毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

入所は自分の意思じゃなく・・・・

友人が介護施設を建てた。(宣伝してもいいのかなあ、ここです。)
ちょうど出かけるついでがあったので内覧会に寄ってみた。
定員100名で、基本的には短期の介護サービスらしい。大部屋でもゆったりしていて、風呂やトイレもいろんなタイプがあって使いやすそう。リハビリルーム、食堂、多目的室等もある。ちょっとしたホテル感覚。
今の施設、って、こんな感じが普通なのかなあ。

とはいえ、娘曰く、入りたくないなあ、って。
そんなん、みんないつかは年取って死にかけるんだろうし、どんな「死にかけ状況」になるかはわからない。こういう施設に入るとすれば本人の意思じゃなく、家族が介護できる状況かどうか、によるんじゃないだろうか。あるいは、家族の介護疲れ、休息のために何日か泊めてもらうとか。

施設的には?、行政上の都合?、最大3か月、だったか。
さあ、それを過ぎれば追い出されるの?
頭が普通なうちにもう一度しっかり聞いておこう。必要なら予約しとくべか。
  1. 2015/05/31(日) 20:04:25|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

期せずして

こないだ兵庫県の某戦争遺跡でコウモリを見てきたところだけど、きょうもまた兵庫県の山奥。
前回も今回も、娘が三田のアウトレットに行きたいというので、「足」がわりに使われただけ。おっさんが付いて行ってもすることも見ることもない。で、時間つぶしにそこを起点に調査でも、と考えた。

前回の穴は三田から比較的近かったが、今回の調査地は三田からもさらに数十km離れている。前々から行きたく思っていたが、遠いので躊躇していた。まあ、ついでが出来たのでよかったというか。でも、往復100kmを超えてる。100km、往復3時間くらい使って調査時間は10分ほど。効率が良い調査なのか、無駄の多い調査なのか、よくわからない。

ただ、この時期にモモジロが入っているかどうか何年も気になっていたので、それが解決して満足。
次は出産調査となると、夜中に来る必要がある。夜中はアウトレットはやっていないし、ついでは無いだろうなあ。大阪からそのためだけに出かけたら片道100kmは超えるか。高速代もかなりかかる。
うーーーーん、金のかかる趣味ですなあ。
  1. 2015/05/30(土) 22:23:20|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

25年以上か

ドリルのフットコントローラー。(左)勤務医をしていた時だから30年近く前になるかなあ。
回転数を足でコントロールするためのもの。電圧をコントロールするだけなのでどんな機械ででも使える?よくわからんが、これまた25年近く前に買ったミニドリルと組み合わせて使っていた。
踏み込んだ時の戻りが悪くなり、何度も分解してみたがどこが悪いかよくわからなかった。同じ製品を探したが見つからない。
いよいよ困ってねっとの質問サイトに投げかけてみた。すぐに反応があって、ミシンのフットコントローラーの流用を教えてもらった。で、今度はフットコントローラーをヤフオクで探して、適当なのを仕入れた。(右)それを改造するとお見事、ええ感じに使えるようになった。
めでたし、めでたし。

あ、そういえばミニドリル。数年前に故障して近くの営業所に修理について聞いてみたら、古いので部品がないって、即座に断られた。自分で適当に部品だけ変えようかと適当な部品を今度は本社に注文してみたら、なんとか修理してみる、って言われた。紹介されたのはいったん断られた営業所。今度はまたまた、本社からそっちに持っていくように言われたというと、引き取ってくれることになった。
数千円で治った。
最初に断られたのは何だったんだろう?









  1. 2015/05/29(金) 20:51:07|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

一年前の「新築」

犬の散歩コースに立っている住宅。
うちの付近は50-80坪あたりの住宅が多い。一軒が空き家になると不動産屋が買い取り、整地して半分に切って分譲するケースがよくある。ここも印象的には60坪くらいあったんじゃないかと思う。で、半分に住宅屋が家を建て、「新築分譲」として、広告も何度も入っていた。3500万円くらいだったなあ。1,2か月しても売れないので2~300万円値下げしてまた広告していた。

30坪もありゃそれなりの家が建つと思うんだけどなんか、中途半端で買いたくなるような形状じゃない。予想通り、さっぱり売れない。なんだかんだで一年くらい経つんじゃないかなあ。休日ごとに営業の人が来て窓を開け、車で待機しているけど、その人件費だけでもずいぶんかかるだろうなあ。窓枠からは黒いさびみたいなのが壁に流れてきているし、新築には見えない。

これだけほったらかしでも強気で値下げしないのか、いよいよ困ったらたたき売りするのか、この頃の散歩の楽しみになったりしている。

  1. 2015/05/28(木) 20:23:00|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

10円

「シャンデリア」を処分しようと思った。これ、娘が友人からもらって来たというんだけど、ほぼ完全に壊れている。かなり重く、天井にぶら下げるのも不安。とても使えない代物。アメ色をしているので銅じゃないかと思った。銅ならええ金になるはず。ちょうど、廃品の無料回収が回ってきたので聞いてみた。処分費用3000円と言われた。
金属類は鉄でも無料で持って行ってくれるはず。とりあえず断って、以前処分してくれた業者に電話してみた。
無料で引き取ってくれた。銅じゃなく、真鍮じゃないか、との事だった。

炊飯器が壊れた。これは無料リストに入っているケースが多い。たまたま業者が通りかかったので聞いてみた。処分費用500円、だって。500円出すなら市の有料ゴミで処分する、というと、同じ金を出すのならこっちで処分させろ、って逆切れされかけた。
その後、以前の業者の回収チラシを見たのでそこで回収してもらった。ポストに礼の紙と10円が入っていた。あんなん、10円の価値あるんだろうか?うちは助かるが。

海外旅行用の大きなバッグ。足は取れてるしかなり傷んでいる。さすがにこれは無料じゃ無理だろう。
広げて壁にもたれかけると日よけ、雨除けになる。タヌキ小屋に「設置」していた。
何年もたつとプラスチック部分が劣化して割れてきた。簡単に、細かく砕ける。毎週、少しずつ普段のごみで処分した。一か月くらいで無くなった。
枠が残った。どうも、アルミっぽい雰囲気。
チラシをつけて玄関に置いていると無料で持って行ってくれた。結局、費用をかけずに処分できた。
  1. 2015/05/27(水) 20:12:05|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

結局、いるのか、いないのか

昨日の三重行きは「潮干狩り」が目的でした。ネットで調べてみると津市付近の海岸、海水浴場はほとんどが潮干狩りができると書いてあります。海いっぱいに人が砂を掘っている写真もあちこちに載っていました。
当然、潮が大切で昨日はあまり良い日ではありませんでしたが、昼過ぎに干潮になる予定でした。少しくらい引きが悪くても少しは取れるんじゃないかと思って出かけましたが、思いのほか早くついて海水面ははほとんど引いていませんでした。で、海の家はあっても人はおらず、海や砂浜にも人は全くいませんでした。やっぱり、あかんのだろうか。

干潮まで時間があったので、青山駅近くの廃隧道のコウモリ調査へ行ってみました。これは朝になってから急に思いついて、資料と準備をしていたものです。調査結果等は本家のHPに掲載しました。
モモジロコウモリが予定通り、多数生息していました。
ここはアクセスも良く、隧道ファンにとっては入門編みたいなところ。また、最長のトンネルは3kmもあります。通り抜けられないので往復6km歩く必要があります。廃駅も一つあり、その道の人にとってはメッカみたいなところです。もっとも、20名以上が亡くなった現場もありますので、「その手」が苦手な人にとっては無理かもしれませんが。

で、トンネル調査を終わるとちょうど干潮時間。海岸へ戻ってみました。
やっぱり潮が悪いのか、あまりひいておらず、干潟という感じではないしやっぱり誰もいません。仕方なく、そのまま帰ってきました。

今日、もう一度、ネットで調べてみました。どうも、今年はほとんど取れていない感じです。ネット情報は数年前のが多く、昨年、今年のはあまり見当たりません。今年の情報では「アサリは全滅」と書かれているところも多くあります。

来週、昨日の結果を見て妻を連れて行こうかとも思っていたのですが、どうも無理みたいですねえ。高速代、ガソリン代、時間なんかを考えると、じぇんじぇん合わないみたいです。
うーーーん、リサーチ不足でした。



  1. 2015/05/26(火) 19:28:06|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

廃墟マニアのメッカ

諸事情で三重県へ行った。近鉄の廃線跡トンネルを見てきた。
350,350,800,900,750mのトンネルが続いており、最後は3kmのトンネル。今日は最初の5つのトンネルだけ見てきた。まあ、トンネルは2~300mもあれば途中は真っ暗になるので、500mも3000mも同じと言えば同じなんだけど、ここ、3000m歩いても私有地に開口しており出られない。(帰りは電車、てな手は使えない。)結局、往復歩く必要があり、都合6000m暗闇を歩くことになる。
数年前に歩いたが、とにかく長くて嫌になった。上を照らしながら歩いていると首も痛くなるし、もう、コウモリなんてどうでもよくなり(実際、多数の棲息はなさそう)、ただ黙々と歩いているだけだった。で、今日は入り口で引き返した。

このトンネル、大きな列車事故があったところ。念のためチェックして見ると、1971年に25名が亡くなっている。
某HPによると、脱線した列車が壁にぶつかった痕跡もあるというのだがよくわからない。ただ、事故のあったトンネルの某所に花束とワンカップのお酒が置いてあった。花束は花の軸だけになっていた。さあ、いつからあるのでしょう?前回もあったのかどうか、記憶にありません。
そういえば、某戦争遺跡でも時々、花束を見る。こっちは朝鮮人の強制労働云々で時々取り上げられるところ。
真っ暗闇で死亡事故とか花束、って、まあ、気分が良いものでもないけど今まで何度も入っていてもなにも起こっていない。
せいぜい、私が花束の対象にならぬように気を付けましょう。
もっとも、落命した穴がわかればの事ですが。
  1. 2015/05/25(月) 22:49:51|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

停滞

帰ってから停滞の半日、といっても、いつもそんな感じだけど。
仕事帰りにブレーキワイヤが切れた。後ろブレーキはすり減っているのか、ロックしがちなのであまり使っていない。前ブレーキまで死んでしまうとさすがに怖い。自転車に負けるくらいのスピードでちんたら帰った。
修理ついでにランプ類、メーターケーブルもチェック。ヘッドライトの近目が切れていたのと、ブレーキ灯、ウィンカーの付け替え。メーターケーブルに至っては半年以上前から切れていた。もっとも、これでスピードなんて出さないし、あまり困ってはいなかったが。
ネットであちこち検索して適当なところで購入。知らないところでカード番号を流すのには若干の抵抗はあるが、まあ、仕方ない。

以前は土日の仕事は自転車で出勤していたんだけど、もう何か月も自転車出勤していないなあ。来月、「申し込み制、本格的な登山です」と謳ったハイキングの世話人を頼まれているんだけど、大丈夫かなあ。









うちのスタッフからの預かりものです。もう、10年以上、預かりっぱなし。
  1. 2015/05/24(日) 17:48:20|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ラン・オールナイト

リーアム・ニーソンを見に行ったようなものです。
単純明快です。おもしろい。
90点。

最近、食指が伸びかける映画はあっても、実際の行動にまで移すほど魅力のある映画がありませんでした。久しぶりに楽しんできました。貯めたポイントで無料で見たのでよけいに得をした気分です。

そうそう、最後のテロップで、リーアム・ニーソンのヘアースタイリストが日本人の名前でした。だから何、というのでもありませんが。
  1. 2015/05/23(土) 18:36:27|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

なんだかなあ・・・・

イルカの捕獲の仕方が気に食わない、って、なんだかなあ。
「賛否を取る」って、ほとんどの施設がイルカを飼っていないんだから、その賛否の取り方、って、公平な「民主主義」なのかどうか。WWFの主張の一つには、野生化の生き物、植物の、持続可能な有効利用をうたっていたはず。殺すな、取るなの一辺倒ではない。まあ、今回の件にWWFは関係していないが。このやり方のどこが気に食わないのか、はっきり教えてほしいですよね。

最近もう一つ、えっ、思ったこと。
小学校なんかの運動会を実施するかどうか、朝の6時とか7時に花火を打ち上げるところがあるんですね。花火が上がれば実施、だって。で、それがうるさいとか、犬が驚くとかで地域で議論になっており、やめる学校が増えているんだって。
特定の地方だけだと思ったら、ググるとあちこちで行われているみたい。
まあ、何十年も続いている習慣で、それを楽しみにしている地域の人もいれば反対の人もいるわけで、まあ、今まで表立って文句を言えなかった人が自己主張を始めた、ということかもしれない。
これもなんだかなあ。


野次馬でしかなかったけど、都構想がぽしゃって虚無感・・・・・。
  1. 2015/05/22(金) 20:02:28|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

コスパ、って言うんだっけ

昨日の事。午後から研究会があった。
アメリカの外科専門医。2部制になっていて、最初の半分は薬屋主催で無料。残り半分は獣医師会主催で有料、5000円。終了予定は夜10時。
せっかくだから有料の方も申し込んで、(長丁場なので)覚悟して講演を聞き始めた。

最初の部。薬屋に気を使ってか、ほぼその薬の宣伝で終わってしまう。一時その薬を使ったことがあるが、そんなに言われるほど効果はなかったが。残りの時間で外科的な話が始まったけど、専門的すぎて臨床のレベルじゃない。それに、半分は「自慢」的な話。まあ、無料だから、って、諦める。

2部の方。テキストを見ると今度こそ、臨床的な話になるか。スポンサーがいないのでそっちの方へは話はいかないだろうし。
講演が始まると、私が期待していた方は時間がないのでカットするという。
始まったのは小型犬の骨折の話で、まあ、これも重要な話題ではある。聞き始めると、これも、こうすれば治った、てな話ばかりでレントゲン写真ばかり見せられる。さらによく聞くとその写真は共同研究者の日本人の先生の症例ばかりだって。(基本的に、アメリカというのは大型犬が多くて日本みたいな(超)小型犬は症例が少ない。)
これにしても、ああそうですか、で終わってしまう話ばかり。

9時前になったら、今度は、「早いけどこれで講演を終わります」だって。
え、時間があるなら残りをやってよ。こっちはお金を払ってるのに。早く終わる分、金返せ、って言いたくなる。
こういうの、コストパフォーマンスが悪い、って言うのか。というより、「ぼったくり」のような気がしてきた。
あー、腹が立つ。


帰ろうとすると、ゲリラ豪雨的な雨。そういえば、夜に局所的に雨、って言ってたっけ。時間もどんぴしゃ。
傘も持たずに出かけている。小雨時に走って大雨時は雨宿り。
あーあ、重ね重ね、腹が立つ。
  1. 2015/05/21(木) 19:58:09|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

来年・・・

早くも、来年のカレンダーのDMが送られてきた。もう、そんな季節かなあ。
大阪人、って、カレンダーはもらうもの、って思っている。私自身も街中でカレンダーが売られているのを見て誰が買うのかあ、って思っていた。子供のころ、年末には親父が何部も会社から持って帰っていた。
私が開業したころはあちこちの薬品会社から立派なカレンダーをもらったものだが、最近はせいぜい数社。病院に掲示するカレンダーにも困るくらい。
もうそろそろ、来年は何をしているかなあ?、って想像する歳か。まだちょっと早いか。

DSC01677.jpg







  1. 2015/05/20(水) 20:59:27|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

目撃者

日曜日だったか、バイクで帰る途中、とある細い道から車が出てきた。当然、いったん停車して左右を確かめていたがちょうどその時、歩道を子供が自転車に乗って走っていた。車が出てきたのでブレーキをかけたが、やや下り坂だったのと自転車が大きすぎて足がつかず、止まってから倒れた。車にはぶつかっていないし、右足を出したら左にこけた、てな感じ。まあ、けがするほどじゃない、とは思っていたがヒマなんで遠目に眺めていた。
運転していたおばねえちゃん、車から降りて子供と2,3話ししていたがそのまま走り去った、と思っていたら、途中でUターンしてまた戻ってきた。携帯でどこかに連絡している。こっちもヒマなんでそのまま眺めていた。

しばらくするとバイクに乗ったお巡りさんは来るわ、パトカーは来るわ、救急車まで来た。子供の親と思しきおっさん、おばはんも来た。
今度は近くまで行って、おばねえちゃんがお巡りさんと子供に謝っているのを聞いていた。謝るって、あんなん、子供の方も悪いと思うんだけどなあ。

お巡りさんに、一部始終見ていたので状況を聞きたけりゃ電話して、って、携帯の番号を教えたけど、電話はかかってこなかった。あんなんで「悪者」にされたんじゃ、たまったもんじゃない。せっかく「証言する」って伝えたのに。


人生長くやっていると事故を目撃って、極めてまれにはある。とある交差点で右折れ矢印が消えたと思ったら小さな車がタイヤを鳴らしながら突っ込んできた。曲がった車線に入ったがそのまま右に曲がりすぎて、中央分離帯に乗り上げた。よく見るとポルシェ。エンジンが壊れたらしく、運転手が降りてきてあわてて車を押していた。あんまり、かわいそうな気がしなかった。ポルシェって、アンダーステアーだかその逆だかで、そんな動きをしがちなんだそうな。知らんで乗ってるのかなあ。
  1. 2015/05/19(火) 20:17:11|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

これまた受け売りだけど

橋下さんの前は太田房江だっけ。ノックが「ワイセツ」でやめた後に国から送り込まれた官僚、じゃなかったかなあ。大阪とは縁のないおばはんだったはず。太田さんも知事時代は都構想に賛成だったって書かれているものもある。今は国会議員をしているので、自民と歩調を合わせて反対派の片隅に座っていたんかなあ。

表面上、破産しかけてくそ赤字だった府の財政が太田時代に改善したらしいが、決算直前に借金を別会計から返済して見た目をごまかし、決算後にまた借金をする、てな小細工をしていたらしい。で、一時返済に使っていた別会計の貯金が激減して、その穴埋めを府知事時代の橋下さんとか松井さんが、今、一生懸命しているんだとか。

太田はんは8年知事をやって、8000万円の退職金をもらってる。知事をやめたら無職で生きていけないから満額もらうと言ったとか。
ちなみに、(これは不正確かもしれないが)ノックもそんなやめ方をしているに退職金をたんまりもらったらしい。で、道義上返還すると言ったまま亡くなり、府は遺族に返還するように求めているが無視されている、って聞いたことがある。
  1. 2015/05/18(月) 23:38:18|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

まあ、野次馬でしかないが

時機を逸したというか、旬を逃したというか、もっと勢いがあったときにやってりゃ、賛成が多かったんじゃないかなあ。まあ、勢いだけで決めていい事かどうかもよくわからんけど、変わったものに飛びつくのは大阪人の常。今までのやり方でじり貧なんだから、なんか変わった事に飛びつきたい気持ちもわかる。

報道の受け売りなんだけど、当日の出口調査のデータでは反対していたのは70歳以上がメイン、というか、ほぼそれだけ。(あと、おばさん集団が少し。)大阪の将来を決める投票が、将来が(そんなに長く)ない年齢層の意見に左右されたという事か。もっとも、これは期日前投票の年齢層とかがわからんので何とも言えないけど。期日前投票の反対票が非常に多かったんで結果としてそっちの影響で否定されたのも事実かもしれない。で、期日前に投票する人はいわゆる組織票が多い、という人もある。要するに、共産党とか創価学会票かなあ。

最近は二重行政も無くなりつつあり、大阪の景気も上向き、って、これって橋下さんの数年の成果なんであって、反対していた議員さんなんかがそれを強調するのもおかしい話。もっと議論、話し合いを、って、この何年か、十分時間があったはず。
大阪市を無くすのも法律云々で対応してきたわけだし、いったん都に代わってもまた法律をいじくりゃ市に戻せるはず。まあ、それだけの能力がある人物がもう一度出てくるかどうかわからんが。

  1. 2015/05/18(月) 20:41:52|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

あれだけ騒いで

都構想、おじゃん。
あれだけ騒いでたのに、記者会見の中継をどこもやってない、ってどうよ。宮根さんの番組に至っては、特番を組んでいながら記者会見が始まった途端に時間切れ。野球だったら終わるまでやるのに、これって、野球以下の出来事なんだなあ。

久しぶりに平松さんとか、太田のおばはん(前の前の、大阪府知事だったか)の顔を見た。あんたらが出来んかったことを橋下さん、やって来たんじゃないかと思うんだけど。とはいえ、現府知事になってから府の行政が極端に良くなったとか、税金が安くなったとか、直接、自分の生活になんかの変化があったかどうか、よくわからんのだけど。(あ、コウモリの捕獲許可証は以前は郵送料向こう持ちで送ってくれていたのが、送料こっち持ちになったなあ。)
堺市民でありながら、大阪市民の税金で運営されている大阪市立自然史博物館を無料で使い倒しているの、って、肩身が狭いままか。


たかじんが生きてたら、1万票くらい持ってきてたんじゃないかなあ。
重ね重ね、残念。
  1. 2015/05/18(月) 00:10:24|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

要予約

クロスオーバー7という車がスバルから出ているらしい。SUVで7人乗り。なんで今まで気が付かなかったんだろう?
買い物ついでに「自転車」で行ってみた。

自動車屋へ車で乗りこみゃ、営業の兄ちゃんが普通は寄ってくる。ビッグホーンで行けば、当然、SUVの乗り換えと思ってくれるので話が早い。自転車を歩道に置いて表の展示車をのぞいていても誰も来ない。で、室内に入るとさすがに兄ちゃんが寄ってくるので、カタログをいくつか欲しいと伝える。と、棚まで案内してくれて、クロスオーバーとか、フォレスターとか、XVのカタログを用意してくれた。
車のサイズとかエンジンの話を少ししながら室内の展示車を見てみる。しばらく話していると顔なじみのお客が来たらしくそちらに挨拶をしていたので、とりあえず展示車を一人で見ているから、って伝えた。
カタログを見ながら、展示車に座ってみたり、後ろを開けてみたり。
一人でうろうろしていても誰も声をかけてくれない。表に行ったり、中に入ったり。
最初に対応した営業マンは接客は終わったらしく、事務所でのデスク近くでうろうろしている。

そういえば、入り口の脇に黒板があってずらっと、何々様、何時、って書かれていた。スバルで車の話を聞こうとすると予約が必要なのかなあ。

以前、その時はちゃんとビッグホーンで乗り付けたが、「フォレスターを見せて」っていうと、あちらにあります、って駐車場の一角を指さしただけたっけ。しばらく妻と二人でこねくり回していたが誰も来ないので、そのまま帰ってしまった。
自動車屋から帰る時のお決まりの挨拶や誘導も無し。

うーーーーん、余計な、過剰なおせっかいもいらんが、飛び込みには対応してくれないというのもええ気分じゃない。
って、上から目線でごちゃごちゃ言わないで、すねる前にこっちから営業に声をかけろ、って?
ごもっともです。

  1. 2015/05/17(日) 18:22:50|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

24000円

結局、買いました。
パナソニックのおたっくす、だったかな。









普通紙ファックス、って、「インク代」がすごくかかるのでもったいないと思っていたけどよく考えると打ち出す必要のある書類ってほとんどないので、感熱紙を買うより安いかもしれない。
それにしても、24000円、って安いように思うけどどうなんでしょう?カタログは電気屋でパナソニックとシャープを仕入れていました。堺市民としてはシャープを応援したいと思いつつも、古い人間はナショナルブランドにすがり付くのでした。
あ、買ったのはアマゾン。ポイントで買ったので実質、もらい物的な雰囲気。あ、ポイントは何度も書いているみたいにアンケートサイトから稼いだものです。
  1. 2015/05/16(土) 20:51:33|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

野次馬

朝、信号待ちをしていると横のコンビニの駐車場で若い兄ちゃんとおっさんがもめている。さあ、車のトラブルかなんかかなあ。おっさん(といっても、40くらい?)側ではおばねえちゃんがおっさんを止めようとしている。
どつきあいまでは行かないが、こづきあいみたいになってきたらタダのお客さんかなあ、これまたちょっとこわそうな兄ちゃんが間に入ろうとしていた。そこで信号が変わったんで結末は見ずじまい。さあ、どうなったんでしょう?、て、まあ、たいしたことにはなってないんでしょうか、ニュースにはなっていないところを見ると。
さあ、いざそういう場に出くわしても私は傍観だろうなあ、たぶん。

で、お昼に用事で出かけて踏み切りで電車待ち。そういえば、老人を助けようとして亡くなったおばさんがいたっけ。その後、人命救助で褒章をもらっていた。状況から判断すると、その老人は自殺のつもりで踏み切りに入ったらしい。老人は助かり、おばさんが亡くなるって、まあ、世の中、そんな風にできているのか。
川に流された子供を助けようとして亡くなる事例も毎年繰り返されている。そういえば、そういう事例みんなが褒章の対象になっているわけじゃない。その差はなんだったんでしょう?

どっちの例にしても助けに入る、てな事は私、できんだろうと思ったりしている。

DSC01661.jpg






何度も収穫できました。
  1. 2015/05/15(金) 20:18:44|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ほんの、3千万円

近鉄百貨店から案内が来た。絵画展、だって。展示と即売なんだろう、たぶん。絵のカタログと、別刷りの価格表。
有名な作家の作品が並んでいる。上村松園594万円、梅原龍三郎3024万円、山口華楊702万円・・・・・。
さあ、高いんだか、安いんだか。そんな有名な、昔の作家の作品でも普通に売買されてるんですな。一つくらい家にあったら心が落ち着く、はずないか。

これって、外商ルートで来たらしい。いつだったか、病院におっさんが来て外商に入ってくれというのでなんかええことあるかなあ、って入った。正直に給料を書いたらそれから2,3か月音沙汰がなかった。ふーん、そんな稼ぎじゃ相手にしてくれないのか、と思っていたら、担当が変わったとかで別のおっさんがカードを持ってきてくれた。

で、外商カードは手に入ったけど何に使えるのか、どんなメリットがあるのかさっぱりわからない。駐車場ぐらいはどこかにあるんじゃないかと思うんだけど、それもわからず。
こんなDMを送ってくるより、展望台の招待券一枚でもくれないかなあ。
  1. 2015/05/14(木) 20:09:18|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

町内会

町内会の役員をしている。最小単位でいくつか役員が振り分けられているのだが、まわりは(私もその中に入りつつあると思うんだが)年寄り(私の親世代)が多く、とても頼めない。いつだったか、くじ引きをしたのに当たった人がそのあとで文句たらたらで話が白紙に戻ったこともある。こういうのって、本性が出ますねえ。で、文化委員だったか、なんかよくわからぬが当たり障りのなさそうなのを選んで引き受けた次第。といっても、実質的には妻がその役目になってしまっている。

会議が終わって帰ってきたが、一年に3度ほど、「文化的行事」をするんだという。まあ、内容を聞く限りでは楽しくない事もないだろうが、義務感からいやいややれば、当然、楽しくなさそう。そもそも、町内会と言っても私自身、となりの人はかろうじてわかるが、ほんの2、3軒離れりゃ住んでる人の顔もわからない。そんな状況で、町内仲良く、って言われてもねえ。まあ、これを機会に、って趣旨もあるんだろうが、よく言われるように時代はどんどん変わっている気もする。

近くの某世帯が、町内会費も高いし町内会をやめたい、って言ってるらしい。年間、2千円くらいだったと思うけど。その町内会会長は、町内会をやめるんだったら街灯の下を歩くな、って怒ったとか。(街灯の電気代と管理は町内会だから、って。)
てな話を知り合いとしていると、そこの町内は、加入はすでに任意だって。町内会費さえ払ってもらえたら役員は振り分けない、てな町内会もあった。

DSC01660.jpg






  1. 2015/05/13(水) 20:52:45|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

田舎はええなあ

昨日の明日香村散歩のときに見た畑です。たぶんスイカだろうと思ったんだけど、ビニールハウスのような枠を組んでいます。といっても、きれいなハウス状ではありません。妻は実が傷まないように「空中」にぶら下げるんじゃないか、というのですが、

DSC_9652-1.jpg






で、作業していたおっちゃんがいたので聞いてみました。


カラス除け、なんだそうです。
実を少しだけつついて回るので商品にならなくなるんだそうです。で、この枠に次はネットを張るんだとか。あと、タヌキも実を食べるんだそうです。スイカとなるとアライグマじゃないかなあとも思って聞いたのですが、はっきりわかりませんでした。少なくとも、駆除はしていないみたいでした。
なんだかんだで、10分以上雑談していました。



(写真は撮り忘れました)
コウモリ調査地の近くに、以前よりミツバチの巣箱が置かれていました。たまたま今日はおっちゃんがなんかの世話をしているみたいでしたので声をかけてみました。
いわく、ニホンミツバチは西洋より温厚なので飼いやすくめったに怒らない、この群は分蜂を持ってきたんだが女王蜂がいないので不安定、一か所の巣箱は4つまで、等々、いろいろ説明してくれてこっちでも10分以上、雑談。

田舎で地元のおっちゃん、おばちゃんと話をするのは楽しいものです。






  1. 2015/05/12(火) 20:22:04|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

まあ、寄付なんだけど

明日香村へ行った。動きやすいかと自転車を積んでいったのが正解。気軽にあちこち、いわゆる観光案内に乗っている主要な場所は回ることができた。
小学校の遠足に出くわした。しかも何校も。みんな地図をもって少人数のグループで歩いている。地図があっても「普通の田舎町」で田んぼもあれば車道もある。町中では細い道もいっぱいある。どこまで行くのか知らないがけっこうな距離を歩くはず。よく迷子にならないなあ、って感心した。
子供も私らもコースは似たようなもの。子供らが自由に寺に入っていくもんだからこっちも思わず入ろうとするが、入山料が必要なところがほとんど。子供は無料なのか、学校側がまとめて払っているのか。200円、300円と言えども二人じゃその倍、入る数だけさらに必要、という事で、寺は門までは行くが中には入らず。もともと、信心深くないし寺そのものにも興味はないし。
この何百円をケチったからって何ができるわけでもないんだけどなあ。寄付、寺を守るためと思って素直にはいりゃええのにねえ。
  1. 2015/05/11(月) 22:45:34|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

不思議な故障

病院の電話。
ネットからまず、FAXに IN。FAX機の OUT から普通の電話機に直列に繋いでいる。こんなんでええのかなあ。
電話機から電話をかけようとするとプー、が聞こえない。着信は普通にかかって、会話もできる。
てっきり、電話機の故障と思ったんだが、ネットからの線を直接電話機に繋ぐと普通に着信、発信できる、ということは電話機の故障ではない。
となると、FAXのOUT回線のうち、着信部分だけが生きていて発信部分がおかしいという事?そんな壊れ方、ってあるのかなあ。
以前より、読み取り部分がなぜかわからぬが異常に汚れる事があり、送った原稿がまっ黒になることがある。これはそのたびに読み取りのガラス部分を清掃する事でごまかしている。FAXを受ける方は問題がない。
電話をかけるときはネットからの回線を電話機に直接つなぎ、FAXが来たら回線をFAX機に繋ぎ直し、送る時も回線はFAX機へ、原稿が黒くなったら清掃を、って、こんな忙しい時にそんなことやってられん。
ネットからの電話回線を2分割してFAX機と電話機を並列してみようかな。


ということで、2分割してみました。電話機が使えると喜んでいたら、FAXが受けられなくなりました。
  1. 2015/05/10(日) 20:01:38|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

評議員会議

博物館友の会の評議員会議。例によって会員数の報告から。
現在、1403人だって。私が評議員になった次の年だったかなあ、2000人を超えていたんだけど。いくらなんでも600人減、って、減りすぎですよねえ。原因があるはずなんだろうけど、さっぱりわかりません。一言で言えば、そんな時代?
行事は、たぶんその当時と比べたらすごく増えている。それでも会員減、って、残念な話。

ナイトハイクが無くなったって喜んでいたら、単純に学芸員が忙しくって計画を立てらていなかっただけ、って事でした。7月上旬にする気らしい。はー、もう引退したいのに世話人に予定されている。年寄りにはもう無理だって。

ナイトミュージアム。こっちも徹夜の行事。博物館に泊まれる。寝袋をもって、恐竜の下で一晩過ごす。こっちも最初の2,3年は参加したっけ。最初の年が懐かしい。久しぶりに行ってみるかなあ。
  1. 2015/05/09(土) 21:59:40|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

廃墟は風化するから美しい

もう何十年も前だけど、白川郷へ行った。一般公開されている家がいくつもあり、それぞれに入っては重厚な作りと生きた感触に感激した。
大阪の服部緑地に白川郷から移転された合掌造りの家がある。白川へ行った直後に合掌造りをもう一度見たくて行ってみた。時々ボランティアが囲炉裏に火を入れ、いろいろなイベントにも使っているらしいが、生きた感じがしなかった。やっぱり、人が住んでこその家なんじゃないかと思った。この「博物館」にはそれ以外にもいくつもの家々が移築されてはいるが、主のいない家は余計にさびしく感じたりしている。

軍艦島が世界遺産に指定されるという話。今度は保存の話が浮上している。
廃墟ファンではないがコウモリがらみで廃トンネルをいくつも見てきた。ほとんどが放置されていて、ブッシュがひどくて近寄りがたいところもある。が、それらはそういう形で静かに朽ちるのを待っているから美しい様な気がする。

兵庫県にある、明治時代のトンネル。
詳細はこちらをご覧ください。
ほとんど忘れられていたトンネルだが近くを整備して、トンネル自体も町おこしイベントに使われるようになった。
まあ、どちらが良いのかは考え方次第。
ここではキクガシラコウモリも出産しているので、その季節にイベントを行わないように願うだけ。

で、軍艦島。ネットで調べると昔は漁船をチャーターして(たぶん違法だけど)勝手に上陸、探索していた人が多かったらしい。今となってはもう無理でしょう。
これらの廃墟も、人の生活を離れて朽ちる過程が美しいのであって、このまま保存するべきものでもないように思うんだけど。
  1. 2015/05/08(金) 21:16:10|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

世代交代・うちもいずれ・・・・

近所の家の前を通ると、ベッドやマットレス、書棚、段ボールがいくつも、引っ越しの様に荷物が積まれている。一か月ほど前だったかなあ、ここの「おばさん」が亡くなった。「おじさん」は何年も前に亡くなっている。ベッドが2台という事は、「おじさん」が亡くなってからも処分はしていなかった、今度を機にベッドやその他もろもろを処分、という事なんだろう。

うちの一帯は昔の新興住宅地。うちの両親の世代が、結婚後すぐに新居を立てた、てな感じ。その世代の方々が80を超えて、不謹慎な言い方をすれば「順番に」亡くなっている。ここは2世帯住宅で、息子さんが家を継いだ形。
当時のまま、という事は築60年近くの家もあれば、うちみたいに両親は転居し、子供世帯が家を建て替えたところもある。

さあ、私にしてもあと何年ここで過ごし、次は誰がここに住むのか、誰かが建て替えるのか。

もうずいぶん前から「荷物」を減らす努力はしているが、それでもあちこちモノがあふれている。
残された者が困らないようにとは思っているけど、生きてる限りは手元に置いておきたいものもあるしなあ。せめて、どういう形でどう処分するのかは決めておいた方が親切か。

  1. 2015/05/07(木) 21:08:30|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

福井県立恐竜博物館

富山からの帰り、急に思い立って、恐竜博物館へ行くことにした。
以前から気にはなっていたが、大阪からじゃかなり遠い。わざわざそのためだけに行く気にはならない距離。そもそも、なんであんな遠い所へ作ったのか。化石が出る場所にこだわったんだろうとは思うんだけど、集客を考えればもっと便利なところの方が良いんじゃないの?、と思ったりしていた。

高速を降りて地道を延々と走る。ええ加減走ると、「恐竜博物館満車」の看板が路肩にいくつも並んでいる。満車と言われてもどうすりゃいいのかわからんじゃないの?満車だから帰れ、って?助手席の妻がネットで調べると、臨時駐車場を作ってるのでそこからシャトルバスで、って書いているとか。臨時駐車場がどこだかもわからないしとりあえずそのまま走っていた。と、臨時駐車場あっち、の看板が出てくるが横に、「満車に付き、本館駐車場へ」って紙が貼ってある。なんじゃ、それ。

まだまだ距離がありそうなのに車がピタッ、と止まってしまった。ちょうど地元のラジオの交通情報が入って来たら、恐竜博物館の渋滞が3km、って言ってる。時間は3時か4時だったか。こんな時間にそんなに人と車が集まるの?山中の田舎なんだから車なんていくらでも置けそうなのに。

止まったり走ったりを繰り返して止めるまでに4~50分。たいへんでした。
止めてからは、今度はチケットを買うのにまた長い行列。普通、チケットは館の入り口で買うものだと思うけど混雑のためか、建物の横の臨時売り場のテントで買うようになっていた。やっと本館に入れるかと思ったら、いやー、ものすごい人。いつも長居の自然史博物館を見てるので驚愕の光景。まあ、対象が恐竜に限っているとはいえ、博物館がこんなに人を集められるの?

何かの番組だったか、新聞だったか、逆の意味での「期待外れ」に、この恐竜博物館が入っていた。期待しないで入ったらすごく感激した施設のトップ、だって。
まあ、詳細はご自分で確認してもらえればいいけど、とにかくすごい施設ですわ。最初から最後まで圧倒されます。

時間がないのと急な雨で外の施設、展示は全然行けませんでした。外は外で展示もいろいろあるみたい。

この博物館、ものすごく儲かっているんだろうなあ。この手の施設でこの集客力って、とにかくすごい事ですわ。
  1. 2015/05/06(水) 19:10:01|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ホタルイカミュージアム

病院での雑用や居候の世話もあって、例年はゴールデンウィークと言っても特に何もせず過ごしている。(昨年の事は記憶にないが、たぶんそんなもん。)
もう先も長くないし、動けるうちにちょっとは「見聞を広めて」おくか、と思って遠出を計画した。思いついたのが「ホタルイカ」
ちょうど今の時期、ホタルイカの季節、シーズンの最後。基本的には富山湾に広く分布してて、今の時期だけ産卵がらみで上昇するので漁獲できるんだったか。滑川までざっと400kmくらいかなあ。
詳細はいずれHPに書くとして、とりあえず施設の感想を。(なぜか、HPにはあまり文句とか過激な事は書いていない。文句が多い感想はこちらへ。)

入館料は800円。ホタルイカのいない季節は600円だって。
ホタルイカの発光の実演があるのが売りらしい。また、生きたホタルイカにも触れる。当然、発光の仕組みや生態についても触れてはいるが、展示自体は多くない。他のイカとの比較なんかもあるけど、パネルでちょこっとあるくらい。これで800円、って微妙だなあ。
朝の2時3時に職員が船に乗りホタルイカの定置網まで行き、生きたままミュージアムまで運び、展示まで生かしておく、ホタルイカが採れる季節はせいぜい2,3か月、てな事を考えると、まあ、それくらいかかるんだろうなあ。ちなみに、ホタルイカのいない季節は「深海性発光プランクトン」の実演をしている、って、さあ、何を使っているんでしょう?

こういう施設の維持にはリピーターが必要かとも思うんだけど、うーーーん、この展示なら2回目は難しいだろうなあ。
展示内容を見直すと言ったって対象を「ホタルイカ」に限定していたら、これ以上の進展もないだろうし。
クラゲもホタルも含んだ、発光生物全体の博物館にするか。それには施設自体、小さすぎる。

あ、この季節のこのミュージアムの売りは定置網の見学です。夜中の2時過ぎに観光船で定置網まで行って漁を見学するんだとか。もちろん予約が必要です。当日、ちょうどその時間に着いたので聞いてみたけど「キャンセル待ち」なんかはないそうで見学することは出来ませんでした。でも、さあ、あの発光の仕方じゃ、一人3千円だか4千円と言われるともったいないような気もします。淡輪のウミホタルで十分のような気がしました。
  1. 2015/05/05(火) 09:57:36|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

さすがに疲れた

急に思い立って、3日の深夜に富山へ。480km
4日、帰りに、これも思いつきで恐竜博物館へ。510km
帰って一息つくと11時。さすがに疲れました。
道中記は近いうちに。
  1. 2015/05/04(月) 23:34:20|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
次のページ
【楽天市場】本・雑誌・コミック