない。汗だくになって撤退した。
ここも誰か道案内してくれたらなあ、と思っている。ほとんど道もないうっそうとした森の真ん中に高射砲基地の跡が残っている、雰囲気はすごくいいところなんだけど。

たぶん、私が知っているキクガシラコウモリの出産地は7か所くらい。コウモリ初めのころは必ずそれだけ回っていた。
今年は見に行ったのがまだ2か所だけ。この週末はナイトハイクで無理っぽい。さあ、あと2か所くらいしか行けないかなあ。


  1. 2015/07/02(木) 20:05:53|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
次のページ
【楽天市場】本・雑誌・コミック